無題 Name 名無し 17/06/14(水)21:09:55  No.1215924

1497442195773
WW2のタイ王国軍って何してたんですか?軍事行動が最初日本と交戦した時以外殆ど無いですよね?
大東亜会議の真実 アジアの解放と独立を目指して (PHP新書)
PHP研究所 (2011-08-19)
売り上げランキング: 49,117

無題
Name 名無し 17/06/14(水)22:35:06  No.1215935
軍の仕事には「存在する」っていうのもあるのだ

無題 Name 名無し 17/06/15(木)00:02:56  No.1215943     
1497452576132
プレーク・ピブーンソンクラーム
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0
対仏国境紛争
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%A0%98%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B7%E3%83%8A%E7%B4%9B%E4%BA%89

無題
Name 名無し 17/06/15(木)02:18:04  No.1215950      
1497460684174
1941年1月17日 コーチャン島沖海戦
航空機による哨戒と朝靄を利用したフランス一方的な完全勝利。

第二次大戦のフランス海軍は小規模ながらどこか光るところを魅せてるのがいい

無題
Name 名無し 17/06/15(木)15:52:26  No.1215979
トンブリが返り討ちに遭った奴ですな

無題
Name 名無し 17/06/15(木)18:41:44  No.1215985      
1497519704478
コーチャン島沖海戦でフランス側旗艦を務めたラモット・ピケは
その後日本で修理を受けてますな

https://youtu.be/9MPylKTtSFo

フランス極東艦隊は紛争後に進駐してきた日本に武装解除されており
ラモット・ピケ自身は戦争末期に連合軍の誤爆で沈み
その他の艦艇も米軍支配下への脱出を察知されて自沈したりと悲惨な末路

無題
Name 名無し 17/06/15(木)19:11:17  No.1215987
↑その船はどうしてこうなったんだろう
「アミラル・シャルネ」という名前だけは分かったが
なぜここに沈んだのかは「よく分からない」ということしか分からなかった

無題
Name 名無し 17/06/15(木)23:13:04  No.1216022
だからアミラルシャルネは日本軍が乗り込んできたから自沈したんだって

無題 Name 名無し 17/06/16(金)01:11:31  No.1216036     
http://cgi.2chan.net/f/src/1497543091992.jpg
タイ海軍は元々イギリス製の艦艇が主でしたが1930年代にはイタリアと日本からかなりの数を輸入しています
昭和造船史からの引用で日本製の各艦を紹介

まずは川崎にて昭和13年進水の海防戦艦スリ・アユタヤ、トンブリ
コーチャン島沖海戦や艦橋及び主砲の1号20cm砲が保存展示されてることで有名ですね

無題
Name 名無し 17/06/16(金)01:16:29  No.1216037      
http://cgi.2chan.net/f/src/1497543389418.jpg
浦賀にて昭和11年進水のスループ メクロンおよびターチン
メクロンが丸々保存されていてM型砲や45cm連装魚雷発射管など
製造当時からの装備も一部陸上げされているとはいえ見られるこれも貴重な存在

無題
Name 名無し 17/06/16(金)01:22:14  No.1216038      
1497543734494
石川島にて昭和12年進水の哨戒艇クロンギャイ、タクバイおよびカンタン
全長40m最高速度19ノット乗員25名と非常に小柄な艇で
装備も8cm単装砲、45cm連装魚雷に20mm連装機銃と最小限ですが
いずれも1970年代までは現役だったようで

無題
Name 名無し 17/06/16(金)01:25:19  No.1216039      
http://cgi.2chan.net/f/src/1497543919353.jpg
播磨にて昭和12年進水の運送艦ないし給糧艦のバガン、シーシャン
全長55mの816GTとこれも小型
撃沈されたものなのか1隻が沈没しているのが確認できます

無題
Name 名無し 17/06/16(金)01:29:11  No.1216040      
http://cgi.2chan.net/f/src/1497544151157.jpg
昭和11年函館ドック製の給油艦サムイ
全長73.2m1457GT

無題
Name 名無し 17/06/17(土)08:32:00  No.1216147
>昭和11年函館ドック製の給油艦サムイ
タイなのに寒いとはこれいかに

無題
Name 名無し 17/06/17(土)10:00:15  No.1216166
函館どつく株式会社
http://www.hakodate-dock.co.jp/jp/
読み方は「はこだてどっく」

無題
Name 名無し 17/06/17(土)10:05:36  No.1216169
>読み方は「はこだてどっく」
事故事例で雪で滑って頭を打ったが回されてきた時は衝撃的だった。
今でも建造こそ無いものも艦艇修理はしてるんだよね
ただ、大湊から北海道まで回航できない小型艇のために大湊は海自唯一の自前の船渠を捨てられないんだとか

