Name 名無し 18/04/26(木)20:33:44  No.474374

完全版 最強 世界の潜水艦図鑑

台湾の潜水艦計画に米企業参加
http://japan.cna.com.tw/news/apol/201804080004.aspx

米国としてはドイツ商談を取られる前に決めたと。
完全版 最強 世界の潜水艦図鑑
坂本 明
学研プラス
売り上げランキング: 211,316

無題
Name 名無し 18/04/26(木)21:26:20  No.474376
>米国としてはドイツ商談を取られる前に決めたと。
大丈夫なのだろうか
あのドイツでさえまともな通常動力潜水艦を作るのが難しくなってるのに…
アメリカは通常動力潜水艦のノウハウを復活させたいのだろうか

無題
Name 名無し 18/04/26(木)22:05:59  No.474378
>あのドイツでさえまともな通常動力潜水艦を作るのが難しくなってるのに…
まずその条件がおかしい

無題
Name 名無し 18/04/27(金)02:44:18  No.474385
>まずその条件がおかしい
それに通常動力も原潜も機関以外はコアの部分共通していてノウハウ云々もねえ

無題
Name 名無し 18/04/26(木)22:16:51  No.474379
もういっそキロ級でも買っちまえば…?

無題
Name 名無し 18/04/26(木)23:23:48  No.474380
台湾海峡は浅いからあまり深く潜れてもしょうがないと聞く(日本と違うところ)
性能は海中航続力と速力に絞れるね

無題
Name 名無し 18/04/27(金)19:00:24  No.474396      
http://may.2chan.net/39/src/1524823224403.png
>台湾海峡は浅いからあまり深く潜れてもしょうがないと聞く(日本と違うところ)

>性能は海中航続力と速力に絞れるね
距離が距離なだけに速力もそこまで優先されるようなファクターではないと思う
空母群に対する有人機雷、魚雷基地として機能すれば十分なので静粛性と連続潜航に集中じゃないかな

無題
Name 名無し 18/04/27(金)06:42:46  No.474386
>>あのドイツでさえまともな通常動力潜水艦を作るのが難しくなってるのに…
そういえばTYPE212が可動1隻となったと去年だったか聞いた記憶があるんだがどうなったんだろう…

>台湾海峡は浅いからあまり深く潜れてもしょうがないと聞く(日本と違うところ)
TYPE212なんかと想定される環境が似ているな。

無題
Name 名無し 18/04/27(金)12:01:35  No.474389
>それに通常動力も原潜も機関以外はコアの部分共通していてノウハウ云々もねえ
日本が原潜を作るのも簡単ということになるが、まあ、そうなんだろうね

無題
Name 名無し 18/04/27(金)12:37:44  No.474390
ドイツは戦後外洋型の大型潜水艦作るの禁止されてたから
そっちのノウハウはもうからっきしよ

無題
Name 名無し 18/04/27(金)12:39:26  No.474391
原子力潜水艦って潜水中、有り余るパワーの力押しで何とかする代物で
通常動力潜水艦は、限られたリソースで何とかする代物という真逆の運用をする代物で、動力部以外もそれに合わせたものになる
潜水艦という部分は共通だがそれ以外は別物だからなぁ
そもそもアメリカは通常型潜水艦の建造どれだけやってなかったかな?
技術的に失伝してしまったものや、原潜の馬鹿力のおかけで研究しなくてよかった分野の技術もあるだろうに
本当にそれで大丈夫なのか?

逆に今から経験積み直すために参加しますってんなら理屈は合うんだが

無題
Name 名無し 18/04/27(金)18:55:35  No.474395
>原子力潜水艦って潜水中、有り余るパワーの力押しで何とかする代物で
コアの技術ってペラとか外殻の反響の隠密性の話だろ

無題
Name 名無し 18/04/27(金)17:55:37  No.474394
米海軍は以前にゴドランド級をリース運用してたから建造ノウハウはともかく技術的ノウハウはそこまで失ってはいないだろう

無題
Name 名無し 18/04/28(土)11:51:45  No.474408      
http://may.2chan.net/39/src/1524883905303.png
>逆に今から経験積み直すために参加しますってんなら理屈は合うんだが



建造技術云々より、米国製機器を多めに載っけて、中国潜水艦の音紋等の各種データを間接的に採るのが目的じゃね?

「ソナーシステムの調整のため」とか理由があれば、合法的に低リスクで中国潜水艦のデータが大量に得られるわけだし。
(かつての黒猫中隊のように)

無題
Name 名無し 18/04/28(土)12:02:11  No.474409 
>アメリカは通常動力潜水艦のノウハウを復活させたいのだろうか
沿岸作戦支援でのヴァージニア級やオハイオ級SSGNの有効性は立証済なのでもっと吃水浅くて小回りの利くのが欲しいというのはあるらしい

無題
Name 名無し 18/04/28(土)14:42:14  No.474417
狭くて困るってのはあるだろうけど電気推進は他の船でやったことあるだろうし
耐圧殻だって原潜とそう変わらないだろうし
通常動力で原潜並みの巡航ミサイルプラットフォーム、低速であれば原潜と同等の航続距離!
とか言い出さない限り普通に作れるだろ

無題
Name 名無し 18/04/29(日)14:03:34  No.474470
>狭くて困るってのはあるだろうけど電気推進は他の船でやったことあるだろうし
>耐圧殻だって原潜とそう変わらないだろうし
個々の技術が優れていてもそれを組み合わせて今の状況にあった潜水艦をいきなり作るのは難しいよ

昔、米ソが人工衛星打ち上げ競争やってた時代、アメリカのロケット工学者がこう言った
「政府の役人は妊婦を10人集めてくれば一か月で赤ん坊を一人作ることができると思ってやがる」
物事を進めるのにはそれなりの時間と経験の積み重ねが必要、という事

引用元: http://may.2chan.net/39/res/474374.htm

潜水艦の戦う技術 現代の「海の忍者」――その実際に迫る (サイエンス・アイ新書)