無題 Name 名無し 18/05/26(土)22:12:47  No.1244560

戦略大作戦(Blu-ray Disc)

http://cgi.2chan.net/f/src/1527340367530.jpg
タイ=ミャンマー国境で旧日本軍が遺棄した金塊を発見
ビルマ航空戦〈上〉連合軍記録の裏付けを得た陸軍航空部隊の勝利
梅本 弘
大日本絵画
売り上げランキング: 152,871

無題
Name 名無し 18/05/26(土)22:24:39  No.1244569      
https://cgi.2chan.net/f/src/1527341079092.jpg
http://www.noozup.news/371025/
によるとタイ北部のターク県メーソート地区において道路工事で山を掘削している際洞窟を発見し調査したところ金塊を発見したとのことでした
発見した業者は所有権を主張したものの政府が所有権を有するということで全て回収された模様

無題
Name 名無し 18/05/26(土)22:39:31  No.1244570      
https://cgi.2chan.net/f/src/1527341971773.png
見つかったメーソートが地図でいうとこのあたり

無題
Name 名無し 18/05/26(土)22:50:30  No.1244573
これ場所的に考えるとラングーンにあった南方開発資金庫にあった金塊だろうな
タイへの撤退途中でなんらかのアクシデントがあってここに埋めたわけだ
あのめちゃくちゃな混乱の中でここまで金塊運んできた部隊がいるんだなあ

無題
Name 名無し 18/05/26(土)22:57:31  No.1244575 
ラングーンからの脱出部隊というと第28軍になるわけど
あの無理なシッタン作戦を強行したのはもしかして
このラングーンから運び出した金塊をタイに運ぶのが目的だったのかも

無題
Name 名無し 18/05/27(日)00:04:26  No.1244581
タイ側にあるなら
戦後回収しやすそうだけど
誰もいなかったのかね?関係者

無題
Name 名無し 18/05/27(日)02:53:16  No.1244589
フォントがやたらナウい上に純度まで太字で浮彫とか
あれこれ体裁が刻印らしくなくてあやしいんだが

無題
Name 名無し 18/05/27(日)07:34:10  No.1244596
>フォントがやたらナウい上に純度まで太字で浮彫とか
自分も最初の印象がそれ

無題
Name 名無し 18/05/27(日)08:41:11  No.1244599      
https://cgi.2chan.net/f/src/1527378071077.jpg
>>フォントがやたらナウい上に純度まで太字で浮彫とか

>自分も最初の印象がそれ
同じく、でもって左側の紋様何かと思ってビルマがらみで国章(国旗)とかかな?と思い調べてみたんだが
ビルマ国 (1943–1945)画像上
ビルマ連邦社会主義共和国(1962-1988)画像下
ビルマ連邦社会主義共和国の国旗のマークに似てないか?

無題
Name 名無し 18/05/27(日)10:00:55  No.1244612
案の定ガセだったみたいだね

無題
Name 名無し 18/05/27(日)10:06:25  No.1244613 
そもそも戦中に鋳造されたなら英語表記のわけがないでしょ。
それに、金塊を運ぶ必要がある理由も不明。
金で買い物をするはずがなく、普通は軍票で処理するものだぞ。

無題
Name 名無し 18/05/27(日)10:24:14  No.1244616
軍票にも「裏付け」が必要だろうし、金のような実体のある資産じゃないと取引してくれない可能性もあるし、、、

無題
Name 名無し 18/05/27(日)20:21:40  No.1244650
>そもそも戦中に鋳造されたなら英語表記のわけがないでしょ。
軍は別に英語禁止してなかったんで英語表記でもおかしくないし
わざわざ前線まで持って行ったとすると外国との取引に使うことも想定してるだろうからそれこそ日本語表記しないでしょ

無題
Name 名無し 18/05/28(月)03:05:13  No.1244681
>軍は別に英語禁止してなかったんで英語表記でもおかしくないし
まずもって軍が金を製錬したりインゴットに加工したりするわけじゃない。
日本銀行造幣局がやるわけだ。

