第7回ロシア海軍水上艦艇の現状について(訂正)

文:nona

 新型艦の情報が出た!と期待していても、いつになっても就役せずに放置され、小型艦艇を10年以上かけて就役させるなど謎多きロシアの水上戦闘艦。今回は最新艦艇や時期主力艦のコンセプトと、それらがいつになっても就役できない現状をまとめました。今回はロシアの対外ニュースや高町紫亜氏の記事を参考に制作しています。もっとも情報源(ロシア語)の精査が行えませんので、不正確な情報が含まれると考えてください。


21630型/21631型 小型砲艦

(全長62~74m・満載排水量500-949トン・速力25~28ノット・配備数予定10隻以上・2006年就役開始)

image001
https://twitter.com/Missilito/status/459790737371299840/photo/1

 ロシアでの艦艇の分類で砲艦に分類されるステルス艦艇です。21630型ではBM-21連装ロケット砲の艦載版グラドMを、拡大版の21631型ではクラブ対地巡航ミサイル用の3R14UKSK垂直発射機を8基搭載するなど高い対地攻撃能力を持っています。今のところは黒海やカスピ海のみでの運用で、対潜兵装も装備されていないようです。

【【読者投稿】 第7回ロシア海軍水上艦艇の現状について(訂正)】の続きを読む