無題Name名無し19/12/08(日)22:38:51 No.1292614

1575812331448
あなたが連合艦隊司令長官なら、真珠湾攻撃をしますか?

それとも、漸減邀撃作戦をしますか?
真珠湾攻撃隊隊員列伝―指揮官と参加搭乗員の航跡
吉良 敢 吉野 泰貴
大日本絵画
売り上げランキング: 575,879

無題
Name名無し 19/12/08(日)23:12:07 No.1292618
フィリピン沖にアメリカ戦艦部隊が出撃したところを陸上航空機隊と機動部隊航空隊で完全勝利を狙う
アメリカ戦艦を全艦沈めてもアメリカが講和に乗らなかったらハルノート呑むしかないけど初戦で戦艦を全部沈めたらさてどうでるかな?

無題
Name名無し 19/12/08(日)23:17:04 No.1292621
アメリカを徹底的に無視して石油のある蘭印だけ侵攻した場合、アメリカはどんな手を使ってくるかな。
いくら米国のアジア利益と衝突しているとはいえ、当時の世論的に米国からの宣戦布告はハードル高かろうに。

無題
Name名無し 19/12/08(日)23:26:01 No.1292626
>アメリカを徹底的に無視して石油のある蘭印だけ侵攻した場合、アメリカはどんな手を使ってくるかな。
日本軍主力が上陸を始めた段階で宣戦布告してフィリピンから日本の横腹を突くんじゃあないかな
アメリカ市民はなんだかんだ正義大好きだから大義名分たてば宣戦布告は躊躇しないだろうと思う

無題
Name名無し 19/12/08(日)23:24:28 No.1292625
>あなたが連合艦隊司令長官なら、
決定権はその上の方だと思う

無題
Name名無し 19/12/09(月)06:54:36 No.1292640
>決定権はその上の方だと思う
軍令部はGFの作戦追認するだけで何のためにあるのかよくわからない機関と化しつつあった

無題
Name名無し 19/12/08(日)23:56:40 No.1292627
フィリピン強化するだけでいつでも日本の首根っこ締められるという
米側のあまりにも明解な戦略的勝利条件ころがってる以上無視して蘭印攻略は厳しいな
パレンバンもそうだがすでに米系石油資本が入りこんでる油田も多いし

放棄されてた太平洋艦隊の比島突破策が大義名分とともに復活して
艦隊・兵員・重爆含む航空機が次々とフィリピンに進出してくるだろう
豪北やラバウルに経由基地を建設しながら

無題
Name名無し 19/12/09(月)09:33:43 No.1292644
これは難題だなぁ
開戦時期は艦隊整備状況からして、1941かそれより半年前だから、航空攻撃の有効性は確立してないだろうなぁ。
ということで主力は戦艦なら、真珠湾で相手主力を叩いておきたいが、対米戦回避の方針ならフィリピンを封鎖する必要がある。しかし、フィリピンを拗らせると自動的に対米戦となる。なら初手に戻って真珠湾となる。
つまり負けルート。
巻き戻すなら革命覚悟で、ハルノートを満州確保の解釈で中国から撤退だろうな。ついでに満鉄経営にロックフェラーでも呼び込めば一蓮托生にできるし、対ロけん制にもなる。

無題
Name名無し 19/12/09(月)09:43:33 No.1292645
連合艦隊は、漸減邀撃作戦を目標に整備されてたからな
俺なら漸減邀撃作戦にしちゃうかもしれない。

無題
Name名無し 19/12/09(月)10:57:43 No.1292648
日本としては1943年までに講和するしかないけどアメリカ自体が1943年以降でしか本格反撃してこず、反撃がないかぎり漸減できない

当時の連合艦隊司令部自体がアメリカが艦隊が拮抗している戦力程度では漸減に付き合わないと予測している
アメリカは防備を固めて戦力が整ってからの一斉反抗、艦隊が整うまでは主敵であるドイツ戦線を落ち着かせる、ってのもアメリカの方針だし

戦闘がうまくいくかどうかどころかアメリカが付き合ってくれない確率が高すぎる机上の空論

無題
Name名無し 19/12/09(月)12:23:06 No.1292656
>戦闘がうまくいくかどうかどころかアメリカが付き合ってくれない確率が高すぎる机上の空論
堀元美さんだったか
戦争の要諦「InitiativeとConcentration」を「先制と集中」と訳していたことを批判してたな
先制というと機先を制して敵の出鼻をくじく程度の意味になってしまうが
Initiativeは戦争という大芝居をこちらの筋書きで引きずっていこうということだ、と

無題
Name名無し 19/12/09(月)15:44:53 No.1292671
僕なら真珠湾攻撃を失敗させて
軍を調子乗らせずに早期にアメリカと講話を結ぶ方向に持っていく
だめだこりゃとなればよい

