無題 Name 名無し 19/09/13(金)11:29:05  No.1284303

やっぱり食べたい! 自衛隊ごはん (イカロス・ムック)

http://cgi.2chan.net/f/src/1568341745503.jpg
陶製の代用缶詰の防衛食
意外や密封はしっかり機能してて
戦後も生産が再開されたんだとか
やっぱり食べたい! 自衛隊ごはん (イカロス・ムック)

イカロス出版 (2019-06-25)
売り上げランキング: 32,755

無題
Name 名無し 19/09/13(金)18:18:54  No.1284315
http://cgi.2chan.net/f/src/1568366334387.jpg
蓋裏にゴムを貼り付けて加熱・冷却で減圧して密封
蓋に釘で穴を開けるとプッチンプリンの要領で空気が入って開封
陶製手榴弾や陶貨は知ってたがこんなものもあったんだな

無題
Name 名無し 19/09/13(金)18:19:32  No.1284316
ゴムも貴重品の筈だがどう工面したのだろう
ざっと調べた限りでは出てこなかった

無題
Name 名無し 19/09/13(金)20:43:27  No.1284321     
ゴムじゃなくて薬品を浸した紙で作った代用パッキンだったようですけども
どういう薬品かはよくわからないです

無題
Name 名無し 19/09/19(木)19:53:54  No.1284897
http://cgi.2chan.net/f/src/1568890434062.jpg
>ゴムじゃなくて薬品を浸した紙で作った代用パッキンだったようですけども

そういう方法もあるんですね
植物油と硫黄から「ファクチス」という代用ゴムが造れるので
大量生産された陶製手榴弾の被膜や信管接着部のゴムにはこれが使われたのではないかと思われます

無題
Name 名無し 19/09/13(金)20:59:07  No.1284322      
和紙にコンニャク糊かな

無題
Name 名無し 19/09/13(金)21:03:13  No.1284323      
この入れ物カマド出版の本に載ってたな…
戦局悪化で金属資源の不足から名古屋の製陶企業が開発した物をまだ比較的石炭事情に恵まれてた有田の会社へ生産委託して普及を図ったみたいな説明があったように覚えてるけど、文末で入れて保存する肝心の食べ物が無かったみたいな残念な感じに書かれてたの覚えてる…

無題
Name 名無し 19/09/13(金)21:10:28  No.1284324      
東京の某軍装屋によく置いてありましたね
灰皿代わりに使われてました
骨董市とかにちょくちょく出てきます
そのまま残ってるのが多いので、やはり使われなかったんでしょうね

無題
Name 名無し 19/09/13(金)21:35:58  No.1284326      
陶器って細菌や酸素の侵入に対して密閉性完全かね?
原料の不均質とか炉内位置で個体差も出るだろうし

無題
Name 名無し 19/09/13(金)22:27:20  No.1284329      
所有者のブログ見ると内側の釉薬が省略されてる個体もあるようで
無釉だと水も染み込むから衛生上は不利にしかならなさそう

無題
Name 名無し 19/09/14(土)00:20:58  No.1284332      
相当数が作られたようで東海地方なら骨董市で今でもたまに見かけるですよ

無題
Name 名無し 19/09/14(土)02:11:40  No.1284337
昔、カレーの瓶詰めを作ろうとしたことがあるけど、殺菌のためにビンに詰めた後、1時間ぐらい煮沸が必要なのね
結局、ジップロックで冷凍庫いきになった
これを鍋に並べて、水を張って1時間煮沸、正直手間に見合わないでしょう

無題
Name 名無し 19/09/14(土)03:26:26  No.1284338      
上薬というのがガラス質なので亀裂が生じなければ機密も保たれると言う事でしょう
ゴムは廃タイヤから再生したとか?

無題
Name 名無し 19/09/14(土)14:50:51  No.1284349      
ゴムとか時期的には有り余ってた時もあったって聞いてるよ
戦略物資として占領地から持ってきたはいいけど加工できなくてダブらせてたと

無題
Name 名無し 19/09/14(土)16:01:27  No.1284350      
天然ゴムじゃ食品の封に使うには安定性あやしいし
硬化するとぷにぷにしたゴム触感になるなんらかのケミカルな糊では

無題
Name 名無し 19/09/15(日)13:06:12  No.1284433      
輸送中の衝撃でふたの気密とれそう

無題
Name 名無し 19/09/15(日)19:24:33  No.1284468      
今見たら光人社の「写真で見る海軍糧食史」の巻末の最後のページでも数行だけ言及されてますねコレ…
紙製代用缶詰と一緒に壷詰めって名称で昭和19年に陸海軍へ納入されたって触れられてますが
この民生とどこが違うのかとかどれだけの数が調達されたのかは書いてないですけど
官需ですからアジ暦とか国会図書館で調べたらこういうの数量の書類も出てくるかも知れませんね

引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1284303.htm

続・ミリメシおかわり!―兵士の給食・レーション 世界のミリメシを実食する
菊月 俊之 河村 喜代子
ワールドフォトプレス
売り上げランキング: 459,932