砲の掃除Name名無し20/05/29(金)01:19:05 No.1304497

1024px-French_Battery_1805


https://cgi.2chan.net/f/src/1590682745245.jpg
砲兵の絵みると、よくブラシやスポンジ、らせん状の物をつけた棒を持ってる人いるけど、あの人たちは具体的に何を掃除しているの?
そんな頻繁に掃除しないといけないんですか?
あと、M109の動画見てても1発撃つたびに短いブラシで砲と砲尾を急いでゴシゴシしてました。
戦車とかも実は毎回ゴシゴシやってるんですか?


無題Name名無し 20/05/29(金)02:22:07 No.1304501
クリーニングロッド。
燃え残った火薬を清掃する。ライフリングのある砲だと溝に残りやすいので頻繁な手入れが必要だった。
今は滑腔砲がメインで、火薬も完全燃焼するように調整されているから、日常メンテくらいでいいんじゃないかな。

無題
Name名無し 20/06/01(月)07:17:25 No.1304896
>今は滑腔砲がメインで、火薬も完全燃焼するように調整されているから、日常メンテくらいでいいんじゃないかな。
それは戦車砲だけの話
曲射砲は未だにライフル砲
まあ戦車砲なんてライフル砲でも一発毎にクリーニングロッドなんて入れてられんけど

無題
Name名無し 20/06/01(月)07:22:30 No.1304897
迫撃砲も大口径の物はライフル入ってたか
小口径のは滑空砲身

無題
Name名無し 20/05/29(金)03:04:43 No.1304504
https://cgi.2chan.net/f/src/1590689083730.jpg
薬嚢式なら絹袋の燃えカス
装薬の不完全燃焼のカス
バレル保護油の燃えカス
ライフリングで削れてへばりついた弾帯の銅
行軍中や吹き返しで吸い込んだ土砂のガラス質や海水の塩分
あたりが拭き落とすべきゴミでしょか

無題
Name名無し 20/05/29(金)03:31:41 No.1304507
https://cgi.2chan.net/f/src/1590690701103.jpg
高射特科が機関砲を(殆ど)止めた最大のメリットは砲身手入れが無くなった事だそうで

無題
Name名無し 20/05/29(金)04:04:07 No.1304510
https://cgi.2chan.net/f/src/1590692647988.jpg
>戦車とかも実は毎回ゴシゴシやってるんですか?
訓練展示終わったあと数発空砲撃っただけでも舞台袖でゴシゴシやってるね
長さ的に乗員の数以上の人手がいるから砲は大型化しても乗員減だとナーバスになると思う

無題
Name名無し 20/05/30(土)17:12:35 No.1304771
>訓練展示終わったあと数発空砲撃っただけでも舞台袖でゴシゴシやってるね
>長さ的に乗員の数以上の人手がいるから砲は大型化しても乗員減だとナーバスになると思う
自動の砲身清掃装置も金があれば出来ると思うぞ
というか今後少子高齢化が進むし自動化できるものはどんどん自動化するべき

砲身クリーニング方法及び砲身クリーニング装置
https://patents.google.com/patent/JP2012021667A/ja

無題
Name名無し 20/05/29(金)04:08:31 No.1304511
黒色火薬時代と無煙火薬時代は分けて考える必要があるのでは?
発射残滓は互いで全くに違うように思います
現代も拳銃だろうが大砲だろうが一発でも撃ったら射撃終了後に腔内掃除は必ずやります

パラディンは薬嚢式の分離装薬ですから、薬嚢の燃え残りの残滓が出る可能性があるので毎度ブラシで排除してるんでは?
金属薬莢式の固定装薬や半固定装薬では毎度はやりませんね
砲(弾薬の性質)にもよるんでしょうが

無題
Name名無し 20/05/29(金)09:40:16 No.1304525
昔の前装式だと火種が残っていることがあり発射後の水拭き必須

無題
Name名無し 20/05/29(金)12:22:06 No.1304547
高熱と摩擦によって防錆油が飛んでしまうので掃除と同時に油を塗り込むという意味もあるんだろうね

無題
Name名無し 20/05/29(金)18:43:58 No.1304597
603px-BB61_USS_Iowa_BB61_broadside_USN
艦砲はいざ開戦となったら戦闘終了まで掃除できないのかな?

無題
Name名無し 20/05/29(金)20:58:44 No.1304614
艦砲はだいぶはやいうちに砲身内に滞留してる熱気や残滓ふきとばすブロアが付くんでマシかと
爆圧ではりついたり砲弾がゴリッとなすりつけていったゴミはブロア程度じゃとれないだろうけど

戦闘長引いたときは砲身や薬室の過熱の方が害が大きいかも

無題
Name名無し 20/05/30(土)02:09:44 No.1304657
イージス艦の見学に行った時ブラシ持たせてもらったよ
重かった

無題
Name名無し 20/05/30(土)17:16:07 No.1304772
中国軍は砲身自動清掃装置を開発してるな
日本も企業が特許はとってるから予算がつけばいけそう

https://mp.weixin.qq.com/s/k_vRR3ULfPP6Mqopm1QFHA

無題
Name名無し 20/05/31(日)00:17:28 No.1304811
この場合省力化して人手が足りないから自動化するって感じで順序が逆じゃないか

無題
Name名無し 20/05/31(日)02:55:31 No.1304820
 その昔弾丸は石でしたがやがて鉛を使うようになりました
銃身の製造技術が未熟な頃は皮のパッチに包んでいましたが
やがてライフリングの時代になると鉛の弾をそのまま発射するようになりました
鉛の銃身への付着は銃身寿命を縮めるので定期的なクリーニングが欠かせませんでした
 時代が進んで銃砲弾が空気抵抗を軽減させるために細長くなると銅のジャケットで鉛を包んだり銅環を砲弾につけて抜弾抵抗の軽減を図りました
 しかし銅の付着もエロ―ジョンを進行させライフリングの寿命を低下させるので定期的な除去が必要です
 方法としては砲身に水銀を満たし振動を与えると化合物となって剥がれて行くというものですが巨大な砲身の換装は大変な作業でした
やがてライフリングに重クロームメッキをする等の方法も生まれましたがそれでも定期的なクリーニングは欠かせないのです

無題
Name名無し 20/06/01(月)15:47:01 No.1304909
大戦時でも滑腔砲の試みはもっとあってもよかったと思うが何がまずかったんだろ
生産性整備性や砲身寿命以外にも
薄殻・高容量弾や高初速・長射程化ができそうだし
弾幕射撃や都市攻撃なら風でブレてもそう問題にはならんだろうし
近距離での直射でも高容量化と無回転で榴弾・HEAT弾向きかつ高初速で命中率もかなりカバーできそうだが

無題
Name名無し 20/06/01(月)17:15:26 No.1304915
大戦時はまだ有翼弾の研究が…
引用元:https://cgi.2chan.net/f/res/1304497.htm