無題 Name 名無し 17/05/14(日)01:14:50  No.1213307

燃えよ剣 上

新撰組ってなんで今も昔も人気あるんですかね…?
個人的には

・大政奉還後も素直に従わなかった = 朝敵なのでは?
・治安維持を担っていたって言うと聞こえがいいけど、特高やゲシュタポだってそうなのでは?
・斬り合いで死んだ人数より、内部対立や粛清で死んだ人数のほうがかなり多い = 脳筋じゃん!そもそも組織として頭が悪そう

と、親しみを感じない要素ばかり思いつくんですけど…
単に、フィクションの世界で格好良く描かれてきたことが多い、からですかね?
幕府歩兵隊―幕末を駆けぬけた兵士集団 (中公新書)
野口 武彦
中央公論新社
売り上げランキング: 157,107

無題
Name 名無し 17/05/14(日)01:16:48  No.1213308      
1494692208549
沖田総司なんてこんなのだぜ!
千年の恋も覚めるわ

無題
Name 名無し 17/05/14(日)13:34:34  No.1213359      
1494736474021
>沖田総司なんてこんなのだぜ!

>千年の恋も覚めるわ
しかし土方歳三は(・∀・)カコイイ!!
現代に生まれていたら俳優になってるな。

無題
Name 名無し 17/05/14(日)20:28:15  No.1213390
>沖田総司なんてこんなのだぜ!
>沖田の容貌に関して、現在残っている沖田の肖像画は、姉ミツが孫の要を「総司にどこか似ている」と称したことから、彼をモデルに昭和4年(1929年)に描かれたもので、生前の沖田を描いたものではない。

無題
Name 名無し 17/05/14(日)03:09:26  No.1213316     
個人的には武装SSと被る

・制服がかっこいい
・士官は猛者ぞろいだが、下っ端は質が悪い
・犯罪者の寄せ集めみたいな部隊がある

無題
Name 名無し 17/05/14(日)05:52:21  No.1213324      
1494708741522
その後が面白い
特にお茶の水女子大時代知りたい

無題
Name 名無し 17/05/14(日)07:42:26  No.1213326
>親しみを感じない要素ばかり思いつくんですけど…
相手側の維新志士と聞こえはいいけど薩長土肥の新政府側も暗殺とか恐喝とか非合法活動に手を染めてたり
かなりダークな部分を抱えてるからなぉ

無題
Name 名無し 17/05/14(日)07:59:53  No.1213328
>新撰組ってなんで今も昔も人気あるんですかね…?
再評価のきっかけは昭和初期の新撰組を題材にした小説
本格的に人気が出始めたのは戦後だな
日本人て判官びいき、滅び行く者が好きだからねぇ

それまでは薩長出身者が政権握ってたこともあって歴史的研究も殆ど行われていなかった

無題
Name 名無し 17/05/14(日)10:25:44  No.1213339      
幕府歩兵隊―幕末を駆けぬけた兵士集団 (中公新書)
彼らの人気は・・・

無題
Name 名無し 17/05/14(日)11:32:58  No.1213348
>彼らの人気は・・・
未だに鎧と槍と火縄銃の旧態依然の幕府軍が一般の普通のイメージで、存在すら認識されてないと思う
たまに映像とかでは幕府の「歩兵」も描かれるけど、ほぼモブ扱い

無題
Name 名無し 17/05/14(日)11:39:25  No.1213349
んなこと言ったって忠臣蔵だって自力救済に走ったテロ集団だし

無題
Name 名無し 17/05/14(日)13:31:42  No.1213358
>んなこと言ったって忠臣蔵だって自力救済に走ったテロ集団だし
いや、赤穂藩士たちが教えを受けた山鹿素行の思想が、時間をかけて幕末の討幕運動に繋がっているので、赤穂浪士の武力行使もただのテロではなかったし、無駄な行為だったわけでもないよ。
大塩平八郎の乱もそうだけど、戦術的には敗北しても、そういう小さな反乱や反幕府運動が積もり積もって、多くの人間に討幕思想を広めて、結果的には実際に幕府の打倒を実現しているから、戦略的には勝利したと考えることもできる。
歴史ファンの中では山鹿素行はあまり人気はないけれど、もっと評価されてもいい人物のひとりだと思う。

