無題Name名無し20/01/13(月)07:51:15 No.1295556

1578869475631
今年はいよいよオリンピックイヤー!

ということで「軍隊とスポーツ」スレなんてどうでしょう?
軍隊とスポーツの近代 (越境する近代)
高嶋 航
青弓社
売り上げランキング: 684,672

無題
Name名無し 20/01/13(月)07:52:32 No.1295557
1578869552589
因みにウインタースポーツの花、スキーを日本に本格的に伝えたのはテオドール・エードラー・フォン・レルヒというオーストリアの軍人でしたり

「レルヒ少佐」の名で今もその業績が親しまれていますが、少佐が日本陸軍に招かれて来日した陰には、あの八甲田山の悲劇により、雪中行軍技術の向上が急がれていた…なんて、悲しい事情があったそうです

…というわけで、軍隊・軍人とスポーツに関わる話題なら何でもどうぞ

無題
Name名無し 20/01/13(月)09:02:11 No.1295560
https://cgi.2chan.net/f/src/1578873731012.jpg
>レルヒ少佐
オーストリアの軍人を挙げろと言われても、この人以外に出て来ないよね。

無題
Name名無し 20/01/13(月)10:06:42 No.1295570
https://cgi.2chan.net/f/src/1578877602538.jpg
民間に開放されてる国の総合スポーツ施設としての側面が大きいけど
IDFの軍役の余禄として民間で広宣流布されてる自己防衛メインの教授でなく
とにかく相手を破壊して文字通り「敵を無力化」するのがメインな
血生臭い軍隊式クラヴマガの方の名所の、ネタニアのデカい体育センターは
サデーやダヤンといったイスラエルの建国戦争世代に幾つかの重要な知見を提供した
ウィンゲートさんの名を冠してるね

無題
Name名無し 20/01/13(月)15:05:51 No.1295580
1578895551547
IJAの戦闘機パイロットだった檜與平さんの手記に、1942年2月、マレー半島のイポー基地でのある朝の思い出が記されているんですが、曰く

「ビュッ……コーン、ビュッ……コーン、ビュッ……コーン。浅いねむりの中に飛びこんでくる聞き馴れない音に、私は、ゆうべからつづいていた甘い夢をやぶられた。ビューッ……コーン。そしてまた、しばらく間をおいて、ビュッ……コーン。」

「だれのいたずらだ?夢をやぶられた腹立たしさもあって、宿舎の窓をあけてみたが、霧をどんよりかぶった南国の夜明けでは、音の正体は、なんだかわからない。
『ええ、くそ、いまいましいヤッチャ』
私はねむりたりない寝台から飛び下りると、洗顔をすませるよりも先に外へ飛び出していった。
『いるぞ』だれもまだ姿を見せない宿舎わきのゴルフ練習場で、こちらに後ろ姿を見せたひとりの男が、腰をかがめてクラブをふっている」

無題
Name名無し 20/01/13(月)15:07:50 No.1295582
1578895670843
「二度……三度、調子をとってから、さーっとクラブを振り上げると、パッと土煙が上がって、小さなボールが弧を描いて空をきってゆく。
『朝っぱらから、ゴルフをやっとる。陣中に、この心にくき風流者は何者ぞ?』
わたしがつかつか近づいてゆくと、いま一撃を振ってボールの行方を追っていた男が、ヒョイと後ろを振りかえった。
『あっ、部隊長ーっ』
『なんだ、檜か……』
私の驚いた表情に、部隊長は、ニヤリと白い歯を出して答えてから、
『どうだ、俺のフォームは……』
といい捨てて、また、のっしのっしと、特徴のある大幅な歩きかたで、ボールの後を追っていった」
『操縦者は、まず健康を保持せよ』
「というのが、部隊長の信念であったが、広東の陣中生活時代でも、われわれに庭球、野球の練習を強いて止まなかったほどであった」

無題
Name名無し 20/01/13(月)15:08:27 No.1295585
1578895707165
部隊長みずからラケットをふって、なんとか口実をみつけては、逃げ出そうとする我々を引っ摑まえると、剛球の強襲で、ついには参ったと悲鳴をあげるまで許さないのがつねだったが、まさかゴルフまでやろうとは!」

…なんてことがあったそうです

この「部隊長」は後の軍神・加藤建夫少将その人なんですが、おそらく進出先の基地に練習場とボール・クラブといった1式が揃っているのを見つけて矢も楯もたまらず、その結果が部下より一足先に早起きしての、久々のゴルフ早朝練習と相成った…という話みたいですねえ…w

