無題Name名無し20/03/03(火)16:26:41 No.1298444

日本陸海軍の試作/計画戦闘機

https://cgi.2chan.net/f/src/1583220401026.jpg
日本軍のジェット開発、パルスジェットやラムジェットも手を出してたと思ったんですけど
搭載機の具体的な計画が無い辺り、全然駄目だったんですかね?
日本陸海軍の試作/計画戦闘機
本吉 隆 野原 茂 松田 孝宏 井出 倫 伊吹 秀明 こがしゅうと
イカロス出版 (2020-03-02)
売り上げランキング: 7,715

無題
Name名無し 20/03/03(火)17:25:34 No.1298446
ラムジェット機は萱場の無尾翼機が計画にあったな確か

無題
Name名無し 20/03/03(火)18:51:31 No.1298449
ターボジェットでもちょいと激しい機動するとフレームアウトに脅かされるような時代に
自前の速度で空気流入稼ぐエンジンで迎撃かいくぐって特攻はかなり無茶でしょ

無題
Name名無し 20/03/04(水)13:47:54 No.1298497
1583297274863
IJN空技廠の噴進部部員だった、永野治さんによると

「ジェット研究時代には未だ亜音速、超音速と云ったようなすさまじい高速飛行は一般には考えられなかったので、ラムジェットに対する関心は比較的薄く、海軍では殆ど研究努力を払わなかった」

「V1飛行爆弾に用いたパルスジェットは500㎞/hr前後の飛行機の主動力としても役に立ち、構造の簡易な事から特攻機用として着目せられ(略)ドイツからの資料が届くと早速小型の模型を作って作動試験を行ったところ、たやすく見事に作動するので早速カ一〇と名付けて実物模型の試作に取り掛かった」

「此のエンジンははげしい音と脈動流による強い縦振動とを伴い、人の乗る飛行機にはどうかと思われたが、振動防止には脈動数と等しい振動数を持ち、ジェット管に並行した振動子を置いて動吸振器とする案を当時空技廠飛行機部員の松平精氏が考え出した。」

無題
Name名無し 20/03/04(水)13:50:36 No.1298498
1583297436991
「面白い構想であったが其の後の研究は進められなかった」
「空技廠が第一技術廠として改組せられ噴進部が創設せられる頃からネ二〇、KR-一〇、ツ一一に全力を集めなければならなかったので此の研究は同廠発動機部の小田原疎開研究所に移し、他方陸海協同研究として東大航空研究所に委託した。其の作動性能が明らかとなり実用の期待が持てるようになったので之を動力とする特攻機梅花が計画させられた」

「此のジェットは安直なように見えたが、自動弁の折損が問題であるほか実用機とするには起動や制禦装置にうまい工夫が必要で、完成の域には達しないまま松本の陸軍疎開研究所と海軍の小田原疎開研究所とで怪音を轟かせつつ終戦となった」

…とのことだそうです
実際の所、ターボジェットと比べて簡易と言っても、使い物になるモノの製作にはそれなりに苦労があったみたいですなあ

無題
Name名無し 20/03/04(水)17:05:58 No.1298510
>KR-一〇、ツ一一
なんのこっちゃと思ったら秋水の特呂二号と桜花22型のロケットモーターのことか

無題
Name名無し 20/03/04(水)16:31:28 No.1298504
https://cgi.2chan.net/f/src/1583307088776.jpg
振動が激しいのがバイクのビッグシングルと同じ理屈なら
複数積めば相殺できたんだろうとは思う

無題
Name名無し 20/03/04(水)21:57:03 No.1298530
>No.1298504
燃料タンクが一瞬で空になりそうですね…

無題
Name名無し 20/03/04(水)16:52:58 No.1298506
エンジン4つ積めば2-2で吸気→噴射のリズムを平坦にできるやもしれんが
ピストンエンジン・シャフト・タイヤのような回転物による安定効果もないし
機軸からズレたとこにあるメインエンジンがONOFF繰り返すような激動は制振できるんかな…