>わざわざ前線まで持って行ったとすると外国との取引に使うことも想定してるだろうからそれこそ日本語表記しないでしょ
軍とのお金のやり取りは全て軍票だって。
軍票嫌です金塊がいいです=軍票は信用できません=日本帝国軍は信用できませんだぞ。

無題
Name 名無し 18/05/28(月)15:27:41  No.1244701
>日本銀行造幣局がやるわけだ

大蔵省造幣局だな

無題
Name 名無し 18/05/28(月)15:45:16  No.1244702
No.1244681
ザル知識で力説してるところ悪いけど英語表記だとおかしい理由なんてまるでないぞ
開戦前から現地にあったものをその後日本軍が分捕ったでいくらで説明はつく

無題
Name 名無し 18/05/27(日)03:14:11  No.1244590
黙ってネコババしないのが意外というかなんというか

無題
Name 名無し 18/05/27(日)10:31:26  No.1244618
>黙ってネコババしないのが意外というかなんというか


食糧も弾薬なく、飯盒以外の全てを捨てても戦病・餓死者続出の地獄の山間撤退作戦で、金塊を運び続ける方が無理かと。

道路と自動車を使えない軍隊は悲惨よ。

無題
Name 名無し 18/05/27(日)17:31:16  No.1244640      
https://cgi.2chan.net/f/src/1527409876824.jpg
海外のコレクターがイラク軍の使ってた中古の69式買ったら燃料タンクの中にかつてクウェートから略奪したらしき金塊が隠されていたって話があったよね
     
無題 Name 名無し 18/05/30(水)18:08:20  No.1244874     
1527671300438
シンガポールで終戦を迎えた、IJN第十方面艦隊主計長だった出本鹿之助海軍主計大佐の回想記にあるエピソードなんですけれども、当時使用できなくなった日本軍軍票の回収と焼却、保有していた戦前からの現地通貨のエゲレス軍への引き渡し準備等の敗戦処理に追われる毎日であったそうなんですが、そんなある日、顔馴染みの台湾銀行昭南支店長さんがある大荷物を抱えて海軍司令部へ出本氏を訪れてきたんだそうで
その荷物の中身はと言いますと、一個の目方は約14・5キロ、「角ばったナマコ型をしてていてずしりと重」い金塊が15個もあったそうなんですが、出本氏曰く、コレは

「かつて緒戦時、日本軍がシンガポールを占領したときに取得した金塊であるらしく、南方占領地の中央銀行となった台湾銀行が(略)支店を開設して以来(略)帳簿外の財産としてずっと持ち越してきたもの」

…であったんですとか

無題
Name 名無し 18/05/30(水)18:09:23  No.1244875      
1527671363125
そして支店長さんは出本氏に

「この金塊は全部艦隊主計長にさしあげます。なにも聞かないでお受け取り下さい(略)それとともにこの出所についても、当銀行としてはこれまたいっさい関係のないこととさしてもらいたいのです」

…と申し出て来たそうで、要は敗戦に伴う未曽有の混乱の中、始末に困る金塊の処置を海軍というか旧知の主計長にお願いに来た…ということだったそうなんですが、英軍の進駐数日後に控えて、内地への連絡便の当てもない出本氏が、今さらそんな事言われても困る!と断るところを、なんとしてもお願いします!と強引に金塊を置き、去ってしまったんだそうで

無題
Name 名無し 18/05/30(水)18:09:49  No.1244877      
1527671389278
出本さんによれば

「私はひとり金塊の箱を前にして、まったくとほうに暮れてしまった。いかに全面降伏したとはいえ、みすみす目前にあるこれだけのまとまった財宝を、敵にただくれてやるのはくやしいかぎりである」

「その夜は一晩じゅうあれこれと考えつづけた。これほどの財宝を一きょにつかみうるチャンスは、万人中の一人の一生に一度のチャンスであろう(略)もしこれをひそかに日本へ持ち帰ることができれば?一コだけでもよい、どれほどけっこうなことであろう」

