無題Name名無し21/01/18(月)11:53:23 No.14658

AK-47_assault_rifle
AK-47 Type 3A assault rifle

http://cgi.2chan.net/f/src/1610938403340.jpg
カラシニコフが開発中の第6世代ライフル「AK-521」。
AKもとうとうフローティングバレル&中折式構造になっちゃったか。
もはや第1世代のAK-47と比べたら全くの別物になってますがな。
まぁ、最初の設計から70年も経てばそうなるかぁ。(しみじみ)
AK-12がAK-74用近代化キットとほぼ同じ内容だったのに対して、
AK-521は基本構造から徹底的に設計変更されている。

ちなみにカラシニコフ社による公式の世代分けはこうです。 (´・ω・`)b


無題Name名無し 21/01/18(月)11:57:13 No.14661
第1世代 AK-47  最初のモデル。M43弾薬(7.62×39㎜)を使用。
     AKS-47 金属製折りたたみストック採用モデル。
第2世代 AKM   AK-47の欠点(反動、重量、生産工数)を大幅に改善した改良型。
     AKMS  金属製折りたたみストック採用モデル。
第3世代 AK-74  M74弾薬(5.45×39㎜)用に再設計したモデル。
          ハンドガードやストックは前期型が木製パーツ、後期型はプラ製パーツを使用。
     AKS-74 金属製折りたたみストック採用モデル。
     AKS-74U AKS-74の銃身長を半分にしたショートカービンモデル。
第4世代 AK-74M AK-74後期型のストックを折り畳みプラ製に変更。
     AK-105 AK-74Mのカービンモデル。
     AK-101 AK-74Mの5.56×45㎜弾薬使用モデル。
     AK-102 AK-101のカービンモデル。
     AK-103 AK-74Mの7.62×39㎜弾薬使用モデル。
     AK-104 AK-103のカービンモデル。
第5世代 AK-12  AK-74Mにレールシステムを追加した改良型。

無題
Name名無し 21/01/24(日)11:50:04 No.15107
>第1世代 AK-47  最初のモデル。M43弾薬(7.62×39㎜)を使用。

AK-105以降の名前が紛らわしすぎる

無題
Name名無し 21/01/18(月)11:59:08 No.14662
http://cgi.2chan.net/f/src/1610938748036.jpg
組み立て時の外観はこんな感じです。(´・ω・`)b

無題
Name名無し 21/01/18(月)12:23:14 No.14665
アルミ合金削って作ってるm16ならわかるけどAKってこの付け根部分あまり剛性高くなさそうなのに大丈夫なんですかね

無題
Name名無し 21/01/18(月)12:29:12 No.14666
そんなんアメリカの M+M Industrys が同じ構造のM10Xを2017年に発売してるからAKの構造変更なんて今更だな
同2017年発表のCAAのAK-ALPHAもそれだから本家カラシニコフだけ導入が遅れていたアイデアよ

AKがずっと上下分割しないレシーバーカバー別の一体型アッパーに長年拘ってた理由はその方が作りやすいからね
AK-12/15/19ファミリーもレシーバーカバーをバルメやガリルと同じ様にタイトに固定してカバー上にレイル置いても大丈夫にはしてる

無題
Name名無し 21/01/18(月)12:32:52 No.14667
http://cgi.2chan.net/f/src/1610940772388.gif
そのレシーバー構造だとこれが出来なくなるのか…

無題
Name名無し 21/01/18(月)12:38:26 No.14668
因みにカラシニコフは去年AK-12をAK-19とPPK-20に使われてる新型ストックに交換してマイナーチェンジしてる
AK-19ってのはAK-15に続くAK-12の輸出仕様になり5.56mm口径のAK-101に相当する
PPK-20はPP-19-01の後継機種(実質マイナーチェンジ?)で新型ストック自体はこのPPK-20から採用されたもの
他にAK-74Mを.308NATO対応にしたAK308も去年発表されてるな

無題
Name名無し 21/01/24(日)02:59:09 No.15070
ロシアはいくら鉄砲メーカーが新しいの発表しても
実際にその鉄砲運用が始まるかって言われると未知数だからな
AK12とM3だけは少しずつ数が増えてるけど

無題
Name名無し 21/01/24(日)12:49:37 No.15113
>ロシアはいくら鉄砲メーカーが新しいの発表しても
>実際にその鉄砲運用が始まるかって言われると未知数だからな
>AK12とM3だけは少しずつ数が増えてるけど
A-545というAEK-971の発展型も出来てるしな
とりあえず片っ端から開発して使えそうなものを絞っていく方針…かも

無題
Name名無し 21/01/24(日)22:04:54 No.15167
現AK-12も最初に発表されたときは革新的な内容だったけど
紆余曲折の末に正式採用されたときは大分後退した内容になってた

末端の一般兵用なんだし色々割り切った結果だと理解したつもりだったけど
また革新的なAK出してくるとはどういうつもりなんだろ?

ロシア軍には卸すつもりはなくて他国向けや民生市場向けなんだろうか?
実はロシア軍がAK-12に満足してなくてやっぱ革新的なの欲しくなったとか?
それともAN-94のニッチを狙ってるのか?

