アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    タグ:航空自衛隊

    航空自衛隊防空史13
    最後の有人戦闘機F-104その3・スクランブル任務と対策訓練編

    文:nona

    ハセガワ 1/48 航空自衛隊 F-104J スターファイター プラモデル PT18

     F-104Jの導入により空自がソ連機に後れを取ることはなくなった、かと思えばソ連機もあの手この手で、F-104Jに挑戦を仕掛けます。今回はその実例をいくつか紹介。

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史13 最後の有人戦闘機F-104その3・スクランブル任務と対策訓練編】の続きを読む

    航空自衛隊防空史12
    最後の有人戦闘機F-104・ウエポンシステムと模擬空中戦編

    文:nona

     ハセガワ 1/72 航空自衛隊 F-104J/CF-104 スターファイター プラモデル D16
     今回はFCS、バルカン、さらにF-15とのDACTの模様について解説いたします。

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史12 最後の有人戦闘機F-104・ウエポンシステムと模擬空中戦編】の続きを読む

    航空自衛隊防空史11
    最後の有人戦闘機F-104その1・機体特性解説編

    文:nona

     今回のF-104J編では「機体特性」「ウエポンシステムと模擬空中戦」「実際に起きた(らしい)スクランブル中の状況」の3編に分割し、F-104Jの活躍を詳しく解説いたします。

    image1
    航空自衛隊入間基地に展示されるF-104J戦闘機。主翼前縁の赤いラインは「カミソリカバー」であり、鋭利な翼から見学者を保護している。

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史11 最後の有人戦闘機F-104その1・機体特性解説編】の続きを読む

    航空自衛隊防空史X
    第一次FX、幻に消えたF11J

    文:nona

    image1
    https://en.wikipedia.org/wiki/Grumman_F-11_Tiger#/media/File:Grumman_F11F_VF-33_1959.jpg
    アメリカ海軍のF-11戦闘機。第一次FXにおいて提案されたF-11F-1F(F-11J)の原型となった。

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史X 第一次FX、幻に消えたF11J】の続きを読む

    航空自衛隊防空史6
    儚き月光F-86Dその1  機体解説編

    文:nona


     
    今回は航空自衛隊初の全天候迎撃機F-86Dを解説いたします。実用性に乏しく故障だらけの同機を現場はどうフォローし、その経験から何を得たのでしょうか。

    ハセガワ 1/72 F-86D セイバードック JASDF

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史6 儚き月光F-86Dその1 機体解説編】の続きを読む

    航空自衛隊防空史5
    F-86F「旭光」その3  封じられたミサイル編

    文・写真:nona


     
    F-86F特集の最後はAIM-9Bサイドワインダーを解説いたします。
    image1
    台湾の空軍航空教育展示館で展示されるAIM-9Bサイドワインダー

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史5 F-86F「旭光」その3 封じられたミサイル編】の続きを読む

    航空自衛隊防空史4
    F-86F「旭光」その2  ガンファイト編

    文・写真:nona

     

    image1
    http://www.avialogs.com/index.php/item/56117.html
    T.O. 1F-86F-1 Flight Manual F-86F (1960年5月27日)ページ 6-9
    F-86Fのマニュアルに記載される対爆撃戦闘の射法。エアブレーキの使用を解説している。

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史4 F-86F「旭光」その2 ガンファイト編】の続きを読む

    航空自衛隊防空史3
    F-86F「旭光」その1 緊急発進編

    文・写真:nona

     
    *今回からタイトルを変更しました。

    image1
    埼玉県入間基地で展示されるF-86F戦闘機

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史3 F-86F「旭光」その1 緊急発進編】の続きを読む

    航空自衛隊防空史2
    自動化以前の迎撃管制システム

    文:nona

     
    今回は1950~60年代に航空自衛隊で使用された手動の迎撃管制システムを解説いたします。現代コンピュータが瞬時に処理できる作業を、隊員の神業的な職人芸で、というのがこの時代の迎撃管制でした。

    image1
    http://livelymorgue.tumblr.com/post/49512032968/may-25-1955-for-an-air-defense-command-story
    Photo: Geore Tames/The New York Times
    1955年5月25日に撮影されたバージニア州マナッサスの第647管制警戒隊のオペレーションルーム。この時代のアメリカ空軍や航空自衛隊では、レーダーが探知した目標の航跡を、プレキシガラスの航跡表示版(プロッティングボード)に要員が手書きで記入した。

    【【読者投稿】航空自衛隊防空史2 自動化以前の迎撃管制システム】の続きを読む

    このページのトップヘ