無題
Name 名無し 18/05/30(水)18:10:30  No.1244878      
1527671430058
「しかし(略)艦隊主計長が英軍に引き渡すべき金塊をかくし持っていることが発覚すれば、私ひとりの犯罪にとどまらず、日本海軍の恥辱である」

「ジョホールの密林にでもうめることはどうか。場所はいくらでもあるし、このさき何年も発見されないであろうところも知っている」

「しかし(略)数人の同志が必要だ。信頼できる部下はあるが、さて何年たったらどういう世の中になっているのか、はたして隠匿金塊を掘り出しにこられるだろうか(略)まるで見当もつかない。それにしても莫大な財宝のことだから、いまは信頼できる人でも何年かたつうちに、どう変化して破綻の因をなすことか」

無題
Name 名無し 18/05/30(水)18:11:06  No.1244879      
1527671466991
「胸奥に巣くう欲望のムシがいつまでもささやく。《出本よ、お前が生涯をかけた帝国海軍は、いまやみじめな終末をとげるのだぞ、せめてこの金塊の横領に一期の勝負をかけて見てはどうだ、その度胸もないのか、この意気地なし奴!》まったく凡夫のあさましさである」

「しかし(略)金塊をうまく日本へ持ち帰ることができて、ひそかに自分に利することができようとも、それはけっして安住の生活をもたらさないであろう(略)金銭のために生活そのものがふりまわされる」

「名案のないままふらふらの頭で起き上がった私は(略)その処置について長官の指示を仰いだのだった」

Name 名無し 18/05/30(水)18:11:57  No.1244880      
1527671517256
「長官は(略)静かに言った。『このたび日本は無条件降伏をして、開闢以来の亡国となった。何百万人の人命、何千億の富を失った。いまさら一億二億の金塊に未練をのこしてもしかたがないだろう(略)』長官の結論はやはりおなじであった。結局私の迷夢は、だれか信頼できる人の言を聞くまであきらめられなかっただけである。わたしはもうさっぱりと、公然正当の処置をとることにきめていた」

「数日後、他の貨幣の引き渡しと一しょに、英軍の中佐へさりげなくこの金塊を引き渡した」

…なんてことがあったそうです

恐らく敗戦の大混乱の中では、似たような出来事が幾つもあったんでしょうけれど、その中にはもしかしたら、出本氏の選んだ決定と違う処置がなされた事も有ったかもしれませんですな…w

無題
Name 名無し 18/05/28(月)23:58:19  No.1244738
軍票って日本に限ってはだが、実は普通の紙幣と同じなんだよね

日本の勢力圏内では郵便貯金が使えるので、そこに預けておけば
軍票だろうが小切手だろうが為替だろうが、全部日本円の貯金残高になるので、どこで引き出しても同じなわけね

自称・従軍慰安婦の話で軍票でもらった花代が紙クズに~
という定番のネタがありますが、あれも嘘なんですわ
軍票のまま持ってる理由も無いので皆、郵便局に預けてたんだよ

無題
Name 名無し 18/05/29(火)00:34:29  No.1244743
>日本の勢力圏内では郵便貯金が使えるので、そこに預けておけば

日本国民でもないのに郵便局に預けるわけないだろ。
使いあぐねて軍票を保管していた現地人は大損だ。

無題
Name 名無し 18/06/01(金)10:06:55  No.1245033
>軍票って日本に限ってはだが、実は普通の紙幣と同じなんだよね
>日本の勢力圏内では郵便貯金が使えるので、そこに預けておけば軍票だろうが小切手だろうが為替だろうが、全部日本円の貯金残高になるので、どこで引き出しても同じなわけね
大嘘ですね
軍票の円は日本内地の円と完全に切り離されてます
外地の軍票を預金せずに日本に持ち帰っても同じ
もしそうであれば大戦後期の南方でハイパーインフレが起こった際に
なぜ内地に波及しなかったか全く説明がつかない

