無題Name名無し22/03/16(水)02:27:57 No.61319

1647365277245
WW2潜水艦の塗装スレ
日本海軍の潜水艦では全面黒色塗装が採用されていた艦がありますが
大戦末期や戦後に撮影されたモノで黒色塗装のってあんま見ない気が
やっぱ不利だったのかしら・・・


無題Name名無し 22/03/16(水)04:39:19 No.61334
https://www.aspistrategist.org.au/wp-content/uploads/2014/04/Sub-ops.jpg
戦後の涙敵形潜水艦以降は黒色塗装がデフォじゃないかな
海自の潜水艦も黒かネイビーブルーかで明るい色のは無かったように思う

WW2時代の潜水艦は通常は水上航行してヤバい時に潜航するって運用だったから水上艦と同様の灰色塗装
戦後の潜水艦は通常動力型潜水艦でも潜って過ごす時間が長くなったから、浅い深度にいるときに空から見つけにくい黒色塗装になったとかかな

無題
Name名無し 22/03/16(水)06:45:24 No.61342
運用する海域に適した色だと聞いた。
第二次大戦中に日本海軍の潜水艦がドイツに派遣された時にドイツからこれじゃ見つかりやすいと言われて灰色に塗り替えて帰路、シンガポールで黒に塗りなおしたって話を聞いたことがある。

無題
Name名無し 22/03/16(水)08:26:48 No.61357
1647386808425

>日本海軍の潜水艦がドイツに派遣された時にドイツからこれじゃ見つかりやすいと言われて

塗色云々以前にここまで剥げてツートンカラー化してたらそりゃ見つかりやすかったろうなとは思う

無題
Name名無し 22/03/19(土)03:07:06 No.62359
>塗色云々以前にここまで剥げてツートンカラー化してたらそりゃ見つかりやすかったろうなとは思う
日本海軍は大戦末期の潜水艦に、探信儀対策としてラテックス塗料とセメント系塗料を3対7の割合で混ぜた
L塗料という吸音塗料を塗ってたらしいけど、この写真の白い部分がそれなのかな?

無題
Name名無し 22/03/16(水)10:02:52 No.61367
忍者の装束に黒は無いそうで
少しでも明るいと逆に目立つからだとか

無題
Name名無し 22/03/16(水)18:42:38 No.61462
>忍者の装束に黒は無いそうで
>少しでも明るいと逆に目立つからだとか

忍者の色は蘇芳色ってのがあるらしいけど、蘇芳色は幅が広いので浅紺色がそれっぽいかも

無題
Name名無し 22/03/16(水)19:57:22 No.61488
http://cgi.2chan.net/f/src/1647428242939.jpg
最近海のルアー釣りを始めましたが下手糞なんで道具にすがり、色んな色のルアーを買いあさったんです
そしたら「お魚さんは色じゃなくて背景(海中)に対するコントラストが濃いモノに対して反応する」という学説が最近浮上してきました
潜水艦とお魚さんが一緒だとは言い難いのですが、つまりコントラストを薄めの事ができれば目立たなくすることは可能だという一つの説ではないでしょうかと思っております

昭和18年末に行われた海軍潜水学校の実験によると浮上中は鼠色2号(濃い軍艦色?)が有利
潜航中は黒色なんだそうです

当時の潜水艦の性能を鑑みれば確かに鼠色の方が有利かも?とは思われます

無題
Name名無し 22/03/16(水)21:33:55 No.61525
>そしたら「お魚さんは色じゃなくて背景(海中)に対するコントラストが濃いモノに対して反応する」という学説が最近浮上してきました
ギラギラな乱反射やブレードからの騒音も…スピナー&スプーン派より
好みはブレットン・ルブレックスセルタ・マイヤーパンサー・チヌークS・コータック山女魚…

無題
Name名無し 22/03/18(金)00:45:24 No.62016

>「お魚さんは色じゃなくて背景(海中)に対するコントラストが濃いモノに対して反応する」という学説が最近浮上してきました

夜釣りでシーバス狙ってるけど店員さんからカラー以上に
ルアー曳いた時の泳ぎというか波動気にしたほうが良いよと言われ
ド定番サスケのレッドヘッド勧められ買って次の日に60cm越えシーバスが釣れた
相談してみるもんだなぁと
>No.61488
正にレッドヘッドとブラックカラー…

無題
Name名無し 22/03/17(木)21:46:29 No.61930
映像が多く残されてる伊400でも光の加減でかなり印象変わる
https://youtu.be/z0ViTB4PFPs

無題
Name名無し 22/03/18(金)23:29:51 No.62320

始めたばっかりなのでイワシカラーと赤金のメタルバイブしかもってませんね(汗
東京湾の朝マズメ狙いにはとりあえずこれでいいと店員さんに言われました

しかし潜水艦の雄ドイツさんお勧めの灰白色ですが日本近海では著しく不利だったそうです(浮上中・潜航中共に)

お魚さんも潜水艦も海域や時期によって適当不適当な色があるんですねぇ(遠い目

無題
Name名無し 22/03/19(土)02:32:21 No.62353
https://tetora-fishing.com/daiso-vj/
>始めたばっかりなのでイワシカラーと赤金のメタルバイブしかもってませんね(汗

