無題Name名無し21/08/26(木)23:52:18 No.527597




http://may.2chan.net/39/src/1629989538286.jpg
日曜日1:50~
フジテレビでブラックホークダウンやりますね
戦場で飲むオイリーな浸透式コーヒーの味は苦そうだ


無題Name名無し 21/08/27(金)08:32:13 No.527619
http://may.2chan.net/39/src/1630020733561.jpg
未だに最後のシーンの意味が分からない
主人公たちが真っ白なスモークの中を走り続けて、基地に帰還するシーンね

リドリー・スコット監督といえば、とにかく撮影時に白いスモークを焚きまくって、埃っぽい映像を演出するのが好きな監督だよね
「エイリアン」や「ブラックレイン」や「グラディエーター」なんてスモークだらけだし、
「ブレードランナー」に至っては、白煙を炊きすぎて、ハリソン・フォードが肺炎になりかけたので、監督と喧嘩したという逸話もあるほどだ

ところが「ブラックホーク・ダウン」では、そのいつものスコット節は低調気味で、煙っぽさが殆ど無い
そのスモークを焚いた唯一の場面が、最後のマラソンである訳だが、このシーンはこの映画全体からすると酷く異質で不気味だ
変な音楽、変なスローモーション、変な沈黙…
一体監督は何を伝えたかったのだろうか…?

無題
Name名無し 21/08/27(金)09:52:45 No.527623
そこを考えて「自分なりに回答を出す」のも映画の面白さ、奥深さなんでしょうね
私個人はああ・・そういうことかという感慨を持っていますが
(正解不正解という話ではないので書きませんが)

無題
Name名無し 21/08/27(金)14:42:07 No.527633
実話でも、定員オーバーで車両に乗れなかった兵士は走って帰還したわけで
映画は、そのような演出でラストシーンにしただけしょう
基地への迫撃砲攻撃で更に犠牲者続出、みたいな後日談を入れるのは無意味だし

無題
Name名無し 21/08/27(金)15:02:15 No.527635
>実話でも、定員オーバーで車両に乗れなかった兵士は走って帰還したわけで
>映画は、そのような演出でラストシーンにしただけしょう

俺が違和感を覚えるのは、その演出の手法なのよね…
映画は全編にわたってドキュメンタリー風の実録映画的に撮ってるのに、あのラストシーンだけ青春スポーツ映画みたいになってる
あのシーンだけ「文体」が違う

例えるなら、今まで京極夏彦や恒川光太郎あたりの得体の知れない存在によって、自分の身近な人々がバッタバッタ死んでいく様子が、淡々と描かれているような小説を読んでいたのに、
いつの間にか本が差し替わって、中村航や平山瑞穂あたりの、ほろほろ泣ける恋愛小説を読んでしまっているような、そんなトリップ感覚があるのよ…

もしリドリー・スコット監督がそんな観客の驚きを意図して演出したのだとしたら、彼は本当に天才だと思うね

無題
Name名無し 21/08/27(金)16:20:28 No.527636
史実だとあれアルカイダ系が関わってたんだったか。でその事件の後米軍が無差別報復攻撃して多くの関係ないソマリア人含む人が殺されてる

無題
Name名無し 21/08/27(金)17:01:45 No.527640
せっかくのBHDスレだし、今回初めて見る人も何度も観てる人も、その意図は○○なんじゃない?ってスレになればいいのかもね
私も30回以上は観てるかな(いろんなバージョンで)
軍板的には見所は十分ある作品ですし、今現在進行中のアフガニスタン撤退と重なる部分も多いと思います
ある意味「タイムリー」な放送になっちゃうね

無題
Name名無し 21/08/27(金)17:37:51 No.527643
映画中で?なシーンがいくつかありますけど
車列が銃撃されて応戦している時にオシックが謎の手を拾ってバッグに仕舞うシーンがあります
これはこの後RPGが刺さって死ぬコワルスキーの手で編集の都合で前後逆になってしまったそうな

無題
Name名無し 21/08/27(金)21:37:12 No.527660
【閲覧注意】
http://may.2chan.net/39/src/1630067832137.jpg
史実では戦死した米兵が引きずり回されそれがニュースで流されて撤退世論が高まり事実上撤退した

無題
Name名無し 21/08/27(金)22:56:56 No.527664
>一体監督は何を伝えたかったのだろうか…?