無題
Name 名無し 17/05/14(日)11:39:27  No.1213350
近藤さんの後半の増長っぷりは小説は書かないからな
なんだこいつってなるよ

無題
Name 名無し 17/05/15(月)11:59:44  No.1213446      
http://cgi.2chan.net/f/src/1494817184642.jpg
>近藤さんの後半の増長っぷりは小説は書かないからな

>なんだこいつってなるよ
ゴールデンカムイだと他の若い隊員を死地への道連れにしないための配慮だったと解釈されてたな

無題
Name 名無し 17/05/15(月)18:39:12  No.1213458
>近藤さんの後半の増長っぷりは小説は書かないからな
小説じゃないが筒井康隆が描いてたよ(小説じゃなくってたしかマンガ)

無題
Name 名無し 17/05/15(月)20:34:32  No.1213464
>近藤さんの後半の増長っぷりは小説は書かないからな
そもそも発端の司馬遼太郎が書いてたような…血風録の方だったかな
旗本かぶれになって、土方に「アンタ変わったな…」とか言われるの

無題
Name 名無し 17/05/15(月)21:17:56  No.1213467
「わが名はイサミ」は短編小説で
後に筒井康隆本人の手で漫画家されている

無題
Name 名無し 17/05/14(日)12:41:57  No.1213355
>No.1213307
んなこと言ったら徳川と武力対決を誘発するために
江戸市中で略奪や庄内藩へ発砲を行った薩摩藩はどうなる、関門海峡で外国船に砲撃を繰り返した長州藩はどうなる、さらに長州藩は天皇ですら望まなかった尊攘活動を暴走させた挙句、京都を追放され赦免してもらおうと2000の兵力で京へ乱入とか…これでもほんの一部…という話

でもだからって新選組が正義とも言うつもりもないよ
ぶっちゃけテロ活動だなんだって非難するのは大きな政治目的の前では薄っぺらい

無題
Name 名無し 17/05/14(日)18:52:25  No.1213383
そもそも大政奉還後の「旧幕府軍」って何なのかよく分かってない俺がいる
誰がトップなのか?何が目的なのか?

無題
Name 名無し 17/05/14(日)19:32:23  No.1213388
>そもそも大政奉還後の「旧幕府軍」って何なのかよく分かってない俺がいる
具体的な組織を持った「旧幕府軍」ってのは存在しないよ
まずそれの中心となるべき慶喜が早々に降伏してるんだから
戊辰戦争で大きな戦となった北越戦争や会津戦争の相手を、いちいち名指しするのが面倒なので「旧幕府軍」と言ってるだけのような気もする
その二つの戦争も(特に北越は)新政府軍の交渉役がまともに仕事してればなかった戦争だし

無題
Name 名無し 17/05/14(日)20:58:46  No.1213395
維新志士なんてまさにテロリストだらけだろがw

無題
Name 名無し 17/05/14(日)23:09:11  No.1213411
アレじゃないの?
みんな大好きな滅びの美学みたいな
ゲバラだって死んだからこそカリスマ
カストロはイマイチじゃん?

無題
Name 名無し 17/05/14(日)23:09:20  No.1213412
初代総理大臣だって
テロリスト、暗殺下手人、放火魔、密航者、女たらし、クーデター首謀者ではないかw

無題
Name 名無し 17/05/14(日)23:19:05  No.1213414      
http://cgi.2chan.net/f/src/1494771545878.gif
>新撰組


無名の若者たちが激動の時代を駆け抜けた
と評すれば聞こえは良いが
フタ開くと内ゲバにあけくれてたよな彼ら

無題
Name 名無し 17/05/15(月)08:43:41  No.1213439      
1494805421619
講談や小説で明治期から人気はあったそうだよ
大正末に新撰組始末記でまとめられたのが起爆剤だろうけども

無題
Name 名無し 17/05/15(月)09:37:40  No.1213440
大戦中でも343空とかで部隊名にしてたりって事は戦前から既に人気あったって事かな

無題
Name 名無し 17/05/15(月)10:30:07  No.1213441
講釈師見てきたような嘘を言う
ってことで、脚色し過ぎる講談が悪いって
落語家が…

