アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    カテゴリ: 帝国陸海軍

    無題 Name 名無し 19/11/10(日)17:25:06  No.1289716 

    1573374306309
    「日本陸軍航空隊の軍馬」とか「戦争中全期間を通じて使われた名機」とか
    言われるけれど、いざどこでどんな使われ方をしていたのか?というと
    よく分からない

    そんな九九式襲撃機・偵察機スレッド
    【九九式襲撃機・偵察機スレッド】の続きを読む

    無題 Name 名無し 19/10/26(土)06:46:27  No.1288313 

    脚気と軍隊

    脚気に悩まされた日本陸軍…
    壊血病に悩まされたイギリス海軍…
    【脚気に悩まされた日本陸軍、壊血病に悩まされたイギリス海軍……軍隊と医療・医学スレッド】の続きを読む

    無題 Name 名無し 19/05/06(月)00:40:29  No.1274904

    1557070829798
    なぜ日本海軍は夜戦で照明灯を使って敵艦に補足されるリスクをしてまで海戦をしたのですか?
    米海軍は照明弾を打ち上げて補足されないようにしていたが照明灯を使わなかったら損害は減らせたのではないですか?
    【なぜ日本海軍は夜戦で照明灯を使って敵艦に補足されるリスクをしてまで海戦をしたのですか?】の続きを読む

    日本駆逐艦175隻。消耗と補充の45か月間 
    -造船士官の集計を通して見る駆逐艦戦争の実態-


    文:加賀谷康介(海洋軍事美少女ゲーム研究家(タペストリー学専攻))


    ijn-hayashimo

    (フィリピン、ミンドロ島付近で大破擱座した夕雲型「早霜」とされる写真)

     厳しい消耗戦を強いられた太平洋戦争当時の日本海軍の中でも、とりわけ駆逐艦はその過酷な戦いぶりで知られています。開戦以来終始第一線を行動しながら戦争を生き延びた「雪風」が“奇跡の駆逐艦”と称されたことでもわかるとおり、開戦から敗戦までの45か月間は日本駆逐艦にとって仮借ない消耗とその補充の日々でした。

     戦時中の日本駆逐艦については既に数えきれない程の書籍が世に出ていますが、今回取り上げるのは堀元美・元海軍技術中佐(以後、堀・元技術中佐とする)の『駆逐艦。その技術的回顧』(原書房。昭和44年=1969年刊)です。
     同書は日本駆逐艦の誕生からその終焉までを「主として技術的な興味を中心として書いた(著者のことば)」本ですが、本の終章では太平洋戦争中の日本駆逐艦の消耗と補充について分析したページがあり、それを今日の視点で私なりに再集計してみようというのが今回の趣旨となります。

    【日本駆逐艦175隻。消耗と補充の45か月間-造船士官の集計を通して見る駆逐艦戦争の実態-【軍事講座】】の続きを読む

    ちょっと昔の兵器・火器の価格スレ Name 名無し 19/02/26(火)02:47:38  No.489925

    1551116858156
    この手の話はソース等あいまいになりがちですけど、その辺はユルめに語れたらなと思います

    スレ画は九六式軽機関銃
    価格は一丁 1000円~1200円程度(昭和十六年頃)

    当時の米価は米俵1俵(約60kg)16円50銭
    つまり一丁の価格=米俵66俵(約3960kg)程度の価格 みたいな具合でしょうか
    【ちょっと昔の兵器・火器の価格スレ】の続きを読む

    無題 Name 名無し 19/02/16(土)22:53:45  No.1269050

    1550325225071
    日本は22号電探でいきなり10センチメートル波に手を出したのは結果的良かったんですかね
    水上警戒レーダーって60センチメートル波ぐらいから実用化していくイメージ

    【【追記】日本軍の電探スレ】の続きを読む

    無題 Name 名無し 19/01/02(水)20:14:05  No.1264629

    タミヤ 1/350 艦船シリーズ No.25 日本海軍 戦艦 大和 プラモデル 78025
    ふとした疑問なんですけど
    建造中の戦艦などの主砲ってどうやったら設置してるんでしょうか?
    クレーンなどであの長く重い砲身など運ぶことができるんでしょうか?
    【建造中の戦艦などの主砲ってどうやって設置してるんでしょうか?】の続きを読む

    このページのトップヘ