無題 Name 名無し 19/07/22(月)15:38:29  No.1280168

パンダホビー 1/35 アメリカ陸軍 M109A7 自走榴弾砲 w/金属履帯&フィギュア1体 プラモデル PNH35028

次世代型自走砲「ERCA」砲身の長さ9mで射程100km以上 

アメリカ陸軍の次世代型自走砲「ERCA」をBAEシステムズが受注 2019/07/15 
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0719/oks_190719_4515910991.html

1 ミラー 2019-07-25 20:10:31 

レーザー誘導砲弾なら米軍が冷戦期に開発するも、結局定着しなかった記憶があるなぁ。米陸軍次世代型長射程自走砲ERCAの試作をBAEシステムズが受注


7 名無しさん 2019-07-25 23:39:21 

>>1
レーザー誘導砲弾とドローンによるレーザー照射を組み合わせれば、GPS誘導砲弾バンバン撃ち込むよりずっと安く出来るんじゃね?
まあロケット弾と比べて発射時に掛かるGが2、3桁は違うから砲弾に精密機器内蔵ってかなり無理してるんだろうけどな。VT信管もロケット弾に使えばもっと早期に実用化できただろ。


12 ミラー 2019-07-26 07:21:15 

>>7
ドローンの制御にGPS使いますし、GPSがダメな電子戦環境ではドローンが機能するとは思えないので、厳しいと思うのです。

VT信管もロケット弾なら耐G性の面から、確かに早く出来たかもですが、それをやる魅力が・・・
ちょっと記憶が曖昧ですが、電波を前方180度に発信する為に、砲弾の回転そのものも利用していなかったでしょうか?(自転を利用して発信アンテナを固定しても、電波が上下左右発信される様になってたような)


21 名無しさん 2019-07-27 02:52:28 

>>1
レーザー誘導砲弾ならロシアが結構使ってるな。
ドンと音がして、いつもの嫌がらせで当たりっこないって距離から狙撃されるようなもん……。


2 名無しさん 2019-07-25 20:27:26 

製造コストもだけど、一発当たりのパフォーマンスが上がれば戦闘一回当たりの消費弾薬が抑えられて輸送コスト下げられるし、仮に通常砲弾と同じだけ前線に輸送できたなら実質的に火力の劇的な向上につながる…かもしれない


3 名無しの新兵 2019-07-25 20:59:48 

物の保ちがいいですねぇ....機関銃と爆撃機と小銃と自走砲と戦車は20年後も同じのを使っていそう


4 名無しさん 2019-07-25 22:29:37 

最も効率的な軍事組織こそ最も近代的な軍事組織とは良く言ったもんですなぁ。
軍事はどうしても企業体と直接比較するのが難しい分野ではあるけども、より優れた組織にするならばやはり経済同様に効率化は免れないね。

効率化は単純な金額換算での費用対効果だけでなくマンパワー、時間、組織的な意味においても大きな効果があるもんです。
ただしそれがどれだけ戦略的に効果があっても戦場の霧は晴れないものなので、やはりある程度のコストを支払っても冗長性は確保したいのが難しい所。


5 誤字 2019-07-25 22:36:10

砲兵はとにかく多数の砲弾を撃ち込んで面制圧を行うのも重要な任務だから、お高い誘導砲弾で面制圧は厳しそう・・・
砲兵の役割的に10倍の値段の砲弾を1発よりも10発撃って面制圧をした方がええってことは多そう。

その上で精密な攻撃が必要なら、妨害に弱いGPS砲弾よりも飛行機からレーザーなり慣性誘導なりの精密誘導爆弾を投下した方がトータルで見て使いやすいってことはありそう。

あとはM109の特殊な事情として、世界展開する米軍だから空輸する為に20トン台という諸外国の自走砲の半分程度の超軽量が必要とされ、M109の時点ですでにカツカツに切り詰めてあるので今更新型を作っても大して変わらないか、クルセイダーにみたいに重量にケチつけられるようになるかのどっちかだろうよ・・・


