アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    タグ:nona

    日本海軍、地中海を往く 第13回 駆逐艦生活は人を殺す

    文:nona

    1
    日本海軍地中海遠征秘録P63
    第二特務艦隊の桃型駆逐艦柳。

     1917年秋、第二特務艦隊は連合国の兵員輸送船の護衛に従事していましたが、それまでの活動を含め、概ね高い評価を得ていました。

     彼らの活動についてイギリス地中艦隊司令のディッケンス中将は、「数が少ない」と不満を漏らしつつも「艦隊を即応体制に維持し、部下は常に任務に満足に遂行している」と本国へ報告。[1-1]

     マルタ基地司令(マルタ海軍工廠長)のバラード少将も「イタリアとフランスは対立からしばしば摩擦が生じるが、佐藤司令は常に要望に答えてくれ、何の問題もない。フランスの稼働率はイギリスに比べて低く、イタリアはフランスよりもさらに低いが、日本海軍は別。」と讃えています。[1-1]

     イタリアとフランスも、第二特務艦隊はイギリスの船しか護衛してくれないことを不満に思っていたものの、戦いぶりは認めていたようで、フランスでは第二特務艦隊の歌まで作られたほどでした。
    [1-1]

     この第二特務艦隊の高評価は、ディッケンス中将やバラード少将が言うように、指揮下の駆逐艦の高い出動率にありました。

     第二特務艦隊の1ヶ月あたりの駆逐艦の出動率は72%。イギリスの60%、イタリア&フランスの45%とくらべても高い数値です。[1-1](算出方法については不明)

     これは第二特務艦隊が地中海各地の工廠を利用できたということもありますが、それでも出動率でイギリスを上回ったのは、やはり日本人の勤勉さの現れだったのかもしれません。

     ただ高い出動率の代償として、乗員への負担は並ならぬものでした。

     その例として、梅と楠の乗員の1ヶ月間の入渠前後で乗員の体重を比べた所、士官で一貫百匁目(4.125kg)、下士官兵で九百何十匁目(3.375kg強)の体重変化があったことが記録されています。[2-1]

     これは陸で太ったのではなく、海で痩せたとこを示すもの。乗員は文字通り「身を削って」任務に従事したのです。

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 第13回 駆逐艦生活は人を殺す】の続きを読む

    チリ海軍練習帆船「エスメラルダ」とシンガポール海軍ステルス艦「ステッドファースト」の訪日 (2016年8月)

    文:nona

    image001

     残暑の厳しい2016年の8月下旬、チリ海軍の練習帆船エスメラルダと、シンガポール海軍のステッドファーストが相次いで日本を訪れていました。今回はその模様をレポートいたします。

     まずは晴海埠頭に入港したチリ海軍の練習帆船エスメラルダから。

    【【読者投稿】チリ海軍練習帆船「エスメラルダ」とシンガポール海軍ステルス艦「ステッドファースト」の訪日 (2016年8月)】の続きを読む

    日本海軍、地中海を往く 第12回 新たな9隻と、マルタ委員会

    文:nona

    1
    「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C10080612100、大正6年 第2特務艦隊 告示綴(防衛省防衛研究所)」
    イギリスから貸与された駆逐艦ネメシス

     6月11日の戦闘でうけた傷のために10ヶ月間もの修理を余儀なくされた榊でしたが、第二特務艦隊では榊離脱の穴埋めと、さらなる戦力強化のために、大小8隻の艦船を編入と帰艦の入れ替えを実施しています。

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 第12回 新たな9隻と、マルタ委員会】の続きを読む

    日本海軍、地中海を往く 第11回 薄暮の決戦

    文:nona

    1
    「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C10080606900、大正6年 第2特務艦隊 告示綴(防衛省防衛研究所)」 
    第十駆逐隊 梅 楠 戦闘詳報

     榊の被弾翌日の1917年6月12日夕方、第十駆逐隊の梅と楠は1500名の将兵が乗るイギリスの兵員輸送船アラゴンを護衛し、ポートサイドからマルタへ戻る途上にありました。

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 第11回 薄暮の決戦】の続きを読む

    日本海軍、地中海を往く 第10回 駆逐艦榊<さかき>

    文:nona

    1
    「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C10080607400、大正6年 第2特務艦隊 告示綴(防衛省防衛研究所)」 
    雷撃をかわすため、回避行動をとり続けた松の航跡。

     1917年6月11日、はバルカン半島への兵員輸送船護衛の帰路にあった第十一駆逐隊の駆逐艦松と榊の2隻は、ギリシャ王国・エーゲ海のミロス島へ入港しました。かの「ミロのヴィーナス」の故地でもあります。[1-1]

     ギリシャは未だ中立国でしたが、ヴェニゼロス元首相を中心とする親連合国派と、同盟国寄り国王のコンスタンティノス1世が対立し政治危機に陥っていました。

     そこでフランスを中心とした連合国、コンスタンティノス1世に圧力をかけるため、ギリシャへ派兵を実施していました。

     しかし同盟国支援派も負けじと、秘密裏にドイツやオーストリアに潜水艦基地や情報の提供していたのです。[1-2]

