アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    タグ:nona

    飛虎将軍廟と日本統治領時代の台南建築物群(軍事色は薄め)

    文・写真:nona

    image001

     清泉崗基地の飛行展示が途中で中止となったため、予定を繰り上げて台中市から台南市へ移動。台南市の飛虎将軍廟を見学して参りました。

    【【読者投稿】飛虎将軍廟と日本統治領時代の台南建築物群(軍事色は薄め)】の続きを読む

    台湾空軍清泉崗基地營區開放・前編

    文・写真:nona

    image001

     中国旅行から4週間後、今回は2泊で台湾へ行ってまいりました。お金も時間もない旅でしたが、台湾は交通の便が良く(円安とはいえ)物価も安いので気軽に楽しめるのが嬉しいところ。

    【【読者投稿】台湾空軍清泉崗基地營區開放・前編】の続きを読む

    香港海防博物館 屋内展示編

    文・写真:nona

    最終回は香港海防博物館・屋内展示の紹介です。

    image001

     今回の訪問日は特別展として中国最後の皇帝、愛新覚羅溥儀の特別展がありました。ちなみに映画「ラストエンペラー」で溥儀を演じたジョン・ローンは香港出身の俳優です。

    【【読者投稿】香港海防博物館 屋内展示編】の続きを読む

    香港海防博物館 屋外展示編

    文・写真:nona

    image001

     本当なら中国航展を2日かけて見る予定でしたが、また会場に入れる怪しかったので、珠海を離れて香港へ向かうことにしました。

     
    最終日の朝に九洲港のカウンターで香港中城(九龍)港行きのチケットを購入し高速船で香港へ向かいます。調子に乗って拙い広東語で話したせいで、なぜかファーストクラスの席を買うことに。価格は少しだけ割高な265元(4000円)。

    【【読者投稿】香港海防博物館 屋外展示編】の続きを読む

    イベントレポート・第11回中国国际航空航天博览会(後編)

    文・写真:nona

    image001

     Mig-29、Su-27に続いてイギリス空軍レッドアローズの演目です。

    【【読者投稿】イベントレポート・第11回中国国际航空航天博览会(後編)】の続きを読む

    イベントレポート・第11回中国国际航空航天博览会(前編)

    文・写真:nona

    image001

     ご無沙汰しております。先日中国の珠海にて開催された航空ショー、第11回中国国际航空航天博览会
    を見学して参りました。

     
    中国国际航空航天博览会
    とは中国広東省の珠海市・金湾空港にて隔年で開催される中国最大規模の兵器見本市および航空ショーです。略称は中国航展、珠海航展、Airshow China、珠海エアショーなど。

     ただ、今回私の思い違いで会場内の見学できなかったため、中国兵器の関するレポートではなく、飛行展示の写真紹介が本記事の中心となっています。また、話題の新型戦闘機J-20についても見学日に飛行しなかったため、これもレポートしておりません。

    【【読者投稿】イベントレポート・第11回中国国际航空航天博览会(前編)】の続きを読む

    日本海軍、地中海を往く 最終回 再び地中海へ

    文:nona

    image001
    http://www.mod.go.jp/msdf/formal/operation/enyo2016.html

    2016年8月26日、海上自衛隊の遠洋練習艦隊による第2特務艦隊に対する、シチリア島沖洋上慰霊祭の様子

     1919年7月に帰還を果たした第二特務艦隊。「日本海軍地中海遠征記」では彼らの作戦成果を以下のように示しています。[1-1]

    護送艦船数(うち4分の3が兵員輸送船)
    イギリス海軍艦艇12隻
    イギリス運送船767隻
    フランス運送船100隻
    イタリア運送船18隻
    その他の26隻

    連合国艦と共同で護衛した様々な国籍の輸送船
    (推定)500隻以上

    護送した各国軍隊及び非戦闘員
    75万名以上

    特筆すべき戦闘および救護回数
    36回

    第二特務艦隊の戦没者
    78名(うち遺体がマルタに埋葬されたもの73名)

    【【読者投稿】日本海軍、地中海を往く 最終回 再び地中海へ】の続きを読む

    このページのトップヘ