映画なんて感じ方は千差万別だけど…
”虐殺と飢餓で苦しんでいる人たちを助けるために俺たちはここに来た筈なのに、俺たちに差し向けられたのは明白な拒絶と悪意だった。そしても俺たち自身も、誰が敵味方かよく判らない大混乱状況下(異世界)でとんでもない大虐殺をやってしまい(民間人巻き込みまくり)、作戦も精鋭部隊が全滅一歩手前、パキスタン軍など発展途上国軍に助けを求め、辛うじて逃げ帰ってきたのだ”…を最後のワンカットで伝えようとしたのだと思ってる

無題
Name名無し 21/08/28(土)02:43:15 No.527678
>パキスタン軍など発展途上国軍に助けを求め
マレーシア軍の扱いがひどくて「アメリカの勝手な作戦のせいで、戦死者も出してるのに」と嫌われたという。

無題
Name名無し 21/08/27(金)23:06:21 No.527665
リドリースコットは異世界の演出が得意な監督。
主人公だけでなく観客も異世界に引き込んでしまう手法。

エイリアン…(宇宙。「宇宙では、あなたの悲鳴はどこにも届かない」)
ブレードランナー…(デストピアめいた未来)
ブラックレイン…(日米貿易摩擦時の日本。しかも大阪)(※撮影で日本に来たら異世界どころか普通だったので、異世界演出強めにしたとのこと)
BHD…(キリングフィールド状態のアフリカ)

無題
Name名無し 21/08/28(土)06:07:45 No.527680
>リドリースコットは異世界の演出が得意な監督。
>主人公だけでなく観客も異世界に引き込んでしまう手法。

こう並べられてみると
B級に列を並べそうな題材もあるが
視聴するとB級にありがちな俳優にコミック的な演技が無く
真面目なのよね
戦争映画に向いていると思うんだが他にはないんだろうか?

無題
Name名無し 21/08/28(土)07:03:23 No.527682
今なら白煙ぐらいCGでやれそう

無題
Name名無し 21/08/28(土)10:05:19 No.527687
>今なら白煙ぐらいCGでやれそう
この映画のファストロープシーンでダウンウォッシュで巻き上がっている砂埃はCGですよ
視界不良で危険になるので、撮影では水を撒いて埃最小限にしたけど画面に迫力が足らないのでポスプロで砂埃を足しているのがメイキングで紹介されています
他にも見ていて殆ど「絵」だと気づかない壁の弾着等、広範囲にCGが使われています

無題
Name名無し 21/08/28(土)14:55:59 No.527704
運転しながらMP5を撃ちまくるシールズ隊員とか、アイディード派の水牛アタックとかも観たかったな
デルタとレンジャー中心の映画では省略せざるを得なかったんだろうけど

無題
Name名無し 21/08/28(土)17:15:22 No.527717
>デルタとレンジャー中心の映画では省略せざるを得なかったんだろうけど
人数が多いから、エヴァースマンも二人分のエピソードだとか。
海軍のSEALの他、空軍からCCTとか来ているはずですが。映画にはいません。

無題
Name名無し 21/08/28(土)18:48:52 No.527736
事実関係についてはボックスになった特別版のコメンタリーが最強ですね
車輌指揮官マクナイト中佐、空中指揮官名前忘れ、エヴァーズマン軍曹、デルタ隊員など、座談会方式で本人達が映画に「突っ込んでいます」w
ここは小説にもあるんだけど本当は俺の行動じゃないんだよなとか・・これ以上ないコメンタリーだと思いました

無題
Name名無し 21/08/28(土)19:43:41 No.527742
フジテレビでの放送は6時間後になってまいりましたね
個人的には麻酔ナシで鼠径部の血管をペアンで挟むシーンが
オエッ・・となっちゃいますが余り暴力的な部分とかは
御時世がらCUTになったりするんですかねぇ・・

無題
Name名無し 21/08/28(土)20:55:40 No.527757
グロいシーンは軒並みカットじゃないかな
ノーカット放送と出てないから

無題
Name名無し 21/08/28(土)21:53:14 No.527767
http://may.2chan.net/39/src/1630155194856.jpg
何気にオーパーツが登場する映画でもある

作中でデルタの隊員たちが装備する光学照準器は「Aimpoint CompM2」という商品だが、
これは1995年3月に市販開始され、2000年に米軍に採用された装備品だ
モガディシュの戦闘は1993年10月なので、時代考証的にはちょっとマズイ

無題
Name名無し 21/08/29(日)05:11:50 No.527792
http://may.2chan.net/39/src/1630181510764.jpg
> 「Aimpoint CompM2」