無題
Name名無し 20/01/14(火)12:20:52 No.1295642
戦前の日本とかゴルフやっている人口自体少なかったろうにどこで覚えたんだろね
陸士ではさすがに無いだろうし・・・

無題
Name名無し 20/01/14(火)12:49:50 No.1295644
婆さんの遺品整理してたとき
爺さん(戦死)の任地なのか海兵団なのか不明の写真が出てきた
そのなかにテニスラケット抱えてる写真があった
なお父親も俺もテニスなんかやったことがない

無題
Name名無し 20/01/14(火)16:03:09 No.1295648
マレーやフィリピンといった英米植民地となると赴任者家族の福利厚生用に本国以上の設備が揃ってたりするから
占領したなら利用せにゃ損とばかりに未経験者も皆飛びつくのではなかろうか
ペナンに寄港したUボート乗員もやってたように日を浴びながら激しい全身運動できるテニスは健康増進にもよさそう

無題
Name名無し 20/01/14(火)19:56:17 No.1295655
1578999377552
柳田邦男氏の「零式戦闘機」に、戦前の三菱航空機に技術指導に招かれていたエゲレス人技師さん達の話が有るんですが、曰く

「三菱航空機の社員たちがゴルフをはじめたのは、大正の末頃、イギリス人技師の指導によるものであった。そのイギリス人は、三菱が最初に招いたスミス技師一行の一員で(略)ベンという名の技師だった」


「クラブは、ベン氏の持っているもの(略)を、設計家の技師がスケッチして、図面を作成し、社内で作った(略)ドライバー・ヘッドは、プロペラ木工場で、木製飛行機の材料に使う強度の強いマホガニーと樫を組合わせて作り、アイアン・ヘッドは、鉄工場で炭素鋼のものを作った。シャフトは、いずれも樫(略)ボールだけは、輸入品を取り寄せた」

無題
Name名無し 20/01/14(火)19:56:55 No.1295656
1578999415748
「代価は、ドライバーとアイアンの二本一組で、15円だった。大学卒の初任給が、75円の時代だった」

「ゴルファー志望者たちは、昼休みに一列に並んで、まずドライバーの練習から始めた。指導のベン氏の口からは、
『キープ・ユア・アイズ・オン・ザ・ボール』
が、何十回となくくり返された」

「そのうちに、飛行場のあちこちにグリーンを作り、9ホールにして、休日にコンペをやるほどになっていた」

…そうなんですが、「零戦」等の設計で有名な堀越二郎さんなんかも熱心な一人で、

「堀越が昭和2年に入社(略)たちまちゴルフに夢中になった。静止したボールと自分だけで対決するゴルフは、堀越の性格にぴったり合ったのかも知れない」

無題
Name名無し 20/01/14(火)19:59:26 No.1295657
1578999566577
「昭和4年から5年にかけて欧米に出張中、イギリスやアメリカでクラブを買い求めたり、はじめて本場のゴルフ・コースに出たりした」

「帰国後、名古屋の南の和合に名古屋ゴルフ・クラブができていたので、早速そのメンバーになった。入会金は300円、メンバー・フィーは1日1円か2円、キャディを1日つけて1円、といったところだった」

「三菱航空機のゴルファーは、この頃30人位いたが、このうち約10人が、和合のメンバーになっていた(略)アメリカから買って帰ったクラブ一そろいを和合に預けたままにしておいた堀越は、1日に3ラウンドをこなすこともあった。ハンディは14まで行った」

…とのこと
設計作業の間なども、行き詰ると気分転換に飛行場に出てはスイングを繰り返し、気分を新たに仕事に戻ったそうなんですが、そうすると後に堀越氏および三菱が送り出した名機の数々の誕生の幾割かには、ゴルフの効能が貢献していたということにな(

無題
Name名無し 20/01/15(水)22:50:40 No.1295726
あー柳田邦夫の零式戦闘機に書かれていたゴルフの話を相当昔に書き込んだ覚えがあるな

無題
Name名無し 20/01/15(水)23:31:06 No.1295730
堀越二郎は身長179センチで当時としてはかなり背が高い。

それで零戦の操縦席は広くなり,視界が良くなったという説を言う人がいた。結構面白い説だと思った。

無題
Name名無し 20/01/16(木)02:21:59 No.1295741
https://cgi.2chan.net/f/src/1579108919989.png
2020年の東京オリンピックでも競技種目の一つであるハンドボールは、1936年のベルリンオリンピックで初めて正式種目になった競技なんですが、ベルリン大会の次の東京大会でも引き続き行なわれる予定で、1938年(昭和13年)2月には「日本送球協会(現・日本ハンドボール協会)」が設立され、代表選手の選考も進められていたそうなんですが、結局支那事変勃発等の影響で東京大会は幻と消え、晴れ舞台を夢見ていた関係者一同、えらく落胆なされていたんだそうで