無題
Name名無し 20/03/04(水)17:40:02 No.1298513
>エンジン4つ積めば2-2で吸気→噴射のリズムを平坦にできるやもしれんが
>ピストンエンジン・シャフト・タイヤのような回転物による安定効果もないし
>機軸からズレたとこにあるメインエンジンがONOFF繰り返すような激動は制振できるんかな…
日本じゃ無理だったけどシャッター付きパルスジェットなら点火を制御できるんでは
まあ爆発後の膨張を利用して吸排気するんだからシャッター閉じすぎるとほんとに止まっちゃうんだろうけど

無題
Name名無し 20/03/04(水)22:10:51 No.1298533
>機軸からズレたとこにあるメインエンジンがONOFF繰り返すような激動は制振できるんかな…
ガスト式みたく機構を間に挟めば双発からでも可能だろうがパワーウェイトレシオは変わらないだろうし
それを4発となるとポンポンと同じような動作不良を起こしそうな
戦術誘導弾としてなら悪くないんだが戦力化するならせめて開戦前に完成して量産させないと...

無題
Name名無し 20/03/04(水)21:01:11 No.1298526
色々作ったところで結局は全部特攻機にされちゃうんでしょ?

無題
Name名無し 20/03/04(水)21:13:04 No.1298528
>色々作ったところで結局は全部特攻機にされちゃうんでしょ?
V1の情報来てたんなら慣性誘導装置の研究してても良さそうだけど

無題
Name名無し 20/03/04(水)21:59:43 No.1298531
今の県立小田原高校(旧制小田原中学)の裏手、城山地区に、昭和初期に地方競馬場として掘削された楕円形の窪地があり、そこに空技廠分工場のロケット実験場があったようです。
未だにGoogle Map等でも窪地は識別できますし、小田原城の惣構の一部なので、ブラタモリでタモリが喜々として歩いてましたわ。
小田原中学の生徒も勤労動員されていたようですね。

近隣の山北には秋水の実験場と過酸化水素製造プラント、秦野の専売局倉庫ではネ20が開発されるなど、大戦末期の神奈川県西地区は噴進機関の研究拠点になってました。

その辺と関係するのか、ガンダム原作者の富野氏(小田原出身)のお父さまも、秋水の与圧面の開発に携わってたようです。

無題
Name名無し 20/03/04(水)22:23:44 No.1298534
10年くらい前に一緒に働いた設計は、修士か博士でパルスジェットエンジンをやったって言ってたな
パルスジェット知ってるの?って話から盛り上がったが、夢とロマンしかないみたいだった

無題
Name名無し 20/03/04(水)22:43:43 No.1298536
>搭載機の具体的な計画が無い辺り、全然駄目だったんですかね?
無線操縦の航空機のテストと並行してやってましたね
当時はこれがあれば神風特攻隊はいらないじゃないかと叩かれたとか
実際は失敗の連続で時間切れのまま戦争が終わりましたが

無題
Name名無し 20/03/05(木)02:00:38 No.1298558
桜花の機体にエンジンジェットを乗せて航続距離を伸ばす計画があって実際に機体制作まで行ったんですがファンを駆動する小型エンジンの調子が悪く調整しているうちに終戦になったようです
機体そのものは50機ほど作られたそうですが信頼できる小型レシプロエンジンが手に入らないのが当時の日本の実情だったのかと

無題
Name名無し 20/03/05(木)16:08:11 No.1298572
1583392091554
パルスジェットの本家というか、実用化に先鞭をつけたドイツさんでも、実際の所V-1がほぼ唯一の実用例ですしね

有人パルスジェット戦闘機として計画されたMe328なんて、Me109と共通の翼型を踏襲するなどして、簡易なパルスジェットとの組み合わせで安価なジェット戦闘機が作れるはず!長距離爆撃機の背中に乗せていざというときは空中発進する用心棒や!…というコンセプトで開発が始まったものの、そもそも微妙なスロットルコントロールの出来ないエンジンが空戦機動で使いものになるか微妙な所に、タービンによる空気圧縮のないパルスジェットは高空で著しく能力が低下することが判明して、戦闘機としてはあえなくボツに