当時の隊員が使ってたのはM3000とM5000だね
撮影当時でも古いサイトだったしまとまった数を用意出来なかったんじゃないかな
まぁ長さは違うけど雰囲気再現ならCompM2で充分でしょ

無題
Name名無し 21/08/28(土)21:58:29 No.527769
ソマリランドの本を書いていた人によると
アイディード将軍は部族でガチガチに固められたソマリアで
部族を超えた幅広い支持を得て全土統一しかけた織田信長みたいな人物だったと書いてたな

伊勢長島や有岡城の兵糧攻めをやっている最中に宣教師が
「残酷だからやめなさーい」と軍船使って介入したようなもんだったんだ

織田信長をぶっ殺した挙句、その配下の武将たちも吹っ飛ばしちゃったら
そらソマリアの天下統一なんか出来るわけないよね

無題
Name名無し 21/08/28(土)23:18:29 No.527777
>アイディード将軍は部族でガチガチに固められたソマリアで

アフガンもそうだが、そこまで部族単位でしかまとまらないなら
部族ごとに独立国になるか、独自性認めた連邦国家にするしかないんじゃないのかなぁ

アフリカや中東、国家意識がないのに欧州列強が国境線を勝手に引いたーって話はよく聞くが、それなら国境を実情に合わせて引き直せばいいんじゃないのかと思ってしまう

無題
Name名無し 21/08/28(土)22:13:05 No.527771
http://may.2chan.net/39/src/1630156385682.jpg
2日前のファイヤアームズ・ブログという海外ブログで、面白い記事を見付けたわ

モガディシュの戦闘で殉職したデルタ隊員、ゲイリー・ゴードン曹長の使用したカービンが再現されてる
(BHDの作中ではニコライ・コスター=ワルドーが演じた。墜落機のヘリパイを警護して殉職した人ね)

彼のカービンは、銃身を大胆に短く切り詰めてサプレッサーを装備し、キャリーハンドル上部にはダットサイトを、ハンドガードにはフラッシュライトを装備してる
まだピカティニーレールが採用されてない時代なので、自分で溶断・溶接してマウントを作ったのだろう
現代では特に珍しくないカスタムだが、1993年当時としてはかなり画期的なもので、ゴードン曹長の銃器知識の深さや先見性が伺える

驚くべきは重量だ
現代の銃よりも、この銃の方が軽量だし、取り回しも良いそうな

無題
Name名無し 21/08/29(日)02:07:27 No.527786
映画上映始まったな

やっぱ良いな、この雰囲気…

無題
Name名無し 21/08/29(日)02:21:18 No.527787
http://may.2chan.net/39/src/1630171278542.jpg
いよいよ戦闘シーンだ

ファッキン・アイリーン!!

無題
Name名無し 21/08/29(日)04:15:11 No.527791
放送終了
お疲れ様でした

何度見ても良い映画ですわ

無題
Name名無し 21/08/29(日)07:32:32 No.527794
確かアイディード将軍の息子は米海兵隊隊員だったか

無題
Name名無し 21/08/29(日)09:45:28 No.527795
BHDは最後のテロップでめちゃくちゃソマリア人殺しまくってるのに呆れる映画

無題
Name名無し 21/08/29(日)10:20:56 No.527796
>めちゃくちゃソマリア人殺しまくってるのに呆れる
映画と違って、原作では闘志満々のアイディード将軍派、それに同調する一般大衆とドン引きしているインテリ層、みたいなソマリア人側の証言も興味深かったな

無題
Name名無し 21/08/29(日)12:18:52 No.527803
SPG-9無反動砲

何でデルタの隊員が本来なら博物館に飾られてるべきソ連製の旧式無反動砲の使い方を知ってるんですかねぇ…

無題
Name名無し 21/08/29(日)12:18:58 No.527804
http://may.2chan.net/39/src/1630207138460.jpg

無題
Name名無し 21/08/29(日)14:15:04 No.527812
>何でデルタの隊員が本来なら博物館に飾られてるべきソ連製の旧式無反動砲の使い方を知ってるんですかねぇ…
割と今でも中東の方々にレクチャーする米軍の兵士が見受けられたり
操作も簡単ですしお安いですからまだまだ現役なんですよね

無題
Name名無し 21/08/29(日)14:37:02 No.527814
アメリカ陸軍では旧ソ連の武器弾薬の操作・分解清掃を訓練するコースがあって、AKや各種機関銃のほかDShK38重機関銃のような骨董品まで実際に撃ったり分解清掃して習熟し、試験を受けて認定される過程があると十数年前にコンバットマガジンで見た。

