第13回 「将来ネットワーク型多目的誘導弾システム」

文:nona

image001
http://www.mod.go.jp/trdi/research/gaibuhyouka/pdf/F-MPMS_24.pdf p4
将来ネットワーク型多目的誘導弾システムの研究試作品。資料ファイルによると略称はF-MPMS。


■研究目的■

 将来ネットワーク型多目的誘導弾システムとは現在研究中の96式多目的誘導弾の後継装備です。技術研究本部によると研究目的は「目標情報の継続的な取得が困難な状況下において発射し、多数の目標を同時・自動的に捜索・識別し、自律的に目標を撃破するとともに、目標地域の戦況及び戦果を確認するために使用する将来ネットワーク型多目的誘導弾システムに関する研究を行い、技術資料を得る。」とのこと。[1]2008年に研究がスタートし、2011年からは試射などの試験も実施されています。

image002
http://www.mod.go.jp/trdi/research/gaibuhyouka/pdf/F-MPMS_24.pdf p3

image003
http://www.mod.go.jp/trdi/research/gaibuhyouka/pdf/F-MPMS_24.pdf p5

【【読者投稿】第13回 「将来ネットワーク型多目的誘導弾システム」】の続きを読む