「日本海軍の水上機運用」 ~水上機の可能性と限界~

文:烈風改


■日本海軍における水上機の導入


 日本海軍の水上機が実戦に投入されたのは青島攻略戦が最初ですが、当時の運用は偵察・連絡が主であり攻撃(爆撃)は水平爆撃の精度が低いため、実効的な攻撃力としての効果は薄かったようです。

【「日本海軍の水上機運用」 ~水上機の可能性と限界~【軍事講座】】の続きを読む