無題Name名無し22/07/01(金)17:05:21 No.539986


今日から7月!
007は殺しの番号!
というわけでスパイ・諜報・工作戦スレ


無題Name名無し 22/07/01(金)17:07:15 No.539987

任務にすっぱいしたスパイには死あるのみ!
なお、このスレは自動的に消去する!

無題
Name名無し 22/07/01(金)18:37:23 No.539989

http://may.2chan.net/39/src/1656668243666.jpg
めっちゃどうでもいい話だけど、
007って以前は毎作、こういうカッコいい油絵のポスターを公開してたよね
ところがピアース・ブロスナン時代から油絵をやめて、写真とCGのポスターに切り替わってしまった

何故だ…

無題
Name名無し 22/07/03(日)17:45:10 No.540064
>007って以前は毎作、こういうカッコいい油絵のポスターを公開してたよね
>ところがピアース・ブロスナン時代から油絵をやめて
商業イラストは速描きしなきゃいけないので水彩ですね
70年代くらいから乾燥の速いアクリル水彩に
(模型の箱絵などが典型例)

イラストポスターが減ったのは欧米の良い絵描きがいなくなってきたのも理由かと
生頼さんがスターウォーズやグーニーズのポスター担当になったのも、欧米で良い絵描きが減ってクオリティーが高い日本人画家にオファーが来たからだと思う

無題
Name名無し 22/07/03(日)11:38:44 No.540049
1656815924402

WW2中、伊26潜水艦の水雷長だった今井賢二さんという方の手記によると、1943年12月にペナン基地からインド洋での通商破壊作戦に出撃した同潜水艦にはいくつかの副任務があったそうで、その一つが「印度要人12名をカラチ方面に揚陸。要人は来春開始のインパール作戦に呼応、カラチ反乱軍を指導して後方攪乱を行う」というものであったそうです

今井氏によると
「この印度人は、軍人8名、民間人4名である。軍人は軍司令官級の中将1、師団長だった少将1、あとは佐官級の指揮官、幕僚であった。いずれも屈強な男たちで、目が鋭く、ほとんど顎髭を生やしていた。民間人4名のリーダーであるチョプラー(バチュラー?)は、戦前、印度の文部大臣をやったことがある男で、つい先日、日本で自由印度独立を宣言したチャンドラ・ボースの片腕の一人とのことであった」
「マレー半島等の戦闘により、日本軍の捕虜となった印度軍(略)十数万人を数えた。そのうち、印度の独立を希望する志士は多数あり、日本は(略)昭南に特設した『光機関』で軍事訓練を行っていた」

無題
Name名無し 22/07/03(日)11:39:07 No.540050
「今回の要人12名も、この『光機関』の出身者であった。彼らの任務は、揚陸後、知人や旧部下を説得して勢力を拡大(略)インパール作戦に呼応して、反乱を起こし、後方を攪乱して、印度(略)を独立に導くという、いまでいえば『007』ばりの任務である」

「計画は(略)日没45分後(略)彼らは船を漕ぎ、着岸し、砂中にボートを埋め、近くの山に展開し、要所に連絡をとる(略)士官室の彼らは、ひさしぶりに故国を見たせいか、みな生き生きとし、興奮を押さえ切れぬ様子だった。いつになく能弁で、話題は(略)印度の歴史、植民地の悲哀等々であった。いまでも強く印象に残っているのは、彼らが一様にギラギラした眼で訴える、すさまじいばかりの独立への情熱であった」

「印度人は、後部ハッチから暗くなった甲板に踊り上がり、30個ばかりのゴム袋を作業員と一緒に艦内から上げている。スコップや通信機、自炊用具まで見える。乗員が2隻のゴムボートを組み立てて海面におろし、甲板の荷物を積む」

無題
Name名無し 22/07/03(日)11:39:49 No.540051
「印度人は艦長や私(略)見送り人と固い握手をかわし、手をふりながらボートに乗り込み、こぎ始めた(略)彼らの着岸成功の青ランプの円弧を背に、艦はひたすら西へ急ぐ」
「後で知ったことだが、この揚陸は『よ号作戦』と呼ばれ、インパール作戦が(略)中止されるまで、4回実施されている。結果は今回のみが成功で、2回は揚陸前後に被発見、1回は断念とある(略)破壊活動は、インパールの敗北から見て、失敗に終わったのではなかろうか」