無題
Name 名無し 17/06/16(金)01:42:01  No.1216042      
http://cgi.2chan.net/f/src/1497544921480.jpg
最後に三菱神戸にて昭和11~12年進水のマッチャーヌ級潜水艦
4隻のうち2隻の艦橋が保存されている貴重な日本製の潜水艦です

以上14隻が短期間のうちに日本に発注され
このほかイタリアからも駆逐艦や魚雷艇を輸入するなど
第2次大戦前夜のタイ海軍は著しい軍備増強を図っていた事が見て取れます
その後の海戦で散々な結果になった辺りで実力はお察しですが

無題
Name 名無し 17/06/16(金)18:00:07  No.1216080      
1497603607991
大東亜戦争開戦時の時点でのタイ国陸軍は歩兵31個大隊・騎兵6個大隊・砲兵11個大隊・工兵2個大隊・戦車一個大隊等を基幹として総兵力3万名程度だったそうなんですが、昭和19年頃に
は約7万5千名まで増強されておるんだそうで

この大規模な拡大は主に日本との提携を進めた結果だそうでして、昭和16年12月21日の「日泰同盟条約」の締結、昭和17年1月3日の「日泰共同(軍事)作戦に関する協定」成立、同25日のタイからの英米への宣戦布告等を経て、日本軍の作戦協力のための「タイ外征軍」が編成されることになったんですとか

無題
Name 名無し 17/06/16(金)18:01:19  No.1216081      
http://cgi.2chan.net/f/src/1497603679205.png
当時、ビルマのサルウィン川以南の「シャン地方」は、支那(雲南地方)と仏印・ビルマの三国の国境が接する地点で、対米英開始後も依然対中戦継続中の日本軍にとっては援蒋ルート遮断及び支那軍南下阻止の為の戦略上の要衝だったそうなんですが、同地の日本軍支那派遣軍雲南部隊の支援の為、昭和17年5月5日に定められた「日泰両軍対支共同作戦大綱」に基づいて、タイ国軍を同地域に展開させることを申し入れているんだそうで

コレを受けてタイ陸軍が編成した「タイ外征軍」はレプチャン中将指揮の三個師団からなる総兵力3万5千名に達する(タイとしては)大規模なもので、「シャン地方」に展開して同地警備の任に就いているんだそうな

ほぼ後方のサポート役とはいえ、国軍の半分を派遣する大盤振舞だったわけですが、タイにとっても或は日本の勢いに乗って領土拡大できるチャンス、という下心めいた意図もあっての事故とも言われてるそうなんですが…実際どうだったんでしょかねえw

無題
Name 名無し 17/06/16(金)18:05:03  No.1216082     
1497603903872
尤も、日本側からすれば寧ろタイはビルマ戦線ほかの後方基地・補給地・物資の調達先として非常に重要だったそうで、従って、開戦当初から度々日本側よりタイ側へ、陸海軍費やタイ国内の航空基地建築費、鉄道施設工事費(泰緬鉄道とか有名ですな)を賄う為の借款申し入れが行われているんだそうで

バーツ貨の調達の対価を、金もしくは資本財・工業製品で支払う事を要求するタイ側に対し、日本側は基本的に応じず「特別円」決済を主としたため、結果としてタイの通貨増発を招き、1941年11月の2億7千500万バーツから45年8月には19億9千万バーツにまで増加しているんだそうでして、言い換えればそれだけの影響を与えるほど、物資等の調達先として重要だったわけなんですが、結局終戦でタイと取引が終了した時点で、日本銀行のタイ国銀行特別円勘定残高は15億円余りであったんだそうな

無題
Name 名無し 17/06/16(金)18:07:31  No.1216083      
1497604051515
この戦中の借金の清算は、1955年に日本円で54億円相当の額をエゲレスポンドで支払い、更に96億円相当の借款で経済協力を行う旨の協定が成立して一応決着を見るんですが、その後タイ側からのさらなる要求で96億円の借款も無償供与に切りかえられているんだそうで

この辺、タイ側の交渉上手っぷりが光るんですがwこの協定締結時のタイ側代表だったワン・ワイタヤコン=サンは、嘗て「大東亜戦争」中の1943年11月、日本の東條首相が主催する「大東亜会議」にもタイ代表として出席して、「大東亜共栄圏」各国の団結を高らかに謳い上げた中なんですが、その後結局大東亜共栄圏も大日本帝国も霧散して、東條サンも巣鴨の刑場の露と消える中で、タイ国もワンワイ殿下もその地位を保ち続けて、戦中の日本への貸しも忘れずにキッチリ取り立ててる訳なんですよね

