無題 Name 名無し 17/03/22(水)12:54:06  No.1208027

1490154846462
昭和初期、パイロットの素養発掘のための国策として
文部省から全国の旧制中学(現在の高校)約1500校に向けて、初級グライダー機/1500機が配布設置された。
このグライダーは「文部省一型グライダー」と言い、機首にゴムを引っ掛け機体前方へV字に ゴムを引いて行き、伸びきったところで発射す方式で、平地からの離陸でも高度は十数m、飛行距離は二百mを飛行する性能を有した。

墜落事故は百件近く発生し、事故死した生徒も20名以上。
でも文句を言う大人はそんないなかったらしい。
おおらかって言うか、いい時代だったんだなぁ。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E9%83%A8%E7%9C%81%E5%BC%8F1%E5%9E%8B
日本の航空発達物語―飛行機の歴史 (1983年)
内藤 茂雄

売り上げランキング: 2,435,553

無題
Name 名無し 17/03/22(水)14:13:50  No.1208036
昔うちの納屋にこのグライダー用の繋止杭があった
何に使う杭なんだと思ってたが今解決した感謝
なお現物は納屋倒壊のドサクサで行方不明に・・・

無題
Name 名無し 17/03/22(水)16:26:43  No.1208054
普通の学校に行ってて空飛べるのは羨ましい

無題
Name 名無し 17/03/22(水)22:33:32  No.1208090
ヒトラーユーゲントにグライダー訓練推奨してパイロット養成したみたいなものか

無題
Name 名無し 17/03/22(水)21:50:33  No.1208078      
http://cgi.2chan.net/f/src/1490187033003.jpg
戦前は中等学校で軍事教練があったので割と武器類を学校で持ってたりするのが面白い
旧制堺中の資料によれば大正7年時点で307丁の小銃が学校に保管されてたとか(ツンナール・村田式・三十年式)(『三丘百年』)

無題
Name 名無し 17/03/22(水)22:42:09  No.1208094
>戦前は中等学校で軍事教練があったので割と武器類を学校で持ってたりするのが面白い

SF作家の星新一が中学校で射撃部に入っていたとか。笑っているような顔をしていて目につけられたからというのが理由らしい…

無題
Name 名無し 17/03/26(日)22:24:49  No.1208456
>SF作家の星新一が中学校で射撃部に入っていたとか
 「中学生が実銃をもって外を歩いていた時代だった」と書いている筈
『きまぐれ星のメモ』1971

無題
Name 名無し 17/03/22(水)21:59:31  No.1208082
まず最初に徴兵した若者全てに航空兵の適性検査をして最優良な人材を大量に確保して育成すべきだった。
まず空の戦いに勝てなくては話が進まない

無題
Name 名無し 17/03/22(水)22:04:42  No.1208083
>No.1208082

後出しじゃんけんなら何とでも言える

無題
Name 名無し 17/03/22(水)23:57:21  No.1208106
>人材を大量に確保して育成すべきだった。
大正13年山本五十六が霞ヶ浦航空隊の副長として着任した時に「百人の搭乗員中幾人有るか知れぬ様な天才的人間でなければ着艦出来ぬとすれば帝国海軍にそんな航空母艦は要らぬ。搭乗員の大多数が着艦出来る様にせねばならぬ」と主張して梁山泊的な別世界を作っていた海軍航空隊を砲術、水雷などと同じ普通の普通の兵科にした。
1910年代に既に航空軍備の重要性に気が付いていた山本も慧眼と言える

無題
Name 名無し 17/03/23(木)02:23:07  No.1208120
>まず最初に徴兵した若者全てに航空兵の適性検査をして最優良な人材を大量に確保して育成すべきだった。

イスラエルはそれやってんだっけ

無題
Name 名無し 17/03/23(木)01:26:35  No.1208119      
1490199995376
日本の農村では自転車も少なく徒歩と牛馬が主体
これらを空を飛ばして戦闘できるまで仕上げるのは難儀な話と思う。
既に自動車運転できる人間多数を搭乗員に養成できたアメリカとの国力差は如何ともしがたいものだった。

しかしスレ画、乗る前にそれなり選定はしたと思いたいが
「原石」を見つけるために片っ端から乗せたんだろうか・・・

無題
Name 名無し 17/03/23(木)06:49:19  No.1208124
>既に自動車運転できる人間多数を搭乗員に養成できた
>アメリカとの国力差は如何ともしがたいものだった。

非常によく見かける表現だが、これって検証されずに信じられてるだけでは?

