アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    タグ:艦艇

    艦隊決戦の隠し球~重雷装艦は遠距離雷撃戦の夢を見るか

    文:
    烈風改

    ◇重巡と魚雷
     ロンドン軍縮条約の頃(昭和6年)の魚雷の射程は各国とも最大射程で10,000mが限界で、これは重巡の主砲射程と比較すると大きく劣るものでした。重巡は敵を魚雷の射程に入れる遥か前に主砲での射撃が可能となるため、魚雷戦の機会が生じない可能性が大きいと見なされるようになったのです。

     このため当時の米海軍は新規建造の重巡魚雷兵装を全廃しました。日本海軍でも重巡の魚雷廃止への動きがありましたが、新魚雷の登場によって重巡の魚雷装備廃止は回避されています。

     この新魚雷こそが、ロンドン条約の制限を受けて魚雷の射程延長を目指し昭和6年に開発が開始され、昭和8年に実用化された『酸素魚雷』でした。

     酸素魚雷の性能は傑出したものであり、酸素の扱いが難しい点を除けば、当時全ての性能で他の魚雷を上回っていたと言っても過言ではありませんでした。そしてその最も有用な点は魚雷の常識を破る画期的な射程にありました。

     雷速36ノットにおける駛走距離は40,000mに及び、これは戦艦同士の最大砲戦距離をも超えるものだったのです。この長射程魚雷の実現により、具現化されたのが重巡部隊による『遠距離隠密魚雷発射』戦法でした。

    【【軍事講座】艦隊決戦の隠し球~重雷装艦は遠距離雷撃戦の夢を見るか】の続きを読む

    第31回 2015年の海外艦艇公開まとめ(前編)

    文:nona

    image001
    後編では観艦式に参加した、韓国の「テ・ジョヨン」インドの「サヒャドリ」、オーストラリアの「スチュアート」フランスの「ヴァンデミエール」を紹介いたします。

    【【読者投稿】第31回 2015年の海外艦艇公開まとめ(後編)】の続きを読む

    第30回 2015年の海外艦艇公開まとめ(前編)

    文:nona

    image001
     今回は年末ということで、2015年に一般公開された7隻の海外艦艇をまとめました。
     前編ではトルコのフリゲート「ゲティズ」アメリカの駆逐艦「マスティン」空母「ロナルドレーガン」について紹介いたします。

    【【読者投稿】第30回 2015年の海外艦艇公開まとめ(前編)】の続きを読む

    第7回ロシア海軍水上艦艇の現状について(訂正)

    文:nona

     新型艦の情報が出た!と期待していても、いつになっても就役せずに放置され、小型艦艇を10年以上かけて就役させるなど謎多きロシアの水上戦闘艦。今回は最新艦艇や時期主力艦のコンセプトと、それらがいつになっても就役できない現状をまとめました。今回はロシアの対外ニュースや高町紫亜氏の記事を参考に制作しています。もっとも情報源(ロシア語)の精査が行えませんので、不正確な情報が含まれると考えてください。


    21630型/21631型 小型砲艦

    (全長62~74m・満載排水量500-949トン・速力25~28ノット・配備数予定10隻以上・2006年就役開始)

    image001
    https://twitter.com/Missilito/status/459790737371299840/photo/1

     ロシアでの艦艇の分類で砲艦に分類されるステルス艦艇です。21630型ではBM-21連装ロケット砲の艦載版グラドMを、拡大版の21631型ではクラブ対地巡航ミサイル用の3R14UKSK垂直発射機を8基搭載するなど高い対地攻撃能力を持っています。今のところは黒海やカスピ海のみでの運用で、対潜兵装も装備されていないようです。

    【【読者投稿】 第7回ロシア海軍水上艦艇の現状について(訂正)】の続きを読む

    このページのトップヘ