陸海空の軍事力云々より、結局こういうある意味したたかな外交力こそタイが大戦を乗り切った最大の力だった、ってことなんですかねえ

無題
Name 名無し 17/06/16(金)18:08:48  No.1216084
そもそもヴィシーフランス発足直後にタイは強気でインドシナの領土の割譲を求めて拒否されると侵攻を始めてる
日本による仏印進駐が進むと取り分が減るからと行動も早かった
結局フランス軍相手に苦戦してタイは日本に仲介を求めて領土はある程度確保するに留まった
この辺も含めて明らかにタイは下心と言う段階じゃないほど領土拡大を狙ってる

無題
Name 名無し 17/06/16(金)18:20:26  No.1216085
タイって戦争中外征してたんだ全然知らなかった
仏印にちょっかいだしてぼろ負けしたことしか知らなかった

無題
Name 名無し 17/06/16(金)21:27:04  No.1216105      
http://cgi.2chan.net/f/src/1497616024770.jpg
タイ王立空軍は戦前から日本機の輸入をしており、大戦中、隼や九七戦、九七式重爆などを輸入。

昭和19年には飛来したB-29を迎撃して1機撃墜の戦果をあげてるね

無題
Name 名無し 17/06/16(金)21:59:20  No.1216109      
アドミラル 7223 1/72 三菱 キ-30 九七式軽爆撃機 <南方戦線>
「タイ外征軍」には航空隊も派遣されまして、タイ・仏印紛争でも活躍した日本から購入のキ30軽爆「NAGOYA」による爆撃作戦なんかも行なわれておるそうですw
因みに日本軍にとって同盟国タイが重要な後方策源地である事は連合軍サイドにも分かりきっておりましたから、日本軍の旗色が悪くなるにつれタイ国内への航空攻撃もかなり激しく行われたそうでして、従ってタイ国空軍のキ43「HAYABUSA」、キ27「Ota」等の日本製戦闘機との間で空戦も屡々発生して、固定脚の「Ota」が米空軍のP-38を撃墜した、なんて武勇伝もあるんですとか
アメちゃんの超重爆B-29の記念すべき?初出撃も、タイのバンコクの鉄道操車場が目標だったりするんですが、1944年6月5日のこの攻撃について、カーチス・ルメイ=サンは

「バンコクはまさしく戦略目標であった。同市にあるマサカン鉄道操車場は、東南アジアにおける交通機関の最重要の中枢の一つで、日本軍のビルマ戦をささえる要素になっていた」

…と手記に書いていましたり

無題
Name 名無し 17/06/16(金)22:01:29  No.1216110      
この日の出撃で米軍は5機のB-29を失っているものの、全て事故等によるもので戦闘損失は無し、実際この日タイ空軍の3機の「HAYABUSA」が邀撃に上がったものの戦果は報じられなかったそうです

一方、バンコクへのB-29初来襲から程なくして、日本陸軍によるインパール作戦が中止されると、同作戦支援の任に付いていた一式戦装備の日本陸軍飛行第64戦隊にも、サイゴンまで後退して整備と訓練に入るよう命令が下るんですが、内一個中隊を割いてタイのバンコクでタイ国空軍への一式戦の戦技(空中戦闘、空中射撃)の教育訓練を行うよう指示されたんだそうで

「日本ニュース」204号でもタイ空軍へ「隼」の指導をするIJA航空隊の話題が取り上げられているんですが(ただし時期的にはB-29の来襲前)、或はこのB-29ショックによって改めて日本の名高い「隼戦闘隊」に指導を乞いたい、若しくは行わせようなんて動きがあったのかもですなあ

無題
Name 名無し 17/06/16(金)22:01:59  No.1216111      
1497618119569
この時派遣された中村三郎大尉以下の教官役っぷりはなかなか好評だったようでして、辞書を片手に英語で教育するという苦労はあったものの、一ヵ月立って教官役を交代しようとした中村大尉さんに、タイ側から是非交代せずそのまま続けてくれ、と要請が有ったそうですw

同じく64戦隊の中隊長だった宮邊英夫少佐さんによると、この訓練後のタイ空軍戦闘機隊の腕前と士気は確かに向上したらしく、

「敵機と堂々と渡り合った」

…そうなんですが、そんな中1944年11月27日に、B-29(55機)による同機種によるものとしては2度目となるバンコク空襲が行われたんだそうで

無題
Name 名無し 17/06/16(金)22:05:57  No.1216112      
タイ空軍はこの時「HAYABUSA」7機が発進、内Therdsak・Worrasap=サンがB-29の防御砲火と相撃ちになる形で1機に損傷を与えたと報じられているんですが、実際この時の空襲では第58爆撃航空兵団所属のB-29一機が未帰還となった他、一機は被弾多数で帰投したものの、機体は廃棄処分になっておるんだそうです

