アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    タグ:大東亜戦争

    無題 Name 名無し 17/11/29(水)02:14:17  No.1230546

    武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解

    https://cgi.2chan.net/f/src/1511889257233.jpg
    空気信管っておよそメリットしか無いように思えますが欧米の評価はどんなものだったんでしょう?
    海外でも似たようなものはあったのかな?
    【空気信管の欧米の評価はどんなものだったんでしょう?】の続きを読む

    無題 Name 名無し 17/11/14(火)07:49:36  No.1229071

    タミヤ 1/350 艦船シリーズ No.25 日本海軍 戦艦 大和 プラモデル 78025

    http://cgi.2chan.net/f/src/1510613376361.jpg
    戦艦の副砲(両用砲も可)を主に語ってみませんか?
    画像は大和の副砲ですがほかの戦艦の副砲についてでももちろんかまいません
    【戦艦の副砲(両用砲も可)を主に語ってみませんか?】の続きを読む

    Name 名無し 17/11/11(土)21:43:45  No.1228886

    日本陸海軍戦闘機1930-1945―九一式戦、九〇式艦戦から火竜、秋水まで (世界の傑作機別冊―Graphic Action Series)
    <旧陸軍ジェット戦闘機>幻のエンジン部品発見 ICU構内
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000052-mai-soci
    【旧陸軍初のジェット戦闘機「火龍」のエンジン部品を発見】の続きを読む

     昨日、ソーシャルゲーム『艦隊これくしょん』において期間限定イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」が開始されました。

     このことについて、12月31日(日)開催予定のコミックマーケット93で新刊『「捷号作戦」艦隊編成』を発表するサークル「烈風天駆」の加賀谷康介様が、非公式タイアップとして捷号作戦について寄稿されましたので掲載します。

     なお、加賀谷康介様は寄稿後、海防艦「択捉」「占守」「国後」「松輪」「対馬」「佐渡」捜索の為、離島巡りに旅立たれました。

    【【軍事講座】第二遊撃部隊旗艦は「長門」-軍令部第一課部員の志摩艦隊増強案-】の続きを読む

    無題 Name 名無し 17/10/29(日)02:30:13  No.465680

    ノモンハン戦車戦―ロシアの発掘資料から検証するソ連軍対関東軍の封印された戦い (独ソ戦車戦シリーズ)

    旧日本陸軍はソ連を仮想敵国と見ていたが
    もし全面戦争になったらどのような戦略、戦術をしていたと思う?
    【帝国陸軍はソ連と全面戦争になったらどのような戦略、戦術をとっていたと思う?】の続きを読む

    無題 Name 名無し 17/10/16(月)12:42:13  No.465035

    1509013135261
    戦場で生き残る秘訣について考えるスレ
    死んだじーちゃんが「敵と撃ち合いになったらな、まず勇気を出して一番最初に飛び出るんだ。そうすると敵はビックリしてマトモに狙いをつけられない。二番目に飛び出すやつはもう狙いを付けられてるのでだいたい撃たれて死ぬ」
    みたいな事を言うておりました。

    祖父:近衛兵の迫撃砲担当、最後は伍長、相手は新四軍だったそうです
    【戦場で生き残る秘訣について考えるスレ】の続きを読む

    無題 Name 名無し 17/09/25(月)00:08:15  No.463682

    1506265695342
    軍隊の調理器具について
    自衛隊の戦闘飯盒は有名だが使用する熱源が分からない
    コールマン550Bやエスビットなんか有名だが自衛隊は何を使ってるんだろう?
    【軍隊の調理器具について】の続きを読む

    無題 Name 名無し 17/09/21(木)17:26:51  No.1224725
    マスターボックス 1/35 MTMB3544/ 日本陸戦隊&米海兵隊5体タラワ戦1943肉兵戦

    万歳突撃って日本が盛にやってた戦術だけど戦果ってあったの?
    自衛隊でも突撃の訓練しているけど現代戦でも通用するの?
    【自衛隊でも突撃の訓練しているけど現代戦でも通用するの?】の続きを読む

    このページのトップヘ