無題
Name 名無し 18/06/01(金)20:14:08  No.1245073      
https://cgi.2chan.net/f/src/1527851648378.jpg
軍票っては、大体その地域の通貨に合わせて発行するもので、貨幣というより手形として使用する
債務者は進駐軍だったり、現地に設立された進駐国の政府系金融機関だったりする

日本は中国大陸で「円」の軍票を使ったけど、最も多く使われたのは日本が裏で手を引いてた中国聯合準備銀行などの紙幣
中国聯合準備銀行には裏付けとして日本円を預け合い契約してたけど、実際は見せ金

けっこうエグいっすよ日本は

無題
Name 名無し 18/06/01(金)20:33:38  No.1245074      
https://cgi.2chan.net/f/src/1527852818698.jpg
http://higeta.hatenablog.com/entry/20070808/p1

このサイトに軍票と軍票インフレについて詳しく書いてあるよ

例えば、占領地域で本国の通貨を使用すると状況によって本国貨幣価値が乱高下する
現地通貨は容易に入手できない
そこで、軍票
しかし軍票っては手形ともいえるしクレジットカードでもあるので振り出した以上、それに対する債務は発生する

そこで日本の灰色の脳細胞達が考え付いたのが、現地に傀儡銀行を設立し、現地通貨を発行させる(日本が)
これにより、現地通貨を難なく使用できるし、バンバン擦りまくっても円には影響がない
しかも債務も発生しない
裏付けとして日本円を預け合いするが、裏付けの日本円と同等の傀儡現地通貨を発行した後は、裏付けの円を日本の国庫に戻す
これを繰り返すことで、日本は事実上一銭も使わずに、現地調達できるという日本脅威のメカニズム

Name 名無し 18/06/02(土)19:06:16  No.1245164
>軍票の円は日本内地の円と完全に切り離されてます
ダウト

実は現ゆうちょ銀行にも引き継がれているのだが
郵便貯金には当座口座としての機能、つまり円建て有価証券を預け入れると「現金化」する機能があるのさ
そのおかげで、昔から振替送金もできる仕組みになっているのです

・ 口座→為替(有価証券)などで振出し→別の口座に振込

だから軍票も含めどの有価証券で預け入れても(←ここ重要)、一旦郵便貯金にすると全て日本円の残高になってしまうのですわ
逆に円建て有価証券による預け入れができないと仮定すると、郵貯全体の勘定に入金不足の矛盾が生じるので、そうせざるを得ないという理由もあるのです

無題
Name 名無し 18/06/03(日)11:12:00  No.1245219
>円建て有価証券を預け入れると「現金化」する機能があるのさ
無知ですいませんが
普通の銀行の場合、有価証券は有価証券で預かる
もしくは金借りる時の担保として預かる
(借りられる額は証券の額面七割か六割)
ゆうちょはどうだか知らないけど
でも、手形とか株券とか公債とか社債に代表される有価証券
って貨幣と違って単なる債券なんで、それをゆうちょが何の裏付けもなしに額面通り現金化してくれるのけ?
ゆうちょが有価証券を引き受けて、それを預金者に現金にするってことは、こんどはゆうちょが債権を引き受けるってことになるってことだよね

そんな七面倒臭くてリスクだけ引き受ける事やるのけ?

無題 Name 名無し 18/06/03(日)11:13:00  No.1245220      
大陸の軍票に書かれてる「圓」は日本円ではなく
中国の「圓=Yuan(ユェン)」だと思われます
基本的に軍票に自国通貨を使う国はありません
南方ではペソとかドルとか使ってる

無題
Name 名無し 18/06/03(日)14:53:21  No.1245228      
1528005201322
芙蓉書房の「陸軍経理部」で、元陸軍経理将校さんらが支那事変での日本軍票の使用状況を紹介されているんですが、曰く

