新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

<管理人より>
 今年は邦画のヒット作が続いているとのことで、管理人も流行(ビックウェーブ)に乗るべく『シン・ゴジラ』と『君の名は。』を観に行きました。両作品とも非常に楽しめましたが、特に『君の名は。』は映像・ストーリー・キャラクター全てが素晴らしく一週間に一度は観ないといけない体(瀧三欠乏症)になりました。

 さて、先月の12日ですが、標題にある『この世界の片隅に』が公開となり、上映劇場が少ないながらも口コミによる高い評価でヒットしています。
 一応戦争映画ということで12月1日(木)に観に行きましたが、平日夜でほぼ満席、年齢層もかなり幅広いものでした。

 感想ですが、公式サイトに詳しく説明されているとおり当時の建物や生活など細部まで考証した美しい風景、落ち着いた音楽と主人公すず役の「のん」さんのおっとりとした声も相俟って序盤から物語に引き込まれました。
 物語中盤までは劇場内に笑い声が何度も起こるほど面白いシーンがたくさんありました。後半はちょっと急ぎすぎたような感じがしますが、観終わった後しばらく余韻がありました。

 軍事関係については、軍艦は戦艦「大和」、巡洋艦「青葉」が登場します。遠景や名前だけであれば、戦艦「武蔵」、空母「飛鷹」「隼鷹」、駆逐艦、Uボートなどが出てきました。物語後半は空襲が頻繁に描かれますが、B29だけでなく、艦載機による機銃掃射、対空射撃の着色弾など良く描かれていました。エンドロールに著名な軍事研究家の名前が複数並んでいたので納得です。
 また、すずが「空の神兵」を歌ったり、BGMで「隣組」、「勝利の日まで」を歌う女学生たちなど軍歌・戦時歌謡も流れます。空襲を知らせるラジオ音源は当時のものかもしれませんが、玉音放送はちょっと違う感じがしました。

 細かいところまで丁寧に作られた良い作品ですので劇場に足を運ぶ価値はあると思います。

<情報提供>
 上記の砲弾について、ふぃん様より情報提供がありましたので掲載いたします。
 映画「この世界の片隅に」の空襲のシーンが名シーンだったので、それの解説です。
予告ではないですが映画本編ではしっかり色がついています。
http://togetter.com/li/1050708
http://togetter.com/li/1052271

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック
『この世界の片隅に』製作委員会
双葉社
売り上げランキング: 1,124

Name 名無し 16/11/17(木)23:04:39  No.445335
「この世界の片隅に」公式アートブック
映画を見てきて語りたいので立ててみた
広島から呉にお嫁さんに行ったヒロインの視点から描かれる戦時中の話

無題
Name 名無し 16/11/17(木)23:10:29  No.445337        
https://may.2chan.net/39/src/1479391829915.jpg
嫁入り先が高台にあるので、呉軍港の様子が見晴らせるのが軍ネタ的に美味しい
工廠が爆撃で吹っ飛ばされたり、夜の市街地に焼夷弾が降る様子が見えたり
味方が撃った高角砲の破片が屋根をぶち抜き、道路を抉る描写はマジ怖い

無題
Name 名無し 16/11/17(木)23:22:44  No.445338       
https://may.2chan.net/39/src/1479392564160.jpg
配給元が弱くて上映館が少ないし、宣伝も少ないので下手すれば来週末には上映終わっちゃうかも
アニメとはいえ、往時の呉が見られる貴重な映像作品なので見ておいた方が良いと思う

無題
Name 名無し 16/11/18(金)01:08:00  No.445349
原作は好きなんだが
映画は長そうだな
ブルーレイ出るまで待とうかな……

無題
Name 名無し 16/11/18(金)01:24:27  No.445351
>映画は長そうだな
ゴジラやガルパンよりも長いから、水分とるのは控えたほうが良い
ただ、ものすごく濃厚な内容なので、いったん没入できれば短く感じると思う

見終えた瞬間、それまで息を止めてたかのように深い溜息が出たよ

無題
Name 名無し 16/11/18(金)01:20:11  No.445350 
政治的には、どっちでもない
戦時下の暮らしを淡々と描いていく話
憲兵にムチャクチャ叱られたり、身内が死んだり怪我したりはするけど
日々を生き抜いていくだけで精一杯、という内容

一瞬だけ超冒険したな、というカットが入るけど、それを語ると荒れるので触れない
見た上で解釈して欲しい

無題
Name 名無し 16/11/18(金)07:41:55  No.445366
>一瞬だけ超冒険したな、というカットが入るけど、それを語ると荒れるので触れない

なんだろ?
朝鮮人とかシナ人(もしくは連合軍捕虜)の労務者とかかな?(軍港の町だし)

ちくしょう、このスレ見てたら見に行きたくなってきたぞ

無題
Name 名無し 16/11/18(金)08:58:09  No.445370
>ちくしょう、このスレ見てたら見に行きたくなってきたぞ
是非とも行ってほしい
大きなスポンサーが付かず、一般からクラウドファンディングまでやって資金集めして作った映画なんだ

限られた資金でこれだけ素晴らしい映画を作った方々に
少しでもリターンが返る様、少しでも多くの人に見てもらいたい

無題
Name 名無し 16/11/18(金)13:29:34  No.445380
超冒険カットはおそらくアレだろうけど
原作にもあったんだよね
ただ、若干唐突感はある

