アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    タグ:英国

    無題 Name 名無し 16/12/10(土)17:10:22  No.1197934

    1481357422307
    大英帝国海軍と日本海軍との戦いは大戦序盤は有名ですが
    中盤以降はどんな船とどこで戦ったのですか
    画像は12月10日戦没のレパルスさん
    【帝国海軍は英国海軍とどこで戦ったのか?】の続きを読む

    今月のF-35:F-35無双とデータリンクはアーセナルシップの香り、されど相変わらずのリアル炎上。および英国的現代空母運用術

    文:誤字

    img01
    9月23日に行われた航空自衛隊向けF-35A初号機のロールアウト式典の一コマ、この式典の模様はLockheed Martin: Japan F-35 Rollout Celebration(https://www.youtube.com/watch?v=9a43GbHlxII)でいつでも見ることが出来る(出典:航空自衛隊HP http://www.mod.go.jp/asdf/news/release/2016/0930/

     米軍の最新鋭戦闘機F-35は最新技術を惜しみなく使った画期的な戦闘機であり、21世紀の空を征する戦闘機であることは間違いありません。
     しかしながらその野心的なコンセプトを理解せず、従来の戦闘機の延長線上で評価し、非難を行う場面も多々みうけられます。
     また様々な理由によって開発が難航したため、そのコンセプトに対する無理解と合わさって「欠陥戦闘機」のイメージを持っている人も少なくありません。

     
    航空自衛隊向けのF-35A初号機の完成し、日本の空を飛ぶ日も近いこの最新鋭戦闘機、日々進化を続ける21世紀の戦闘機の先進性をより広く、より正確に理解し、間違った疑念を晴らし21世紀の戦闘機運用についての考えを更新していただくため、だいたい一ヶ月毎にF-35関連のニュースをまとめて更新してF-35の最新の姿をお届けしたいと思います。

    注:なおこの記事は中学生レベルの英語力しか無い著者がグーグル翻訳さまの力を全面的に利用して海外の記事やそれを元にした日本語の記事を個人的感想をつけて要約して紹介しているものになります。
     内容には間違いや勘違いが多々含まれている可能性もあるので、元記事を確認したりわからないところはコメントするなどしてくれると助かります。

    【【読者投稿】今月のF-35:F-35無双とデータリンクはアーセナルシップの香り、されど相変わらずのリアル炎上。および英国的現代空母運用術】の続きを読む

    無題 Name 名無し 16/09/16(金)20:37:14 No.1188440
    英戦闘機が10月に日本を訪問、自衛隊と共同訓練
    https://www.gov.uk/government/world-location-news/announcement-raf-typhoon-aircraft-to-visit-japan.ja
    【英戦闘機が10月に日本を訪問、自衛隊と共同訓練】の続きを読む

    Name 名無し 16/06/28(火)22:40:25  No.1177563

    Royal International Air Tattoo 2015: Review of Riat 2015 (Calvendo Hobbies) 

    EU離脱がどうのこうので騒がしい昨今のイギリスですが、恒例のRIAT(ロイヤル・インターナショナル・エアタトゥー)が今年も間近に迫ってまいりました
    今年は7/8~10開催です

    *公式 http://www.airtattoo.com/

    去年は海自がP-1を引っさげての初展示で大きな話題になりましたが、今年は2年ぶり3回目の空自KC-767の展示です。空自公式にはまだ情報がないけど・・・
    何年後になるかわからないけど、いずれはC-2の展示を期待したいところです
    【RIAT(ロイヤル・インターナショナル・エアタトゥー)2016開催】の続きを読む

    無題 Name 名無し 15/11/07(土)22:53:23  No.404575

    ドイツ戦闘機開発者の戦い―メッサーシュミットとハインケル、タンクの航跡 (光人社NF文庫)

    第二次大戦当時、航続距離が2,000kmを超える単発戦闘機を開発した国は日本、米国、ソ連の3カ国だけだとと記憶しているが、もしドイツが長距離単発戦闘機を開発していたら、欧州の戦局は大きく変化したのではないだろうか?
    ドイツほどの航空技術を持つ国なら、やろうと思えば開発できたと思うが、なぜ開発しなかったのだろうか。
    【もしドイツが長距離単発戦闘機を開発していたら、戦局は変化した?】の続きを読む

    このページのトップヘ