Name 名無し 17/02/21(火)22:54:07  No.1205527

そうりゅう型潜水艦を見れば日本の先端技術がわかる! impress QuickBooks

GSユアサ、潜水艦にリチウムイオン電池 「そうりゅう」搭載
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000022-kyt-bus_all

いよいよ生産開始のようです。
1隻にどのくらい積んで、性能がどのくらいあがるものなのだろうか?

<管理人注>
上記URLリンク切れです
http://www.gs-yuasa.com/jp/newsrelease/article.php?ucode=gs170211450409_336

無題
Name 名無し 17/02/21(火)23:11:06  No.1205531
火を噴かなきゃ良いけど

無題
Name 名無し 17/02/21(火)23:24:58  No.1205533
潜水艦へ搭載して使用する場合は、安全性を第一に重視されるから理論許容量の8割くらいしか充電しないで運用するでしょ。
だったら事故は起こらんよ。

無題
Name 名無し 17/02/22(水)12:46:31  No.1205583
>安全性を第一に重視されるから理論許容量の8割くらいしか充電しないで運用するでしょ
そういえばプリウスは3割から7割の間で充放電してるって聞いた
やっぱり安全第一だよな

無題
Name 名無し 17/02/22(水)14:00:38  No.1205585
腹八分目にするのは安全というより寿命延ばすためだな
過充電領域は実際の運用よりだいぶ上の電圧だから

無題
Name 名無し 17/02/21(火)23:29:03  No.1205535
スターリングエンジンと交換する形になるんだろうけどそんなに利便性が変わるのかどうなのか

無題
Name 名無し 17/02/21(火)23:49:41  No.1205536
ディーゼル燃料、鉛蓄電池、液体酸素と常時3種もの残量を気にしながら運行するのは大変だったのだろうな

無題
Name 名無し 17/02/22(水)04:53:05  No.1205562
結局F-35も10式戦車とかもそうだけど
一時的に120%のパワー出せるより常時90%のパワーを安定して出し続けられるような能力に落ち着いて行くね

無題
Name 名無し 17/02/22(水)10:50:04  No.1205575
ちはやちよだのDSRVは電池式なんだよね
リチウムではないけど
電池パック沢山積んでたわ

無題
Name 名無し 17/02/22(水)12:40:31  No.1205582
787のアレは多分温度管理の失敗だろうけど
潜水艦だとそのへんは心配しなくてよさそう
湯浅でバッテリーラック試作したのて10年くらい前で
それから随分月日が経っちゃったけど新しいセル開発したのかね

無題
Name 名無し 17/02/22(水)16:20:03  No.1205591
>787のアレは多分温度管理の失敗だろうけど
あれは電流の制御がダメだったんじゃなかったっけ?

無題
Name 名無し 17/02/22(水)20:13:29  No.1205614
>787のバッテリー
ちゃんと日本語の報告書があるんだから読もうぜ

http://www.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/rep-inci/AI2014-4-3-JA804A.pdf

787のリチウム電池セルはGSユアサだけど電池システムとしてはタレス製
ISSも同じくGSユアサのセルで電池システムとしてはボーイング

本邦潜水艦の電池システムはどこがパッケージしてるんだろう?

無題
Name 名無し 17/02/22(水)15:03:46  No.1205586
新造の潜水艦調達費が550億円から700億円超えになったのは
やっぱり電池代によるコスト増?

無題
Name 名無し 17/02/22(水)17:09:42  No.1205594
>新造の潜水艦調達費が550億円から700億円超えになったのは
>やっぱり電池代によるコスト増?
性能アップしてるしLCCでは~とは言うものの流石に目が着く価格差だな

無題
Name 名無し 17/02/22(水)15:14:16  No.1205587
既存艦の鉛電池も換装できんのかな

無題
Name 名無し 17/02/22(水)15:44:06  No.1205590
昔湯浅で試作してたやつは鉛のセルと同じ寸法のラックで
一応鉛電池搭載艦へのレトロフィット考慮してはいたみたいだが

無題
Name 名無し 17/02/22(水)23:23:52  No.1205642
1487773432238
(画像引用)防衛省ホームページ

>昔湯浅で試作してたやつは鉛のセルと同じ寸法のラックで


これやね
この形は変わんないと思うよ
(そうりゅう改だから船体の基本設計は変わってないって事だからバッテリーの積み方(設置の仕方)も基本的に変わってないんだろうと)

>平成18年度 事後の事業評価 政策評価書一覧>潜水艦用新型主蓄電池の研究
>http://www.mod.go.jp/j/approach/hyouka/seisaku/results/18/jigo/

無題
Name 名無し 17/02/23(木)06:55:09  No.1205661
寸法も殆ど同じだな。周りの装置も同じように作っているのなら、重量配分を何とかすれば従来の鉛バッテリーの艦にもそのまま入れ替えできそうだな。

無題
Name 名無し 17/02/23(木)08:57:11  No.1205665
>これやね
>この形は変わんないと思うよ
なんど見ても役所の資料なんだからちゃんとしようぜと思う
こういうのて気づいても直さんものなのか

無題
Name 名無し 17/02/23(木)13:54:08  No.1205672
ま、一隻造ってテストせんと
良ければ増やせばね

無題
Name 名無し 17/02/23(木)15:16:18  No.1205673
>寸法も殆ど同じだな。周りの装置も同じように作っているのなら、重量配分を何とかすれば従来の鉛バッテリーの艦にもそのまま入れ替えできそうだな。
おやしお型(主に後期艦)とかへの搭載はあるのかな
しかしそうすると次型のSSはそうりゅうより小さくなるん?

