アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    タグ:英国

    第25回 連載「フォークランド紛争小咄」パート8
    フォークランド紛争の参加兵力、イギリス編

    文:nona

    image001
    http://www.defensemedianetwork.com/stories/falklands-war-l-photos/
    フォークランドを行軍する英軍兵士の有名な写真。ユニオンジャックに括りつけているのは無線機のアンテナロッド。

    今回はイギリス側が投入した兵力の内訳です。

    【【読者投稿】第25回 連載「フォークランド紛争小咄」パート8 フォークランド紛争の参加兵力、イギリス編】の続きを読む

    第24回 連載「フォークランド紛争小咄」パート7
    フォークランド紛争の参加兵力、アルゼンチン編

    文:nona

    image001
    http://www.fireandfury.com/orbats/falklands_argentina.pdf

     今回と次回にかけて、アルゼンチン軍とイギリス軍の投入戦力を紹介いたします。なお、実際の参戦機数は資料によって異なります。絶対数ではなく、あくまで目安とお考えください。

    【【読者投稿】第24回 連載「フォークランド紛争小咄」パート7 フォークランド紛争の参加兵力、アルゼンチン編】の続きを読む

    第21回 連載「フォークランド紛争小咄」パート6
    アルゼンチン軍の防衛体制

    文:nona

    image003
    http://www.elcorreo.com/vizcaya/rc/20120203/mundo/islas-discordia-201202030917.html
    当時のアルゼンチン軍兵士。

     1982年4月2日、アルゼンチンによるフォークランド占領で、イギリスはアルゼンチンの想定以上に態度を硬化させました。サッチャー首相は4月6日に戦時内閣を設置。さらに予備役の動員や機動艦隊の編成を始めたことで、アルゼンチンもイギリスが本気であることに気付き、防御態勢の見直しが始まりました。[1]

    【【読者投稿】第21回 連載「フォークランド紛争小咄」パート6 アルゼンチン軍の防衛体制】の続きを読む

    第20回 連載「フォークランド紛争小咄」パート5
    ロサリオ作戦とイギリス軍の抵抗

    文:nona

    前回から続く、アルゼンチンによるフォークランド上陸作戦の第二弾です。

    image001
    https://aquellasarmasdeguerra.wordpress.com/2012/04/29/algunas-armas-utilizadas-en-la-guerra-de-malvinas/
    スタンレーにアルゼンチン国旗を掲げる兵士

    【【読者投稿】第20回 連載「フォークランド紛争小咄」パート5 ロサリオ作戦とイギリス軍の抵抗】の続きを読む

    このページのトップヘ