戦争は女の顔をしていない 1 (単行本コミックス)
作画:小梅けいと
原作:スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ
監修:速水螺旋人

 ノーベル文学賞を受賞したスヴェトラーナ・アレクシエーヴィチの原作を『花粉少女注意報!』シリーズや『狼と香辛料』のコミカライズで有名な小梅けいと先生がマンガ化。

 原作は、ジャーナリストであるスヴェトラーナ・アレクシエーヴィチが500人にものぼる第二次世界大戦に従軍した女性や関係者たちを取材した作品です。
 まだ原作を読んでおりませんが、非常に興味深い内容でしたのでご紹介します。
戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)
スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ
岩波書店
売り上げランキング: 280
 ソ連軍が第二次世界大戦において、男性兵士と同様に女性兵士を最前線での活動に従事させたことは広く知られています。
 この作品では、従軍洗濯部隊から狙撃兵や飛行士など様々な兵科の女性兵士の証言が描かれます。

 第一巻は七話が収録され、一話につき一人~三人の証言がまとめられています。
 時系列はバラバラ、いつどこでそれが起きたのか、状況について説明不足といった従軍記録によくありがちなところはありますが、作画がそれを良く補っていると思います。

 非常に興味深く感じたのは、共に従軍し、東プロイセンで戦死した夫を数千キロ離れたベラルーシの家まで連れて帰るため、ロコソフスキー元帥に直談判した軍医の話です。最終的に特別に飛行機を用意してもらい夫の棺を乗せることができましたが、このような感動的な話もあり、少し救われます。
 また、男性用の下着しかないと言及するシーンが多く、女性兵士がいろいろ苦労したことがうかがえます。

 戦場での女性の証言というと、読む前から「胸くそが悪い」話が出てくるかと身構えるところですが、今のところそこまで酷い話はなく(意図的にカットしているか不明)、声高に戦争反対を叫ぶわけでもなく、小梅けいと先生の淡々とした素晴らしい作画によって普通に読むことができます。

 監修については、ソ連・ロシアに詳しい速水螺旋人先生ということでミリオタにも安心なはずですのでおすすめします。
 
※アニメイト、COMIC ZIN、ゲーマーズでは購入特典がつきます。
『狼と香辛料』のコミカライズ、おすすめです。
 
狼と香辛料 ホロ 豊穣の林檎ver. 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
キャラアニ(chara-ani) (2020-03-31)
売り上げランキング: 14,105