しかもテスト中からパルスジェットの騒音と振動がパイロットさんを悩ませた上、徐々に振動によって機体構造そのものまで破壊されていくという致命的な問題が判明

無題
Name名無し 20/03/05(木)16:10:23 No.1298573
1583392223800
エンジン装着位置を変えるなどして爆撃機型の開発が継続されたものの、振動問題は最後まで解決されず、結局爆撃機としても不合格に

遂にはパルスジェットを捨てて、普通のジェットエンジンを装備することも計画されるも、いやあそれならそもそもMe328って機体開発をする意味がないよね?自分を見失わないで?と言うことでまたまたボツ

更に戦争終盤、第3帝国が追い詰められていく戦況の中で、文字通り使い捨ての有人特攻兵器タイプも提案されるに至るんですが、コレもV-1飛行爆弾の有人型というライバルの方が有望とされ、お蔵入りになっているんだそうで

お安いエンジンにはお安いなりの理由があるわけで、お安いエンジンで作ったお安い機体が高い性能を発揮するなんて、オイシイ話はそうそうない、と言うことなんですかしら…

無題
Name名無し 20/03/06(金)01:36:13 No.1298595
https://cgi.2chan.net/f/src/1583426173543.jpg
ラムジェットも安価…というか手に入りやすい石炭を燃料に出来るっていうんで、ドイツで戦争中研究がすすめられましたけれど、結局戦争には間に合いませんでしたよね(画像はリピッシュP13)
エンジンの試作までは進んでいたようですが…

無題
Name名無し 20/03/06(金)05:23:25 No.1298597
そもそも当時超音速風洞も無いだろうしラムジェット機開発とかできるんだろうか

無題
Name名無し 20/03/06(金)08:23:45 No.1298603
速度だけなら超音速のV2ミサイルを実用化しているわけだし

まあリピッシュ博士は色々な意味で未来に生き過ぎてるけどな

無題
Name名無し 20/03/06(金)17:39:50 No.1298617
1583483990233
戦中、海軍技術研究所理学研究部に所属していた杉本正雄さんという技師さんがいらっしゃるんですが、この方は元々は帝大物理学科を出て、理化学研究所で中性子を原子にぶつけて楽しんでいらしたところに、昭和10年頃、IJNがおフランスのエッフェル研究所所長マルグリース博士を招いて高速風洞の建設を企てた際、「物理屋」の提供を求められた帝大理学部長に白羽の矢を立てられ、しぶしぶ技術研究所入りしたという経歴の持ち主だったりするんだそうで

高速風洞(マッハ数3)は昭和12年に完成、翌年技師に任官した杉本さんはそのまま技研に残り、以後超音速域での弾体研究などに専念されたそうなんですが、何せもともと軍人の世界は性に合わないと技研入りをゴネた人柄、同僚の海軍兵学校出身の研究員さんなんかは、何かにつけ「デッキ(兵学校出身者)はデッキ(甲板)で戦争していろ!」とやっつけられ、大層閉口されたそうですw

無題
Name名無し 20/03/06(金)17:43:36 No.1298618
https://cgi.2chan.net/f/src/1583484216425.jpg
そんな杉本さんですので、後に戦中特攻戦術が採用されると、道徳的にも理論的にも間違っちょる!これだからデッキはっ!!と大いに憤慨するんですが、先の喧嘩ともだちの士官研究員さんが、やはり特攻反対論者と知ると、ヨシッ、それなら一緒に特攻兵器の代わりを作ろうじゃないか!と言いだされたんですとか

計画されたのは主翼・尾翼付の航空機タイプの地対艦誘導ロケット弾で、「三浦半島から伊豆大島あたりの敵艦隊を捕捉」できる性能を目標に、アチコチ駆けずり回って設計を完成、空技廠に図面を持ち込んで試作機も完成したそうなんですが、肝心の誘導装置を検討していた電波研究部で、現在の技術ではこの距離だけ離れた海上の敵艦を捕捉するのは不可能との結論が出てしまい、あえなくこの「地対艦誘導弾」プロジェクトは潰えてしまったんだそうで

