無題 Name 名無し 18/03/20(火)20:28:01  No.1239208

逆襲!!連合艦隊 戦艦信濃〈第1巻〉 (歴史群像新書)

ここの住人の皆様がお気に入りの仮想戦記小説・漫画などございますでしょうか?
最近この小説読んで
1巻はとても面白かったんですけど
2巻は微妙でした…
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり1 (アルファポリスCOMICS)
アルファポリス (2017-12-01)
売り上げランキング: 3,135

無題
Name 名無し 18/03/21(水)02:11:33  No.1239236
その作家さんの不沈戦艦紀伊はよかったです
他の架空戦記物に出てくるトンデモ兵器ではなくて
実際に建造に向けて技術開発がなされていた戦艦の話なので

無題
Name 名無し 18/03/20(火)21:24:30  No.1239211      
覇者の戦塵1931 北満州油田占領 (C★NOVELS)
最初に読んだのは戦塵、今の所最後に読んだのも戦塵……

無題
Name 名無し 18/03/20(火)22:02:05  No.1239215      
レッド・アーミー侵攻作戦 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)
速水螺旋人先生も御用達の一冊

無題
Name 名無し 18/03/20(火)23:25:29  No.1239224     
東の太陽 西の鷲 (1) (歴史群像新書)
東の太陽西の鷲
全10巻
中里融司

無題
Name 名無し 18/03/20(火)23:29:30  No.1239225      
逆襲連合艦隊―山本五十六の英断〈1〉 (HITEN NOVELS)
逆襲連合艦隊
全3巻
大村芳弘

無題
Name 名無し 18/03/20(火)23:38:39  No.1239226      
龍神の艦隊〈1〉超合体戦艦「大和」出撃! (コスモノベルス)
龍神の艦隊 (1) 超合体戦艦「大和」出撃!
龍神の艦隊 (2) 激突! 蒼海に吼える巨砲
超戦艦大和 ― 龍神の艦隊 最終決戦

全3巻
中里融司

無題
Name 名無し 18/03/21(水)00:19:24  No.1239228
ああそうだもう佐藤大輔はいないんだ・・・

無題
Name 名無し 18/03/21(水)01:09:29  No.1239232
>佐藤大輔
この間の命日に「遥かなる星」1巻の文庫版が発売されたよ
特に書き下ろしは無かったけど、亡くなられる前に交流があった
意外な人の解説文が載っていて、4巻の構想と、それが書けなかった理由の推測が書かれていたよ

無題
Name 名無し 18/03/21(水)00:20:43  No.1239229     
https://cgi.2chan.net/f/src/1521559243146.jpg
俺が軍事ものに入ったキッカケ

無題
Name 名無し 18/03/21(水)06:24:11  No.1239243      
https://cgi.2chan.net/f/src/1521581051705.jpg
「ラバウル烈風空戦録」(川又千秋)本編15巻+外伝3巻
レシプロ軍用機の好きな人にお薦めできる作品。
読んでた当時はかなりハマってしまい、二式双発単座戦闘機の是非を巡って、友人とよく論争したりしてました。
現在は電子書籍でも全巻が発売されています。
 
ちなみに「ラバ空」を加筆、再編集した「翼に日の丸」(本編3巻+外伝1巻)という作品もあるそうですが、私はまだ読んでいません。
内容的にはどれくらい「ラバ空」と違うんでしょうかね?

無題
Name 名無し 18/03/21(水)06:25:51  No.1239244      
氷山空母を撃沈せよ! 1 (歴史群像コミックス)
「氷山空母を撃沈せよ!」(伊吹秀明)全3巻
ミッドウェー作戦で米空母3隻を全滅させて喜んでいた日本艦隊の前に、突如として巨大な氷山空母「ハボクック」が現れて、彼等をコテンパンに叩きのめします。
この無敵の超兵器を、日本海軍があの手この手で何とか沈めようと奮闘する物語です。
内容と結末をよく覚えていないのですが、とても面白かったことだけは覚えています。
フライング・パンケーキも活躍します。
電子書籍化されてないことが残念なくらいの良作です。
コミック版も出ていたようですが、そちらは未読です。

無題
Name 名無し 18/03/21(水)06:34:52  No.1239246      
出撃っ!  猫耳戦車隊 <新装版> (TANK NOVELS)
>「氷山空母を撃沈せよ!」(伊吹秀明)全3巻
その後こういうのに移るとはね…
昨今の戦車ブームに乗って再販されてたとは
主題から外れますが戦闘妖精雪風と豪屋大介を混ぜた感じです

