アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    タグ:自衛隊

    無題 Name 名無し 16/12/22(木)21:07:29  No.1199113

    日本の防衛―防衛白書〈平成28年版〉

    我が国の防衛と予算(案)-平成29年度予算の概要-(PDF:4.7MB) (平成28年12月22日掲載)
    http://www.mod.go.jp/j/yosan/yosan.html

    来たよー
    やっぱり新型艦対空ミサイルは03式改のファミリー化だね
    【我が国の防衛と予算(案)-平成29年度予算の概要-】の続きを読む

    無題 Name 名無し 16/11/25(金)17:22:37  No.1196414

    1/700 海上自衛隊 水中処分母船YDT-1号型 & 運貨船YL-9号型

    http://cgi.2chan.net/f/src/1480062157809.jpg
    海自の艦船のうち、「艦」に含まれない「船」のほうが気になる…!
    気にならない…?

    これは「水中処分母船」…!
    掃海艇とはまた違うのか…?なぜ別なのか…!?
    【海自の艦船のうち、「艦」に含まれない「船」のほうが気になる…!】の続きを読む

    無題 Name 名無し 16/11/25(金)14:58:52  No.1196396
    1/100スケール 海上自衛隊 哨戒ヘリコプター SH-60K

    海上幕僚長ら、ヘリ選定に介入 防衛省が訓戒処分へ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00000037-asahi-soci
    【海上幕僚長ら、ヘリ選定に介入 防衛省が訓戒処分へ 海自ヘリスレ】の続きを読む

    無題 Name 名無し 16/11/15(火)17:59:31  No.1195606

    日本の航空機コレクション2 [1-c.P-1 海上自衛隊](単品)
    P-1をニュージーランドで運用するとの事
    整備とかどうするんだろ


    同国に派遣中の海上自衛隊のP-1哨戒機が国際緊急援助隊・自衛隊部隊として活動を行うことを決定しました
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_003924.html
    【ニュージーランドに派遣中の海上自衛隊のP-1哨戒機が国際緊急援助隊・自衛隊部隊として活動を行うことを決定】の続きを読む

    Name 名無し 14/05/06(火)02:42:30  No.318129
    ピットロード 1/72 陸上自衛隊 74式戦車 第10師団

    米軍には姿勢制御ないのん?


    https://www.youtube.com/watch?v=On1Hn0UlydE

    74式戦車の姿勢制御
    http://ja.wikipedia.org/wiki/74%E5%BC%8F%E6%88%A6%E8%BB%8A

    74式の特徴の一つが、山地の多い日本の地形に合わせ、油気圧サスペンション(ハイドロニューマチック)による姿勢変更機能を有することである。

    伸縮するサスペンションにより標準姿勢から車高を上下に各20cmずつ変化させることができ、サスペンションを前後左右別々に作動させることもできるため、車体全体を前後に6度ずつ、左右に9度ずつ傾ける姿勢制御が可能である。

    このことで丘などの稜線から砲塔だけを覗かせて攻撃する稜線射撃も容易としている。これはスウェーデンのStrv.103を参考にしたといわれており、専守防衛思想のもとで運用され、待ち伏せ攻撃も想定する74式にとって都合の良い機能となっている。
    【【再掲】米軍には74式戦車みたいな姿勢制御ないのん?】の続きを読む

    無題 Name 名無し 16/10/24(月)21:53:44  No.1193403

    海上自衛隊「あきづき」型護衛艦 (イカロス・ムック 新・シリーズ世界の名艦)

    http://cgi.2chan.net/f/src/1477313624834.jpg
    あきづき・あさひ・ひゅうが型ってイルミネーターが四面固定式になってるけど
    一方向に指向出来るイルミネーターの数に限りがあるからミサイルの誘導数にも制限が出そうなんだけどどうなんだろう
    【あきづき・あさひ・ひゅうが型のミサイル誘導数について】の続きを読む

    このページのトップヘ