しかし地上発射の誘導弾で海上の敵艦を狙うとか…どこかで聞いた話のような…どこかd…(zzz

無題
Name名無し 20/03/06(金)18:49:03 No.1298620
ありがとうございます
超音速風洞は戦前から既にあったのですな
そこでと言ってはなんですが興味深い資料が
>https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://www.jstage.jst.go.jp/article/nagare1982/4/4/4_4_307/_pdf&ved=2ahUKEwjV_ozJw4XoAhWG-mEKHeyTC8UQFjAAegQIBhAC&usg=AOvVaw1I1OG-1Ie1wJtXy8nLKqtw

無題
Name名無し 20/03/07(土)01:18:06 No.1298646
このページによると
http://www.nagare.or.jp/download/noauth.html?d=33-3tokushu2.pdf&dir=119
>高速のロケットの開発が始まるとともに,超音速の空気の流れを作り出し,飛翔物体の空気力学的な性質を測定する超音速風洞もまた 1930 年代から各国で製作されるようになった.ドイツではそのような超音速風洞が初めてアーヘン工科大学で,その後はゲッチンゲンや,V2ロケットの開発と製造がなされたペーネミュンデの施設でも建設され,マッハ3.1 から 4.4 までの風の流れを作り出した
なんてありますね
リピッシュ博士のデルタ翼機なんかは、風洞試験でマッハ2以上でも安定した性能を出せることが確認されていて、のちにそうした研究データが連合軍に捕獲されて、戦後の超音速ジェット機の開発に役立てられたそうですが…

無題
Name名無し 20/03/07(土)04:53:28 No.1298652
>超音速風洞
巨大な空洞を作ってその中の空気をポンプで抜いて解放した時の空気の流れを利用したとか

無題
Name名無し 20/03/07(土)08:48:28 No.1298654
ドイツの研究成果は宝の山だったからね
戦後連合国側の技術発展を随分加速しているはず

無題
Name名無し 20/03/07(土)21:23:13 No.1298689
1583583793830
1944年6月頃からエゲレスへ向けての発射が始まったV-1飛行爆弾、割合早めに不発や故障で原形を保ったままのサンプルが連合軍側の手に落ちているそうなんですが、アメちゃんの場合、44年7月11日には民間自動車メーカーで、戦時下に航空機生産等を請け負っていたフォード社にV-1のパルスジェットエンジンの複製制作が打診され、原図ではなく部品を基にして実験用のコピー品25基を製作する契約が15日に結ばれると、3週間後には最初の1基が完成するというハイペースっぷりだったんですとか

パルスジェットが余程心の琴線に触れたものか、8月2日にはもうエンジン1500機の製造契約が結ばれていたものが、後には最大7000機への拡充もあり得る、なんて内容に契約され直していたりもするんだそーなんですが、当時試作されたコピー品のパルスジェット2基を積む、P-51の写真なんかも残されていたりします

…振動の方は大丈夫だったんですかね、コレ

無題
Name名無し 20/03/07(土)21:26:56 No.1298692
1583584016326
またV-1そのもののコピー生産も決定され、機体はリパブリック、部品でウィリスオーバーランド、無線誘導装置はラジオ・コーポレーション、自動操縦装置はジャック&ハインツ…と各社に発注が出され大量生産体制が準備され、44年10月までには試作機が完成、発射試験が開始されているんだそうで

陸軍で制式名称JB-2、海軍でKUW-1と呼ばれたアメリカ版V-1、速度や航続性能などは寧ろ本家より若干向上していたそうなんですが、慣性航法装置だけでなく無線誘導方式も可能で、B-29等4発重爆の母機から空中発射される場合の航続距離が前者で、240km、後者で160kmほどであったそうです

来るべき日本本土上陸作戦に向けて、1000機近い数の実戦投入準備が進められていたとのことなんですが、昭和20年7月から本格的に開発が始まったという「梅花」が、仮に米国のコピーV1並のスピード生産が間に合って、戦争自体が本土決戦にもつれ込んでいたら、日米両軍がパルスジェット飛行爆弾をお互い射ち込みあうコトになっていたんでしょうかねえ