無題
Name 名無し 18/03/21(水)09:24:14  No.1239252
>主題から外れますが戦闘妖精雪風と豪屋大介を混ぜた感じです
文明が崩壊した後、人類を襲う自動機械を相手に発掘兵器で戦争をやっている世界だったね

対空レーザーが存在しているので、航空戦力が無力化されていて、曇天時の偵察にしか使えない、発掘された戦車が小さいため、小柄で狭いところが苦にならない猫の遺伝子を組み込んだクローン兵士を乗せている、
という中々に凄惨な設定だったのを覚えている

無題
Name 名無し 18/03/21(水)06:29:27  No.1239245     
戦国の長嶋巨人軍 (ジョイ・ノベルス)
「戦国の長島巨人軍」(志茂田景樹)
これを仮想戦記小説と呼んでいいのか分かりませんが…。
現在は手元にないので詳しい内容はよく覚えていませんけど、原辰徳や桑田真澄など昔の巨人軍の選手たちが実名で登場して織田家臣団に野球を教える話だったと記憶しています。
恐らく志茂田先生も書いたことすら覚えてないんじゃないかな?
残念ながら、この本も電子書籍化されていません。

無題
Name 名無し 18/03/21(水)08:22:41  No.1239248      
鉄槌〈1〉1944迎撃!本土決戦!! (歴史群像新書)
割と本土決戦モノって少ないですよね
画像は好きなヤツ

無題
Name 名無し 18/03/25(日)22:30:18  No.1239664      
帝都閃光空戦録―超空の要塞邀撃ス (ワニ・ノベルス)
>割と本土決戦モノって少ないですよね
自分が真っ先に思い出す本土決戦モノはコレかしらん

無題
Name 名無し 18/03/21(水)10:29:51  No.1239255      
鎮魂の賦 戦艦大和最期の戦い (ノン・ポシェット)
天一号作戦の話なんだけど史実と違った作戦展開で結末が泣けるんだけど…ネタバレになるから具体的に触れられないのが辛い(;´Д⊂)

無題
Name 名無し 18/03/21(水)21:51:04  No.1239320      
樹氷戦線 (立風ノベルス)
軍事ではないですが・・・。

無題
Name 名無し 18/03/21(水)23:04:20  No.1239327      
https://cgi.2chan.net/f/src/1521641060450.jpg
ノンフィクションだけど、零戦も大艦巨砲主義で失敗。

(画像にない、大家さんから貰った人間魚雷の小説は、戦記や軍事の描写が一切無い恋愛小説だったでござる。)

無題
Name 名無し 18/03/22(木)21:03:17  No.1239401      
スクランブル バイパーゼロの女 (徳間文庫)
他のスクランブルシリーズが色々な意味でちょっと"重い"構成なんだけどこれは少しライトノベル寄りでスッキリしていて読みやすい。
冒頭からメインステイのインターセプトやF-15のACMや中盤でツンデレ鏡がけしかけてF-15vsF-2のACMがあったり戦競でアグレッサー墜としたりetc。
あと割鞘忍三尉かわいい。
"よみがえる空"よりはアニメ映えするメンツだと思うんだがなぁ...。

無題
Name 名無し 18/03/22(木)21:22:42  No.1239405     
大逆転!戦艦「大和」激闘す―沖縄沖大海戦 (カッパ・ノベルス)
早い話が豊田有恒氏の『タイムスリップ大戦争』みたいに1992年の沖縄本島が1945年4月に突如タイムスリップして、それに巻き込まれた自衛隊が第二次大戦当時の米軍と戦って、その結果菊水一号作戦に臨んだ戦艦大和が沖縄までたどり着いて米軍に一矢報いることができたというお話。しかもラストは沖縄本島が無事に1992年に戻ってきたところで完結てなわけ

無題
Name 名無し 18/03/24(土)11:05:56  No.1239525      
F‐4Jファントム ラインバッカー作戦 (光文社文庫)

無題
Name 名無し 18/03/24(土)11:58:20  No.1239533      
ニセコ要塞1986〈1〉利尻・礼文特攻篇 (中公文庫)
はじめて読んだ架空戦記もの
地元に要塞作るならどう建設するか妄想したもの