無題
Name名無し 21/08/29(日)14:50:19 No.527816
日本駐留の米海兵隊も紛争地帯で多く見られる旧東側小火器実物を使った教育が行われていますね
さて放送も終わったので「霧のシーン」の私の考察はこうです

あそこは「地獄」と「この世」の境界
なので突然現実感がないイメージ過多な映像に
徒歩のレンジャーや特殊部隊員を笑顔で誘う現地少年達は使途=天使
この世への帰還を誘う存在
抜けた途端パキスタンスタジアムの明るい光景と冷水のサーブ=「この世」への帰還の祝福
幻想的な映像にして「英雄達」へのリスペクトもこもっていると思いました
(ノーランの『ダンケルク』ラストに於けるスピットファイアシークエンスと近似)
キリスト教的価値観とも言えるかと

・・・という風に私は解釈しました

無題
Name名無し 21/08/29(日)15:05:02 No.527817
パキスタンスタジアムへの帰還でパキスタン兵にもてなされたのは全く現実感がなかったと原作にも書いてあったと思いますが
上手い具合に演出に取り入れたなぁと

無題
Name名無し 21/08/29(日)21:32:02 No.527839
>パキスタン兵
あの水は、今まで見た映画の中で一番美味そうな水だった

無題
Name名無し 21/08/29(日)15:34:57 No.527822
>主人公たちが真っ白なスモークの中を走り続けて、基地に帰還するシーンね
>映画は全編にわたってドキュメンタリー風の実録映画的に撮ってるのに、あのラストシーンだけ青春スポーツ映画みたいになってる

気になってamazonでレンタルしたけど、あれのどこが青春スポーツ映画なんだ・・・?
スモークというよりは朝霧(寒暖の激しい砂漠地帯で海沿いだから?)っぽく感じだか。

あのシーンは半日に及ぶ極限の戦闘からそのまま重装備で走り続けるという極限状態で、
頭が疲労とストレスと興奮で半幻覚(トランス)状態に陥り、
上のレスにあるように生と死の間のような現実感のない現実感覚に
陥っている状態を描いているように感じたが(ちょうど長距離マラソンの終盤で、
疲労と酸素不足により視覚や聴覚から現実感が失われる感覚をより強めた感じ。)

無題
Name名無し 21/08/29(日)19:58:11 No.527834
ハンス・ジマー先生のスコアが今ひとつ場面とマッチしてなかったというか
やたら情緒的で自己主張がウザかった
あくまでこの映画に関してってだけでジマー先生が偉大な作曲家であるのは間違いない

無題
Name名無し 21/08/29(日)20:08:12 No.527835
床に流れた血を司令官が拭き取ろうとするんだけど汚れが落ちるどころか
どんどん広がって行く辺りは皮肉にしては直球すぎるなぁと感じた

無題
Name名無し 21/08/29(日)21:42:43 No.527840
RPG-7で米軍のヘリが落とされたのってブラックホークダウンとローンサバイバーだけだっけ?

無題
Name名無し 21/08/30(月)13:15:21 No.527868
>RPG-7で米軍のヘリが落とされた
後方噴射を抜くためのトンネル穴を掘っておいて
真上に向けて撃てるようにしていたそうだ

そうして待ち構えている事も知らずに米軍は飛び込んでいった

無題
Name名無し 21/08/30(月)15:09:05 No.527873
>>RPG-7で米軍のヘリが落とされた
>後方噴射を抜くためのトンネル穴を掘っておいて
>真上に向けて撃てるようにしていたそうだ
しかも映画みたいに脳足りんな土人ゲリラが無造作に撃ってるわけではなく
射手も特別に訓練された連中だったそうで

無題
Name名無し 21/08/30(月)15:21:15 No.527874
そもそも現実にはつるべ打ちにして
当たれば儲けもんレベルに撃ったんじゃなかった?

無題
Name名無し 21/08/30(月)15:56:40 No.527878
映画では数発レベルですけど実際は数百発打ち上げられた内の一発って事ですからね
麻薬で興奮しちゃっているから繊細な行動というのは苦手だったかと

無題
Name名無し 21/08/29(日)22:46:36 No.527843
ネトフリで見れるから何度も何度も見てる
事務の人がほんとにデルタになったと聞いて驚いた

無題
Name名無し 21/08/30(月)00:05:25 No.527852
ほぼ丸一日起きっぱなしの極限状態におかれ
救援がきて撤収する際に置き去り同然の状態で楽しい楽しいゲロマラソンやらされれば
あの現実味の薄い謎シーンが見えたよう認識もするだろ

