アクセスランキング

軍事系まとめブログ

軍事・防衛ネタを中心としたおーぷん2ちゃんねる、ふたばちゃんねる等のまとめブログです。 政治的議論に深入りせず知識欲を満足させるようなブログを目指します。

    カテゴリ: 大東亜戦争

    新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

    <管理人より>
     今年は邦画のヒット作が続いているとのことで、管理人も流行(ビックウェーブ)に乗るべく『シン・ゴジラ』と『君の名は。』を観に行きました。両作品とも非常に楽しめましたが、特に『君の名は。』は映像・ストーリー・キャラクター全てが素晴らしく一週間に一度は観ないといけない体(瀧三欠乏症)になりました。

     さて、先月の12日ですが、標題にある『この世界の片隅に』が公開となり、上映劇場が少ないながらも口コミによる高い評価でヒットしています。
     一応戦争映画ということで12月1日(木)に観に行きましたが、平日夜でほぼ満席、年齢層もかなり幅広いものでした。

     感想ですが、公式サイトに詳しく説明されているとおり当時の建物や生活など細部まで考証した美しい風景、落ち着いた音楽と主人公すず役の「のん」さんのおっとりとした声も相俟って序盤から物語に引き込まれました。
     物語中盤までは劇場内に笑い声が何度も起こるほど面白いシーンがたくさんありました。後半はちょっと急ぎすぎたような感じがしますが、観終わった後しばらく余韻がありました。

     軍事関係については、軍艦は戦艦「大和」、巡洋艦「青葉」が登場します。遠景や名前だけであれば、戦艦「武蔵」、空母「飛鷹」「隼鷹」、駆逐艦、Uボートなどが出てきました。物語後半は空襲が頻繁に描かれますが、B29だけでなく、艦載機による機銃掃射、対空射撃の着色弾など良く描かれていました。エンドロールに著名な軍事研究家の名前が複数並んでいたので納得です。
     また、すずが「空の神兵」を歌ったり、BGMで「隣組」、「勝利の日まで」を歌う女学生たちなど軍歌・戦時歌謡も流れます。空襲を知らせるラジオ音源は当時のものかもしれませんが、玉音放送はちょっと違う感じがしました。

     細かいところまで丁寧に作られた良い作品ですので劇場に足を運ぶ価値はあると思います。

    <情報提供>
     上記の砲弾について、ふぃん様より情報提供がありましたので掲載いたします。
     映画「この世界の片隅に」の空襲のシーンが名シーンだったので、それの解説です。
    予告ではないですが映画本編ではしっかり色がついています。
    http://togetter.com/li/1050708
    http://togetter.com/li/1052271

    【【ネタバレあり】『この世界の片隅に』】の続きを読む

    日本陸軍が行った後期防衛戦闘について  
    「日本陸軍、破滅の道をひた走る ペリリュー島の戦い4 精神論」

    文:YSW

    訓練について

     今回は訓練の中でも精神鍛錬について説明します。といっても今回はあまりペリリュー島の戦いに関しては出てきません。

     
    歩兵の育成についてもっとも重要であるのは実戦ではなく訓練です。
     訓練によって直ぐに戦場では死んでしまう弱兵も訓練によって強兵になることが可能です。パラオ島地区集団ではどのようにしてアメリカ軍の精鋭である海兵隊と熾烈な戦いを繰り広げることができる強兵に育て上げたかを読み解いていきます。

    【【読者投稿】日本陸軍が行った後期防衛戦闘について 「日本陸軍、破滅の道をひた走る ペリリュー島の戦い4 精神論」】の続きを読む

    無題 Name 名無し 15/04/28(火)20:29:19  No.378110
    レイテ沖海戦1944―日米四人の指揮官と艦隊決戦
    レイテ沖海戦で仮に栗田艦隊が反転せずにレイテに突入して首尾良くアメリカの輸送船団を壊滅させたとしても結局はフィリピン失陥を少し先延ばしにする程度で、戦争全体の影響もあまり無くて昭和20年8月15日の辺りにポツダム宣言受託して敗戦するんだと思う。

    ただ連合国の進行が何ヶ月か遅れる事はあり得るので沖縄上陸前にポツダム宣言受諾って事は期待できたかもしれない
    【【再掲】レイテ沖海戦で栗田艦隊が反転せずにレイテに突入していたら…】の続きを読む

    無題 Name 名無し 16/10/22(土)02:24:12  No.1192923

    1477070652087
    陸軍のレーダー開発
    1938春  レーダーの研究を本格的に開始
    1939/2 陸軍・日本電気・日本無線レーダー波受信成功
    1939/5 新型送信機と大型アンテナで大規模実験開始
    1940/10 ドップラー式レーダー超短波警戒機甲実践テスト開始
    1941初頭 パルス式レーダー開発開始
    1941/7  パルス式レーダー実験機が航空機の探知に成功
    1941/9  超短波警戒機乙の試作機完成
    1942/2  超短波警戒機甲開発終了
    1942/6  乙試作2号機の設置工事完了、量産機の運用開始
    【帝国陸海軍のレーダーについて】の続きを読む

    日本陸軍が行った後期防衛戦闘について  
    「日本陸軍、破滅の道をひた走る ペリリュー島の戦い3 嵐の前の静けさ2~ペリリュー地区隊初期の防御計画」

    文:YSW

    160929_1340_001
    (秋田県立図書館所蔵 戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦2 付図より)
    この時点で4つの地区に区分されているため5月の下旬以降だと思われる

     ペリリュー島の部隊について。
     昭和19年6月初頭のペリリュー島にはペリリュー地区隊(長 中川大佐)が守備隊として配備されます。
     歩兵第二連隊、歩兵第十五連隊第三大隊、師団戦車隊(一個小隊がアンガウル地区隊に配備)、師団通信隊一分隊、師団じく重隊の一分隊、経理勤務部の一分隊、野戦病院三分の一と大部隊(本島であるパラオであっても歩兵第十五連隊(三個大隊欠)が主力だった。なおパラオ本島では後に独立混成第五十三旅団を編成する)でした。
     糧食においてはペリリュー島には三千五百名分の糧食九か月分[1-1]が配備されましたがそれでもなお足りないものでした。

    【【読者投稿】日本陸軍が行った後期防衛戦闘について 「日本陸軍、破滅の道をひた走る ペリリュー島の戦い3 嵐の前の静けさ2~ペリリュー地区隊初期の防御計画」】の続きを読む

    このページのトップヘ