そんな貴方にダイソーのソルト用ジグヘッド&シャッドテールワーム(要フック交換)
プルプル動く様はまさに小魚 パクリ元のVJは高い&売ってない…

しかし兵器って動物に似てくるというか同じ様な手段や方法で
欺いたり隠れたりしてるなと常々思う

無題
Name名無し 22/03/19(土)14:49:53 No.62492
黒が目立つから黒なんだろうな

無題
Name名無し 22/03/19(土)18:19:02 No.62553
>黒が目立つから黒なんだろうな
形象物は他船から見た場合空がバックになるからちょっと違うのでは?黒だけじゃなくて赤もあるし。

無題
Name名無し 22/03/19(土)18:45:34 No.62566
黒は渓流用なら…メップスのブラックフューリーとか

無題
Name名無し 22/03/19(土)18:49:58 No.62571
釣りスレになってるじゃねえか!
いやまあ私も釣り好きなんですがね
街灯がなく満月とかだとブラックカラーはシルエットがはっきりするからシーバスとかの反応が良かったりする

無題
Name名無し 22/03/19(土)20:29:29 No.62629
1647689369728

訪独潜水艦の1隻伊30の乗組員だった竹内劒一さんという方の手記に、ロリアン基地での整備の話も出てくるんですが、

「船体、補機、兵器の点検整備と併行して、艦隊塗装が独側との協議決定の上実施されました。塗料の色は独側の意見を入れて、本来の黒一色にかえて明るい灰色に決まりましたが、これは明るい青色の大西洋での保護色だからとのことでした。塗装はすべて噴霧吹付けで手早く、乾きが格段に早く、効果も極めて優秀でした」

…とのこと

艦隊塗装は筆塗り派の日本に対して、ドイツはエアブラシ派だったということなんですかしらw

無題
Name名無し 22/03/19(土)20:30:02 No.62630
1647689402348

因みにIJN潜水艦に施されていた防探塗料、呉廠造船および潜水艦部部員だった寺田明さんによれば

「呉廠造船実験部では(略)開戦当初から研究に着手していた。ゴム系統のものを試作し、実艦実験を重ねたが、一航海で剥落したりして遂に有効なものは得られなかった」

…とのことで、どうも定着性に難があったようなんですが、その塗色については「米軍調査による『日本潜水艦の塗装規定』では黒色」「防探塗料は黒だったが、すぐに退色して表面が白くなる」などという話が残されている一方、「戦争末期になると、それまでの塗料に比べて明るい色の塗料を(略)塗った」なんて回想もあるんですとか

戦後のカラー画像を見ると、確かに明るめの灰色の塗料で(場合によっては従来の塗装の上に)塗られている艦が多いように見受けられるんですが、コレは最初からこういう明るめに塗られたのか、それとも「褪色」した結果であったのか…どちらだったんでしょかね?

無題
Name名無し 22/03/20(日)09:03:09 No.62733
>本来の黒一色
逆に言えば黒が当時の標準だったということなのかな?

無題
Name名無し 22/03/20(日)09:28:29 No.62735
黒潮の色と夜間、浮上して充電するから黒色が有効なんじゃないかな?

無題
Name名無し 22/03/20(日)18:36:36 No.62854
1647768996535


福井静夫さんの著書で、IJN潜水艦の塗色の歴史についても触れておられるんですが、

「昭和の初め、飛行機の発達により、浮上航走中の潜水艦は、いつ敵機に発見されるかわからず、急速潜航して回避し、また潜望鏡深度で行動中も、できるだけ敵機により上空から発見されないように、まず連合艦隊にぞくする潜水艦のうち、第2潜水艦隊の、いわゆる海大型(略)の船体を真っ黒としたものであった」

「だが黒い船体はどうも評判が悪い。乗員もいやがる。ねずみ色こそ軍艦色であり、またこれがいちばん威容を感じさせるからだ。だから1、2年間黒色としただけで、その後は平時は『ねずみ色』にもどったのである」

無題
Name名無し 22/03/20(日)18:37:19 No.62855
1647769039844


「もちろん、随時黒色とした艦がその後もあったのである。つまり戦前も、日本の潜水艦の黒色はちっともめずらしくはなく、まして太平洋戦争時には、黒が普通だったのだ」

…なんてありましたり

因みに福井氏によれば、ドイツ潜水艦が黒くなかったのは、一つには基地への(浮上しての)出入港中に、エゲレス機に攻撃を受けることが多かった為であって、ノルウェーなどの基地を母港にしたUボートなどでは、むしろ白く塗って背景に同化させる事を狙ったパターンもあったとのこと

なんとなく、映画「Uボート」のラストシーンを思い出す話ではあります…w

無題
Name名無し 22/03/21(月)04:40:55 No.63030
結局潜水艦の一番の天敵は飛行機やからねー
第二次大戦だと夜でもレーダーで探知して飛んでくるし
結局潜水艦からまだ飛行機を見つけやすい昼に浮上して
充電するようになるという・・・

無題
Name名無し 22/03/21(月)09:49:35 No.63054
日本潜水艦の「防探塗料」も対ソナーと対レーダーでまた別物なのよね
終戦間際に目立つはずの灰色の潜水艦が増えたというのは「防探塗料」
の効果の方が優先されたっていうことなんだろうけど、どっちを選ぶ
かは各艦長が決められたのかな?
引用元:http://cgi.2chan.net/f/res/61319.htm