無題
Name名無し 20/03/07(土)21:30:22 No.1298693
今はパルスジェットてあちこちで研究してるパルスデトネーションの関係で見直されてるよね

無題
Name名無し 20/03/07(土)21:40:35 No.1298694
重爆からV1弾頭とほぼ等しい2,000lb爆弾狙って落とせるしすでに誘導爆弾AZONも実戦投入してる米軍が
最終誘導をそう精密にはできないであろうV1コピー使いたがったのはなんだろね
ブンブン!バズバズ!と爆音鳴らして低空を飛ぶから敵兵のみならず人口密集地や政府・軍首脳に対する一種の震駭効果狙いだろうか

無題
Name名無し 20/03/07(土)23:21:24 No.1298697
英国へのV1攻撃だと、実際の被害は実はそれほどじゃなかったけど、防空体制の整備にかなり大きな戦力を割かないといけなくなったから、あるいはそういう効果を狙ったんじゃないかなあ
それにしても、残骸から数ヶ月前で完コピー大量生産とかアメリカさん本気出し過ぎじゃね?

無題
Name名無し 20/03/08(日)00:55:05 No.1298698
https://cgi.2chan.net/f/src/1583596505823.jpg
戦後にパルスジェットが採用されたの標的機くらいだったんだな
再利用には不向きと判断されてしまった結果なのか

無題
Name名無し 20/03/08(日)02:32:06 No.1298702
V-1のエンジンのコストは車一台とほぼ等しく機体も木材を多用し燃料供給も圧縮空気
で押し出してポンプを省略するなど低コストに徹していた
誘導装置もほぼなく測距プロペラの回転数が一定に多すると自動的にダイブするだけだった
これに加えて人的損害が0であり空中発射は阻止する事がほとんど不可能だった
英軍は大規模な防空網で対処したがこれは飛来する方向がほぼ東からだったからで
もしどこから飛んでくるか分からなければ迎撃は手薄にならざるを得なかった
つまりアメリカがこの攻撃方法をドイツに対して行ったならば大きな効果を上げた
はずだが実際には人的損害を覚悟した戦略爆撃による早期解決が図られた
理由は太平洋方面での戦いがまだこれからだった為だろう

無題
Name名無し 20/03/08(日)02:47:42 No.1298703
ジャイロと高度計で飛行方向と飛行高度を制御しているのに
誘導装置もほぼなくってひどすぎる

無題
Name名無し 20/03/08(日)11:36:56 No.1298710
>誘導装置もほぼなくってひどすぎる
それは自律飛行する装置で外部からの誘導ということではないというのが論旨です
しかし誤解を招いたのであれば申し訳ありませんでした

無題
Name名無し 20/03/08(日)09:41:45 No.1298708
1583628105913
アメちゃんの航空機から運用する誘導爆弾の開発計画は、WW中だけでもいくつか有るわけなんですが、ドイツ製品コピーのパルスジェットが手に入るようになると、早速既存のプロジェクトとの組み合わせも行われているんだそうで
例えば1945年1月に試作機が完成した”JB-4”なんかは、元々無動力の滑空誘導爆弾のGB-4の改良版として、パルスジェット1基を装備したものなんですけれども、機首に搭載されたテレビカメラに映る映像を見ながら無線で遠隔操作される方式は変わらないものの、航続距離はGB-4の17マイル(27km、高度4600mで投下)に対し、JB-4では75マイル(127km)と大幅に延伸、時速400マイル(640km/h)以上で巡航可能で、更に動力化によって地上発射も可能となっているそうです

もっとも、弾頭重量はGB-4の半分以下に抑えざるを得なくなってしまったそうですが、理論上は発射母機を危険に晒すことのない、遠距離から発射できる誘導弾!というわけですなあ