無題
Name名無し 19/12/09(月)16:55:58 No.1292676
五月雨式だろうとぶつければぶつけたぶん敵戦力も削れていく
という計算や期待が漸減邀撃構想にあっただろうけども
戦争終盤の巨大化した米機動部隊に対する日本側の襲撃が防御スクリーンもろくに破れなかったってのが現実だろうね

小滑走路1本敷くのがやっとという島嶼ばかりじゃ索敵の拠点にしかならん

無題
Name名無し 19/12/09(月)20:03:47 No.1292687
https://cgi.2chan.net/f/src/1575889427817.jpg
B-17がフィリピンにいられると沖縄本島まで爆撃圏内に収められてしまう
台湾だと満載時でも届いてしまうし先制するなら史実同様ここは最優先にせざるを得ない

無題
Name名無し 19/12/09(月)22:24:16 No.1292702
インドシナ、比島、サイパンとかほとんど全部が最優先
で本当に悩ましいところを
真珠湾なんて事やったGFはすごいとしか言えない
第二段階以降のぐだぐだはともかく、珊瑚海までの戦いは見事だったなあ

無題
Name名無し 19/12/09(月)23:25:22 No.1292705
>あなたが連合艦隊司令長官なら、真珠湾攻撃をしますか?
>それとも、漸減邀撃作戦をしますか?


理由をつけて開戦を半年引き延ばす。

そうしているうちにドイツがソ連に勝てないことが分かって
指導部の戦争をやる気がなくなるだろう。

無題
Name名無し 19/12/10(火)02:57:21 No.1292713
真珠湾で空母撃沈して戦艦生きてるパターンがあると面白いかも

無題
Name名無し 19/12/10(火)11:53:09 No.1292732
南方進出できない場合は石油の備蓄がなくなる1942年以降はまともな産業維持が厳しいのでそれまでに核開発+初期の唯一の現実的な投射手段大型爆撃機の開発が必要でその発進基地の確保も必要
ロケットの投射手段開発はドイツ科学者拡散してからでないと期待できず
核は威力がでかいだけの爆弾くらいの認識なので抑止力は存在せず、純粋に生産力での打ち合いに
一発でもアメリカの都市に当てたら講和できる、って見込みは希望的観測にすぎず、そんなに脆弱な弱腰国家はほぼ今まで存在せず止まらないでしょうね(どちらかの核の生産基盤の完全な破壊まで

史実はもっと悲惨な末路がありそうな中、よくやったほうでないかなとも思える

無題
Name名無し 19/12/10(火)11:59:13 No.1292733
仮にうまいこと開戦を回避したとして、アメリカの庇護なしに、冷戦生き残れるんだろうか?

無題
Name名無し 19/12/10(火)16:36:53 No.1292748
>仮にうまいこと開戦を回避したとして、アメリカの庇護なしに、冷戦生き残れるんだろうか?
無理じゃない?欧州戦線は連合軍の勝利は確実で
その後ソ連は中国支援しつつ満州狙うし
米英仏豪は太平洋での開戦無しでダメージ受けずに睨み合いの上で
こちらはあぶれた兵士に足りない資源に遅れた技術から冷戦とか…
単純に軍備や経済で対抗できたとしても個人的には特に食糧生産の面で
60年代までに植民地を含めて絶対的な差が生まれて
(史実だと緑の革命と農畜水産業の工業化の時期)
精々ソ連みたくソ連ら共々内部崩壊するのがオチだと思う

無題
Name名無し 19/12/10(火)22:53:12 No.1292792
五航戦だけで真珠湾の地上目標(石油タンク等)だけを狙って奇襲。
オレンジプランに従って中部太平洋を狙って進撃する米艦隊の補給部隊を主に狙い撃ちし艦隊決戦に持ち込む。

無題
Name名無し 19/12/11(水)07:04:48 No.1292826
真珠湾攻撃の戦果で不満なのは戦艦部隊も修理すれば使える程度には残ってしまうことなんですよね
あとあと復活できるならそりゃあアメリカが講和に動く必要ないわなという
それならアメリカ戦艦空母が洋上にでているところを空母サイゴン台湾の航空隊で一網打尽出来そうなフィリピン決戦の方がアメリカの衝撃は大きいだろうと期待します

無題
Name名無し 19/12/12(木)02:37:52 No.1292939
洋上撃破といっても日本海海戦並の完全勝利前提という...
奇襲が決まった真珠湾と比べて正面衝突だとむしろIJNの被害が史実より早く甚大になって早期終戦になりそう