とはいえ程なく世界大戦も勃発、それこそ全世界がオリンピックどころではなくなってしまうんですが、そんな中の1942年、日本の三宅坂にあったドイツ大使館より、

「11月に横浜に寄港するドイツ艦が強力なハンドボールチームを持っている。そこで是非、日本チームと対戦したい」

…なんて申し入れがあったんですとか

無題
Name名無し 20/01/16(木)02:24:05 No.1295742
1579109045881
「ドイツ艦」とは当時通商破壊任務に就いていた仮装巡洋艦「トール」で、申し込みを受けた日本側ではほぼ4年ぶりの「全日本」チーム結成を決定、日体大など関東各大学のトッププレイヤーを招集しまして、かくて1942年11月29日、明治神宮外苑競技場で大観衆の見守る中、華やかに戦時下のハンドボール国際試合が開催されたそうなんですが、主審の笛を吹いたのはかつて代表メンバーに選好されていた内の一人であったりしたそうです

観客席には日本人のみならず、「トール」乗組の水兵さんやその他在日ドイツ人も多数詰めかけ、互いに自軍チームの活躍に大歓声を送ったそうなんですが、試合は一進一退の白熱した大接戦の末、1点差で日本チームの勝利に終わり、その後日本選手団の面々はドイツ大使館に招かれ、和食・ドイツ料理と潤沢なドイツビールの豪勢な歓待を受けて、12月5日には「トール」の乗艦見学も行なうことを約束し、和やかに日独交歓の日は暮れていったんだそうで

無題
Name名無し 20/01/16(木)02:25:27 No.1295743
1579109127685
もっとも、翌11月30日に横浜港で「トール」は係留中の事故により爆沈、その後の混乱の中で、遂に日独両チームの再会は成らずに終わっているんですとか

また、日本代表メンバーの多くも既に応召が決まっていた人も多く、その後次々と入隊されておられるんですが、例えば日体大出身の北川浩さんなんかは陸軍特別操縦見習士官として戦中は福生の陸軍航空審査部に勤務、新司偵や3式・4式戦闘機のテストパイロットを務めていたそうです

戦後も全日本ハンドボールチームのヘッドコーチを務めるなど、日本ハンドボール界の発展に尽力されておられるんですが、残念ながら1964年の東京オリンピック大会では、ハンドボールは競技種目に入っていませんでしたり

従ってある意味今年は、日本の送球関係者にとっては、1940年に果たせなかった華の舞台がついに実現する年、ということにもなるんですかしら…

無題
Name名無し 20/01/16(木)04:40:19 No.1295746
https://cgi.2chan.net/f/src/1579117219870.jpg
映画『バトルシップ』の冒頭にもあった
リムパックでの親善サッカー

無題
Name名無し 20/01/16(木)10:58:03 No.1295756
「サッカー戦争」とかもあったよね
戦争の原因にされるくらい、メジャーなスポーツ!ていうわけか・・・

無題
Name名無し 20/01/16(木)12:10:55 No.1295759
1579144255017
第一次世界大戦の初期には、「クリスマス休戦」が行われる余裕がまだあり、敵対する両軍兵士が塹壕から出てきてサッカーの試合なども行われていたそうです

もっとも、そんな光景が見られたのも最初の一年のみで、その後は司令部によって禁止されてしまったそうですが…

無題
Name名無し 20/01/16(木)17:59:35 No.1295778
日本ニュースを見た記憶では剣道的な試合をしていたような
竹刀を失った後は取っ組み合いに

これもスポーツなのかな

無題
Name名無し 20/01/16(木)23:04:35 No.1295802
>日本ニュースを見た記憶では剣道的な試合をしていたような
>竹刀を失った後は取っ組み合いに
銃剣術かな?
防具は剣道と一緒だったし得物の長さも変わらないぐらいで
格闘に入れたみたいだし

無題
Name名無し 20/01/16(木)23:47:19 No.1295806
https://cgi.2chan.net/f/src/1579186039815.jpg
いまでも自衛隊ではやってますね銃剣道。
銃剣自体はどこの軍隊でも持ってるだろうけど、スポーツに昇華させたのは日本ぐらいなのかしら?