「当時円は管理通貨である。軍の携行せる円の上海市場流出は、円の対外相場に悪影響を及ぼし、放置することもできない。急遽膠州湾上陸部隊に軍用手票を携行せしめたのである。しかし、これは日露戦役に使用したものと同種で、後日発行されたものと区分するため甲号軍票と称せられるようになったが、デザインも旧式、あまり使用されなかった」

「事変の長期化が予想されるようになったとき、現地における通貨は中国側の法幣と併行し、日本国内通貨と交換に厳重な制限を付した軍票を発行し、流通させることになり、軍調達は勿論、軍隊給与・現地の投資まで軍票一色となった」

無題
Name 名無し 18/06/03(日)14:54:34  No.1245229      
https://cgi.2chan.net/f/src/1528005274401.jpg
「印刷された軍票は日本銀行に交付され、日銀の軍票別口預金口座に記帳される。軍支出官が経費支払のため小切手を振出すと、それだけこの口座有高は減となる。軍は日銀より軍票を受領し、戦地の支払に充当すると、現地市場には軍票が流出する」

「政府の軍票の価値維持工作、および回収に要する費用は臨時軍事費より支出される。すなわち、内地より追送または現地生産の消費物資などを、宣撫品販売・軍票物資販売または商社などの機関を通じて販売し、軍票の回収をはかる。回収された軍票は日銀に戻る、という経過をたどり、軍事費支出と軍票回収は必ずしも一致しない」

「この経過は円滑に行われるとはかぎらない。現地に追送される現地民の生活物資は(略)充分の量は期待できなかった」

無題
Name 名無し 18/06/03(日)14:56:06  No.1245230      
https://cgi.2chan.net/f/src/1528005366679.jpg
「初めて軍票が使用された当初は、紙質も図案も粗悪、通貨としての風格もない、心理的な効果もなく、入手した現地民も直ちに物資購買にあてるか、自国通貨と交換する有様で少額の流通に終った。これを甲号軍票と称した(1円、5円、10円)」

「次に同じ額面で日銀券の上に赤で軍用手票と重ねて印刷した乙、丙号券が使用されたが、事変長期化傾向を機に、竜、鳳凰等の模様などを採り入れた現地人にも親しめるデザインの本格的な軍票(額面10円、5円、1円、50銭、10銭、5銭、1銭)が発行された(これを丁号券という)」

「更に軍用手票と称する場合、軍撤退の場合、価値喪失するという民衆の不安も顧慮し、最後には軍用手票なる文字も削除し『大日本帝国政府』とのみ記載するようになり、政府紙幣に準ずる体裁を整えるにいたる(戊号券という)」

無題
Name 名無し 18/06/03(日)14:57:25  No.1245231      
https://cgi.2chan.net/f/src/1528005445676.jpg
軍票がこのように意匠転換を行ったことは、経済戦略のなかに心理的効果も無視できないことを経験により認識したためである。古色蒼然たる商品のレッテルのような日露戦争型軍票をあわてて発行し(略)携行せしめてより、最終型の軍票が印刷されるまでの過程は、戦局の進展と共に総力戦の様相が徹底してきたことの証左であった」

…そうなんですが、この「支那事変4年の深刻な体験」により、後の対米英戦開戦前には、それまでの自国通貨表示軍票に変わり、それぞれの占領(予定)地の在来通貨表示で用紙やデザインにも拘ったモノが開戦前に予め準備され、使用まで待機していたそうです…w

無題
Name 名無し 18/06/03(日)16:04:04  No.1245237
>「この経過は円滑に行われるとはかぎらない。現地に追送される現地民の生活物資は(略)充分の量は期待できなかった」
ここに軍票インフラの理由がさらりと出てますね
戦時における軍票の回収と軍票の裏付け維持というのは余程じゃないとできない
末期なんて事実上の徴発だったというのは、そういう点であって

