アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    カテゴリ: 艦艇

    艦隊決戦の隠し球~重雷装艦は遠距離雷撃戦の夢を見るか

    文:
    烈風改

    ◇重巡と魚雷
     ロンドン軍縮条約の頃(昭和6年)の魚雷の射程は各国とも最大射程で10,000mが限界で、これは重巡の主砲射程と比較すると大きく劣るものでした。重巡は敵を魚雷の射程に入れる遥か前に主砲での射撃が可能となるため、魚雷戦の機会が生じない可能性が大きいと見なされるようになったのです。

     このため当時の米海軍は新規建造の重巡魚雷兵装を全廃しました。日本海軍でも重巡の魚雷廃止への動きがありましたが、新魚雷の登場によって重巡の魚雷装備廃止は回避されています。

     この新魚雷こそが、ロンドン条約の制限を受けて魚雷の射程延長を目指し昭和6年に開発が開始され、昭和8年に実用化された『酸素魚雷』でした。

     酸素魚雷の性能は傑出したものであり、酸素の扱いが難しい点を除けば、当時全ての性能で他の魚雷を上回っていたと言っても過言ではありませんでした。そしてその最も有用な点は魚雷の常識を破る画期的な射程にありました。

     雷速36ノットにおける駛走距離は40,000mに及び、これは戦艦同士の最大砲戦距離をも超えるものだったのです。この長射程魚雷の実現により、具現化されたのが重巡部隊による『遠距離隠密魚雷発射』戦法でした。

    【【軍事講座】艦隊決戦の隠し球~重雷装艦は遠距離雷撃戦の夢を見るか】の続きを読む

    第31回 2015年の海外艦艇公開まとめ(前編)

    文:nona

    image001
    後編では観艦式に参加した、韓国の「テ・ジョヨン」インドの「サヒャドリ」、オーストラリアの「スチュアート」フランスの「ヴァンデミエール」を紹介いたします。

    【【読者投稿】第31回 2015年の海外艦艇公開まとめ(後編)】の続きを読む

    第30回 2015年の海外艦艇公開まとめ(前編)

    文:nona

    image001
     今回は年末ということで、2015年に一般公開された7隻の海外艦艇をまとめました。
     前編ではトルコのフリゲート「ゲティズ」アメリカの駆逐艦「マスティン」空母「ロナルドレーガン」について紹介いたします。

    【【読者投稿】第30回 2015年の海外艦艇公開まとめ(前編)】の続きを読む

    第15回 連載「フォークランド紛争小咄」パート 1
    アルゼンチンの新旧潜水艦戦記 後編

    文:nona

     後編はアルゼンチンが保有していた
    209型潜水艦の解説です。

     前回お伝えしたように、騒音問題のため1番艦サルタの活動はほとんど記録がありません。2番艦サンルイスはフォークランドの海底に潜み、記録では最低2回の待ち伏せ攻撃を実施しています。

    image001
    http://www.taringa.net/posts/info/15425782/Submarino-nuclear-Argentino.html
    フォークランド紛争を戦った、アルゼンチン海軍の209型潜水艦サンルイス

    【【読者投稿】第15回 連載「フォークランド紛争小咄」パート 1 アルゼンチンの新旧潜水艦戦記 後編】の続きを読む

    第14回 連載「フォークランド紛争小咄」パート 1
    アルゼンチンの新旧潜水艦戦記 前編

    文:nona

     今回から連載で1982年のフォークランド紛争中の「小さな戦い」を紹介して参ります。パート1はアルゼンチン海軍の潜水艦の行動記録です。

    image001
    http://mannaismayaadventure.com/2011/02/11/

     当時アルゼンチン海軍は2隻の209型潜水艦と2隻の旧式潜水艦を配備しておりましたが、実際に行動できたのはたった2隻。それらも不具合や旧式化のためイギリスの原子力潜水艦のように「目立った活躍」はありませんでしたが、通常動力潜水艦の特性を活かした「目立たない活躍」によってイギリスを悩ませています。

    【【読者投稿】第14回 連載「フォークランド紛争小咄」パート 1 アルゼンチンの新旧潜水艦戦記 前編】の続きを読む

    第9回艦載三次元レーダー技術の歴史 パート2

    文:nona

    ■イギリスの電磁レンズ方式■

    image001
    http://www.rnmuseumradarandcommunications2006.org.uk/TYPE_984.html
    1958年に実戦配備されたイギリスの984型レーダーの透視図

     電波を収束させる電磁レンズを備える三次元レーダーです。イギリス海軍の984型3次元レーダーに採用されています。資料サイトによると最大5本のビームによる走査ができるほか、1本のビーム収束させることも可能です。走査の方法については確認できませんでしたが、電磁レンズに付随してビームを偏向させる装置(例えば電子顕微鏡の走査コイル)が組み込まれているのかもしれません。イギリス海軍では正規空母の退役で984型も姿を消し、その後にFRESCAN方式の996型レーダーが登場しています。

    image002
    http://www.woolleyfamily.co.uk/Victorious2.htm
    984型レーダーは3基だけ製造され、正規空母にのみ搭載された。

    【【読者投稿】第9回 艦載三次元レーダー技術の歴史 パート2】の続きを読む

    第8回艦載三次元レーダー技術の歴史 パート1

    文:nona

    image001
    ミサイル護衛艦「はたかぜ」に搭載されたAN/SPS-52 三次元レーダー。周波数走査(FRESCAN)方式を採用する。投稿者の撮影

     第8回記事では三次元レーダーの歴史です(マイナーでごめんなさい)。かつての冷戦初期、ますます増大する経空脅威に対向するため、三次元レーダー実現化のためにあらゆる方法のレーダーが検討されていました。動作原理も様々ですがいままで詳しく知る機会がなかったので、今回詳しく調査してみました。字数の関係で前編と後編に分割しましたので、合わせて楽しんでいただけるとうれしいです。

    【【読者投稿】 第8回艦載三次元レーダー技術の歴史 パート1】の続きを読む

    【読者投稿】オーストラリアの潜水艦事情

    文:タナカ

    Tony Abbott pledges open tender for submarines to win over SA Liberals
    http://www.theguardian.com/australia-news/2015/feb/08/tony-abbott-pledges-open-tender-for-submarines-to-win-over-sa-liberals

     個人的に興味があって追求している「オーストラリアの潜水艦事情」に関する話題を提供させていただきます。

    【【読者投稿】オーストラリアの潜水艦事情】の続きを読む

    このページのトップヘ