無題
Name名無し 20/01/17(金)21:43:10 No.1295867
>いまでも自衛隊ではやってますね銃剣道。
すこし前に学校の体育に採用できるようにっていう復古の動きがあったな
仔細は失念したので間違いがあるかもだけど

無題
Name名無し 20/01/17(金)22:35:43 No.1295881
>仔細は失念したので間違いがあるかもだけど
柔(道)・剣道→柔剣道→銃剣道
の伝言リレー誤字だったらしい

無題
Name名無し 20/01/17(金)09:27:38 No.1295822
アメリカ陸軍は何年か前に銃剣の訓練を廃止して代わりに手に持ってのナイフ術の方にシフトしたね

無題
Name名無し 20/01/17(金)17:10:51 No.1295833
陸自の銃剣術も米式の台尻と銃剣使った棒術だし
「銃剣道」は昔ながらの一種の短槍術

無題
Name名無し 20/01/17(金)18:50:03 No.1295839
1579254603017
IJNの陸攻搭乗員だった小林孝祐さんという方の手記に、水兵サンとして戦艦「山城」に乗り組こんでいた時期の話が有るんですが、曰く

「『武技、遊技許す』というのは、海軍の正式な号令のひとつである。半舷上陸で、船内が静かになった昼食後、平時のこととて、『武技、遊技許す』という号令がかかる。すると、思い思いに(略)碁、将棋、レコード鑑賞をはじめ、角力、柔道、剣道、銃剣術などなど武技百般。さすがにマージャンはなかった」

「『山城』の前甲板は広い。が、この号令がかかると、急に狭くなる。各技に部があり、所属しているものを部員という。全艦同好の士が集まる、いまの学校のクラブ活動のようなものである」

「軍艦上の武技は、なんといっても銃剣術が主役だった」

無題
Name名無し 20/01/17(金)18:52:01 No.1295840
1579254721668
「というのは、下士官兵はおおむね小学校卒であるから、剣道など、よほど好きなものでないと好まない。というより素養がない。まして剣道は当時の中学で相当ならしたものでないと自信がないから、部員の数はあまり多くない」

「ところが、銃剣術は、主計も看護も、みんな義務(?)でやらされたから、量的には多く、いわば全艦同好者であったようだ。なかでも部員として仲間入りするものは、ほかに取り柄のないやつとか、好きで好きで仕方がないというやつだから、熱が入り、技も高度なものとなる」

「『ヤーッ』『オーッ』と事業服のまま稽古にはげむ。砲術学校の張り切り下士官、なかには腕自慢の兵曹長、海兵出の若い士官も仲間入りする。こうして各技部員は、他艦との親善試合に焦点を合わせて訓練する」

「各技の腕自慢には、鎮守府認定の段、級があった。4、5段という猛者が10人くらいはいた」

無題
Name名無し 20/01/17(金)18:53:46 No.1295841
1579254826312
「今日はのどかな船上で、剣道部と銃剣道部の申し合いがあるというので、前甲板は黒山の人である。『お願いします』『こちらこそ、お願いします』武技中に階級はない。下士官対兵、士官対兵でも、日本古来の武道様式、礼にはじまり、礼に終わる。剣道部はケイ古着、袴で正装している」

「両舷のハンドレールに制約された甲板道場は邪魔ものが多い。その間をとりながら右へ、左へ、小次郎、武蔵の争い。剣道4段、銃剣道4段などの高段者の試合になると、ヘッポコには理解できないかけひき、つまり剣光の妙がある」
「ともあれ、軍艦上の武技も、人殺しのための修練ではなく、己れと戦うためのひとつの手段であったと、あらためて感慨を新たにしている昨今である」

…とのこと
兵隊さんが銃剣術は「人殺しのためでなかった」というのは、ちょっと矛盾しているようですけれども、当人にとって「スポーツ」だったのなら、ごく自然な感覚だったんでしょうねえ

無題
Name名無し 20/01/18(土)23:20:18 No.1295963
>今のアメリカ軍隊に銃剣有るの?
海兵隊にはあるよ
How Marine Recruits Are Trained To Fight With Bayonets
https://www.youtube.com/watch?v=Y5Xv3x45Tlk

無題
Name名無し 20/01/18(土)23:26:20 No.1295964
>ゲームっぽいけどどういう状況?
ファルージャの戦いの写真
多分不意に至近距離で敵と遭遇する事を想定して着剣してる

https://www.reddit.com/r/MilitaryPorn/comments/8ltv2c/fix_bayonets_us_marine_attaches_a_bayonet_to_his/