無題
Name 名無し 18/03/25(日)08:35:27  No.1239620      
十和田要塞1991〈1〉―風雲津軽海峡攻防篇 (中公文庫)
>はじめて読んだ架空戦記もの
私も要塞シリーズ好きでした。
「ニセコ要塞1986」
「十和田要塞1991」
「阿蘇要塞1995」
「琵琶湖要塞1997」
全部読んでいました。
荒巻センセの考える近未来兵器とイラストの親和性が高く、独特の世界観が雰囲気があって好きでした。
巻末の「あとがきにかえて」を読むのも好きで、地政学に興味を持ったのも、この作品の影響でした。
まさかこの後「紺碧の艦隊」でセンセがブレイクしようとは、列島軍将兵の誰一人として予測できなかったのだ。ハハッ。

無題
Name 名無し 18/03/26(月)03:26:59  No.1239686
>>はじめて読んだ架空戦記もの
>私も要塞シリーズ好きでした。
巻末に読者の考えたオリジナル兵器を掲載したり
読者の本名を作中のチョイ役の登場人物の名前に採用したり
読者サービスも充実してた

無題
Name 名無し 18/03/25(日)20:32:45  No.1239657      
旭日旗、征く! (1) (歴史群像新書)
>はじめて読んだ架空戦記もの
オペレーションMMとかサイドワインダーのSF書いてた頃から好きな作家だった安芸一穂のコレ
地味だけど面白かった

無題
Name 名無し 18/03/24(土)17:53:36  No.1239561      
大反撃一式砲戦車隊 (HITEN NOVELS)
前向きを後ろ向きに
75㍉をハチハチに
夜襲しないで機動防御向けの陣地に籠る
それだけの違いが大きかったんじゃないかというお話

無題
Name 名無し 18/03/24(土)21:45:53  No.1239580      
呪走!  邪神列車砲 (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)
呪走!邪神列車砲

すんません、読んでません

無題
Name 名無し 18/03/25(日)18:48:09  No.1239643
陰山琢磨なら旭日の鉄騎兵シリーズが好き

無題
Name 名無し 18/03/27(火)06:34:50  No.1239732      
原子力空母「信濃」激突ファントム飛行隊 上 (C★NOVELS)
原子力空母「信濃」シリーズが面白かった、中国艦隊や米第7艦隊との戦闘、南米でのクーデータ鎮圧など 空自のF4ファントムパイロットの空戦を描いた架空小説

無題
Name 名無し 18/03/27(火)21:40:37  No.1239756
最近の作品が見当たらないとは……
ここにはオッサンしか居ないのか?

無題
Name 名無し 18/03/28(水)03:38:30  No.1239761      
ミリオタJK妹! 異世界の戦争に巻き込まれた兄妹は軍事知識チートで無双します (GA文庫)
>最近の作品が見当たらないとは……
こ、こういうやつ・・・?

大和を魔改造しまくった欧州激闘録みたいなやつをまた書いて欲しい・・・

無題
Name 名無し 18/03/28(水)06:11:53  No.1239763
>最近の作品が見当たらないとは……
欲しい本をネットで注文がメインになってしまったために本屋に行かなくなったな。
そのせいか新しい作家さんの作品に挑戦ということが少なくなった気がする…

>>はじめて読んだ架空戦記もの
>>私も要塞シリーズ好きでした。
自分もはじめては要塞シリーズだったな。
あとに同じ作家の紺碧やら旭日にも手を出したが何時の頃からか一冊の半分近くが小説本編ではなくあとがきのような物?になってしまって買うのをやめた覚えがある…

無題
Name 名無し 18/03/29(木)01:43:50  No.1239786
>要塞シリーズ
「琵琶湖要塞1997」では作品世界の国際情勢がガラリと変わり、列島国(日本がモデル)はイビム(米国がモデル)とスミノフ(ソ連がモデル)と同時に戦うために、シノワ(中国がモデル)と同盟を結んでいたけれど、このチーム分けには当時から疑問を感じてたな。
1989年に第2次天安門事件で多くの市民を殺害した独裁国家がモデルのシノワと、日本がモデルの列島国が同盟を組むとか、ぶっちゃけありえな~い♪
中国は周辺の島々を侵略しつづけ、ついには尖閣諸島にも手を伸ばして来たりとか、そんな中国と日本との間に同盟が成立するはずがない。
そもそも中国は千年以上も前から日本を支配しようとして来たし、対して日本は中国に支配されまいと努力して来たのだから。
実際、90年代以降の世界では日米vs中露というチーム分けになった。
もしも今、要塞シリーズが復活するなら、列島国がシノワと戦う物語になるのかな?