真珠湾攻撃の後に大学のキャンパスから学生が消えてパイロットに志願したというが、その大学生の自動車免許取得率を示すデータを見たことがない。

当時のアメリカは
>第2次世界大戦まで、そして1940年代後半まで、多くの米国民は自動車を持っていなかった。都市や町に住み、40%の人々は車を持たずに、公共のバス、トロリー、そして電車を利用していた。

もちろん、大学生というエリート層である以上一般に比べて取得率は高いのだろうが
パイロット以外の道にも多くが進んでいるわけだし。

無題
Name 名無し 17/03/23(木)08:10:04  No.1208128
ロシアというか当時のソ連も、ガガーリンとかあの時代のエースパイロットの経歴見ると高い確率で地元の飛行クラブという単語が出るよね。

無題
Name 名無し 17/03/23(木)22:41:12  No.1208185
>非常によく見かける表現だが、これって検証されずに信じられてるだけでは?

自動車云々というよりは一次産業でも機械化が進んでいた欧米に対して日本の一般的な一次産業が18世紀の産業レベルだった事を言ってるように思う

無題
Name 名無し 17/03/24(金)21:38:37  No.1208237
ドイツやソ連はこの手の裾野がすごく広かったらしいね。

日本の場合、飛行機パイロット=事故とかでいずれ死ぬ、というイメージがあったとか何とか聞いた気が。

無題
Name 名無し 17/03/25(土)22:39:35  No.1208362
>ドイツやソ連はこの手の裾野がすごく広かったらしいね。

独露は平野が多くて練習場所には困らない反面、我が国は平野の大半が人口密集地か畑と言った利用地ってのも大きいのかもねぇ。

田舎なら冬の休耕期間に着陸跡を学生が直すって条件を出せばなんとかいけるかな?

無題
Name 名無し 17/03/26(日)20:40:44  No.1208444      
1490528444381
>日本の場合、飛行機パイロット=事故とかでいずれ死ぬ、というイメージがあった


昭和18年に甲種予科練第12期で日本海軍に入って、陸攻乗りになった横山長秋さんという搭乗員さんの回想によると

「元々私は飛行機が好きで、工業学校に入ると、小学校時代からやっていた剣道に精進するかたわら、グライダー部に入り、プライマリーに乗って、空への意欲をますます燃やしていた」

…そうなんですが、

「父親は日露戦争で(略)負傷した勇士であるが、職業軍人でもなく、子供を軍人にすることなど、夢にも思っていない。ましてや、当時、必ず死ぬと思われていた飛行機乗りなど、とんでもない話なのである」

無題
Name 名無し 17/03/26(日)20:41:37  No.1208445      
1490528497567
…との事で、こっそり父親の印鑑を持ち出し無断で志願したそうなんですが、案の定一次試験の合格通知が来て親バレしちゃった時には、父親には

「お前を飛行機乗りにして死なすために、これまで育てた覚えはない。お前は、何を考えちょるのじゃ」

工業学校の恩師には

「軍隊に入るなら、なぜ、はじめから中学校に行かんのだ。ここは、技術者を養成するところだ。技術者になって、お国の為に尽くすのが筋ではないのか」

…とさんざん怒られたそうですw

勿論もう既に戦時中という事情もあったとは思うんですが、ヒコーキ乗りって商売がどんな目で見られてたか感じられる気がしますですな

無題
Name 名無し 17/03/26(日)21:54:37  No.1208455
海軍でも将来は海軍大将になるぞ!と言う気持ちの有る人は砲術科や水雷科に行って航空畑に行くのは変わってる人と言う風潮が有った

無題
Name 名無し 17/03/26(日)23:14:42  No.1208457
飛行機乗りに嫁にはやれん!という父親がいた時代。

無題
Name 名無し 17/03/26(日)23:43:39  No.1208462
特攻くずれという言葉があるくらい戦後には若くて無茶する軍人上りがあふれていた
社会の構造が180度変わってパイロット候補への世間の扱いも激変したため行き場に迷ったのだ

無題
Name 名無し 17/03/27(月)16:16:23  No.1208488
死んだ親父が「俺が通っていた中学にグライダー部があった」と言っていたな

引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1208027.htm

飛行機の100年史―ライト兄弟から最新鋭機まで、発達の軌跡のすべて (PHP文庫)