無題
Name名無し 20/01/19(日)00:10:49 No.1295967
>ファルージャの戦いの写真
>多分不意に至近距離で敵と遭遇する事を想定して着剣してる
36コマンドと共同で掃討した海兵はこの頃にはもうオンタリオの新型銃剣なのか…
陸軍と空軍はPASGT&TLBVとM16A2の一揃いと同時期に採用されたフロビスのをまだ使ってるのに

無題
Name名無し 20/01/19(日)00:24:04 No.1295972
路地裏、船内みたいな所は有効かもな

コンクリートみたいな所へ銃芯コンと当たっただけでも曲がるのでは?
0.1mm曲がっただけでその銃は使えない

無題
Name名無し 20/01/19(日)01:02:26 No.1295976
確かに固いものにむやみやたらとぶつけて良いものでは無いし銃剣刺突自体が銃にとって優しくは無いだろうな
最も言ってしまえば撃つこと自体が銃にとって優しくは無いのだが

無題
Name名無し 20/01/19(日)01:18:26 No.1295978
そもそも銃剣を使わざるを得ない状況だと銃の心配してたら自分が殺されかねないから
距離をとって撃てればそれが良いんだろうけど

無題
Name名無し 20/01/19(日)05:52:35 No.1295988
銃剣の訓練に意味がないとは全く思わないけど
銃剣道自体には個人的に精神鍛錬以上の意味があるとはあんまり思えない

というのも個人的に見かけは似たような手技を使う槍術を少し習ってた事があるけど
同じ槍でも長さが10cm程度違うだけでも間合いも取り回しも攻め方も全く変わってくるし
似たような長さのものでも、なぎなたみたいな反りのあるなしや
握りの取りやすの違いがあるとなればそれこそ別物
銃剣なんてのはいわば装備の違いで長さも有効な間合いも技も全く違うものなんだから
銃剣道の規格と着剣89式では同じ間合いで戦えないし、上の人たちも述べてるとおり、材質で使える技の範囲は全く違う
槍武術ですら茎の形ひとつとっても技の有効性に影響するし気を遣うわけだから
着剣装置との接続位置や方法の違いも銃剣なら尚更だと思う

でもまぁ、自衛隊の中でも銃剣の訓練は着剣訓練が主という考えだよね流石に
個人的には全く違う得物同士での教練もやっててほしいけど

無題
Name名無し 20/01/19(日)17:10:07 No.1296040
https://cgi.2chan.net/f/src/1579421407591.jpg
>銃剣道の規格と着剣89式では同じ間合いで戦えないし
36普連なんかじゃ格闘訓練の補完を目的に、木銃を着剣した89式の長さにしたり、握り方や突き方の制約を廃止したハチモク銃剣道なんてのもあるらしい
やり方を工夫すれば銃剣道も精神的な鍛錬だけでなく部分的とは言え実戦的な技術の習得にも役立つかも?

>個人的には全く違う得物同士での教練もやっててほしいけど
異なる武器同士の訓練みたいなのは以前からあったようだけど
新格闘導入後はそういった訓練をしばしば見るようになった気がする

無題
Name名無し 20/01/19(日)05:58:50 No.1295989
純粋にそのままでは戦闘技術としては使えないから
だからこそスポーツとして薦めたところもあるんだよね?多分

無題
Name名無し 20/01/19(日)06:19:29 No.1295990
外野で言われてる自衛隊は実戦での銃剣っていうものを訓練時間的にも重視してないから大丈夫だよ
そもそも銃剣道に至っては案外後方部隊の人の方が強いから

無題
Name名無し 20/01/19(日)07:34:32 No.1295993
精神鍛錬、身体鍛錬だけでも無意味ではないよな。

銃剣術やっててもやってなくても銃は撃てる。

ならばこそ、兵士一人一人で見れば、実戦での行動の選択肢がその分わずかでも拡がるから、自信や覚悟みたいなのも含めてむしろ必要じゃないかな。
軍隊全体でのそういう部分の集積は士気などに目に見えない形で影響してるかも。

すでに例も出てる米海兵隊や、有名どころだとアフガンで銃剣突撃した英軍など、実際に戦場で「着剣!」の号令がかかった状況下に置かれたら尚更だと思う。

無題
Name名無し 20/01/19(日)15:22:13 No.1296032
>精神鍛錬、身体鍛錬だけでも無意味ではないよな
当然無意味ではないんだけど
咄嗟の時に体が覚えてる方の動きをしては転がされてきた経験をして来た身としては
実戦で使う技術と変に型が近い場合もある武道で鍛練をやっていては
そういう部分に頼りたくなってしまう部分もあるだろうなと
純粋に訓練で鍛練できるのが変な癖もつかない一番だと思ってしまった

