無題Name名無し20/02/09(日)11:42:58 No.1296962

ロケットの科学 改訂版 創成期の仕組みから最新の民間技術まで、宇宙と人類の60年史 (サイエンス・アイ新書)

情報収集衛星、打ち上げ成功 北朝鮮などを監視
https://www.sankeibiz.jp/business/news/200209/cpc2002091053002-n1.htm

【LIVE】H2Aロケット41号機打ち上げ
https://www.youtube.com/watch?v=ZFkdh9NleKI

無題
Name名無し 20/02/09(日)20:32:19 No.1296991
これで40回目の打ち上げ成功
35回連続の成功になります

無題
Name名無し 20/02/10(月)23:01:19 No.1297073
https://cgi.2chan.net/f/src/1581343279670.jpg
偵察衛星の解像度 1ピクセル=30cm 1ピクセル=11cm こんな感じ

無題
Name名無し 20/02/11(火)00:05:58 No.1297081
日本といえども解像30センチよりはもっと見えているはず。
3センチの間違いじゃね。

無題
Name名無し 20/02/11(火)06:02:17 No.1297090
>識別可能な物体の大きさは30センチ以下とみられ、北朝鮮の軍事施設や
これを1ドット30センチと読み取るのは無茶があるのでは

無題
Name名無し 20/02/11(火)06:40:13 No.1297091
解像度では無く"識別可能な物体の大きさ"というほとんど意味をなさない謎基準が悪い。
これは箱状の物が段ボールか液体タンクかを識別できるのか単に箱状の物とだけ識別できるのかという違いが不明。
素直に解像度を使えば良いのだろうがこの辺は機密保護を兼ねた単なる作文だろう。

無題
Name名無し 20/02/11(火)12:45:55 No.1297105
むかーしアメリカ偵察衛星のプロモーションビデオかなにかで
ビーチでおっさんの読む新聞記事まで丸見えっての思い出した
(スマホじゃなく新聞ってのが時代だなぁ)

どうやら解像度はまだまだのようだw

無題
Name名無し 20/02/11(火)13:01:00 No.1297107
解像度は、一昔前は一辺50㎝~60㎝の正方形が1画素の限界とされていた。これは実は今も変わっていない。物理学的限界だから。
宇宙から地球を見ると「空気の井戸」状況になる。空気は密度があり、様々な要因で揺らぐ。いくらセンサ側の解像度(密度)を上げても、物理的限界が来る。揺らいだ空気によってピンボケし、もやっとした情報しか収集できない。

現在では、主に以下の2技術で改善が進んでいる。
一つは地表の天体望遠鏡が採用している技術。撮影時にレーザを同時に発射し、その瞬間の空気のゆらぎ度を測定する。その値を使って画像を補正する。逆でも使える。
もう一つは、同一地域を複数枚撮影し、超解像画像を合成する。こちらはスマホでも実現している。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/itej/62/3/62_3_337/_pdf
この二技術を組み合わせ、今では1辺25cmから30㎝程度を1画素とする解像度まで実現できている。
が、ブレイクスルーが見つからないと、既に限界、と言われている。今はカラーの解像度を白黒と同程度まで引き上げる部分で技術開発が進められている。

無題
Name名無し 20/02/11(火)19:52:12 No.1297123
2019年1月打ち上げたKH-12米軍事光学偵察衛星 軌道400km 重量16トン
ハッブル宇宙望遠鏡より1.3倍大きいと言われる光学系を搭載し、単純計算で軌道400kmからでも解像度2cmと言われている。

無題
Name名無し 20/02/12(水)19:06:54 No.1297178
ニコンの一眼レフより普通にスマホの方が解像度高い

無題
Name名無し 20/02/13(木)08:22:04 No.1297227
そもそもスマホのちっこいレンズサイズでは光学的性能で比較にならないでしょ?