無題
Name名無し 20/03/08(日)09:44:00 No.1298709
https://cgi.2chan.net/f/src/1583628240251.jpg
また、一連の滑空誘導爆弾の派生として、「オペレーション・キングフィッシャー」と称する計画も進められていまして、要はWW2中、艦艇の対空防御力が大幅に強化されていく中、あれ、もしかして敵艦に肉薄して魚雷投下とか危険すぎ…?と気が付いたアメちゃんが、敵艦隊の防御範囲外から航空魚雷を遠隔投下するシステムを要求したものであったんですとか
作動システム等の異なる幾つかのプランが試作されたこのプロジェクト、戦後も継続されるんですが、例えば1947年頃に製作されたSUM-N-2”Grebe(カイツブリ)”なんかは、当初は固体ロケット、後期はパルスジェットエンジンである程度の距離を飛行した後、搭載のホーミング魚雷を投下するんだそうで

もっとも対潜魚雷の運用を念頭に置いた”Grebe”、パルスジェット型なら23マイル(37km)の航続距離があったものの、逆にこんな遠くにいる潜水艦を探知出来る手段がないやろ!というのでボツになったそうなんですが(棒
普通のジェットエンジンより安いコストで済むパルスジェットは、こういう使い捨ての誘導弾に使うには、ある意味向いていたんですかねえ…?

無題
Name名無し 20/03/08(日)11:53:52 No.1298711
誘導弾というかミサイルは基地に帰ってくるわけじゃないからな
タービンブレードとかに加工の手間がかかるしコストも高いターボジェットや、安いけど航続距離の短い固体燃料ロケットとかと並べれば悪くない選択肢だ

無題
Name名無し 20/03/08(日)17:42:59 No.1298733
発射時にカタパルトや補助ロケットや空中発射母機が要る
パルスジェットエンジンと弾体の二段重ね構造になりがち・低速で翼面積も必要でとにかくかさばる
単純な構造ゆえに改良で性能向上する余地も少ない
など難点もデカい…

無題
Name名無し 20/03/08(日)19:54:35 No.1298742
https://cgi.2chan.net/f/src/1583664875444.jpg
でも今時のジェットエンジン型地上・艦上ミサイルはだいたいジェットエンジン&ブースターだよね

無題
Name名無し 20/03/08(日)20:00:11 No.1298743
https://cgi.2chan.net/f/src/1583665211838.jpg
米国ではV-1が鹵獲される以前、1943年頃から既にターボジェット塔載で、地上基地から離陸、自動操縦装置によって目標まで飛行する無人飛行爆弾のプロジェクトなんかもありまして、例えば1944年12月に初飛行…というか発射されたノースロップ社製の”JB-1”の場合、B-29にも搭載されたB-31ターボスーパーチャージャーを基に、ジェネラル・エレクトリック社が開発した”B-1”遠心式ターボジェットエンジンを2基搭載、1トン近くの爆弾を塔載して航続距離1000km以上、巡航速度は720km/以上を予定と、なかなか先進的な計画であったんだそうで

全翼機型の機体中心に2基のターボジェットを内蔵、その両脇に爆弾収納部を設けた外見は、イトマキエイめいてなかなか印象的なんですが、どうも肝心のB-1エンジンの出来がイマイチだったらしく、初号機が初回の発射でいきなり墜落すると言う幸先の悪さもあって、以降飛行実験は行われずに終わっているんですとか

無題
Name名無し 20/03/08(日)20:01:56 No.1298744
https://cgi.2chan.net/f/src/1583665316431.jpg
一方で、先述のように1944年秋にはフォード社製のパルスジェットエンジンが米国内で生産されるようになると、コレをJB-1に搭載してみたらどうっすかね?という案が出て、宙に浮いた状態になっていたJB-1試作機群の残りの胴体が改造され、改めて”JB-10”として開発が進められることに

胴体中心部にパルスジェットエンジン1基を内蔵、1.6トン分の弾頭を機内に収納して巡航速度は685km/h、航続距離298kmというスペック(予定)は、ほぼV-1のコピーであるJB-2よりも高く、試作機も1945年4月6日には発射されたものの、すでに欧州戦線はほぼケリがつき、JB-2の大量投入準備が進んでいる上、テスト飛行の結果も案外思わしくないとあって、結局実戦投入されないままで終わっているんだそうで
それでも一応各種発射・飛行実験は1946年3月頃まで実施されていたそうですので、まあ無駄と云えば無駄、将来の巡航ミサイル開発の礎となったといえばなったとはいえ、未来的なフォルムに見合わない、地味な顛末に終わったみたいですなあ