それこそ実戦での安心感が生まれるのも実戦に近い訓練で行ってこそだと個人的には思うから

無題
Name名無し 20/01/19(日)07:48:34 No.1295994
そういえば、ペリリュー島で軽機の銃手だった人の回想で「軽機にも銃剣が付くので当然着剣した」とあったな。
突撃の号令があると一緒に突撃したが、流石に本人の記述でも敵は軽機で撃ってた。
「突撃する度に味方の数が半分に減った」ともあったな。

あれば使うし、心構えにも影響するんだろう。
流石に現代の自衛隊の機関銃には銃剣付かないが(ん? もしかして付いたりする? 教えて自衛官!)。

無題
Name名無し 20/01/19(日)12:23:36 No.1296010
1579404216227
明治9年生まれのIJNの軍人さんで、南郷次郎さんという方がいらっしゃられまして、所謂「水雷屋」として日清・日露・WW1の三つの戦争に参加された歴戦の勇士なんですが、氏の叔父にあたるのが初代講道館館長の嘉納治五郎さんで、そんな縁から明治15年には講道館に入門、幼少期から修業に励む毎日であったそうです

そんなわけで明治35年、軍艦「比叡」に乗組んでオーストラリアのメルボルンに寄港した際には、親善会の一環として市の議事堂で柔道の実演役を務め、小柄な体で地元の大男を投げ飛ばして見せ、見事「ジュードー」の名を一躍高からしめた、なんてエピソードの持ち主でもあったんですとか

実際、大正13年に海軍少将で予備役に編入されたあとには、叔父の後を継いで2代目の講道館館長となっておられますので、ワザマエはタツジンの域に達していたようです

無題
Name名無し 20/01/19(日)12:25:38 No.1296011
1579404338917
そんな次郎さんが明治39年、江田島の兵学校勤務時代に長男茂章さんが産まれ、その後転勤に伴い親子は東京の青山南町に移り住むんですが、小柄ながら運動神経のよい長男に、ぜひ日本武道を仕込みたいと考えた父次郎さんが相談したのが、当時赤坂溜池にドージョーを開いていた富田常次郎さんであったんですとか

富田氏は講道館及び嘉納治五郎氏の最初期の門弟の一人にして、後に講道館四天王に数えられる柔道家であり、その道場に通うことになった茂章氏は身体・技術ともますます鍛えられ、中学校の頃には柔道だけでなく、剣道、馬術、水泳(古式水泳も含む)、スキーなど何でもこなす万能選手であったそうです

茂章氏は後にIJNの名戦闘機パイロットとして、海軍航空界にその人あり!…と謳われるまでになるんですが、その下地を作ったのは、「ジュードー」を含むこうした幼少期からのスポーツ経験だったかも知れませんですねえ

無題
Name名無し 20/01/19(日)12:26:43 No.1296012
1579404403582
因みに、ちょっと面白いところでは、茂章さんは昭和10年、英国大使館附武官・兼海軍航空本部造兵監督官に補せられ、ロンドンに赴任、以後約2年間、当時の英国大使吉田茂氏の下で活動、欧州の航空事情や技術導入等に多大な貢献をされているそうなんですが、この間すばらしい上達ぶりをみせたのが「ゴルフ」だったそうです

運動神経抜群、身体能力も上々とあれば、何をはじめても上手く行きそうではありますけれども、先述の加藤陸軍少将と同様、やはりパイロットだけに、スティックならぬクラブを握っての操作なら、お手の物だったんでしょうか…w

無題
Name名無し 20/01/19(日)13:20:31 No.1296018
明治に比叡?と思って調べたらコルベットがあったのね
最大速力13ノットとか色々驚きが…

無題
Name名無し 20/01/19(日)15:52:16 No.1296033
俺らになじみのある艦の方が、実際は明治のころ就役した艦の2代目3代目っていうのは艦船あるあるだからね
柔道で外人を投げ飛ばすのは、「坂の上の雲」でもあったけど、日本人の海外進出と
柔道の世界への普及は考えたらリンクしているわけだもんね

無題
Name名無し 20/01/19(日)21:19:13 No.1296065
https://cgi.2chan.net/f/src/1579436353677.jpg
南郷次郎さんの弟の三郎氏は、軍人ではなく実業家として大成しておられるんですが、やはり幼少の頃から柔道の修行に励んで、高等商業学校(後の一橋大学)在学中には柔道部を設立するなど熱心な活動ぶりであったものの、大正7年(1918年)にアキレス腱断裂の大けが
その後、知人に勧められリハビリを兼ねて「ゴルフ」を始めたところ大ハマり、後には数々のゴルフクラブの創設に関わるとともに、日本ゴルフ協会(JGA)設立にも深く関わるなど、日本のゴルフ普及に大きく貢献されているそうです
ゴルフと柔道に、相性の良い家系であったというわけなんでしょうか…w