無題
Name名無し 20/02/13(木)21:17:05 No.1297262
日本が偵察衛星持つとなった時はついにここまで来たかと感心してたけど今や7基運用とは凄いね。機密情報とは言え本当にしっかり運用出来てるのかイマイチ見えないのがね。

しかし、早期警戒衛星を持つ気は無いのかな?
ミサイル発射の一報は未だに米国頼みだし。
技術的に難しいのかも知らんけど。

無題
Name名無し 20/02/13(木)21:40:21 No.1297264
>日本が偵察衛星持つとなった時はついにここまで来たかと感心してたけど今や7基運用とは凄いね。機密情報とは言え本当にしっかり運用出来てるのかイマイチ見えないのがね。
配備の名目の一つに「災害対策に役立てる」ってのがあったけど
実際にそれに使用したという話聞かないような…

無題
Name名無し 20/02/15(土)10:17:42 No.1297345
>実際にそれに使用したという話聞かないような…
使ってたとしても一部以外に情報出せないでしょ

無題
Name名無し 20/02/13(木)22:25:03 No.1297267
>しかし、早期警戒衛星を持つ気は無いのかな?
現在某衛星に載せてテスト中

無題
Name名無し 20/02/13(木)22:27:07 No.1297269
実証実験を繰り返してますが
ものになるのにまだ少しかかります

無題
Name名無し 20/02/15(土)09:58:28 No.1297343
>日本が偵察衛星持つとなった時
>日本が空母持つとなった時
>日本が海兵隊持つとなった時

次はなんだろ
さすがに核はともかく、先制攻撃能力か合憲になった自衛隊か

無題
Name名無し 20/02/15(土)10:20:26 No.1297346
戦略偵察機かな?衛星以上に相手は対処しづらいし
台湾のかつての黒猫部隊みたいな感じで

無題
Name名無し 20/02/15(土)12:02:30 No.1297349
戦略偵察機はグロホ導入で保有することになるし機材はともかくミッション内容的には501SQも戦略偵察こなしてる

無題
Name名無し 20/02/16(日)14:56:46 No.1297422
衛星あっても分析能力は必要だと思うんだ

無題
Name名無し 20/02/16(日)15:20:46 No.1297430
情報収集衛星って、重量1.2トンくらいあると言われてるよね?

一方で、国内外にはナノサットやマイクロサットと呼ばれる、数100gから数100kg程度の小型軽量な画像衛星が多数存在してる
それら超小型衛星のメリットは、低コスト化とコンステレーション化が確保できることで、対衛星兵器が発達した現代だからこそ有意義なように思える

情報収集衛星のように高価格かつ大型の衛星って、現代でも役に立つのかしら?

無題
Name名無し 20/02/16(日)15:22:50 No.1297432
なぜ大型望遠鏡が存在するかご存知ないようで(笑)

無題
Name名無し 20/02/16(日)15:51:31 No.1297443
例えば先年、防衛省はアメリカのPlanet社と契約を結び、画像取得権を買い取るようになった

Planet社は分解能3.7m級のDove衛星を130機以上、
分解能0.7m級のSkysat衛星を15機以上、それぞれ有し、コンステレーション性を確保してる

分解能が1mもあれば、地上施設や戦闘車両、ミサイルTEL、陣地などを解明するには十分だと言われてる
情報収集衛星も今後は、数の方向に進むべきだと思うのだが…

無題
Name名無し 20/02/17(月)10:44:21 No.1297501
たくさん上げればステルス機を離陸直後から追尾もできるね

無題
Name名無し 20/02/16(日)16:36:43 No.1297447
> Planet社

2017.03.01のこの記事を思い出した。
https://www.technologyreview.jp/s/30465/the-startup-thats-in-charge-of-the-biggest-private-satellite-fleet/
1度に88機!!って驚いたが、Dove衛星が1機5㎏と聞いて2度ビックリ!!した記憶が...で、現状についての面白い資料はこちら。
http://www.jsprs.jp/pdf/GEXPO18_shibuya.pdf
(株)衛星ネットワークって会社が2019.11.16に作成した資料。色々と考えさせられる。Dove衛星の実物写真も掲載されている。横のコーヒーカップが...(笑)高度は475㎞だそうで...ちなみに、日本の「つばめ」(2019.10運用終了)は最低高度167.4kmでギネス登録されたばかり。

後は、以前紹介したレーザ補正による解像度絡みの話題提供。2018.07.20の記事だが
https://www.discoverychannel.jp/0000028784/
シャープな海王星の撮影成功…宇宙観測の長年の敵、大気の揺らぎをレーザーによる補正で
地上だからできた大技だけど、いずれは小型化・省電力化され、宇宙から地球への観測で使われるかも...

