アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    タグ:艦艇

    無題 Name 名無し 19/07/29(月)13:58:43  No.1280802

    1564376323007
    なぜ勝てない戦争を…巨大戦艦「大和」は日本のガラパゴス化の象徴だ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190725-00066045-gendaibiz-pol

    大和が使えるところあります?
    【【追記】大和が使えるところあります?】の続きを読む

    無題 Name 名無し 19/07/12(金)17:20:18  No.1279525

    潜水艦がまるごとわかる本~仕組みから幹部の仕事まで~ (メディアックスMOOK)

    https://cgi.2chan.net/f/src/1562919618247.jpg
    フランスの次世代原子力潜水艦バラクーダ計画の1番艦シュフランが進水
    【フランスの次世代原子力潜水艦バラクーダ計画の1番艦シュフランが進水】の続きを読む

    無題 Name 名無し 19/07/06(土)17:24:24  No.1279218

    現代の潜水艦 2019年 05 月号 [雑誌]: 世界の艦船 増刊

    海自次世代潜水艦
    MASTAsiaでもちょろっと出てた次世代(将来?)潜水艦について
    http://cgi.2chan.net/f/src/1562401464310.jpg
    https://www.popularmechanics.com/military/navy-ships/a28184939/29ss-japan-submarine/
    【海自次世代潜水艦について】の続きを読む

    旧日本海軍の重巡洋艦「摩耶」発見 フィリピン沖の海底で Name 名無し 19/07/02(火)07:45:41  No.1278960      
    青島文化教材社 1/350 アイアンクラッド [鋼鉄艦] 重巡洋艦 摩耶 1944

    旧日本海軍の重巡洋艦「摩耶」発見 フィリピン沖の海底で
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190702/k10011978501000.html
    【重巡洋艦「摩耶」フィリピン沖で発見】の続きを読む

    無題 Name 名無し 19/05/16(木)18:12:56  No.1275561      
    海上自衛隊「装備」のすべて 厳しさを増すアジア太平洋の安全を確保する (サイエンス・アイ新書)


    http://cgi.2chan.net/f/src/1557997951397.png
    ※画像=新艦対空誘導弾の構想図(提供:防衛省)

    艦対空誘導弾開発(その2)を三菱電機と契約
    http://www.jwing.net/news/12921
    【防衛装備庁、「新艦対空誘導弾」(その2)を三菱電機と契約】の続きを読む

    日本駆逐艦175隻。消耗と補充の45か月間 
    -造船士官の集計を通して見る駆逐艦戦争の実態-


    文:加賀谷康介(海洋軍事美少女ゲーム研究家(タペストリー学専攻))


    ijn-hayashimo

    (フィリピン、ミンドロ島付近で大破擱座した夕雲型「早霜」とされる写真)

     厳しい消耗戦を強いられた太平洋戦争当時の日本海軍の中でも、とりわけ駆逐艦はその過酷な戦いぶりで知られています。開戦以来終始第一線を行動しながら戦争を生き延びた「雪風」が“奇跡の駆逐艦”と称されたことでもわかるとおり、開戦から敗戦までの45か月間は日本駆逐艦にとって仮借ない消耗とその補充の日々でした。

     戦時中の日本駆逐艦については既に数えきれない程の書籍が世に出ていますが、今回取り上げるのは堀元美・元海軍技術中佐(以後、堀・元技術中佐とする)の『駆逐艦。その技術的回顧』(原書房。昭和44年=1969年刊)です。
     同書は日本駆逐艦の誕生からその終焉までを「主として技術的な興味を中心として書いた(著者のことば)」本ですが、本の終章では太平洋戦争中の日本駆逐艦の消耗と補充について分析したページがあり、それを今日の視点で私なりに再集計してみようというのが今回の趣旨となります。

    【日本駆逐艦175隻。消耗と補充の45か月間-造船士官の集計を通して見る駆逐艦戦争の実態-【軍事講座】】の続きを読む

    このページのトップヘ