無題
Name 名無し 18/06/03(日)16:17:34  No.1245238
>軍調達は勿論、軍隊給与・現地の投資まで軍票一色となった
改めて大変ビックリしたのですが、日本将兵の給与も軍票で支払われてたんでしょうか?
軍票と日本円の交換が制限されていたのは、よく分かりますが、職業軍人の給料まで軍票となると、これ大変な事実です!
戦地の将兵の場合、現金で支払いじゃなくて日本円で郵便貯金に振り込みだったと思ったのですが・・・・(大汗)

戦地に行く軍人さんが家族に
「外地にいると給料の使い道無いから、郵便通帳渡しておく」って話を良く聞きましたが・・・

無題
Name 名無し 18/06/03(日)17:59:29  No.1245246     
https://cgi.2chan.net/f/src/1528016369666.jpg
再び「陸軍経理部」によると一応「極端な事例」とはしているものの、

「ラバウル方面などで、軍票で給与支払い─兵隊は野戦郵便局に貯金─郵便局は軍支出官に移算渡─再び給与支払い。軍票が、同じところを回転していた」

…なんてこともあったそうですw

また、前述のシンガポールの出本主計長さんの回想記によると

「この方面の貨幣は、通貨としてはもちろん日本軍票であったから、これは終戦とともにその価値を失い、一夜にして無価値の紙片となった。そこでシンガポール島所在の各部隊所有の軍票は、英軍進駐前にぜんぶを集めて、司令部の内庭で焼却した」

無題
Name 名無し 18/06/03(日)18:00:03  No.1245247     
https://cgi.2chan.net/f/src/1528016403434.jpg
「艦隊主計長の認証した焼却額は

・官金 二千三百七十二万二〇一円
・公金 百二十六万六千八三円
・私金 六千四百三十六万九千九百十円

である。このうちの私金は、海軍に所属する軍人軍属所有の軍票だが、司令部では軍用郵便所長と相談して、それら各人の私金はすべて郵便貯金とすることとし、これまでの貯金にあわせて、内地帰還後に同額の内地貨幣をもって各人にはらいもどされるよう手続きをとってから焼却した」

無題
Name 名無し 18/06/03(日)18:01:53  No.1245248      
https://cgi.2chan.net/f/src/1528016513107.jpg
「もちろん、第十方面艦隊麾下の各地へも同じ措置をとるよう指令された。ちなみに南方日本軍の主なる駐屯地には、熊本貯金局より出張の軍用郵便所があったのである」

…との事
出本さんの話は海軍サイド内のみでの措置ではあると思われるんですが、おそらく陸サンでも同様な措置がとられていたんじゃあないでしょかね

従って、自前の郵便口座のあった日本の軍人・軍属さん達ならば、一応帰国してからも戦地での給与(貯金)が保証された、という事になるみたいなんですが、一方で例えば現地の人達がただ軍票の形で所有していただけ、なんて場合にどうなったかは…むぅn…

無題
Name 名無し 18/06/03(日)19:20:01  No.1245258      
https://cgi.2chan.net/f/src/1528021201352.jpg
>軍人軍属所有の軍票だが、司令部では軍用郵便所長と相談し>て、それら各人の私金はすべて郵便貯金とすることとし、こ>れまでの貯金にあわせて、内地帰還後に同額の内地貨幣もっ>て各人にはらいもどされるよう手続きをとってから焼却した

凄い勉強になります
No.1244738,No.1245164の方の仰る通りでした
勉強不足ですいません
確かに軍票の出どころは日本政府ですし、郵便局(逓信省)側としてもこれ以上ない担保だし
>一方で例えば現地の人達がただ軍票の形で所有していただけ、なんて場合にどうなったかは…むぅn…
ビ・・ビルマの人は、また日本軍が戻ってくると思ってたみたいです・・(白目)
http://myanmarjapon.com/special1508.html

引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1244560.htm

ビルマの竪琴 [DVD]
ビルマの竪琴 [DVD]
posted with amazlet at 18.06.05
フジテレビジョン (2001-11-21)
売り上げランキング: 10,904

放置_300x250_03