アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    タグ:大東亜戦争

    無題 Name 名無し 15/04/20(月)11:27:18  No.1114068
    1024px-13th_MEU_disembarking_Bright_Star_2005
    http://www.dodmedia.osd.mil/
    PHAN SHANNON GARCIA, USN ライセンス:パブリックドメイン

    日本は島国なのに、どうして大日本帝国には海兵隊がなかったのでしょうか?
    存在していれば、大東亜戦争に影響はあったでしょうか?
    【どうして大日本帝国には海兵隊がなかったのでしょうか?】の続きを読む

    無題 Name 名無し 14/08/21(木)05:02:43  No.1082321
    640px-Asashimo_1945-04-07
    (画像引用元)wikipedia

    太平洋戦争での艦船の沈没による海洋汚染ってどのくらいあったんだろう?
    特に戦争末期の日本近海なんか重油でかなり汚染されてそうなんだが・・・
    【大東亜戦争での艦船の沈没による海洋汚染ってどのくらいあったんだろう?】の続きを読む

    無題 Name 名無し 16/05/18(水)03:53:25  No.1170186

    770px-Japanese_75mm_AA_Battery_-_Guam
    (画像引用元)wikipedia

    日本陸海軍の対空火器について語ってみませんでしょうか?
    大戦後期半ば役立たずのような扱いを受けている八八式高射砲ですが、数がある分意外とたくさんのB29などの連合軍最新鋭機を落としている(下手したらB29を一番撃墜した兵器)のを見るになかなかいい兵器だったのではないかと思うのですが…
    やはりそれでも数が足らなかったのは事実ですが…
    【日本陸海軍の対空火器について語ってみませんか?】の続きを読む

    無題 Name 名無し 15/03/02(月)12:00:17  No.1107587
    576px-EnigmaMachineLabeled
    (画像引用元)wikipedia

    ちょっと前に、左巻きがゴネて開示させた、「特定秘密」の省庁別の件数リストがあったけど、防衛省は暗号関連を沢山秘密指定していたんだね

    でもそれって「まだ日本は秘密鍵暗号使ってる」と自白してるに等しいわけで、2重の意味で=リストの公開も秘密指定そのものも両方すぐにやめた方がいいと思うんだけど

    そしてできれば暗号を十分な強度の公開鍵暗号に変えるべきだと思う
    【日本軍の暗号解読能力は米英側から高く評価されていた!】の続きを読む

    無題 Name 名無し 15/06/26(金)13:15:57  No.386849
    終戦70周年特別企画『三八式歩兵銃と日本陸軍』 (ホビージャパンMOOK 667) 

    1944年8月
    あなたに召集令状が届きました。
    二等兵スタートです。
    ですが、任地および配属はあなたが自由に選べます。
    どの地のどんな仕事を望みますか?
    【昭和19年8月、あなたに召集令状が届きました】の続きを読む

    無題 Name 名無し 14/12/08(月)15:24:53  No.355697
    プライベート・ライアン [Blu-ray] 

    ノルマンディーみたいな大きな作戦で
    どちらの兵もたくさん死んで
    米兵の遺体は米兵が運ぶなり片付けるなりするんだろうけど
    ドイツ兵の遺体とかはどうしたんだろう?
    【戦場掃除と捕虜の取り扱いってどうしてるの?】の続きを読む

    無題 Name 名無し 16/05/21(土)13:49:59  No.1170839

    ゼロの残照~大日本帝国陸海軍機の最期~ (終焉の日本陸海軍軍用機写真集) 

    疑問です
    太平洋戦争で陸軍が25000機、海軍が27000機を喪失してるそうですが、100~200機の損害でも前線航空隊が無力化したりしてます
    さらにそれ程の被害を受けた海戦や空襲は数えるほどしかないのにどこで5万機も失ったんでしょう(特に陸軍など)

    1300日で割ると1日平均40機喪失ですが、航空戦は常に行われていて毎日撃墜されてたのが積み重なったんでしょうか?
    【大東亜戦争中の航空機の喪失理由について】の続きを読む

    このページのトップヘ