無題
Name名無し 20/03/08(日)20:52:17 No.1298751
>ノースロップ社製の”JB-1”
YB-49にフォルムが似てるなぁと思ったけど YB-35はこの時期に作ってたし
この頃からカタチとしては出来上がってたのね

無題
Name名無し 20/03/08(日)21:14:03 No.1298754
ノースロップ親父は隙あらば全翼機作るマン!だったからな・・・
まあこんなんまでB29やらP51やらグラマンやらに混じって飛んでこなくってよかったとしか

無題
Name名無し 20/03/08(日)21:25:28 No.1298755
ホーミングという言葉は過去のものとなりにけり・・

発射基地が移動可能で探知されにくくジャミングなどの効かない自律飛行
攻撃目標がある程度の大きさを持っていて精密誘導が不要もしくは射数で補う
低コストで大量生産に適しエンジンは一回の飛行に耐えればよい
そんなところでパルスジェットのV-1は戦力化されたんでしょう

無題
Name名無し 20/03/09(月)01:04:24 No.1298769
V1は本体は安価で簡便なものの要カタパルトのせいで移動しながらの発射には不向き
ロンドンに向けて夢の飽和攻撃を敢行するには巨大な発射サイトが何セットも必要なことに
V2V3のサイトとともに工事が大規模なせいかすぐ位置がバレて逆に米軍の自爆ドローン化重爆が飛んでくる始末

無題
Name名無し 20/03/09(月)07:46:10 No.1298778
https://cgi.2chan.net/f/src/1583707570665.jpg
>工事が大規模なせいかすぐ位置がバレて逆に米軍の自爆ドローン化重爆が飛んでくる始末
ジョー兄ちゃん....

無題
Name名無し 20/03/10(火)14:47:54 No.1298841
https://cgi.2chan.net/f/src/1583819274970.jpg
ドイツが東西から連合軍に圧迫されて、もう地上発射基地の設置も空中発射母機の発進も難しくなってきた戦争末期ごろ、使いようのなくなりつつあったV-1用パルスジェットエンジンの有効活用だったのかは定かではないんですが、同エンジンを使用する水上体当たり爆薬ボートなるゲテモノなんかも試作されていたそーです

コレも在庫を引っ張り出してきたと思しきJu52輸送機(水上機型)用のフロート2基を連結して主船体とし、後方の支柱上に設置したパルスジェットエンジン1基を動力として、無線操縦で敵船に突っこむこのボート、テストでは一応時速48ノットを超えたこともあるそうですが、流石に戦後、ドコの国でもコピーされたりはしていないようで

(多分)

無題
Name名無し 20/03/10(火)14:50:59 No.1298843
https://cgi.2chan.net/f/src/1583819459698.jpg
因みにソ連でも大戦中にエゲレスから提供された情報を基に、同志岡田真澄似のおじさんの命により、V-1の複製が始められるんですが、その責任者に任じられたのが、ウラジーミル・チェロメイ=サンという技術者さんだったんですとか
チェロメイ=サンは1942年、独自設計のパルスジェットを試作したことがあり、そこで白羽の矢が立ったのかも知れないですが、以後チェロメイ=サンの設計室では、双発タイプの改良型など各種のV-1原型の誘導弾が次々開発されて行き、時にはやはりアメリカのB-29のパクr…似のTu-4重爆撃機に吊られてテストされる、ドイツのV-1似の、ソ連製パルスジェット巡航ミサイルといった、国籍的にカオスな光景も見られたようです

その後、チェロメイ=サンの設計室は巡航ミサイルのみならず、ICBM、宇宙ロケット、衛星等の各種重要プロジェクトにも参画、ソ連の航空宇宙界で確固たる地位を占めるに至るんですが、そのサクセスストーリーの始まりはパルスジェットからだった…と言うことになるんですかしら…