そんな三郎氏の末子で、大正4年(1915年)生まれの南郷茂宏さんも、やはり戦前から活躍されたアマチュアゴルファーだったそうなんですが、この方が戦前日本のゴルフ事情について語られている所に依ると

「1934年、年号で言うと昭和9年ごろ、日本の軍部が中国大陸と朝鮮半島にたくさんのゴルフ場を建設した話、ご存じでしたか?」

無題
Name名無し 20/01/19(日)21:19:41 No.1296066
「設計、施工共に日本人、プレイヤーも大半が日本でした。当時は『ゴルフによる中国侵攻作戦』と呼んだものです」

「台湾には淡水ゴルフリンクス、高雄ゴルフコース(略)朝鮮半島には京城ゴルフコース(略)満州の大連には星ヶ浦ゴルフコース(略)一種の国策として雨後のタケノコの如くコースが作られたのです」

「当時は皇族と貴族が相次いで現地激励に訪れたこともあって、ゴルフは接待に必要不可欠でした」

「昭和天皇、朝香宮、久邇宮がゴルフ好きとして有名でした。貴族階級に至ってはゴルフをしない人を探すのが大変なほどです。たとえば三井家、鍋島家、徳川家、相馬家、鳩山家、加賀家など、ほとんどの上流階級がゴルフによって固く結ばれていた時代でした」

無題
Name名無し 20/01/19(日)21:20:25 No.1296067
1579436425110
「1927年から1936年までの10年間こそ、わが国のゴルフ界の第1期黄金時代と位置づけて間違いないと思います。当時のこと、中産階級は上流階級の真似をする。猫も杓子もゴルフ、ゴルフ、ゴルフの時代でした」

…んですとか

因みに茂宏氏は戦中は川崎航空機に勤務されておりまして、有名な「飛燕」装備の調布の飛行第244戦隊とも交流があり、同戦隊で愛唱された「飛燕戦闘機隊隊歌」や「ツバクロ音頭」の作詞を担当されたりもしているそうです

ともあれ、加藤氏や南郷茂章氏といった陸海の名パイロットさんたちが、ゴルフクラブを握るきっかけが産まれたのも、そうした時代背景あってのことだったんですかしら…

無題
Name名無し 20/01/21(火)11:28:37 No.1296151
>昭和天皇、朝香宮、久邇宮がゴルフ好きとして有名でした。
昭和天皇はゴルフをあまり嗜まなかったという話も聞いたなぁ
皇居に作られたゴルフコース(パター用)もほとんど使うことなく、草が伸び放題で、見かねた侍従が「雑草を刈って綺麗しましょう」と提案したが
そこで出たのが「雑草という名前の草はない」という有名な言葉だったという話

無題
Name名無し 20/01/21(火)12:54:26 No.1296152
ゴルフって社交でやってる奴が多いんじゃね
麻雀と一緒で昔やってたけど今はあんまりやってない層が殆どだろ

無題
Name名無し 20/01/20(月)09:19:02 No.1296089
https://cgi.2chan.net/f/src/1579479542624.jpg
スポーツの政治利用、というとやはりナチス・ドイツ政権下で開かれた1936年のベルリンオリンピックですかね

ドイツの国威発揚を目的に大々的な演出と宣伝が行われましたが、おかげで同オリンピックの記録映画「オリンピア」などは、映像美的には当時から素晴らしい評価を受けたものの、後年は作品・監督ともにナチス協力の汚名を着せられて賛否両論に振り回されることに…

無題
Name名無し 20/01/20(月)13:16:17 No.1296097
軍とゴルフってえと、昔この板で読んだ話で、
(1)アフリカの小国、空軍基地の隣の草地でゴルフ練習する男
(2)打ち損じた玉が野鳥を直撃
(3)パニック状態の鳥が基地に乱入、タキシング中の戦闘機のコクピットに
(4)視界をふさがれたパイロット、操作を誤り待機中の機体の中に突っ込む
(5)連鎖爆発で空軍戦力全滅!
って話を思い出す
これって本当にあった話なのかな・・・ちょっと出来過ぎてる気がするけど

無題
Name名無し 20/01/20(月)22:44:32 No.1296121
確か何かの映画かCMフィルムが出典みたいな検証があったなあ

無題
Name名無し 20/01/21(火)19:00:59 No.1296157
昭和天皇時代の宮内大臣を勤めた牧野伸顕さんの当時の日記に、氏が昭和天皇から聞いた「ゴルフ観」についての記述が有るんですが、曰く