無題
Name 名無し 17/05/15(月)22:25:25  No.1213479
関西有名司会者で京都出身の浜村淳いわく、
「新撰組なんて京都中で嫌われててあの羽織の無粋さは田舎者丸出しや、言うてバカにしとったと、よう婆さんらが言うてた」と。
実際にあの羽織は格好が悪いからといって沖田は嫌がってたらしい

無題
Name 名無し 17/05/15(月)23:52:14  No.1213491
>「新撰組なんて京都中で嫌われててあの羽織の無粋さは田舎者丸出しや、言うてバカにしとったと、よう婆さんらが言うてた」と。
というか京都人から見たら幕府側だろうが維新志士側だろうが揃って無粋な田舎者だろ
そうこうしているうちに天子さんもお公家さん連中も
みんな東えびすに下っていったけど

無題
Name 名無し 17/05/16(火)12:09:04  No.1213518
>みんな東えびすに下っていったけど
京都人からすると
ちょこっと遊びに行ってるだけって感覚らしい

無題
Name 名無し 17/05/16(火)16:44:39  No.1213530
>みんな東えびすに下っていったけど
東夷は関東人って意味だぞ。
この場合の関は、時代によって逢坂の関だったり不破の関だったり箱根の関だったりするけど。

無題
Name 名無し 17/05/15(月)22:36:40  No.1213481
>新撰組ってなんで今も昔も人気あるんですかね…?
まず見た目が格好良い
実際には殆ど着なかったようだけど新撰組の羽織は非常に分かりやすい特徴だし自分も子供の頃はそれが気に入ってた
あとは下級身分の出身者だけど精強で(袋叩きが基本だったらしいが)ある種のエースみたいな人物がいて
池田屋事件とかそれなりに活躍したエピソードがあるのも大きいかも

無題
Name 名無し 17/05/17(水)08:15:53  No.1213602
新撰組の柄悪いって言われる原因の金の強請はちゃんとした給料払わなかった会津藩のせいだし…

無題
Name 名無し 17/05/16(火)21:56:29  No.1213584
警視庁の新選組は?

無題
Name 名無し 17/05/17(水)06:10:30  No.1213598      
1494969030938
>警視庁の新選組は?

警視庁に元新選組の斎藤一がいたらしいし
ある意味由緒正しいだろ

無題
Name 名無し 17/05/17(水)13:58:22  No.1213620
>>警視庁の新選組は?
>警視庁に元新選組の斎藤一がいたらしいし
>ある意味由緒正しいだろ
すると警視庁機動隊は新撰組の子孫に
あたるんだね昭和初期にも俗称警視庁の
新撰組って組織が有ったから
比喩だけど

無題
Name 名無し 17/05/20(土)00:02:29  No.1213837
「平民でも武士になれますっ!」という甘言に釣られて、入隊してみたらブラック組織だったでござる。
現代でも似たような話はわんさかあるので、日本の伝統文化になっちゃってるのかも知れないな。

無題
Name 名無し 17/05/20(土)07:03:54  No.1213855
悲劇的なところがいいんじゃないか?
侍になるのを夢見た平民が、甘い言葉につられて侍気取り。
で、最後はポイ捨てされるのだが、それでも忠誠心を失わない健気で哀れなところとか。
暗殺は強かったけど、「戦争」となると、まるっきりダメなんだよなあ。
甲陽鎮撫隊などを作るが、地元の八王子で呑気に宴会やってて気づけば甲府をあっさり倒幕軍に取られてるとか間抜けすぎる。
戦闘のプロではあるが戦争のプロじゃないからしょうがないか。

無題
Name 名無し 17/05/20(土)07:23:08  No.1213857
幕末当時に戦争のプロと言えるような人材が両軍にどれだけ居たんだろね

無題
Name 名無し 17/05/20(土)12:38:45  No.1213880
長州の奇兵隊も最後は悲惨だった
足軽や上級武士の家士、神職、毛坊主(寺を持たない真宗の僧職)などが参加していたが、明治政府の御親兵に組み入れられることなく解隊になる、解体に応じず抵抗したものは装備等を横領したとして死罪となる やはり長州の体制側に使い捨てされる

引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1213307.htm

Liar-soft Selection 05 行殺新選組ふれっしゅ