無題 Name 名無し 17/03/10(金)12:13:20  No.1206881

黒糸縅のサムライたち~海軍機関科士官の一側面

海軍機関科問題

みたいな軍隊内での差別って、他にはどんなのがありますか?
また、(戦前の米軍のように)人種によって部隊を区別って、今もあったりしますか?
黒糸縅のサムライたち~海軍機関科士官の一側面
宇佐美 寛
原書房
売り上げランキング: 828,694

Name 名無し 17/03/10(金)12:57:28  No.1206884
>海軍機関科問題
差別というより職種による待遇の差では?
差別問題なら1926年の福岡連隊差別事件とか
水平社も軍隊内差別をなくすことを掲げてたし

無題
Name 名無し 17/03/10(金)19:12:13  No.1206911
『海軍ジョンベラ軍制物語』がかたくるしくない上にかゆいところにも手が届く内容なので読んどくとよい

無題
Name 名無し 17/03/10(金)13:20:43  No.1206888
「輜重輸卒が兵隊ならば、蝶々トンボも鳥のうち」
「またも負けたか八連隊、それでは勲章九連隊」

Name 名無し 17/03/10(金)20:29:46  No.1206919
>輜重輸卒が兵隊ならば、蝶々トンボも鳥のうち
これって本来は輸卒で日露戦争行って、「俺は戦争に行って来た」って自慢する人等を揶揄した言葉なんだよね。
輜重兵と違って、輜重輸卒は後方の駅や港で労役をする軍夫。
階級章は星なしの赤ベタで、訓練なし、武装なし、昇進なしの事実上非戦闘員。
なぜか輜重兵を軽んじた言葉として広まってるけど。

無題
Name 名無し 17/03/10(金)23:13:32  No.1206950
>なぜか輜重兵を軽んじた言葉として広まってるけど。
本来なら階級与えて兵士として雇うところなのに人夫扱いなのがおかしかったのよ
当然ながら輜重兵科の士官から輜重輸卒にも階級与えろって意見喰らって太平洋戦争直前あたりに兵隊の身分に上げられてる

無題
Name 名無し 17/03/11(土)06:39:16  No.1207001
>なぜか輜重兵を軽んじた言葉として広まってるけど。
日露戦争中の戦時画報には、軽んじられる不満をぶちまけた記事が載ってるけどね

無題
Name 名無し 17/03/10(金)21:00:32  No.1206924
>>またも敗けたか八連隊
>>それでは勲章くれんたい(九連隊)

というのは西郷軍びいきの熊本人に流行ったもので、どうも白兵戦に巻き込まれて苦戦してこんな風にいわれたみたいですね...

でも日露戦争の南山の戦いでは、死屍累々の南山堡塁へ一番乗りを果たしたのは第八連隊を擁する第四師団でした。
ロシア軍主力が撤退しつつある中での殊勲ですが...

無題
Name 名無し 17/03/10(金)22:56:12  No.1206943
第八連隊、第九連隊も揶揄への反発から猛訓練で実際はかなりの精鋭だったようですね

無題
Name 名無し 17/03/11(土)17:58:35  No.1207105
同じ大阪の連隊にいた司馬遼太郎さんの著書によると
兵の斥候としての能力は全国一という定評もあったらしいけどね、歩兵第八連隊

無題
Name 名無し 17/03/11(土)12:12:17  No.1207048
>海軍機関科問題
機関学校が兵学校より試験日早くて併願不可とかね
東大と京大みたいな問題が当時も

無題
Name 名無し 17/03/11(土)17:32:26  No.1207101     
https://cgi.2chan.net/f/src/1489221146897.jpg
軍じゃないがアメリカ原子力商船サヴァンナでは
原子炉を扱う機関員の方が航海員より給与が高いという事で「慣例に反する」と問題なった事が・・・
基本的に兵科士官は航海員でもある

無題
Name 名無し 17/03/11(土)23:14:09  No.1207193
>海軍機関科問題
今でも有るよ 陸の乏しい経験だけど
普特機はそれ以外は裏では馬鹿にしている
平成○年に3曹教で所属を言ったら馬鹿にした笑いが後で聞いてみると普特機の連中
悪い事だが補給関連で泣かせてやったわ
後方職種を馬鹿にするとテメーが損をするよ

