アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    タグ:読者投稿

    【読者投稿】防空戦闘の流れ 野戦防空

    文:ミラー

     
    夏も終わりを迎え残暑が続く日本の胆を一気に冷やした北朝鮮の弾道弾日本上空通過から時間も経ち、次は核実験の不安を覚える日々が続きますね。

     今回は前回の記事で戦闘ヘリ運用が盛り上がったので、対抗手段である野戦防空の流れを書いていきます。

     BMD防衛の基礎は防空戦力の発達と密接なので、少し触れられればとも思います。

     誤解が無いように述べますが、どんなに完璧な攻勢作戦や防衛陣地も失敗する可能性は常にあり、この方法なら敵は怖くない!この兵器は役に立たないから不要!とはならないのでご注意下さい。

    【【読者投稿】防空戦闘の流れ 野戦防空】の続きを読む

    航空自衛隊防空史9
    空自の高射部隊その2  ナイキミサイル運用史編

    文:nona

     ナイキミサイル運用史

    image1
    航空自衛隊第1高射群のゆるキャラ「パックさん」。[祖父は、修行を重ねて「アジャックスの杖」を造る。父は、その杖を束ねて「ハーキュリーズの杖」に作り替えた。]というナイキ時代を匂わせる設定がなされた。

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史9 空自の高射部隊その2 ナイキミサイル運用史編】の続きを読む

    航空自衛隊防空史8
    空自の高射部隊その1 ナイキミサイル争奪戦編

    文:nona

     今回は地対空誘導弾ナイキの誕生と、空自の導入までの陸自とのいざこざについて。

    image1
    航空自衛隊入間基地で展示される地対空誘導弾ナイキJ

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史8 空自の高射部隊その1 ナイキミサイル争奪戦編】の続きを読む

    【読者投稿】対戦車戦闘の基本的分類 傾向と対策

    文:ミラー

     ご無沙汰しております。

     昨今は、先人の方々によるソ連軍考察本などを拝見し、まだまだ勉強不足な事を痛感する次第です。

     
    そこで、今回は初心に立ち返り対戦車戦闘に関する手段を分類分けすると共に、傾向と対策を考えてみたいと思います。

    【【読者投稿】対戦車戦闘の基本的分類 傾向と対策】の続きを読む

    航空自衛隊防空史6
    儚き月光F-86Dその1  機体解説編

    文:nona


     
    今回は航空自衛隊初の全天候迎撃機F-86Dを解説いたします。実用性に乏しく故障だらけの同機を現場はどうフォローし、その経験から何を得たのでしょうか。

    ハセガワ 1/72 F-86D セイバードック JASDF

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史6 儚き月光F-86Dその1 機体解説編】の続きを読む

    航空自衛隊防空史5
    F-86F「旭光」その3  封じられたミサイル編

    文・写真:nona


     
    F-86F特集の最後はAIM-9Bサイドワインダーを解説いたします。
    image1
    台湾の空軍航空教育展示館で展示されるAIM-9Bサイドワインダー

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史5 F-86F「旭光」その3 封じられたミサイル編】の続きを読む

    航空自衛隊防空史4
    F-86F「旭光」その2  ガンファイト編

    文・写真:nona

     

    image1
    http://www.avialogs.com/index.php/item/56117.html
    T.O. 1F-86F-1 Flight Manual F-86F (1960年5月27日)ページ 6-9
    F-86Fのマニュアルに記載される対爆撃戦闘の射法。エアブレーキの使用を解説している。

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史4 F-86F「旭光」その2 ガンファイト編】の続きを読む

    航空自衛隊防空史3
    F-86F「旭光」その1 緊急発進編

    文・写真:nona

     
    *今回からタイトルを変更しました。

    image1
    埼玉県入間基地で展示されるF-86F戦闘機

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史3 F-86F「旭光」その1 緊急発進編】の続きを読む

    航空自衛隊防空史2
    自動化以前の迎撃管制システム

    文:nona

     
    今回は1950~60年代に航空自衛隊で使用された手動の迎撃管制システムを解説いたします。現代コンピュータが瞬時に処理できる作業を、隊員の神業的な職人芸で、というのがこの時代の迎撃管制でした。

    image1
    http://livelymorgue.tumblr.com/post/49512032968/may-25-1955-for-an-air-defense-command-story
    Photo: Geore Tames/The New York Times
    1955年5月25日に撮影されたバージニア州マナッサスの第647管制警戒隊のオペレーションルーム。この時代のアメリカ空軍や航空自衛隊では、レーダーが探知した目標の航跡を、プレキシガラスの航跡表示版(プロッティングボード)に要員が手書きで記入した。

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史2 自動化以前の迎撃管制システム】の続きを読む

    このページのトップヘ