アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    タグ:大東亜戦争

    Name 名無し 18/03/24(土)18:03:35  No.1239562

    ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 日本海軍 工作艦 明石 エッチングパーツ付き プラモデル W37E
    新旧古今東西陸海空何でも(・w・
    出来れば豆知識的なエピソード等々
    屁理屈揚足取り等は無しで(・w・

    画像は日本海軍工作艦「明石」
    あと、もう一隻くらい欲しかったです…
    【縁の下の力持ち兵器スレ】の続きを読む


     デアゴスティーニ・ジャパンより『週刊 栄光の日本海軍パーフェクトファイル』が創刊されました。
    【『週刊 栄光の日本海軍パーフェクトファイル』創刊】の続きを読む

    無題 Name 名無し 18/02/03(土)06:20:30  No.1235646

    日本陸軍兵器資料集 (ミリタリー・ユニフォーム)

    https://cgi.2chan.net/f/src/1517606430296.jpg
    日本軍の手榴弾、地雷スレなんてどうでしょうか?
    手榴弾は対戦後期のゲリラ戦法などで大変活躍して小銃よりも活躍したらしいですが
    自分も昔どこかでちょこっと見ただけなので本当かどうか説明することはできませんが…
    【日本軍の手榴弾、地雷スレ】の続きを読む

    96式25mm3連装機銃 Name ROM 18/01/26(金)17:02:45  No.470424

    ピットロード 1/35 グランドアーマーシリーズ 日本海軍 九六式25mm三連装機銃 プラモデル G47


    http://may.2chan.net/39/src/1516953765700.jpg
    最近、ピットロードより1/35の素晴らしく良く出来たキットが発売されました。
    今までずっと一般的に流布されていた図等の形とは一線を画し、形状を正確に再現されていて、照準器や銃後上方の撃発機構のような細かい部分、銃架内側のような外から良く見えない箇所も良く再現されており、とても優秀なキットだと思います。
    ただ、この銃のディティール資料はあまり無く、30年前のヤヌス・シコルスキー氏著「戦艦大和図面集」の図が殆ど唯一のものでした。
    しかし、その図は現存銃の形状とは少し違っています。
    そこで、一昨年復刻された取説及びnetで集めた写真を基にして作図してみました。
    【九六式二十五粍高角機銃スレ】の続きを読む

    【軍事講座】急降下爆撃~栄光と散華に彩られた対空母必中戦法

    文:烈風改

    D3A1_Akagi

    ■対艦攻撃の新戦法

     昭和4~5年頃、米国発の新戦法・急降下爆撃は威力はともかく、その高命中率が注目されました。即効的に艦を沈める程の威力は無くても、飛行甲板を破壊すれば発着能力を奪える対空母用の攻撃方法としては有力で、戦艦同士の艦隊決戦前段階(と当時見なされていた)の空母航空戦における価値が大きいと判断されたのです。これにより「まず急降下爆撃機で相手空母の飛行甲板を潰す」という戦法が検討されるようになります。

     最初の艦爆である九四式艦上爆撃機(採用時は軽爆撃機)が採用される(昭和9年)より前から、日本海軍は水上偵察機による『急降下爆撃』(実際は緩降下爆撃だった可能性が高い)を実戦で行っていた記録もあり、急降下爆撃の効果は非常に期待されていました。

     このような経緯を経て艦爆搭載用の空母として蒼龍以降の新造艦が計画され、既存の空母も艦爆搭載のための改装が企図されます。(例えば加賀は改装により30機の艦爆が増載される予定となっていました)

    【【軍事講座】急降下爆撃~栄光と散華に彩られた対空母必中戦法】の続きを読む

    Name 名無し 18/01/23(火)22:33:48  No.1234706

    国際政治史における軍縮と軍備管理 (明治大学国際武器移転史研究所研究叢書)


    https://cgi.2chan.net/f/src/1516714428424.jpg
    中華人民共和国が、どんどんと海軍機動艦艇を建造・就役させているニュースに接し、かつてのNaval Holidayといわれたような、軍縮はいまの時代はないのかなっと思い、調べてみました。
    1922 ワシントン海軍軍縮条約・1930 ロンドン・・ 1936第2次ワシントン 主に艦艇の保有制限(トン数・砲性能等による制限)
    1925 ジュネーブ議定書にて、化学兵器の制限
    第二次大戦後は
    1972 SALTI 戦略核の数量制限等 以後 米ソ・米露で  核削減条約 複数回
    1971 生物兵器禁止条約
    1997 対人地雷の制限
    2008 クラスター爆弾の制限
    軍縮条約の歴史を見ていくと、 通常兵器の総量の制限から、人道をキーワードとした特定の兵器(生物・化学・核・対人地雷・クラスター)といった、機能別の制限を国際社会はかけているように見えます。
    今後の軍縮条約や交渉は、どのようになっていくのか、語りませんか?
    画像は在りし日のフィッツジェラルドです。
    【軍縮条約について】の続きを読む

    このページのトップヘ