無題 Name 名無し 19/04/29(月)11:21:19  No.1274419      
ピットロード 1/72 SGFシリーズ 陸上自衛隊 12式地対艦誘導弾 ミサイルパーツ付き レジンキット SGF09

地対艦ミサイル射程、2倍へ改良 尖閣・宮古、対中抑止
https://www.sankei.com/politics/news/190429/plt1904290004-n1.html
図解入門 最新 ミサイルがよ~くわかる本
井上孝司
秀和システム
売り上げランキング: 278,507

無題
Name 名無し 19/04/29(月)11:24:58  No.1274420
https://cgi.2chan.net/f/src/1556504698985.jpg
>令和5(2023)年度に部隊配備する。

令和表記が出てきたことに一瞬面食らってしまった…

無題
Name 名無し 19/04/29(月)14:00:13  No.1274432     
>No.1274420
なんでキャプションが艦対空?
弾も上下逆だよな

無題
Name 名無し 19/04/29(月)14:50:22  No.1274438
https://cgi.2chan.net/f/src/1556517022081.jpg
「艦対空」はその上の別物(見切れてる)のだね
紛らわしくて申し訳ない
12ベースで17を作りつつ、17からの派生・フィードバックで12改と新空対艦を作る

無題
Name 名無し 19/04/29(月)16:18:36  No.1274443      
なんか技術力が上がって改良というよりは政治的に長射程が解禁されて…って感じに思える

無題
Name 名無し 19/04/29(月)18:37:09  No.1274457
https://cgi.2chan.net/f/src/1556530629875.jpg
>なんか技術力が上がって改良というよりは政治的に長射程が解禁されて…って感じに思える

この手の話が出てきたのもつい最近ですしね…

17式はまや型2番艦からだからもうちょっと先かのう

無題
Name 名無し 19/04/30(火)03:15:53  No.1274494      
>17式はまや型2番艦からだからもうちょっと先かのう
こんごう型・あたご型やあきづき型・あさひ型にも
載せれる様にして欲しいな
いずれ出来そうだけど

無題
Name 名無し 19/04/29(月)17:19:40  No.1274448      
>No.1274420
ああ、元は艦の絵なのね。申し訳ない。

最近対艦ミサイル等が多くてよくわからなくなってきたので個人的まとめ1(基本古いのは除く):
◆陸自
・12式         量産中、射程200km程度?
・12式改        試作中、射程400km程度?
・島嶼防衛用高速滑空弾 研試中のはず

◆海自
・17式       量産中
・哨戒機用新空対艦 試作中、12式改と同程度か不明

無題
Name 名無し 19/04/29(月)17:20:01  No.1274449      
最近対艦ミサイル等が多くてよくわからなくなってきたので個人的まとめ2(基本古いのは除く):
◆空自
・ASM-2B 量産中?
・ASM-3  量産調達はされていない
・ASM-3改 超音速、射程400km超?

◆不明
・島嶼防衛用対艦誘導弾研試中のはず
・極超音速誘導弾の要素技術に関する研究対艦用かもよくわからん

ASM-3は18式になってたっけ?空自は○年式をやめたのかな

無題
Name 名無し 19/04/29(月)19:36:10  No.1274461      
射程伸ばすって簡単に決める辺りどう考えても政治的に長射程作ってなかっただけだよね

無題
Name 名無し 19/04/29(月)21:25:23  No.1274474      
88式からASMシリーズ作って次が12式なんだから
足りると思って12式作ったら時代がより高性能要求してきたんでは
んで12式からは新開発しなくてもブースターや燃料タンクの改良とかでなんとかなるようになっただけみたいな

無題
Name 名無し 19/04/30(火)08:01:27  No.1274509      
実際、射程400kmというのは実用的な距離ではある

先年、海自の哨戒機と陸自のSSM連隊を、データリンクで結ぶための予算が下りたばかりだが、P-1哨戒機の実用上昇限度は、13,520m(ソースはflightglobal)
この数字を、見通し距離を計算するソフトのフォームに突っ込んでみると、440kmという数字が得られた
つまりP-1には、440km先まで探知する能力があるということ
SSMの射程を400km前後にするというのは、この辺りの事情に基づくのでは?

無題
Name 名無し 19/05/02(木)22:43:20  No.1274693      
通常哨戒機は前方進出するんだしSSMの射程は探知距離より長い方が良いのでは?