10 名無しさん 2019-07-26 04:40:25 

>>5
使い分ければいい単純な話。


14 名無しさん 2019-07-26 17:50:41

>>5
クルセイダーのポシャった理由が非対称戦に合わないってあったけど生まれるのがもう少し遅かったらな感が半端ない


6 名無しのミリヲタ(ズブロッカ美味しいワニ) 2019-07-25 22:48:26

現代の砲兵を語るのなら砲や砲弾だけでなく、「Field artillery C2 systems」とか「Advanced Field Artillery Tactical Data System」にも目を向けた方がいいと思うワニ。


8 名無しさん 2019-07-26 00:14:17

この手の誘導砲弾って、市街地に展開した歩兵部隊の要請で
町外れの郊外に陣取った砲兵隊からピンポイントで
敵の立て籠もる建物吹っ飛ばすっていう
今までペイブウェィやJDAMでやってた航空支援を代わりに(しかも安価でより即応性ある)するもんでしょ
だからあんまり面制圧とかどうでもいいのよね


9 名無しさん 2019-07-26 00:37:00

目標破壊に数十発使用するコストと、数発で済まさられるコストは直接的な砲弾のコストだけではなく、輸送するためのコスト削減につながるからな
人件費、燃料費等全てを勘案したら使っていけば安いんじゃないかな


11 名無しさん 2019-07-26 07:01:28

日本と違って陸上兵器がアップデートされ続けるのは、予算の都合上とどこかで聞いたような気がする。

しかし、ラムジェット砲弾かぁ……もう半分ミサイルだよな
これで更に誘導装置のコストが下がるなら、いっそのこと迫撃砲みたいにポンポン撃って、簡易発射台よろしく活用したほうが良いのでは無いだろうか?(錯乱)


15 名無しさん 2019-07-26 18:17:30 

>>11
ラムジェット砲弾はナチスドイツが高射砲用に手を付けてたけど、加工コストが上がる割に炸薬量少なすぎてボツとなったはず。
構造上の問題だから克服は難しそうだけどどうだろ。
飛距離増大より加速させて徹甲弾に使うほうが向いてる気がする。低圧砲から撃ててMBT抜けるラムジェットAPFSDSとかいう妄想


17 名無しさん 2019-07-26 21:31:56

>>15
LOSAT&CKEM「呼んだ?」


19 名無しさん 2019-07-26 22:35:43

>>17
成仏してどうぞ。
欲張り過ぎたんだ…


18 名無しさん 2019-07-26 22:27:24

>>15
恐らくなんだけどラムジェット砲弾経緯は、1.ミサイルで長射程を目的をしたラムジェットが用いられ始め、2.榴弾砲でもロケット推進のやつがあるので、3.だったら砲弾もラムジェットにしたらロケットよりも射程伸びんじゃね?、って理由で開発されていると個人的に思ってました。でも、
>構造上の問題
言われてみれば、確かに弾頭ちっさそうですね


13 名無しさん 2019-07-26 15:58:55

いよいよ新型かと思ったらM109A7の改良型なんだ……。


22 名無しさん 2019-07-27 04:54:52 

>>15
ラムジェット砲弾の研究は歴史があるからね。
旧ソ連では1976年にAPFSDSのラムジェット版、RAMJET ASSISTED APFSを試作してるし。米海軍でもファストホークと同時期の90年代に艦砲用のスクラムシェルを研究し、米陸軍もRAPの代わりに155mmのラムジェット射程延長弾を開発していた。
やっと実用的な弾が開発されたかな? でもコストとかCEP、弾頭威力(どうしても通常弾より炸薬が積めない)のハードルがクリアできているかは知らないw