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 第10回 駆逐艦榊<さかき>】の続きを読む

    日本海軍、地中海を往く 番外編2 対潜兵器の先駆け

    文:nona

    1
    https://en.wikipedia.org/wiki/U-boat_Campaign_(World_War_I)#/media/File:William_Allen_Rogers_-_Only_the_Navy_Can_Stop_This_(WWI_U.S._Navy_recruitment_poster).jpg

    ドイツ海軍を風刺し、自海軍の重要性を強調するイギリスの宣伝広告。

     ドイツ海軍の潜水艦作戦に対し、これほどまでの被害を受けると予想していなかった連合国の対策は後手に回っていました。潜水艦に目をつけるのが早かったドイツのほうが、水中戦では圧倒的に優位を保てたのです。

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 番外編2 対潜兵器の先駆け】の続きを読む

    日本海軍、地中海を往く 番外編 潜水艦戦「Uボート・クリーク」

    文:nona

     今回は「番外編」として、第一次世界大戦開戦の1914年から無制限潜水艦作戦が開始される17年2月までの潜水艦戦の経過を解説いたします。

    1
    https://en.wikipedia.org/wiki/SM_U-1_(Germany
    )
    ドイツ海軍初の潜水艦U-1。水中排水量283トン。水上速力10.8ノット、水中速力8.8ノット。搭載可能な魚雷数は3本のみ。

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 番外編 潜水艦戦「Uボート・クリーク」】の続きを読む

    日本海軍、地中海を往く 第9回 議論倒れの連合国海軍指揮官会議

    文:nona

     榊と松が輸送船トランシルヴァニア護衛に従事していた1917年5月の初週、第二特務艦隊の佐藤司令と岸井主席参謀は連合国海軍指揮官会議に出席するため、第十駆逐隊第二小隊の梅と楠を率いコルフ島へ向かっていました。[1-1]

    1
    http://www.grekomania.com/places/kerkyra

    現在のコルフ島。ギリシャ読みでケルキラ島とも呼ばれる。

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 第9回 議論倒れの連合国海軍指揮官会議】の続きを読む

    日本海軍、地中海を往く 第8回 松と榊の初交戦

    文:nona

     トランシルヴァニアと共にマルセイユを出港した翌日の5月4日、この日の空は曇り模様、さらに北からの強風とジグザグ航法によって、松と榊の艦橋は常に飛沫にさらされていました。[1-1]

     部隊の付近には、帆船が1隻ほど見られた以外特に周囲に変化はなく、[1-2]雨具を着ていた片岡中尉も、波の先が霧のようにふりかかり塩辛いに耐え切れず、とうとう後部哨戒長を一休み。士官室の長椅子で横になっていました。(後部哨戒長の職は、正式な役職ではなく、ただのあだ名のようです)[1-1]

     そして中尉がうとうとしていると、突然上甲板で戦闘ラッパが鳴り響き、緊張した号令がかかります。[2-1]同時に機関が増速を始め、振動も一層強まりました。片岡中尉は飛び起きて上甲板に上がると、女性達の乗ったボートが一艘、水沫に中を漂っているのを目撃します。[1-1]

     このときトランシルヴァニアは、サヴォナ沖に差し掛かった時に1発の魚雷を受けていたのです。時刻は午前10時20分。魚雷を放ったのは、ドイツ海軍の潜水艦U-63。[2-1]

    1
    https://en.wikipedia.org/wiki/Otto_Schultze
    U-63当時の艦長、オットー・シュルツ(1884~1966)

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 第8回 松と榊の初交戦】の続きを読む

    日本海軍、地中海を往く 第7回 欧州大陸の大地を踏む

    文:nona

    1
    Bibliothèque nationale de France Photographies de presse de l’Agence Rol ‒ Réf. 49.545, 49.547 et 49.548
    Marseille – Torpilleurs japonais dans le Vieux-Port (1917)
    マルセイユに入港した第二特務艦隊の駆逐艦

     出港が遅れ、救助には間に合わず、帰路では時化に巻き込まれ、翌日には迷子の憂き目にあった松と榊。4月17日の帰還後に、時化で損傷した個所の修理にボイラーの整備、遅れていた爆雷の装備を済ませる傍ら、状態の乗員達に久々の休暇が許されています。[1-1]

     さらに4月19日にはマルタ総督夫妻の招きで「アットホーム」会なる士官の親睦会が開催され、片岡中尉もこれに参加しています。[2-1]ちなみに、この日は雨天であったようですが、マルタの雨が珍しいものであると片岡中尉が気づくのは、後々になってからのことでした。[1-1]

     「アットホーム」会では総督とその夫人の他、楽団やイギリスの士官たち、さらに赤十字を付けた従軍看護婦たちも招待されていましたが、言葉の壁か、マナーとエチケットの壁か、両者互いに打ち解けられず、「アットホーム」とは程遠い雰囲気であったそうです。[1-1]

     アイスや菓子やらをつまでいた片岡中尉も、申し訳なく思う一方で、早く終わらないだろうか、と時計の針を見つめていた程です。[1-1]

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 第7回 欧州大陸の大地を踏む】の続きを読む

    このページのトップヘ