アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    タグ:戦史

    『バトル・オブ・ブリテン―イギリスを守った空の決戦』 (新潮文庫)
    光人社
    リチャード ハウ (著)、デニス リチャーズ (著)

    バトル・オブ・ブリテン―イギリスを守った空の決戦 (新潮文庫) 

    文:名無しさん 様

     地の利がよく言われる戦いではあるが、やはり人があってのものだと感じられた
    崖っぷちに追い詰められなけなしの人と物でドイツに対抗していくイギリスのお話
    いかにして本土を守るか、同じ島国として日本の事も考えさせられる一冊

    『サボ島沖海戦―米海軍史上最大の敗北』 (光人社NF文庫)
    光人社
    リチャード・F. ニューカム (著)

    サボ島沖海戦―米海軍史上最大の敗北 (光人社NF文庫) 

    文:名無しさん 様

     前述の硫黄島と同じ著者によるノンフィクション
    内容は日本側呼称第一次ソロモン海戦のもの
    日本では従軍記者による本が有名だが、こちらの方が俯瞰的、詳細に描かれており読みごたえがある
    アメリカ側の失態、反省点に重点をさく
    日本軍大勝利なのでぶっちゃけ気持ちよかったり

    『硫黄島―太平洋戦争死闘記』 (光人社NF文庫)
    光人社
    リチャード・F. ニューカム (著)

    硫黄島―太平洋戦争死闘記 (光人社NF文庫) 

    文:名無しさん 様

     
    硫黄島での戦いは日本では個人の体験や日本側視点に偏りがちだが、硫黄島の戦いを体形的詳細にしりたいならこの本
     戦後間もない時期に出版されたこともあり多数の証言が記載されており、兵士たちの実体験を知ることもできる
     すり鉢山の星条旗の経緯はもちろん、あまり知られていない毒ガス使用の検討、Dデイ前日に行われたフロッグマン部隊による工作への日本軍の総砲撃など貴重な事実も多い

    無題 Name 名無し 14/05/12(月)10:51:53  No.1069240
    写真が語るベトナム戦争 (「知」のビジュアル百科) 
    ベトコンって訓練されて組織的に攻撃していたの?
    米軍は圧倒的な軍事力だったのになぜベトコンを一掃できずに
    泥沼の戦いになったの?
    【【再掲】ベトコンて強かったの?ベトナム戦争スレ】の続きを読む

    このページのトップヘ