無題
Name 名無し 19/05/03(金)00:36:36  No.1274694      
こんごうは未だにハープーンだし
後発のSSMを後から搭載ってあんまりやらないのかな

無題
Name 名無し 19/05/03(金)06:24:26  No.1274696      
>No.1274693
そもそもP-1は、ステルス機でも超音速機でもない脆弱な機体であることを忘れちゃいかん
あまり前方進出すると、敵のJEZ(戦闘機や艦艇のエンゲージメント・ゾーン)に足を踏み入れてしまい、撃墜されてしまう恐れがある
かといって、P-1に戦闘機の護衛を付けると、「ならもうSSMは戦闘機から撃てば良いじゃん。地対艦要らなくね?」という事になって、本末転倒になりかねない
そもそもSSMとは、自国領土の周囲に接近拒否圏を形成するための兵科だし、射程400km前後というのは必要十分かと

無題
Name 名無し 19/05/03(金)11:13:31  No.1274702      
>No.1274696
前方進出といっても敵防空圏内に突っ込むってことじゃなくて普通に哨戒してて敵を発見したとき(あなたの言うとおり440km前後だとして)護衛艦や陸自SSMが同じ距離もしくはより近くに居るとは限らない
なのでSSMの射程は哨戒機の探知距離+データリンクの届く距離くらいあった方が良いんじゃないかと

無題
Name 名無し 19/05/03(金)19:21:37  No.1274720      
>No.1274702
いや
「P-1が目標を探知」→「即時、地対艦を射撃」
という段階にはならない

一般的には、海自にとって戦いやすい海域を敵艦が通航するまで待ち伏せる、あるいは(P-1などを敢えて囮にして)誘致導入して、満を持したところで、複数種類のASMを同時に多方向から投射する、というのがセオリーだ
IRH誘導であるASM-2と、ARH誘導である地対艦が協同することで、敵の混乱を企図するというわけだな

(近年は海自潜水艦にXバンド衛星通信システムが搭載されるようになったため、ASMと長魚雷の同時弾着という芸当もできるようになったらしい。
 特に敵が7隻以上の大艦隊を組んでいる場合、被雷した敵艦が発する圧壊音のために、潜水艦側のソナーが使い物にならなくなるので、FSとSSの協同が必要になる)

この辺りの戦術は、陸戦におけるMRSIの概念にも通じるところがあるな

無題
Name 名無し 19/05/03(金)21:34:38  No.1274726     
>自国領土の周囲に接近拒否圏を形成するための兵科だし、射程400km前後というのは必要十分かと
現在ある手元の材料で仕立てると17式や12式改、新ASMなんだろうと理解してる
さらなる長射程に関してはLRASM、JASSM、国内の各種研究要素が控えてますし

無題
Name 名無し 19/05/04(土)05:58:39  No.1274746      
この400kmエリアにおいて
機雷ってどう運用するんだろうなぁって地図見るたびに思う

無題
Name 名無し 19/05/04(土)09:46:55  No.1274766      
>No.1274746
尖閣諸島と琉球諸島の間には、沖縄舟状海盆っていう最大水深2,000m級の海盆が広がっているからな
浅い大陸棚と深い海盆の間には大陸斜面があり、そういった場所は91式機雷など深度機雷の敷設適地だと思われる

そういった場所に機雷原を敷設し、宮古島や石垣島など主要な島嶼部にSSM/SAMのミサイル・コンプレックスを配置し、またそれらのセンサーノードとなるP-1・E-2Dを哨戒させることで、敵の接近を阻止するつもりなのだろう

何のことはない
冷戦華やかりし頃、ソ連はアメリカ空母戦闘群を出来るだけ自国から遠くへ留め置くために、梯形縦深防御ドクトリンを採用したものだったが、それを日本版に焼き直したものだと考えればよい
これは陸・海・空・潜が諸兵科連合を組んで、長距離ミサイルや機雷を運用し、米艦隊を迎撃するというドクトリンだが、残念ながら1970年代当時の技術水準では実現性に乏しかった
だが現代日本の技術水準なら、といったところだろう

引用元: https://cgi.2chan.net/f/res/1274418.htm

ピットロード 1/72 SGFシリーズ 陸上自衛隊 12式地対艦誘導弾 ミサイルパーツ付き レジンキット SGF09