但し、この日は日本陸軍も邀撃機を上げており、飛行第50戦隊の大房曹長もB-29一機撃墜を報じておりますので、必ずしもタイ空軍の戦果とは言い切れない所もあるんですが、ともあれ中村大尉らの指導も見事に効果を上げていたという事なのかもですなw

もっとも、中村大尉は之より先の10月5日、ビルマ上空でB-25相手の邀撃戦で被弾、既に戦死しておられるんだそうです

もし仮にこの「教え子」の戦果を聞く機会があれば、きっと喜ばれたと思うんですけれどねえ…

無題
Name 名無し 17/06/16(金)22:11:16  No.1216115     
http://cgi.2chan.net/f/src/1497618676729.jpg
王立博物館の九八直協は元気にしてるかな?

無題
Name 名無し 17/06/16(金)23:46:42  No.1216121      
http://cgi.2chan.net/f/src/1497624402120.jpg
タイは軽巡洋艦を日本に発注してたらちゃんと入手出来てたんじゃなかろうか

無題
Name 名無し 17/06/17(土)05:00:48  No.1216130
タクシン級が注文通りに完成したとしてどうやって運ぶ気だったのか
イタリアかタイが断念をもっと早くしてれば
日本国内で放置されてた寧海級を代わりに買うとかできたかもしれない

無題
Name 名無し 17/06/17(土)20:45:43  No.1216250
>イタリアかタイが断念をもっと早くしてれば
>日本国内で放置されてた寧海級を代わりに買うとかできたかもしれない
タクシン級2隻の工事が続いたのはタイ側の要請で41年12月まで続いた
断念したのはこの頃になるとイギリスとの関係も微妙になって回航も難しくなってきたからかな

無題
Name 名無し 17/06/17(土)05:09:27  No.1216131      
http://cgi.2chan.net/f/src/1497643767505.jpg
そういえばメクロン級に積んでた水上機も日本製でした
戦後も長らく使われたのか良い写真が残っていたり

この国は今でもキャノン級を使ってたりと異様に物持ちがいいね
ハ号もあちらこちらに残ってるし

無題
Name 名無し 17/06/17(土)11:32:28  No.1216182
>この国は今でもキャノン級を使ってたりと異様に物持ちがいいね
フィリピンの『ラジャ・フマボン』と混同してないか?
と思ったらタイにもあったんだな(練習艦『ピンクラオ』)

もっとも現在も現役かは不明と聞いたが

無題
Name 名無し 17/06/17(土)20:45:43  No.1216250
>イタリアかタイが断念をもっと早くしてれば
>日本国内で放置されてた寧海級を代わりに買うとかできたかもしれない
タクシン級2隻の工事が続いたのはタイ側の要請で41年12月まで続いた
断念したのはこの頃になるとイギリスとの関係も微妙になって回航も難しくなってきたからかな

無題
Name 名無し 17/06/17(土)23:36:46  No.1216274      
1497710206383
>九八直協

中村大尉に引率されてタイ空軍の訓練に派遣された飛行第64戦隊の池田昌弘軍曹さんの回想にタイ空軍の99式高練(≒98直協)に乗った話が出てくるんですが、曰く

「わが戦隊は、逐次(一式戦)三型に改変されたが、いまや第二線機となった二型12機はタイ国空軍に譲り渡された。同盟国だからといって、決して最新兵器を渡せるものではない。その射撃教育の為に、戦隊から6名の操縦者がタイに派遣された」

「タイのドムアン基地に集まったタイ空軍パイロットは空軍中佐アパカラ殿下はじめ、操縦士はイギリスに留学して腕をみがいてきた人が大半であった。年齢も30~40歳の老練な将校ばかり」

無題
Name 名無し 17/06/17(土)23:37:15  No.1216275      
「その前で、中村中隊長は、おちつきはらって紹介した。『ここにいるのは、年齢21、2歳の少年飛行兵出身者です。ビルマ戦線でいずれも大活躍してきた操縦者―』通訳はそのまま英語でペラペラやる。そこまではよかった」