無題
Name 名無し 17/03/12(日)11:00:53  No.1207247
>平成○年に3曹教で所属を言ったら馬鹿にした笑いが後で聞いてみると普特機の連中
>悪い事だが補給関連で泣かせてやったわ
>後方職種を馬鹿にするとテメーが損をするよ

軍研の陸自将官の回顧録で、演習で対抗敵(ソ連軍)の猛攻を迫撃砲弾の大量射撃で凌いでいたら深刻な弾薬不足に陥り、あわや突破されるかって時に昔事故を起こしたときに庇ってあげた後輩が、無理をして夜間に迫撃砲弾を満載したヘリを飛ばしてきてくれて(満載状態で重いヘリでの夜間野外離着陸は結構なリスクがある)、そのおかげで無事演習を乗り切った話を思い出した。

こういうギリギリな瀬戸際に限って、普段の人間関係がモノを言うよね。

無題
Name 名無し 17/03/12(日)18:47:41  No.1207276
>後方職種を馬鹿にするとテメーが損をするよ
空包と実弾を間違うという大失態やらかしたからな
強い言葉使うと跳ね返ってくるよ

無題
Name 名無し 17/03/12(日)10:30:57  No.1207244      
1489282257539
1884(明治17)年に徴集された現役兵さん達の内、「輜重兵」が118名だったのに対して、「輜重輸卒」は1万5千名とその100倍以上に達したんだそうで
ただしこの1万5千名中、実際に入営したのは2千160名のみで、残りは郷里に在って服務するもの、とされたんだとか

要は初期の明治日本陸軍では補給輸送の大半を人力に頼っていたわけなんですけれど、西南戦争等の経験から民間委託ではない自前の輸送部隊を持つ必要性は認識されていたものの、人力輸送に必要な膨大な人員を全て平時から入営させておくのは現実的でなく、従って輸送のプロフェッショナルともいうべき常時入営の「輜重兵」と、言い方は悪いかもですが有事の員数合わせとして民間で待機する「輜重輸卒」を制度上から区別しておく体制だったみたいなんですな

従って輜重兵のみならず他の兵科で兵役を務める兵隊サン達が、アイツらは「ヘイタイ」じゃあない、と思ったとしても無理からぬトコロはあったんじゃないでしょか

無題
Name 名無し 17/03/12(日)10:31:42  No.1207245      
1489282302854
ただ他の方が既に指摘されてます通り、「輜重輸卒」が兵隊扱いされなかった、という話と旧軍で兵站関係者が冷遇された、って話はまたイコールではないわけでして、例えば昭和陸軍では長い間幼年学校出身者は輜重兵科の士官候補生には編入されなかった他、陸大に入る輜重兵科の将校も極めて少なかったんだそうで

昭和6年の陸大第43期生以降の卒業総員1245名中、輜重兵科将校は33名、時には陸大学生0名の期もあったんだそうで、日米開戦直前の1940(昭和15)年には竹内俊二郎輜重兵監より、人事局の額田補任課長に対して

「各期に少なくとも陸大出身者を一名ずつでいいから転科させてほしい」

…との要請もあったんですとか

「差別」とはまた違う話なのかもですが、そもそもコレだけトップに兵站関係者が少ないとなると輜重科の基礎的な発言力自体が弱くなるのも致し方なし、ってことだったんでしょかねえ

無題
Name 名無し 17/03/12(日)17:51:05  No.1207268
悪しき縦割りは今も健在。

無題
Name 英国老人◇Uy1cjqnioo 17/03/12(日)21:52:10  No.1207305
カナダ軍地上部隊基幹の三つの連隊のうち、Princess Patricia's Canadian Light Infantryはネーションワイドであるが、Royal Canadian Regimentはイギリス系カナダ人(本当はそういう名称はないんじゃが)で、Royal 22e Régimentはフランス系カナダ人で構成されとる。

引用元: https://cgi.2chan.net/f/res/1206881.htm

戦う陸軍農耕兵―農事班四百日の記録 (光人社NF文庫)
三井 喜二郎
光人社
売り上げランキング: 939,089