…とのこと

「1947年、インド(略)はついに独立を果たした、その意味では、彼らの独立悲願は終局的には成就したといえる」

…というのが今井氏の感想なんですが、折角の「『007』ばりの任務」も、その結末は映画のようには上手くはいかなかったみたいですなあ

無題
Name名無し 22/07/03(日)12:36:37 No.540052
北朝鮮軍なんかも一昔前は潜水艇で工作員を南側に送り込んでて、発見され戦闘になったニュースとか
流れてたねー
最近はあまり聞かなくなったけど、部隊自体はきっとまだ維持してるんだろな・・・

無題
Name名無し 22/07/03(日)16:18:55 No.540063
>北朝鮮軍なんかも一昔前は潜水艇で工作員を南側に送り込んでて、発見され戦闘になったニュースとか

どうやって訓練してるんだろう?
軍隊で使うような潜水士の訓練施設ってかなり高価だと聞いたが

無題
Name名無し 22/07/06(水)20:20:58 No.540147
1657106458834

日本側の潜水艦を用いた対インド浸透工作については、連合軍側から見た記録も残されているんですが、曰く

「インド人の少人数のグループが情報要員として日本の訓練を受けていた。モハン・シン大尉(※インド国民軍指揮官)は、敵陣背後に入り込む襲撃をシンガポールの800人の特別任務グループに準備させるのに合意した。さらに400人がペナンとラングーンのスパイ学校に行っていた。しかし(略)(※日本側機関との)関係の悪化、さらに連合国軍の船を沈没させることを、スパイ輸送よりも好む日本の潜水艦艦隊の協力を得られず、インドに送られたのは少数だった」

「送り込まれた工作員は訓練も十分受けておらず、無線機も持っていなかったため、すぐに投降した。拘束されたインド人の高位の将校らは、作戦参加をインドに逃げ帰るための『口実』だったと供述した」

無題
Name名無し 22/07/06(水)20:21:33 No.540148
1657106493092

「日本の最後の、そしてもっとも洗練された作戦が44年初頭に始まった。日本の情報機関はイスラム教への関心を増し、第1バハワルプル歩兵師団のガレナ大佐に率いられたイスラム教徒の捕虜と関係を持ち始めた」

「最初に選ばれ訓練を受けた70人のうち、20人だけが敵陣に深く入り込む特別攻撃要員として採用された。44年12月には、妨害活動、変装、水泳、ボート操縦、宣伝、無線通信の訓練を受け、さらに12人に厳選された。最後の上陸訓練の後、彼らは回転式拳銃、手投げ弾、多額の現金、メモ、小粒のダイアモンドを渡された」

「12人は無線通信と宣伝・スパイ・妨害の二つのグループに6人ずつ分かれた。前者のグループはバケツの二重底の間と派手なキセルの中に無線通信の機器を巧みに隠した。2月27日朝、グループは日本の潜水艦に乗り込んだ」

無題
Name名無し 22/07/06(水)20:23:15 No.540149
1657106595506

「3月24日夜から25日未明にかけて、彼らはバルチスタン州の海岸にあるパスニ近くに上陸し、その足で地元当局に投降した」

「このおかしな小隊のあっけない投降が、英国のインド支配を覆そうとした日本の最後の作戦だった」

…とのことで、全体としては余り実害の無い作戦だった、との評価だったんですとか

後者などは、おそらく前述今井氏の関わった「よ号作戦」の結末の一つを表しているものと思われるんですが、やはり現地にある程度の連絡先というか協力組織・機関もなく、また上陸後に日本側からも継続した支援や連絡もないという状況下で、工作員だけポンと送り込んでも、成果を挙げるのは難しかった、ということなんですかしら…

無題
Name名無し 22/07/07(木)16:27:17 No.540188
イギリス情報部だと自軍の将校に偽装した死体に偽の重要書類を持たせて、
潜水艦の発射管から射出して独占領下の海岸に・・・とかもやってるね
さすが、戦争と恋愛には手段を選らばないお国柄・・・

無題
Name名無し 22/07/12(火)17:21:50 No.540402
一方日本の東機関は
話題になんないな

無題
Name名無し 22/07/12(火)17:34:39 No.540403
映画「007」テーマ作曲 英作曲家モンティ・ノーマンさん死去
2022年7月12日 16時03分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220712/k10013713351000.html


ご冥福をお祈りします…(´;ω;`)
引用元:http://may.2chan.net/39/res/539986.htm