無題
Name名無し 21/01/25(月)01:02:30 No.15184
>紆余曲折の末に正式採用されたときは大分後退した内容になってた
いや、結局大幅な変更があったのはセレクターの形式だけだったと思うよ。
あとはデザインが少し古めかしくなっただけ。
セレクターの形式を「AK式」に戻したのは、ロシア軍も含めた世界中のAKユーザーがあの形式のセレクターの操作に慣れてしまったからだと思う。
本家カラシニコフ製だけでなく各国中で作られたコピーモデルまで含めれば、AKシリーズの流通量は膨大なものであり、世界中の戦場で使われている自動小銃の8割を占めるとまで言われている。
AKシリーズのどれかひとつの操作を覚えれば、他のAKシリーズのほとんど全てを操作できるようになるわけで、セレクターの形式を変更するのは、そのメリットを失うと考えたのではないだろうか?

無題
Name名無し 21/01/25(月)20:06:52 No.15235
>AKシリーズのどれかひとつの操作を覚えれば、他のAKシリーズのほとんど全てを操作できるようになるわけで、セレクターの形式を変更するのは、そのメリットを失うと考えたのではないだろうか?
AR-15とその派生・後継らの真逆を行っちゃったんだな…

無題
Name名無し 21/01/25(月)01:03:57 No.15185
ただしAK-12は旧式化したAK-74を付け焼刃的に近代化したものであり、新世代の西側のライフルと比べると明らかに旧式な点が多い。
そこで将来的に西側のライフルにも対抗できる新型ライフルが必要だと考えたのは現実的な判断だと思う。
実際、AK-521(まだ完成形ではないが)の内容であれば、これから数十年先までも西側のアサルトライフルに対抗し続けることができるだろう。

現在、ロシア軍ではAK-12よりもAK-74用のアップグレードパーツの方が多く調達されているという話を聞く。
現用のAK-74Mは軍に十分過ぎる数量があるので、AK-74Mにアップグレードパーツを付けた方が費用対効果が高いかららしい。

無題
Name名無し 21/01/25(月)09:21:57 No.15191
セレクターがやっぱ・・・って言われるけどあの国は徴兵制なので
途中で変えてしまうと有事の際に兵役経験者の火器操作に問題が出るからってのもありそう
新しいのになったからいっぺん出頭して覚えて?
ってわけにもいかんだろうしね

無題
Name名無し 21/01/25(月)11:25:09 No.15195
考えてみりゃ最初にak配備されて70年ちかく経過してるもんなぁ
そりゃなかなかなれたもんから変えられないか

無題
Name名無し 21/01/25(月)15:00:03 No.15202
アイアンサイトは意地でもフリップアップ式にしないんだ

無題
Name名無し 21/01/25(月)16:59:37 No.15217
因みにあのセレクターは元々ブローニングが発明したものだよ

レミントン モデル8(M1908) 自動小銃に採用されていたものをそのまま設計拝借した
なのでコピー元のモデル8の作動音を伴う欠点まで受け継いでしまっている
追記するとブローニングはモデル8に後で無音式にした改良型セレクターを採用している

無題
Name名無し 21/01/25(月)21:37:48 No.15250
そう考えるとイスラエルは上手いこと立ち回ったな
AKの設計的問題に早期に気付いてそれに対する解答案として作られたガリルは採用国けっこう多いもんな

無題
Name名無し 21/01/25(月)21:42:48 No.15252
ロシア軍は現行兵士に新セレクターの訓練するほど金がないとか予備役に新小銃配るくらい金満っていうんならわかるけど…
単になにも困ってないから金かけて設計変える気がないだけじゃあ

無題
Name名無し 21/01/26(火)15:15:57 No.15323
自動小銃のセレクター操作とマガジンの抜き差しの動作は体が覚えてしまうものなので、これらの方式が変更されると操作に支障を来すということは十分考えられるね。
AKシリーズが驚異的な世界シェアを実現したのも、冷戦時代のソ連のバラマキだけでなく、初期型から最新型まで操作方法が全く同一で、再教育が要らないことが大きかっただろう。
個人的には将来のAKシリーズは、セレクターや構造が従来方式から変わらないモデルと、AK-521をベースとした新機軸モデルの2系統が並行して開発、販売されると思う。
従来の多くのユーザーを確保しながら、一方で時代に合わせて近代化も行なうのなら、それが一番合理的だから。 (´・ω・`)b

無題
Name名無し 21/01/26(火)15:16:20 No.15324
あとAK-100シリーズにはAK-107/108も一応含まれるけど、これらはユニークな反動軽減メカニズムを内蔵するモデルであって、他のAKシリーズとは系統を別にしている。
「AK」の意味も「アレキサンドロフ&カラシニコフ」の頭文字を取ったものであり、他のAKシリーズの「AK」とは意味が違っている。

ちなみにコブロフ社のAEK-971も効果の似ている反動軽減メカニズムを採用しているけど、AK-107/108が前後のガスピストンを同時に動かすことで反動を減らすのに対して、AEK-971はピストンとカウンターマス(おもり)を同時に動かすことで反動を減らしている。
ニコノフのAN-94のメカニズムと比べたら、随分分かりやすい作動原理だよね。 (´・ω・`)b

無題
Name名無し 21/01/26(火)18:08:42 No.15333
AN94、AK107/108、SR1(サイガ107/108)の反動相殺システムは有効性はあるけど
中に錘を入れる都合で重くなってしまうという点と、機構が複雑で軍用としての耐久性に不安がある

だから今のカラシニコフは軍用としては推していなくて民間向けにSR1として売っているな
Gunプロ誌でSR1の中身見せてるけどいかにも故障しそうな危うさなのが分かる

片手でデタラメに持ってもフルオート出来る性能はすごいがバラストのせいで大元のAK74Mより1kgも重量増えてるじゃねーかっていう
引用元:http://cgi.2chan.net/f/res/14658.htm