「『P38、P51は言うに及ばず、スピットファイア―でござれ、B25、B24の重爆でござれ、片っ端から叩き落として来た若者です。個人撃墜数20機以上の隊員の中から、さらに選抜してまいりました』堂々と、かつ平然と言う。私は唖然とした。このとき私の撃墜数は確実3、不確実2にすぎない。中隊長はそれも十二分に知っている。私は中隊長の顔と通訳の口もととをこもごも見比べた」

「タイ国側は感激した。大仰に白人のような身振りを加えて賛嘆の意を示した(略)全員から握手を求められた。顔が赤くなるのをどうしようもなかった」

無題
Name 名無し 17/06/17(土)23:38:20  No.1216276      
1497710300835
「顔かたち言葉が違っても、飛行機乗りの間には、心に通うものがある。初対面のその時から、階級と国境をこえて、旧知のように打ち解けた」

「空軍副司令フン少将の教育法は、まったくのスパルタ教育。厳格さは、日本軍以上であった」

「彼らは、私たちが操縦する99式高練の吹流しに、実弾を撃ちこむが、驚いたことに、みんな、さすがはと思わせるうまさだ」

「楽しいうちに指導と訓練御一ト月はまたたく間にすぎた。最後の夜は、タイ空軍の操縦者とともに、肩を組み合って合唱し、互いに別れを惜しむのであった」

無題
Name 名無し 17/06/17(土)23:39:03  No.1216277      
1497710343917
…との様子だったそうなんですが、池田さんが吹流し曳航役を命じられたのは、派遣隊の内で一番の若年故、操縦訓練で99式高練に乗ってた感覚がまだ残ってるじゃろ?との理由であったそうです

もっとも、操縦はともかく、吹流しの曳航作業は実のところ初めてでしたそうでして、後席にタイ国の兵隊さんを載せてとにかくぶっつけ本番で臨んだそうなんですが、なんとか首尾よく仕事をこなした為、以後本隊に復帰後も「吹流し曳航?なら池田な」と仰せつかる事になってしまったんですとかw

ともあれ、ある意味同機はかつての日泰戦闘機操縦者さん達の、束の間の交流とユウジョウの思い出の証人?でもあったりするわけなんでしょかねえ

無題
Name 名無し 17/06/18(日)10:55:45  No.1216323
タイ空軍結構おっさん中心だったのね

でも一応対仏印戦闘の実戦経験者もいただろうし素質はよかったんだろな

無題
Name 名無し 17/06/19(月)02:20:49  No.1216415      
1497806449318
>素質はよかったんだろな

三菱製のキ30(97式軽爆撃機)がタイに売却された際の思い出を、同機や99式襲撃機の設計に携わった大木喬之助さんが書き残されているんですが、それによりますと

「昭和15年には、タイ国空軍向け24機がM103の名の下に嫁入り話がまとまり、各務ガ原からバンコックまで編隊空輸の壮挙が実施された」

「12月というのに(タイ現地の)野外に並んだ機体に、うっかり触れようものならば火傷しかねまじき有様であった(略)機能上には大した問題は起こらず、風防の有機ガラスに真綿状の小亀裂が発生したのみであった」

無題
Name 名無し 17/06/19(月)02:21:50  No.1216416      
「たまたまタイ仏印間に紛争が起こり、実戦にも出動した。これまでアメリカ製ばかり使用していたタイ空軍の所見では、はじめて日本製を扱ってみて、その宣伝の拙さにひきかえ実際の性能にかけ値が無く、日本人とタイ国人とは体格が似ているので搭乗者も整備員もまことに取扱い易いと好評であった。こんな暑い新年の空に、訓練を終えたタイ空軍の面々が、M103の見事なデモンストレーションを行ったのも、感激深い思い出である」

…との事なんですが、案外タイ人パイロットさんと日本機の相性全般がよかったのかもですな

戦後平和になって日本の各企業が東南アジアに進出した際、タイでは三菱自動車の評判がことのほか宜しくて大きなシェアを占めるに至ったそうなんですが、その先駆ともいうべき「メイドイン・ジャパン」製品の高評価の思い出がそれに影響してたり…

…はしないですよね、やっぱし…w

無題
Name 名無し 17/06/17(土)12:17:28  No.1216189
>尤も、日本側からすれば寧ろタイはビルマ戦線ほかの後方基地・補給地・物資の調達先として非常に重要だったそうで
それしかないとはいえインディカ米食わされた日本兵もいたんだろうなあ可哀想に

無題
Name 名無し 17/06/19(月)23:44:42  No.1216521
>それしかないとはいえインディカ米食わされた日本兵もいたんだろうなあ可哀想に
当時、コシヒカリもササニシキも無い時代で、今より精米技術が低レベルだったのに、現地米はそれなりに食えただろ
長粒米の問題の大半は品質管理が等閑な長期保存と長期輸送による品質低下だからね

