A-10スレ Name 名無し 19/08/15(木)12:00:48  No.1281853

A-10サンダ-ボルト2 (世界の名機シリーズ)

http://cgi.2chan.net/f/src/1565838048218.jpg
A-10攻撃機の機体寿命を延ばすための主翼交換プログラムが完了。
2011年から173機がこの改修を受けて、2030年代後半まで飛行が可能になったそうです。
予算の問題や米軍のCASに対する方針の変化がなければ、
あと10年以上は飛び続けそうですね。
https://www.edwards.af.mil/News/Article/1931575/173-to-173-a-10-enhanced-wing-assembly-replacement-program-comes-to-an-end/#.XVIPfYJhocs.twitter
A-10サンダ-ボルト2 (世界の名機シリーズ)

イカロス出版 (2011-10-28)
売り上げランキング: 96,512

1 名無しさん 2019-08-22 20:11:37

ジョークとしては好きだよ。自衛隊にA-10最適論


2 誤字 2019-08-22 20:49:37

対地攻撃に特化した能力は色々と使いやすいのだろうな~
米空軍が進めていた軽攻撃機計画は相変わらずだし、改修費用も新規購入よりは安い、代替となるF-35はなかなか思うように生産が進まずにビーストモードの実戦投入はまだ先 となると当分は使われそうだね。

対空ミサイルが普及している昨今厳しいところはあるだろうが、エンジンの赤外線放射を主翼で隠すスタイルと多少の被弾でも落ちない頑丈さはテロリストが持っている旧式の赤外線携帯式対空ミサイルとの相性が良くまだまだ使えそうだ


3 名無しさん 2019-08-22 20:51:20

A-10スレなのに日本の洋上哨戒ネタという千周回遅れの化石ネタがメインとは呆れる。


4 名無しさん 2019-08-22 20:54:17

>>1
またに本気で日本に導入しようって人がいてビビる


5 名無しの新兵 2019-08-22 21:36:10

ウィスキーを燃料に、ロマンをぶら下げ野郎の筋肉で飛ぶ、空の砲兵....あぁ、抱いて()


6 名無しさん 2019-08-22 22:53:12

A-10の存在意義みたいに言われるアベンジャーの維持って大変そう。
20mmと違って生産数も少ないし部品調達コストとかも高いんじゃない?(貧乏性

>>2
TOWやRPG系統とは異なりMANPADS/MPADSの類はテロリストや武装勢力レベルでは普及してるとは言い難い。
まずバッテリー寿命が短い上にシーカー等維持管理において技術的な問題がある。
流通経路も他の兵器に比べ厳しく管理されてる事から、入手する事が困難なのが原因。

個人的に運用側として銃砲類に比べ高価な割に汎用性に欠けるのは難点だと思う。
一過性かつ頻度の少ない航空攻撃より地上車輌や施設破壊の方が優先度高いだろうし。


7  2019-08-22 22:53:49

A-10とグリペンは日本のネタ系専守防衛兵器として
過大評価され過ぎな気がする


8 名無しさん 2019-08-22 23:55:33

A-10のお仕事はお掃除で日本はそこまで行かないからいらないのよね
航続距離もアレだし
結局世界中に展開する米軍はその活動地点でお掃除する必要があるからA-10使ってるだけだし
ロマンだけはあるけど


9 名無しさん 2019-08-23 00:47:19

それよりもはやぶさの写真が妙に古くて…はやぶさ就役最近って感じてたけど、なんだかんだ結構経つんだなあ


10 名無しさん 2019-08-23 01:18:46

>>6
全くもってごもっともなんだけど、最近はクルド人勢力経由で反政府勢力がジャベリン持ってたり、中国や北がこっそり兵器を売ってたりと全体的な枠組みは堅くなってるかもだけど、シリア内戦やアフリカ、アフガニスタンの騒乱で抜け穴もできてるから普及しきることはなくてもある一定数あっても不思議じゃないなぁとも思ったり。


11 名無しさん 2019-08-23 01:37:29

>>10
それはその通りだと思う。
入手は困難であっても不可能じゃない、というよりシリア内戦時に西側兵器供与があったように闇ルートや外交的なルート(もちろん非公式でも)では既に一定数出回っている。

6
でも書いたように(賞味期限のような意味で)長期の維持管理が難しい事が逆にそういうルートから漏れて意図しない勢力に渡っても供給元に矛先が向きにくいため、与したい勢力に対して供与するハードルが下がるとも言えるからです。

アフガンのスティンガー供与が同じ理由でしたが、結果的に最新鋭の兵器であることで西側が関与した証拠になってしまいました。

また技術とネットワークの進歩により民生品レベルでも高度なセンサー類を合法的に購入出来るようになっていることから、シーカーやバッテリーの代用が可能な知見が広まれば大きな脅威になると思われます。

つまり治安不安を抱える国の大統領はみんな装甲列車に乗る未来が!(趣味


12 名無しさん 2019-08-23 07:52:58

そして30年後アヴェンジャーをレールガンに載せ変えて地上を耕すAー10の姿が


13 名無しさん 2019-08-23 09:24:36

主翼交換はいいけど、光学センサー等の更新はしなくていいのか?
アフガンやイラクで誤射による逮捕・PTSDで貴重なパイロット喪失してるのに。


14 名無しさん 2019-08-23 12:09:10

>>13
一応、逐次更新してる。
C型の初めはライトニング2を乗せてて、そのあとアフガンで一部はスナイパー照準ポッドを詰んで飛んでた見たい。スナイパーはその前のライトニングより解像度がずっと高いけど、視野があまり広く無いのが問題だけど、それでも素晴らしい感動ものらしい。

2013年にはライトニング G4を装備してるとの話で、これは今までのよりはるかに優れてると言う。
さらにこれとスコーピオン・ヘルメット装着型統合照準システムと言うのも採用されてこれが画期的だと言う。これによって今までのディスプレイ上の情報が投影されるし、自分が見てるのに照準ポッドをスレイヴさせるだけで良くなり、他の機体のポッド映像も、どこを見ているかの情報もわかるし、目標の座標を入力すればポッドが指向してくれる。

今まではポッドと自分の目視を一致させるのが難しいかったらしくて物凄く便利になった見たい。


15 名無しさん 2019-08-23 15:06:49

>>14
はえーちゃんと更新されてるんやね、車列のIFFパネルを認識できないほど荒い解像度で識別して、判断しながら飛行するという苦行から解放されるのは良いね。


16 名無しさん 2019-08-23 23:43:21

主翼の交換と言っているけど
ハードポイント上の武器などへの通信系も更新されてる
そのあたりの影響でしょうね


17 名無しさん 2019-08-24 07:40:20

毎年岩国でアヴェンジャーに指突っ込んで遊ばせてもらってます。しかし鼻先の空中給油口の外板がやたらにベコベコになっていたのは給油でぶつかりまくっているからなのか?何かラフな扱われ方している気がする


18 名無しさん 2019-08-24 13:29:31

>>17
おそらく鼻先から塗料が剥げてると思うけど30mmの砲口からの衝撃によるものという説もある。


19 名無しさん 2019-08-24 20:03:26

>>17
F-16のアフターバーナーで軽くあぶったら元に戻るから問題ないんだYO


20 99襲撃 2019-08-26 22:07:22

「A10…ありゃおまえ最新型で……」と言われてた時代が懐かしい。

元記事: http://gunji.blog.jp/archives/1075499571.html

赫のグリモア(1) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2019-02-08)
売り上げランキング: 4,890