無題
Name名無し 21/08/30(月)23:18:30 No.527907
ZU-23やKPVにDshkとかは使わなかったのかな…対ヘリならそっちの方が良さそうだけど

無題
Name名無し 21/08/30(月)23:34:59 No.527910
http://may.2chan.net/39/src/1630334099210.jpg
原作の該当箇所を見付けたわ

ちなみにこれはモリアム君というソマリ人の視点で書かれた箇所だ
(原作版は群像劇のように複数の人物たちの視点それぞれから書かれてる)

モリアム君の父親はエチオピアとの戦争で戦った傭兵であり、モリアム君自身も15歳の頃から傭兵をしてるという生まれながらの戦士らしい
ある意味レンジャーより手強い戦争のプロですわ…

無題
Name名無し 21/09/01(水)23:04:56 No.528063
良くも悪くも、イギリス人たるリドリー・スコット監督だからこそ撮れた映画でしょうね

もしアメリカ人監督がメガホンを取っていたら、なんやかんやで最後は星条旗万歳になる「ありきたりな」映画になってたとは思う
あるいは、恋人シーンだの家族シーンだのを不必要に挿入して、散々手垢が付いたチープな作風になってたかもしれない

ハリウッドで最高の戦争映画を撮ると俺が思ってるスピルバーグ監督でさえ、
「プライベート・ライアン」では墓前で老妻や孫に囲まれるライアン元兵士という、蛇足のような家族シーンを撮らざるをえなかったわけで…

無題
Name名無し 21/09/20(月)19:32:42 No.529078
ダニー・マクナイト(Danny McKnight )大佐は米軍を退役したが。ペイントボール(アメリカのサバゲー)大会に参加したら、みんなマクナイト大佐の青チームに入りたがるので。(現役に限らず)軍隊とかの経験者を対戦する赤チームに入れていたそう。

無題
Name名無し 21/09/20(月)20:17:43 No.529080
https://www.youtube.com/watch?v=hX_wr15Mryw
8年前に公開されてた動画。平屋ばかりの町並みを想像してたけど、複数階の建物もある映画に近い光景で、こんな場所にヘリボーンで乗り込むのは自殺行為としか思えないですね。

無題
Name名無し 21/09/21(火)08:56:01 No.529095
いや、都市でヘリボーンするという戦術は決して悪いものではなかったのよ

ヘリボーンのメリットは、敵軍が戦闘準備を済ませるより前に敵陣に進入・撤収ができるという点だ
これは足の遅い車両では得られないメリットだ

ソマリアの敗因は、敵が戦闘準備を済ませた「後」にヘリボーンを実施したことだと俺は思うぞ
それはそうだ、米軍はモガディシュ国際空港に多数のヘリを集積させて、戦力を誇示したり、
モガディシュの戦闘以前より国連軍の任務やデルタの秘密作戦の一環として、ヘリをぶんぶん飛ばしてたわけだからな…

5歳の子供ですら「せめて将軍達の集会の時くらいはヘリの対策をしなきゃ」と思い付くだろうよ

無題
Name名無し 21/09/21(火)10:04:49 No.529097
イタリア軍がアイディード側と内通してるんじゃないか?という疑心暗鬼とか
状況がカオス過ぎて何が何やら

無題
Name名無し 21/09/21(火)10:26:07 No.529098
ブラックホークダウンの最大の障害は各地の道路に設けられたバリケードを撤去できず、
車両部隊が撃ちまくられながら延々とモガディシュを彷徨い続けたことでしょ。

工兵隊の装甲ブルドーザーがありゃ撃ち落とされたヘリの乗員もサクッと回収して
あんなに多くの損害を出さずにさっさと撤収できてたよ。

無題
Name名無し 21/09/21(火)10:47:09 No.529099
>工兵隊の装甲ブルドーザーがありゃ撃ち落とされたヘリの乗員もサクッと回収して
>あんなに多くの損害を出さずにさっさと撤収できてたよ。

ただ装甲ブルドーザーは、単体で運用すればRPGの餌食になるからなぁ…
米軍はイラク戦争でD9ブルドーザーを大活躍させたけど、それは常にM1エイブラムスの掩護があったからだ

モガディシュの戦闘の場合、現場が戦車の増援を要請したにもかかわらずワシントンDCが却下したという経緯があるので、
やっぱ小手先の装備や戦術がいくら優れていても、政治がウンコだと作戦失敗はむべなるかな
引用元:http://may.2chan.net/39/res/527597.htm