無題
Name 名無し 17/06/20(火)01:08:01  No.1216527
戦記読んでると「握り飯にもできないようなポロポロの南京米」に文句言う描写がちょくちょく出てくるけどなぁ。

無題
Name 名無し 17/06/20(火)01:45:41  No.1216530
そもそもインディカ米はジャポニカ米と同じように調理することが間違いなんだけどね

無題
Name 名無し 17/06/20(火)18:28:25  No.1216582
タイで喰ったなら、炊いたんじゃなくて蒸かしたちゃんとしたやつじゃなかったのかね?
それなら絶対に旨い。

無題
Name 名無し 17/06/20(火)21:31:11  No.1216599      
日米開戦の年の1941年、南部仏印への日本軍の進駐前に昭和天皇の御回想によりますと

「我が進駐部隊が海南島に集結中で呼び戻そうと思へば戻せる余裕のある時であつたので(略)東條(陸相)に対し、国内の米作状況が極めて悪いから、若し南方からの米の輸入が止つたら国民は餓死するより外はない、進駐は止めるように言はせたが、東條は承知しなかった」

…なんて事があったんだそうで

日本国民のごはん事情を気に掛ける、陛下のお優しい人柄が伝わってくる話ではあるんですが、逆に言えば陛下が真っ先に心配されるぐらい、当時の日本の食糧供給事情において南方米が重要な存在だった事を示してるような気もしますですねえ

無題
Name 名無し 17/06/20(火)21:33:33  No.1216600      
因みに1939年前後の日本では、おコメの国内消費量の約20%は日本本土外で生産されたモノで賄われていたそうなんですが、これは「移入米」と呼ばれた台湾や朝鮮といった日本領土で生産されたもので、品種的にも日本国産の短粒米に近い品種であったんだそうな

ところがこの年、旱魃による凶作が発生して「移入米」の生産量が落ち込み、窮余の策として東南アジアからの「外米」輸入が急遽決定され、翌年から日本国内で大量に出回る事になりまして、東京市では1940年5月より配給米は強制的に6割の「外米」になっているそうです

言わばまあ、「ブレンド米」として嫌でも南方産の「外米」に親しむ羽目になっちゃった人はかなりの数にのぼったみたいでして、陛下の御心配もこういう事情有っての事だったみたいなんですな

無題
Name 名無し 17/06/20(火)21:34:26  No.1216601      
こういう状況に対応したという訳なんでしょか、この「外米」を美味しく頂く為のレシピも当時の婦人雑誌で紹介されるようになったそうでして、例えば「婦人倶楽部」1940年7月号掲載、東京市内の有名デパート8店の料理人さん達による「東京八大デパート戦時(支那事変中ですからね)食糧献立の腕くらべ座談会」より、三越デパートの和食調理主任・遠藤多三郎さんの紹介する「卯の花御飯」のレシピを引用させて頂きますと

「色々と研究しましたが、卯の花御飯が一番経済的のようですね。米(外米混入)一升に対して卯の花一○○匁、油揚三枚」

「油揚は繊に切って、卯の花と米を一緒に釜に入れ、水加減をして味の素があれば入れて炊き込みます」

無題
Name 名無し 17/06/20(火)21:36:34  No.1216602      
「卯の花が上側に浮いて容易に水が引きませんが、出来上がってからよく掻き混ぜるとちょうどよく、冷めても外米の白い御飯のように不味くはありません」

…との事で、当時でもそのまま白いゴハンに(日本流で)炊くと口に馴染まない「外米」が、ご家庭の主婦の方々の間で悩みの種だったことが窺えますですな

そして国内の凶作で緊急輸入した馴染みのないインディカ米の美味しい食べ方を、有名料理店の料理人さんが婦人雑誌誌上で解説!と言う光景が、このおよそ53年後にまた日本で再現されたわけですケド、こういうのも所謂「歴史は繰り返す」事例の範疇なんでしょかね…w

無題
Name 名無し 17/06/19(月)08:01:10  No.1216423
海軍は砲艦とか警備艇持ってるのに船団護衛とか手伝ってくれんかったの?

無題
Name 名無し 17/06/21(水)12:06:05  No.1216660      
1498014365728
>海軍は砲艦とか警備艇持ってるのに船団護衛とか手伝ってくれんかったの?