無題
Name名無し 19/12/12(木)09:42:46 No.1292980
ていうか
寧ろ真珠湾以降が問題で重要なんであってですね

無題
Name名無し 19/12/12(木)17:14:53 No.1293066
断固として開戦反対を主張、それも内々にではなく公然と大々的にやる
殺されるとかよく言われるが成功すればどんな開戦前提でのifより犠牲は少ない
ただ暗殺してもらえるならそれはそれで騒ぎになるからマシな方で
下手をうつと発狂したと判断され病院送り、長官病気交代となると粛々と開戦コースかも…

無題
Name名無し 19/12/13(金)01:09:47 No.1293144
どっちにしても詰んでるよw

無題
Name名無し 19/12/13(金)08:31:45 No.1293161
イギリスだけに正々堂々と宣戦布告しておっ始める
アメリカ抱き込まれて結局は敗戦でも、今の大統領にまでネチネチリメンバーパーとか言われるよりゃよっぽどマシ

無題
Name名無し 19/12/13(金)17:14:20 No.1293195
史実は漸減と艦隊決戦にかなりこだわったからね、漸減して大和含む主力艦隊で米艦隊を殲滅したい! 
これに対して米はできそこないでまともにつかいものにならないと日本側が考えていた軽空母の大量投入で活動を阻害させながら豊富な後方支援艦隊を生かしてゲリラ運用的な空母機動艦隊運用と潜水艦隊で日本側の基地の航空部隊は決戦する前に消耗全滅、補給艦、徴用した商船補給網もズタズタ、太平洋全域で逆に日本側が漸減させられる羽目になる

無題
Name名無し 19/12/13(金)20:51:58 No.1293209
そもそもだけどよくある仮想戦記みたいに
パナマ運河破壊するくらいボロ勝ちしない事には
アメリカに勝つ事自体が土台無理な話なんだよなぁ…
紺碧の艦隊みたいに超兵器量産出来なきゃ
どう戦略練った所で国力差が如何ともし難い
如何にアメリカと仲良く 他の国を一緒に侵略出来るかを考えるべきだったんだよ
それぐらいあの時代のアメリカは神様が悪ふざけでチート使ったんじゃないかってレベルで強い

無題
Name名無し 19/12/13(金)21:38:43 No.1293215
勢力図が変わってもアメリカに得がない以上は侵攻にアメリカの助力を求めるのは無理でしょ
むしろ蒋介石が諸葛孔明並の才能の持ち主で大陸から日本軍追い出すぐらい暴れまわったら勢力均衡のために数年早い日米同盟が実現したかも

無題
Name名無し 19/12/13(金)21:55:52 No.1293219
山本五十六さんの戦略って「アメリカ相手にまともに勝てるわけ無いやん!どうしてもやるならこの賭けで勝たないと無理だゾ」
ってのが上層部に「お、じゃあ"運が良くて頑張れば"いけるのか!頑張らせたろ!運は頑張りでカバーできるやろ!」と勘違いさせる隙になったのが要因だと思う。
山本さんよりも(戦争やるしかないじゃんなんとなく皆そういう空気だし)という空気が無能過ぎた。
どうして日露戦争を勝った事だけ覚えてポーツマス条約の経緯をさっぱり忘れてしまうん?

無題
Name名無し 19/12/13(金)23:37:01 No.1293234
負けても海外の領土を放棄すれば許してもらえるくらいの甘い認識だったんだろう。

日露戦争とか第一次大戦と同じようなものという認識。


実際は本土が占領されて陸海軍が解体されて天皇制が廃止される瀬戸際だった。

第二次大戦はそういうものだと理解していたら開戦しなかったかもな。

無題
Name名無し 19/12/16(月)00:12:14 No.1293344
>第二次大戦はそういうものだと理解していたら開戦しなかったかもな。
でも結果論だけど、共産化するよりはマシだったな。

無題
Name名無し 19/12/15(日)00:48:44 No.1293295
当時だと空母優勢なんてわからないから戦艦メインで空襲して様子を見るだろうね
所詮搦め手の奇襲としか考えないだろうし
ハルノートの時点でどのみち詰んでるからやるしかないでしょ

無題
Name名無し 19/12/15(日)00:48:54 No.1293296
https://cgi.2chan.net/f/src/1576338534931.jpg
> あなたが連合艦隊司令長官なら、真珠湾攻撃をしますか?
> それとも、漸減邀撃作戦をしますか?

みなさん、ゲームで試さないの ?
ウォーゲーム、政治要素が反映されることはほとんどないが
作戦立案の参考くらいにはなるだろう

無題
Name名無し 19/12/15(日)00:58:33 No.1293297
>作戦立案の参考くらいにはなるだろう
政治的要因はおいとくとして、連合国とアメリカ相手に戦争する場合、インドシナとハワイ攻撃以外に攻めるとこあるの?
引用元:https://cgi.2chan.net/f/res/1292614.htm