無題
Name 名無し 18/03/29(木)10:16:08  No.1239794     
虚空の総統兵団 (中公文庫)
要塞シリーズは十和田までSFの仕掛けが良かったのだが
それ以降はただのお祭りになってしまった
まあそれ以前のビッグウォーズシリーズも序盤シリアスかつ絶望的なSFだったのに
終盤敵が主人公と駆け落ちってオチ…
話変わってSFモノとしてはこれすき

無題
Name 名無し 18/03/30(金)01:19:47  No.1239828
>それ以降はただのお祭りになってしまった
シリアスに始まり(?)お祭りになって終わると言えば「紺碧の艦隊」。
第1巻を読んだ時点で、後半はあんな展開になるとは予想できなかった。
一方、要塞と同じ中央公論社から出た「旭日の艦隊」は最初からお祭り路線。
きっと荒巻センセが本当に書きたかったのはコッチの方なんだろうなと思った。
個人的には荒巻センセがノリノリで書いてた(ような気がする)お祭り路線の作品は嫌いじゃないよ。

無題
Name 名無し 18/03/29(木)11:12:51  No.1239795
>要塞シリーズ
すっかり内容を忘れたけど、阿蘇要塞の霧島砲だけは覚えているな
シンクロトロンに着想を得たんだろうけど、霧島山麓の地下に円形加速器を埋め込んで
地球上のどこでも狙える電磁加速砲、という設定は厨二すぎて素敵だった

無題
Name 名無し 18/03/30(金)23:58:33  No.1239847
>シノワ(中国がモデル)
あっ、「シノワ」じゃなくて「シワノ」だった。
「シノワ」じゃフランス語の中国そのものじゃないか。
 
>霧島山麓の地下に円形加速器を埋め込んで、地球上のどこでも狙える電磁加速砲
しかも「スカラー電磁波バリアー」という上空からのあらゆる物理攻撃を無効化する鉄壁の防御力も備えた無敵の要塞だったね。
でもSFや仮想戦記などで、このような「難攻不落の要塞」を登場させてしまうと、読者たちはどうしても要塞を攻略しようとする側に感情移入してしまうものなので、阿蘇要塞を攻めるスミノフ軍を応援する読者が増えてしまったらしいよ。
デス・スターを攻撃するルーク&ハン・ソロや、イゼルローン要塞を攻略せんとするヤン・ウェンリーに感情移入するようなものかな。

無題
Name 名無し 18/03/31(土)08:19:12  No.1239867
結局、霧島砲は難攻不落すぎて「内部工作による破壊」で無くなった事にされてたね
チートが過ぎて作中世界のゲームバランスも崩す壊れ性能すぎたと思う

無題
Name 名無し 18/03/31(土)08:47:49  No.1239868      
https://cgi.2chan.net/f/src/1522453669301.jpg
>結局、霧島砲は難攻不落すぎて「内部工作による破壊」で無くなった事にされてたね

>チートが過ぎて作中世界のゲームバランスも崩す壊れ性能すぎたと思う
イラストストーリーのこれを見ると、チートすぎると文字通りの意味で消される模様……
身も蓋もねぇなぁ

無題
Name 名無し 18/03/31(土)14:16:51  No.1239877
>結局、霧島砲は難攻不落すぎて「内部工作による破壊」で無くなった事にされてたね
難攻不落なのに内部潜入は容易w

無題
Name 名無し 18/03/31(土)22:06:15  No.1239893
>難攻不落なのに内部潜入は容易w
「第5列による内側からの陥落」は、ビッグウォーズからの定番ネタなので

無題
Name 名無し 18/03/28(水)07:41:06  No.1239766      
覇者の戦塵1945 - 戦略爆撃阻止 (C★NOVELS)
>最近の作品が見当たらないとは……
失敬な、覇者の戦塵は去年も出てるぞ

無題
Name 名無し 18/03/28(水)15:11:53  No.1239771      
クリムゾンバーニング〈4〉燃える真珠湾 (C・NOVELS)
このシリーズとか新大日本帝国の興亡とか大好きだ
個人的にはこの巻の武蔵の戦いとかチリアックス提督の最期の戦闘とかドラマ性が高い架空戦記作家だと思う