タイ海軍はコーチャン沖海戦の推移を見ればわかるように練度の行き届いた組織ではない
戦争中の手持ちの艦船を見ると
海防戦艦(トンブリ級)2隻(1隻は修理不能で係留)に
WW1のイギリスのお古の駆逐艦1隻
日本製スループ(メクロン級)2隻
400t前後のイタリア製水雷艇(トラッド級)7隻
日本製小型潜水艦(マッチャーヌ級)4隻
他に各種支援艦艇と言ったところ
これではとてもじゃないがタイランド湾の哨戒が精いっぱいで日本の支援どころじゃないし
そもそも戦争中盤までは日本の輸送船は基本独航していたので護衛の要請も来ていないと思われる
タイの国力だと損失の補充も無理なので外洋には出したがらないだろう
また戦争後半だとタイランド湾ですらB-25以下の中爆がうようよし出しメクロン級の一隻が停泊中に爆撃で大破している
もしもエトナ級が就役していたなら有力な戦力となるので何かしら日本に協力した行動を起こしていた可能性はあるが

無題
Name 名無し 17/06/21(水)12:23:10  No.1216662      
1498015390116
そんなわけでタイ海軍の太平洋戦争中のエピソードはかなり乏しいものとなりますがそんな中で
1945年の4月14日のバンコク空襲により2つの発電所が被害を受けて停電が発生したため
マッチャーヌ級2隻が発電所代わりに駆り出されて路面電車用の電力を供給したという逸話が残ってます
マッチャーヌ級は稼働率が良くなく基本的にタイランド湾の哨戒と訓練しかしていなかったものの
4隻のうちの半分を転用するとは割と思い切った決断で
このあたりタコマ市に電力を供給していた米空母レキシントンを思いだす話ですな

無題
Name 名無し 17/06/21(水)12:27:15  No.1216663      
http://cgi.2chan.net/f/src/1498015635085.jpg
また陸の話になりますが日本からタイに95式軽戦車が輸出されていたのは有名ですが
戦後しばらくの間国軍が解体された日本からこの95式用の37mm砲弾がタイ向けに輸出されていたというのですから何とも言えない話ですね

無題
Name 名無し 17/06/21(水)18:42:53  No.1216692      
タイ海軍兵学校のWEBページの記述ですと、タイ仏印戦争は別として、WW2時のタイ海軍の活動については、「日本との同盟に反対し、『自由タイ(抗日)レジスタンス活動』の創設」を助けた」とエラくつれない事が書いてあったりします
ふーん、そうなんだー(棒

ただ実際、大東亜戦争開始直後からの現場での日タイ軍人さん達のユウジョウとは別に、はっきり抗日及び連合軍側との協調の目論みも同時進行で生じていたのは事実なんだそうでして、当時タイ国王の摂政を務めたプリディ・パノムヨン=サンなんかは、閣議で

「この戦争は最初に経済力で勝る連合国が勝利する可能性が高く、目先の利益に囚われて枢軸国の側に立つことは賢明でない」

…と主張して「親日」のピブン首相と対立し閣僚をクビになっている他、米英への宣戦布告文書への署名も拒否しているんですとか

無題
Name 名無し 17/06/21(水)18:43:25  No.1216693      
1498038205932
このプリディ=サンの弟子筋に当たる人で、当時駐米公使だったセーニー・プラモート=サンが米政府に設立を提案した「連合軍の対日戦に協力するタイ人組織」が前述の「自由タイ」なわけなんですが、戦争中盤になって段々日本側の旗色が悪くなってくるとこうした抗日タイ人組織は勢いを増し、1943年6月にはアメリカの「自由タイ」組織とエゲレス陸軍のタイ人部隊が合同で、インドを本拠地に本格的な情報工作活動を始めているんだそうな

そして、タイ国内においてこうした在外タイ人の抗日活動に呼応して、その活動を支援したのが、摂政プリディ=サンや警察長官アドゥン・アドゥンヤデット=サンといったタイ行政機関の高官クラス含む面々(そしてタイ側の主張ではタイ海軍も)だったという事なんだそうで

無題
Name 名無し 17/06/21(水)18:43:53  No.1216694      
1498038233866
例えば1945年5月29日に、「自由タイ」と協同作戦を行っていた米戦略情報局の諜報員と物資を、タイ国内に投下する為に侵入した米陸軍のB-24一機が、当時タイ国内の基地に後退していた飛行第64戦隊の「一式戦」の編隊に発見され(先の池田さんもその一機だったそうな)撃墜されているんですが、落下傘で脱出した米機の生存者はタイ警察に保護された後、「自由タイ」メンバーの運転するバスで飛行場に運ばれ、飛行機を乗り継いでインドに送還されているんだそうな

もうここまでくると仮にも同盟国としてははっきりと背信というか利敵行為モノなんですが、まあタイの対日協力にこういう面従腹背の面がある事自体は薄々日本側も気づいておりましたそうでして、1943年に東條サンと一緒にタイを訪れた佐藤賢了軍務局長サンは