「(昭和天皇の)ご談話中、ゴルフは運動として最も適当なり、心を鎮め、精神を纏め、禅に虚無という言葉ありと聞く、その意味に近きものかと考えるとのご感想承」

…ったそうです
皇太子時代から始めたゴルフについての、昭和天皇の素直なお気持ちが窺われる感じですねえ

因みに皇居内、半蔵門を入ってすぐのあたりに存在していた「吹上御苑」ゴルフコースは、ちょうど昭和天皇が即位して皇居に移られたころから造成が始まり、もっとも拡張されていた時期で9ホール、パー30という規模であったそうです

無題
Name名無し 20/01/21(火)19:04:13 No.1296158
https://cgi.2chan.net/f/src/1579601053176.jpg
パー4が3ホール、パー3が6ホール程度の可愛らしいゴルフ場であったようなんですが、それでも拡張工事が終了した1931には、当時の侍従次長河合弥八さんの日記によれば

「9月12日(土)吹上御苑内ゴルフ場拡張につき、開場式を兼ね、側近のトーナメントを行なわしめられ、両陛下にもご参加あらせらる」

…などと、忙しい公務の間でももっとも身近なゴルフ場として、昭和天皇、良子皇后の両者に親しまれたそうです(因みにこの大会で昭和天皇は2位)

その後も「天皇の運動は月水金がゴルフ、火木土が乗馬(河合氏)」であったものの、やがて折から悪化していく国際情勢の中で次第に陛下のプレー頻度も減っていかれたそうで、吹上コースを廻ったのは記録としては昭和12年頃が最後、更に昭和16年頃から1番・5番ホール一帯に「大本営付属室」、4番グリーン付近に「お文庫(吹上御所)」といった、空襲に備えたコンクリート屋根の施設が建築されて、かつての面影は完全に姿を消してしまったんですとか

無題
Name名無し 20/01/21(火)19:07:31 No.1296159
1579601251632
因みにミッドウェイ海戦で、ただ1隻残った空母「飛龍」艦上から指揮を執り奮戦した山口多聞さんは、戦前の1934年から、アメリカの日本大使館附海軍武官として勤務されておられるんですが、当時家族に送った手紙には

「ゴルフにも1週間に2度くらいは出かけます。2つばかりのゴルフクラブに入会しております。家で西洋人の御客をする時は、日本人の料理屋から日本食を取り寄せてやります。先日もアメリカ海軍士官数名を招いてスキヤキをやりました。大喜びでした」

…なんてあったりします
いかにも自他ともに認める健啖家でスポーツマンらしい、山口中将の人柄が伝わってくる内容ではあるんですがw
当時の氏の主任務は米海軍の内実についての情報収集、従ってこうした日米交流や人脈造りもその活動の一環であったはずで、毎週ゴルフ三昧の一見羨ましい生活とは言え、仕事のうちだったのかと思うと、果してホントに心から楽しめたのか、ちょっと心配になってしまいます…w

無題
Name名無し 20/01/23(木)00:14:52 No.1296220
1579706092614
沢村栄治
日本球界の伝説的大投手

1934年、来日したアメリカ大リーグ選抜チームとの交流戦で、連日大差で日本チームが敗北する中、ただ1試合のみ、若干18歳の沢村投手の好投で0対1の惜敗にベーブ・ルースなど、大リーグを代表する強打者を次々に三振に取る姿に日本中が熱狂
その後日本のプロ野球界でもいくつも記録を立てながら、やがて徴兵され日中戦争に従軍
持ち前の強肩で手りゅう弾投擲役として戦場でも活躍しますが、度重なる召集で選手寿命を縮め引退、最後はフィリピンに向かう輸送船が潜水艦に撃沈され戦死という悲劇のヒーローとして有名です

戦争が無ければ、日本人初のメジャーリーガーになっていたかもしれないですね…

無題
Name名無し 20/01/23(木)13:19:33 No.1296231
大リーグも戦争中は選手が兵隊に取られて休止状態だったのよね
んで代わりに女性選手がプレーする女子野球リーグなんかが開催されたり
それを題材にした「プリティ・リーグ」なんて映画が昔あったんだけど、今の若い子は知らないじゃろうなあ
引用元:https://cgi.2chan.net/f/res/1295556.htm

ロシア式軍隊格闘術 システマ入門 VOL.1エクササイズ編 [DVD]
BABジャパン (2010-06-30)
売り上げランキング: 66,267