アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    カテゴリ: 大東亜戦争

    無題 Name 名無し 16/10/20(木)00:35:51  No.1192732

    一式陸攻戦史―海軍陸上攻撃機の誕生から終焉まで

    http://cgi.2chan.net/f/src/1476891351563.jpg

    当時の日本軍機などの特徴の一つにもなっているこの剥げ落ちた塗装の航空機ですが
    なぜずっとこの剥げた塗装のままなんでしょうか?
    確かに補給滞った南方奥地などでは仕方ないでしょうが
    内地の防空戦での戦闘機を見てもこのような感じになっているのを見かけます。
    しかも当時新鋭機だった四式戦闘機などがすでに塗装が剥げ落ちてしまっており
    やはり当時の日本の塗装技術は劣っていたと思ってしまいます。
    しかし、対戦国であった米国の航空機は後半になるにつれジェラルミンの地色のまま実践投入してくるあたりなんだか対極を感じてしまい面白いですね。

    長々となってしまい申し訳ございません。
    【日本軍機の塗装はなぜ剥げたままなのでしょうか?】の続きを読む

    無題 Name 名無し 16/10/11(火)02:02:21  No.1191487

    1476118941064
    愛国丸のwikiを見ていて気になったのですが、42年の7/12に拿捕した貨物船ハウラキに積まれていたレーダーはどんな機種でその後どうなったのでしょう?
    【愛国丸に拿捕された貨物船が積んでいたレーダーはどうなったの?】の続きを読む

    日本陸軍が行った後期防衛戦闘について  
    「日本陸軍、破滅の道をひた走る ペリリュー島の戦い2 嵐の前の静けさ1~パラオ地区隊の防御準備」

    文:YSW

     今回はパラオ地区隊の基本的な防衛陣地構想と戦術構想について紹介、考察します。

    1
    (秋田県立図書館所蔵 戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈2〉付図第六)

    【【読者投稿】日本陸軍が行った後期防衛戦闘について 「日本陸軍、破滅の道をひた走る ペリリュー島の戦い2 嵐の前の静けさ1~パラオ地区隊の防御準備」】の続きを読む

    日本陸軍が行った後期防衛戦闘について  
    「日本陸軍、破滅の道をひた走る ペリリュー島の戦い1 両国の思惑」

    文:YSW

     初めまして、YSWと申します。
     今回から日本陸軍の防御戦術についての読者投稿を連載させていただきます。このようなものは初めてのため至らぬ点や間違い、誤字もあるかと思いますがお気軽にコメント欄に書いてもらえると嬉しいです。

     さて、この連載では先ほど書いたように日本陸軍の戦術について連載してまいります。が、そもそもの話、日本陸軍の防御戦術は前期と後期で大きく違います。1944年、日本陸軍は戦術においてある転換点を迎えたからです。それは堀栄三の「敵軍戦法早わかり」の配布が大きくかかわります。

     この本の存在と、日本陸軍の戦術転換(教本が大きく変わった)により太平洋の島々は泥沼の戦場と化して行くことになります。今回は後期の防衛戦の中でも人気の高いペリリュー島の戦いを紹介していきます。

     アメリカ海兵隊を大いに悩ませた日本陸軍の戦術、少しでも興味を持っていただいたら幸いです。

     
    今回は初回ということで、なぜこの島で激戦が繰り広げられることになったのか。またそもそもはどんな島なのか、を紹介します。

    【【読者投稿】日本陸軍が行った後期防衛戦闘について 「日本陸軍、破滅の道をひた走る ペリリュー島の戦い1 両国の思惑」】の続きを読む

    無題 Name 名無し 16/09/16(金)04:34:46  No.1188363

    1473968086210
    当時与圧室完備の戦闘機など配備していなかった我が国の事情では高高度を飛行するB29迎撃では数え切れないほどの大変な苦労話があるんでしょうが
    その中でも高高度迎撃するにあたりますと急に高度が上がり下がりすることが多々あると思うのですが
    その際に敵機の銃撃によって身体に少しでも傷があったりすると大変なことになってしまいかねませんがその辺どうなんでしょうか?
    あと、以前富士山に登った際にガイドの方に無理に登ったり下がったりすると鼓膜が破裂する恐れがあります。
    と言われてしまったんですがやはり高高度迎撃する搭乗員の方々には鼓膜が破裂したりすることがあったんでしょうか?

    長々となりましたが、もしよろしければ知っている範囲でかまいませんのでお教えお願いします。
    【帝国陸海軍戦闘機の与圧について】の続きを読む

    無題 Name 名無し 15/11/24(火)21:19:22  No.1142779 

    萩原 分別回収袋(金属)名入り 105SGR

    昭和16年に公布された金属類回収令ですが、この回収した金属で何を作ったというのがイマイチわかりません
    家庭で出されたような金属でまともな金属ができあがるわけでもなくどういう部分で再利用されていたのか大変気になります。
    もし存じている方がいらっしゃいましたらどなたかご教示願います。
    【【再掲】金属供出で集められた金属の用途は?】の続きを読む

    if Name 名無し 15/02/06(金)23:03:14  No.365307
    トヨタの強さの秘密 日本人の知らない日本最大のグローバル企業 (講談社現代新書) 
    1940年代に今のトヨタの技術があったらどうなったろう?
    【【再掲】もしも1940年代に現在のトヨタの技術があったらどうなっていただろうか?】の続きを読む

    このページのトップヘ