無題
Name 名無し 18/03/28(水)15:15:30  No.1239772      
巨艦伝説1 憂国艦隊、出現! (学研M文庫)
コレも好きだ巨艦伝説
タイトルに偽りのない巨艦が出まくる活躍すると
そしてSF色も強いので面白い

無題
Name 名無し 18/03/28(水)19:13:11  No.1239780
紺碧&旭日や覇者の戦塵シリーズが、高校の図書館に充実していたのが運の尽き

無題
Name 名無し 18/03/29(木)13:31:21  No.1239798      
鋼鉄のレヴァイアサン (トクマ・ノベルズ)
SFだとコレが一推し
戦後に戦艦の保有が禁じられた自衛隊が秘密兵器でアメリカ戦艦二隻を沈めたソ連の超戦艦に挑むお話

無題
Name 名無し 18/03/29(木)22:39:38  No.1239817
ラバウル烈風空戦録はいつ烈風が登場するのかと

無題
Name 名無し 18/03/30(金)00:57:10  No.1239825
>ラバウル烈風空戦録はいつ烈風が登場するのかと
タイトルが「機動戦士Zガンダム」なのに、中盤になるまでZガンダムが登場しなかったアニメもあったんですよ・・・。(´・ω・`)
主人公のMSがガンダムmk.IIなんだから、タイトルは「機動戦士ガンダムII」でよかったんじゃないのかな?

無題
Name 名無し 18/03/30(金)16:18:08  No.1239841
紺碧の艦隊は三巻までは面白かった
四巻からは転生者が次から次に出てくるし
秘密のはずなのに前世では~とか記者会見でしゃべるし
日本側の被害はホンの僅かなのに敵は壊滅するし
あとがきはどんどん増えていくし

無題
Name 名無し 18/03/31(土)15:03:51  No.1239879
ここ数年で読んだのは故トム・クランシーの作品くらいだなぁ
 米中開戦 米露開戦 米朝開戦
 
タイトルは大仰だけど、戦争ではなくほとんど破壊工作モノみたいな展開になってしまってるけれど
ちゃんと戦争したのは「大戦勃発」くらいか ?

共著者が名義借りでシリーズ今後も続けていくのかなぁ…

無題
Name 名無し 18/04/02(月)01:14:53  No.1239981
日米開戦〈上〉 (新潮文庫)
>トム・クランシーの作品
この人の作品も色々読んでいたけど、「日米開戦」を読んだ辺りで、この人の作風は「アメリカ版荒巻義雄」なんだと気が付いた。
文体を荒巻調に直すと妙にシックリする。

無題
Name 名無し 18/04/02(月)09:44:35  No.1240003
>「日米開戦」
戦死者遺族の日本人パイロットが復讐のため、乗機をワシントンDCの議事堂に突っ込ませる、というオチには「トム・クランシーも日本人=カミカゼかよ」と呆れたけど、その後に911だからな

起こりうる事は必ず起こるもんなんだな、と驚いたよ

無題
Name 名無し 18/04/02(月)12:22:11  No.1240033
日米開戦ではEWACSが「神」とかコードネームで呼ばれてて
違和感バリバリやった

無題
Name 名無し 18/04/02(月)18:47:44  No.1240045
レッドオクトーバーを追え
でミンスクに照明弾使って模擬攻撃で肉薄するA-10の場面は是非とも映像化して欲しかったのに映画じゃスルーされて悲しかった

無題
Name 名無し 18/04/02(月)20:25:02  No.1240056
>ミンスクに照明弾使って模擬攻撃で肉薄するA-10
A-10が選ばれた理由が「退役予定の失敗機で、撃墜されても惜しくない」となってたのが切なかった
まさか、あれから30年近く経ってなお重宝される事になるとわ

無題
Name 名無し 18/04/02(月)19:18:23  No.1240047      
春の軍隊 (新潮文庫 こ 8-8)
短編ならこれが好き
片方の軍隊から核兵器(らしきもの)の使用をチラつかされて、自衛隊が防戦一方になるところとか

引用元: https://cgi.2chan.net/f/res/1239208.htm

不沈戦艦「紀伊」〈1〉初陣 (コスミック文庫)
子竜 螢
コスミック出版
売り上げランキング: 600,971