16 名無しさん 2019-07-26 19:27:00 

8氏の触れてるとおり、アメリカ陸軍・海兵隊で求められる極めて迅速な火力支援を実現するための誘導砲弾なんですよね。

湾岸以降アメリカ軍の本領たる機動戦にせよ、非対称戦にせよ、面制圧より味方と非戦闘員を巻き込まないピンポイント攻撃が必要な場面が多く、軍種の壁による若干のタイムラグも惜しい。
海兵隊がM327を、持続と効果範囲では絶対的に劣る徘徊型ドローン兵器に置き換えるなんて話が出るのもその証左だと思います。


20 名無しさん 2019-07-26 23:14:54

今のご時世一発撃ったらすぐ相手の対砲レーダーにバレて倍返しされるから初弾から効果出せるレーザー、GPS誘導弾は魅力的だね
GPSは電波妨害、レーザーは天候に左右されるから万能では無いけど


23 名無しさん 2019-07-27 10:44:10

レーザー誘導砲弾は、照射時間が長くて使い勝手が悪いとか何かの本で米軍兵士が言ってたな。
対戦車ミサイルなら長くても20秒程度、レーザー誘導爆弾を使う建物何かの目標は、ある程度計画されてて、変化もないからいいけど、砲弾で火力支援を要請する場合は、基本、状況が刻々と変化するし、敵の攻撃にもさらされてる場合も多いから分単位で悠長に照射してられないんだとか。


24 名無しさん 2019-07-27 17:06:01 

??「ちまちま狙って撃つより4.8トンの榴爆弾で都市区画ごとふっ飛ばしたほうが一発で済むからコスパええで。ワイは絶頂すら覚えたし」


25 名無しさん 2019-07-27 19:47:16

>>24
クリーク!クリーク!クリーク!


27 名無しさん 2019-07-28 11:57:01 

>>25
戦列を並べた砲兵の一斉射撃が轟音と共に敵陣を吹き飛ばすのが好きなんでな


26 名無しさん 2019-07-28 00:55:56 

M109A6へのバージョンアップの際、候補にあった砲の改良案の中に
採用されなかった58口径の長砲身化案があり試作もされていましたから
それの焼き直しを採用という事でしょうか。


28 名無しさん 2019-07-28 16:13:34 

これの弾道計算を手計算したことあるけど、クソ面倒。


29 名無しさん 2019-07-28 17:04:58 

ドローン系とか衛星とか超精密長距離砲撃とか、さらに高度な対空装備とか
そういうのを組み合わせて近未来には航空支援を必要としない侵攻陸軍が
作れちゃうんでしょうか


30 名無しのミリヲタ(ズブロッカ美味しいワニ) 2019-07-28 22:49:09

>>29
激烈な電子戦の結果、見通し線内の光波以外は有線しか使えない戦場が現出する可能性の方が高いような気がするワニ(タカツキワニ並感)。


31  2019-07-28 23:52:47 

どんな技術開発しても、米陸軍の求めていることは結局
米空軍の支援無しで戦争に勝つこと、としか思えない。
あ、輸送と補給は別口ね。


32 名無しさん 2019-07-29 00:18:12 

>>31
そういえば攻殻機動隊(漫画)では「糸」と呼ばれる超極細(まさに蜘蛛の糸レベル)の通信ケーブルが常用されてましたね。
あんな感じで個人携行サイズでも数キロの距離を破断せず露見せずに通信できるようなケーブルが普及するかも?
もしくは極小のレーザー通信用ドローンを大量に展開して、虫みたいに木々や岩陰に設置することで局地的なネットワークを・・

置いといて。
真面目な話をしますと着弾観測機が登場すると思います!(真顔


33 名無しさん 2019-07-30 10:02:01 

>>32
光ファイバーとかなら通信速度も速くてkm辺りでも100g位だとかで、一部のミサイルの誘導に使われてるね。

元記事: http://gunji.blog.jp/archives/1075252977.html

フジミ模型 1/72 ミリタリーシリーズ No.11 陸上自衛隊 99式自走155mm榴弾砲 プラモデル ML11