「日本と共同戦争に入っていても、英米側と通ずることも決しておろそかにしてはいない」

無題
Name 名無し 17/06/21(水)18:44:59  No.1216695      
「だから戦局のいかんによっては、どうひっくりかえるか分かったものではない」

…なんて評しているんですとか

実際、日本の玉音放送の翌日にはプリディ=サンは国王ラーマ8世の名で「平和宣言」を国会で発表して、対米英宣戦布告は日本軍の強制によるもの、摂政(自分)のサインがないので法的にも無効、だから無しにしてね!と主張してるんですが、結果的にはこのタイの強引な主張はほぼそのまま英米の承認する所となり、「戦勝国」サイドへの鞍替えを果たしているわけなんですよね
無論、単に口先だけでなく、「自由タイ」活動に代表される戦中の実績あっての結果なんでしょうけれど、こういう機を見るに敏なタイ国が、戦争後期の船団護送なんて割に合わない作戦に、例えその能力が有っても協力してくれたか、は微妙なトコなんじゃないでしょか

なんにせよ、佐藤サンを嘆かせた巧妙な外交手腕を揮う当時のタイ政府も、タイ米と同様、日本人には「食えない」相手だった、って事なんですかなあ

無題
Name 名無し 17/06/21(水)19:23:34  No.1216696
このタイのしたたかさというか外交力ほんとすごいな
どちらに転んでも生き残れるように立ち回れるなんて
日本としてはたまったもんじゃないけど

無題
Name 名無し 17/06/22(木)00:28:17  No.1216739
スウェーデンやフィンランドなどもそうだけど列強以外の国にとってはただただ迷惑なだけの戦争だったからねえ
連合国とか枢軸国とか関係なく
またあいつら暴れまわってんのか、みんな死んでくれねえかな、みたいな

無題
Name 名無し 17/06/22(木)18:09:38  No.1216785
しかしタイはわりと自分から首を突っ込んでる側だぞ

無題
Name 名無し 17/06/24(土)18:05:34  No.1217003 
日本と同盟しつつ連合国にも協力とか、日本軍に教育されてるタイ空軍操縦者はどう思ってたのかね
自分たちも米軍機迎撃に出撃してるのに、とかならなかったんだろうか

無題
Name 名無し 17/06/24(土)19:44:08  No.1217014
そりゃ末端レベルでは知らないでしょ。

そして上のレベルでは独立国である以上自国第一だから当然と思ってる。

無題
Name 名無し 17/06/24(土)22:25:02  No.1217044
>そりゃ末端レベルでは知らないでしょ。
>そして上のレベルでは独立国である以上自国第一だから当然と思ってる。
そりゃそうか
んじゃ終戦後すぐの変わり身に思うところあったりしないのかね

無題
Name 名無し 17/06/26(月)02:58:58  No.1217135      
http://cgi.2chan.net/f/src/1498413538813.gif
>No.1216038

水雷艇カンタンは画像にでかでか写ってる方じゃなくてその手前に泊まっているポンツーンみたいなやつの方だね
このクラスの4番艇は1958年にタイによって国産再生産された

無題
Name 名無し 17/06/26(月)03:05:30  No.1217136      
http://cgi.2chan.net/f/src/1498413930056.jpg
小型だったり火力が弱かったりするのはともかく19ktしか出ないのは悲惨やね
タイはイタリアから速力31ktの快速水雷艇9隻も仕入れてるわけだし
このカンタン級はどういう存在だったんだろう

無題
Name 名無し 17/06/26(月)14:04:47  No.1217161
タイを見ると馬鹿正直にどっちかに全振りするようなやり方を国がしちゃいかんてよくわかるな
個人の関係性を国家レベルではやってはいけない

無題
Name 名無し 17/06/26(月)14:27:28  No.1217163
それも時と場合だけどな。
戦争終了後、「お前敵と通じてたよな?」でヤキ入れられる場合もある。
特に近代以前。

無題
Name 名無し 17/06/26(月)14:33:55  No.1217165
中小国ならソレでいいけどね。
地域覇権を揺るがしちゃうような地域大国は、旗幟を鮮明にしないと、却って不安定要素になるよ。
んでもって地勢的に自立は出来ないもんだから、しくじった時に、気がつくと孤立して暴走かより酷い隷属を選ぶことに。

引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1215924.htm

もう一つの陸軍兵器史―知られざる鹵獲兵器と同盟軍の実態
藤田 昌雄
光人社
売り上げランキング: 510,506