無題
Name名無し 20/02/17(月)01:05:03 No.1297496
https://cgi.2chan.net/f/src/1581869103403.jpg
>(株)衛星ネットワークって会社が2019.11.16に作成した資料。

中国の観艦式がバッチリ映ってるじゃないか。
艦の大きさまで検出出来るとはやるな。

衛星の寿命だけ気になる。

無題
Name名無し 20/02/16(日)16:58:28 No.1297448
搭載機器を可視光光学機器に限定して小型軽量化はありかもね
小さな開口面でも画像撮れる高感度のセンサーって冷却なしで使えるのかわからんけど停止した目標なら連続撮影して合成とか方法はあるし
通信も直接やり取りするか通信衛星挟むかでいろいろ違うだろうけど

無題
Name名無し 20/02/17(月)00:07:41 No.1297493
小型衛星のサンプル動画
SkySatももう7年も前なのか
これとStarlinkなんかを組み合わせたら、衛星軌道からのリアルタイム動画も夢じゃないよね
>Looking Down From 600 km Above The Earth's Surface with HD Video (1080p HD)
>https://youtu.be/BsW6IGc4tt0

無題
Name名無し 20/02/17(月)10:44:21 No.1297501
たくさん上げればステルス機を離陸直後から追尾もできるね

無題
Name名無し 20/02/17(月)22:07:34 No.1297529
成果があるかも定かでないのに官需でどんどん焼け太り
スリーダイヤ延命装置にしかなってないんですよ、今のIGS

無題
Name名無し 20/02/17(月)22:32:07 No.1297533
>成果があるかも定かでない

成果云々言い始めると、自衛隊の存在意義すら無くなるがな
危機管理や抑止力の世界に成果を求めるなんて頭が悪いのか

無題
Name名無し 20/02/19(水)22:13:05 No.1297602
>成果があるかも定かでないのに官需でどんどん焼け太り
情報分野なんてただでさえ目に見える成果ってのを公表しにくい分野なのに
ましてや偵察衛星の成果なんてあってもそうそう表にでるわけないだろ
自慢するために撮影してるんじゃないんだぞ

無題
Name名無し 20/02/18(火)00:07:03 No.1297537
> 頭が悪いのか
No.1297529氏はきっと、日本が国家として当然持つべき力(情報)を持つと困る国の工作員なんでしょう。

>> 時間軸多様化衛星
についての簡単な解説Webはこちら。
https://imidas.jp/genre/detail/K-105-0170.html

常識的には、時間軸多様化衛星は
1.姿勢制御用燃料を多数搭載し、頻繁に軌道変更できる
2.光学衛星は複数のレンズとセンサを持ち、斜め方向の同時撮影も可能
のいずれか、または両方、となる。
前述の通り、光学系は米国民間商業サービスの進歩が著しく、それを監督する米国政府は日本に対し(日本が関心を持つ地域については)ほぼ無条件で画像・情報の販売を(現状では)認めている。日本政府も、(リスク管理を含め)複数の民間企業と契約し、これらサービスを購入している。
日本に技術的優位性が認められる合成開口レーダ衛星は、日本企業の民間サービス参入も含め、まだまだ可能性がある。よって日本政府も技術的開発力点をこちらに合わせているのが実情。電力関係でのノウハウが不足しているため、信頼性が低かった、ってのもあるが。
データ中継衛星もスケジュール化されたし、一安心。
引用元:https://cgi.2chan.net/f/res/1296962.htm

宇宙ロケット工学入門
宮澤 政文
朝倉書店
売り上げランキング: 123,112