無題
Name 名無し 17/02/23(木)18:42:40  No.1205680
>おやしお型(主に後期艦)とかへの搭載はあるのかな
そうりゅう型はリチウムイオン電池を4隻に搭載するって話があったけど
おやしお型はどうだろう

無題
Name 名無し 17/02/23(木)16:49:56  No.1205677
研究開発に15年かーよく完成させたもんだ
そうりゅう型の価格の上昇見る限り
既存のそうりゅう型をリチウムイオン電池に改修するだけで100億円以上はかかりそうだからやらないんじゃないかな

26年…517億円(そうりゅう)
27年…643億円(そうりゅう改・リチウム化)
28年…662億円
29年…728億円(3000t級新型)

無題
Name 名無し 17/02/23(木)20:26:38  No.1205689
LiBは導入コストは高いけど交換サイクルが長くて
ほぼメンテナンスフリーだから既存艦への導入もメリットは大きい
鉛とLiBを並行調達するのも好ましくないので
延命工事と同時にLiB化改修もするのではなかろうか

無題
Name 名無し 17/02/23(木)21:39:19  No.1205692
700億円はバッテリーや制御装置等の開発費含めた値段なんじゃないかな。
建造のめどが立っているのが2隻?だから、単純に差額を倍にするとこのシステムの開発費は300億円程度なのかな。

無題
Name 名無し 17/02/24(金)01:59:54  No.1205699
>研究開発に15年かーよく完成させたもんだ
少し話はズレるんだけど研究開発、時間と金の面て意味でスターリング機関の件とかあまり怒られてない感じがするのが意外
あさしお改修~そうりゅう型建造~次期潜AIP廃止と日頃から自衛隊に批判的な方々から凄く叩かれそうな経緯を辿ってるなと思うんだけど

無題
Name 名無し 17/02/24(金)05:39:41  No.1205700
潜水艦は機密性高過ぎて
よく分からなすぎてネタにできない
そんなところかと

無題
Name 名無し 17/02/24(金)07:52:40  No.1205702
最初からリチウム電池とスターリング機関が競争していて、リチウムのが有望そうなのにスターリングの方を強行していたのならともかく、スターリングに決めてから新技術のリチウムが急激に伸びてきたんじゃ責めようがないがな。

無題
Name 名無し 17/02/24(金)07:52:59  No.1205703
元よりスターリング機関は本命だった燃料電池の繋ぎだったのは共通認識だからじゃないか。
で、燃料電池は普及が捗らず価格が下がらないところ、LiBは電気自動車の普及もあって価格低下が予定より進んだ。
その辺の技術進展度合いとコストとパフォーマンスを秤にかけた判断なら、そう批判は出ない気がする。

無題
Name 名無し 17/02/24(金)10:15:26  No.1205707
性能的には10年前の試作段階で十分実用に堪えるモノだったそうだ
それが量産見積段階になって官がドン引きする金額が出てきて話が全部止まっちゃった
Yさんは研究開発を相当無理して受注して官に変な希望持たせちゃったということらしい

無題
Name 名無し 17/02/24(金)19:29:24  No.1205733
>性能的には10年前の試作段階で十分実用に堪えるモノだったそうだ
研究開発して試作まで済ませてたから結果的にリチウムが民間で普及して性能向上と価格低下してから直ぐに潜水艦に採用出来たのは良かったね

無題
Name 名無し 17/02/24(金)21:25:45  No.1205742
通常運行はともかく攻撃を食らった場合の抗堪性とかどうなんだろ
浸水して漏電、艦内が火の海とか悪夢だ

無題
Name 名無し 17/02/25(土)03:54:09  No.1205784
>通常運行はともかく攻撃を食らった場合の抗堪性とかどうなんだろ
>浸水して漏電、艦内が火の海とか悪夢だ
従来の鉛蓄電池だって海水を被れば漏電や塩素ガス発生のリスク持ちだし…

無題 Name 名無し 17/02/25(土)17:21:55  No.1205826
船体ぶったぎりになりそうだから無理だろうけど、そうりゅう型AIP区画の撤去が出来ればな…

無題
Name 名無し 17/02/25(土)17:49:16  No.1205827
ぶった切り工事とリチウムイオン電池代と艦齢延伸工事代がトータルで200億くらいで済むなら改修工事やるのもアリですかね

無題 Name 名無し 17/02/25(土)21:27:47  No.1205849
おやしお型からそうりゅう型になって
全長は伸びたけどそれでもAIPの容積で狭くなって居住性は落ちた
そうりゅうMk2はその点少しは改善されるのかな

無題
Name 名無し 17/02/26(日)14:45:03  No.1205912
割と単純に回帰?してるだけかもしれない
おやしお型ベースにそうりゅう型で採用した技術をフィードバック+リチウムみたいな

無題
Name 名無し 17/02/26(日)15:03:50  No.1205914
LIB化そうりゅうの次の新潜水艦は、完全複殻船体になるらしいし(おやしお、そうりゅうは部分複殻)、船体構造からして別物になるみたいよ。

引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1205527.htm

ピットロード 1/350 海上自衛隊潜水艦 SS-501 そうりゅう型 塗装済半完成品
ピットロード (2015-04-11)
売り上げランキング: 155,463