無題
Name名無し 20/03/11(水)04:22:12 No.1298876
>V-1の複製
ME262まんまコピーしたスホーイには怒ったくせに・・・

無題
Name名無し 20/03/12(木)03:51:21 No.1298908
ラムジェットとかパルスジェットとかターボジェットとかロケットとか、当時はまだみんな未知の世界というか、どれも未来があるように見えたんだろうな
そこから技術的限界で実用化されたのは絞られた感じだけど、逆に技術が進んだ現在に敗者復活戦みたいによみがえる奴はあるかも・・・

無題
Name名無し 20/03/12(木)14:14:31 No.1298921
https://cgi.2chan.net/f/src/1583990071462.jpg
直接ラムジェット機の開発の話というわけではないんですが、戦中カヤバさんの航空機自主開発に対し、陸軍航空本部などがイマイチ冷たい態度だったのは、当時萱場製作所が他社の航空機の主脚部品の大多数の生産を一手に引き受ける重要企業だったが故に、反って余計な仕事をさせたくないという思惑が働いたから…という話を読んだことがあります

ラブコメで大ヒット作出した漫画家さんが、ホントはSFアクションとかファンタジーバトルもの書きたい!と思っていても、編集さんに止められるような感じだったんでしょうk(

因みにコレは余談なんですが、1930年代のアメリカで、敵爆撃機を撃墜するために自軍の航空機から発射される"空中魚雷(aerial torpedo)"なる新兵器の概念が提案されたんだそうで

無題
Name名無し 20/03/12(木)14:16:21 No.1298922
https://cgi.2chan.net/f/src/1583990181469.jpg
この構想は1940年に入り、ジェットもしくはロケットエンジンの実用化が見えてくると、「プロジェクト・ゴルゴン」として具体化して、ロケットやジェットエンジン、又はラムジェットで駆動して、赤外線やレーダーホーミング、若しくはTV映像による遠隔操作で誘導される、各種の空中発射式高速誘導弾が試作されたんですとか

空中テスト用に、「ゴルゴン」誘導弾用のラムジェットエンジンを両翼端に装備したPー51のテスト機の写真なんかも残っていて、特撮っぽい見た目はなかなかカッコいいんですが、実際に一部は対日戦投入の準備まで進んだものの、これも終戦により実戦投入の機会を逸し、以後は専ら研究用機材とされた他、ラムジェット駆動の空対艦誘導弾とされた「ゴルゴンⅣ」などは、戦後は標的用ドローンに転用されて使用されたそうです
結局戦争には間に合わないで終ったわけですけれど、ラムジェット駆動の空対艦ミサイル自体は後に冷戦期のソ連等で開発されているわけですし、ある意味、構想の正しさ自体は後に証明されたことになるんですかねえ

無題
Name名無し 20/03/12(木)16:49:10 No.1298928
とは言え独自研究のラムジェットがモノになるとは思えず…

無題
Name名無し 20/03/14(土)00:24:52 No.1299027
30年以上前ガキだった頃のうろ覚え話だけど
福生飛行場で双発機にジェットエンジンぶら下げて
実験飛行で何度か飛ばしたけどブワっと火を噴いたりして
爆発するんじゃないかとヒヤヒヤしたって話を子供会のキャンプで世話係の爺さんから聞いた

無題
Name名無し 20/03/14(土)06:45:49 No.1299034
昭和18年に川崎航空機の林貞助技師らが開発してた、ネ0~ネ4ジェットエンジンの実験を見たんでしょうね。
各務原で99双軽にぶら下げて、燃料に引火寸前の事故も何度かあったようですし、立川の技研まで飛んできて実験飛行していたので、それを見かけたんでしょう。

無題
Name名無し 20/03/14(土)06:54:10 No.1299035
さらっと証言の裏付けが出てくるあたり凄いな
引用元:https://cgi.2chan.net/f/res/1298444.htm

日本陸軍試作機物語―名整備隊長が綴る自伝的陸軍航空技術史
刈谷 正意 秋本 実
潮書房光人新社
売り上げランキング: 584,684