アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    カテゴリ: 兵器全般

    第13回 「将来ネットワーク型多目的誘導弾システム」

    文:nona

    image001
    http://www.mod.go.jp/trdi/research/gaibuhyouka/pdf/F-MPMS_24.pdf p4
    将来ネットワーク型多目的誘導弾システムの研究試作品。資料ファイルによると略称はF-MPMS。


    ■研究目的■

     将来ネットワーク型多目的誘導弾システムとは現在研究中の96式多目的誘導弾の後継装備です。技術研究本部によると研究目的は「目標情報の継続的な取得が困難な状況下において発射し、多数の目標を同時・自動的に捜索・識別し、自律的に目標を撃破するとともに、目標地域の戦況及び戦果を確認するために使用する将来ネットワーク型多目的誘導弾システムに関する研究を行い、技術資料を得る。」とのこと。[1]2008年に研究がスタートし、2011年からは試射などの試験も実施されています。

    image002
    http://www.mod.go.jp/trdi/research/gaibuhyouka/pdf/F-MPMS_24.pdf p3

    image003
    http://www.mod.go.jp/trdi/research/gaibuhyouka/pdf/F-MPMS_24.pdf p5

    【【読者投稿】第13回 「将来ネットワーク型多目的誘導弾システム」】の続きを読む

    第6回「破片効果」にまつわる薀蓄いろいろ

    文:nona

    image001
    投稿者撮影。自衛隊のM26手榴弾はあらかじめ破片ができやすいように調整されている。
    有効距離は5~15mとする資料が多い。

     榴弾(High Explosive)といえば爆発で敵を殺傷する兵器ですが、爆風よりも弾殻の破片が恐ろしいものであることは、諸兄にとってはおなじみかと思います。火薬兵器が登場したのは約1000年前のことですが、破片効果が爆発そのものよりも危害範囲に優れることに気付いた先人達は「てつはう」や「焙烙玉」など手榴弾の先駆けとなる武器を発明しました。そして現代までに榴弾がどう進化したか、各種資料を交えて紹介いたします。

    【【読者投稿】 第6回「破片効果」にまつわる薀蓄いろいろ】の続きを読む

    このページのトップヘ