無題
Name 名無し 16/11/23(水)22:20:31  No.445835
見てきた、本音を言うと期待してなかったけどむちゃくちゃ面白かった。
でも売れないだろうなこれ。宣伝になるような画が無いというか。客の入りは四分の一くらい。
>一瞬だけ超冒険したな、というカットが入るけど、それを語ると荒れるので触れない
ロングショットで一瞬だけ映ったあれのこと?
まあ解釈の仕方は色々あるから製作者は「言い訳」作っているのだろうけどあの淡々とした作品にはあってもいいんじゃね?
高山文彦の戦争ものみたいに。

無題
Name 名無し 16/11/24(木)00:11:30  No.445848
>でも売れないだろうなこれ。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6221845
> 11月12日に公開されたアニメ映画『この世界の片隅に』が土日2日間で初週を大きく上回る興行収入5,679万8,980円、観客動員数3万9,638人を記録し、前週に続いて10位にランクインした。
>今年は『君の名は。』が興収200億円も視野に入る驚異的ヒットとなっており、2週連続10位など大したことはない……と感じるかもしれない。
>が、全国63館から始まった小規模公開でランクインしたのは相当な快挙。
>上映館数で言えば『君の名は。』の約5分の1であり、100館に満たない作品がランキングに入るケースは希少なのだ。

上映館数から見ると異例のヒットだと

無題
Name 名無し 16/11/18(金)14:33:21  No.445381
職場に置いてある赤旗に紹介記事が載ってたから
左右で言うと左なんじゃないの?

無題
Name 名無し 16/11/18(金)18:20:59  No.445392
>職場に置いてある赤旗に紹介記事が載ってたから
>左右で言うと左なんじゃないの?
左派にしてみれば「使える素材は何でも使う」ってことなんじゃないかな
映画しか見てないけどそこまで強烈な反戦的メッセージはなかったと思う
戦時の日常を物語として仕上げた面白く悲しく悔しいフィクション

無題
Name 名無し 16/11/18(金)18:45:07  No.445393
>映画しか見てないけどそこまで強烈な反戦的メッセージはなかったと思う
>戦時の日常を物語として仕上げた面白く悲しく悔しいフィクション
原作漫画も同じですよ
そこが原作とこの映画の美点ですね

私は原作の読後感と全く同じものを映画でも感じました
原作の絵のまま、更に考証を深め、動きと色と音をつけた、ある意味究極の映像化だと思いましたね

無題
Name 名無し 16/11/18(金)01:51:31  No.445353
体感時間は短いと私も感じましたね
「空襲映画」としては最高の考証再現でした
艦上機が山向こうから低空から侵入して機銃掃射というシーン等の邦画初表現頻出
高射砲、艦砲など銃砲の音も最高にリアルなので、軍オタは劇場鑑賞の価値ありかと

劇中爆音と機影だけが写った訓練中と思われる単発友軍機は何だったんでしょうね?
それと1カットだけ正面が写っていた双発機も判りませんでした
零式輸送機?

無題
Name 名無し 16/11/18(金)06:57:26  No.445363
艦砲戦で弾着観測しやすくするため砲弾に染料を詰める、という話は聞いた事あるけど、高角砲でも染料を使うのは初めて知った
空が色とりどりの爆煙で覆われていく様は壮観だった

あと、糸を引くように爆煙が広がる砲弾があったけど
あれは艦砲からの三式弾だったのかな?
あれだけ撃って敵機を撃墜した描写がないあたり、本当に防空戦は「分が悪い」と思った

無題
Name 名無し 16/11/18(金)07:10:15  No.445365
監督が学研の飛燕とか疾風とかのタイトルのムック本で「色」の解説する人だからねぇ
軍裏的には後エスコン4,5の監督
一応これ呉の映画館でもやってるんだよな

無題
Name 名無し 16/11/18(金)18:17:22  No.445391
>あれは艦砲からの三式弾だったのかな?
三式弾が通常弾に混じっているのが軍港空襲らしく素晴らしかったですね
艦艇から鳴ってるであろう、響き渡るラッパ符なんかも感動
(「太平洋奇跡の作戦キスカ」でも使っていましたね)
残念なのは「航空機防御」なのか「合戦準備」なのか私が聞き分けられなかった事w

http://www.d1.dion.ne.jp/~j_kihira/band/midi/kaigun/bushodosa.html

>艦砲戦で弾着観測しやすくするため砲弾に染料を詰める
私も艦砲に着色弾があるまでは知っていましたが、高角砲(両用砲)用曳火榴弾にも着色弾があったというのを初めて知りました
この辺りに監督が言及した記事がありますので、御参考までに

http://gigazine.net/news/20161111-sunao-katabuchi-interview/

無題
Name 名無し 16/11/29(火)18:36:03  No.446267
>艦艇から鳴ってるであろう、響き渡るラッパ符
今更だけど、鳴ってたのは航空機警報っぽいね

時間差であちこちから聞こえてくるのって、山上の砲台でも吹いてる?

無題
Name 名無し 16/11/30(水)19:46:03  No.446356
>時間差であちこちから聞こえてくるのって、山上の砲台でも吹いてる?
私は在泊各艦艇や呉海兵団で鳴っているんだなと思いました
砲台には陸軍と海軍がありますが、人数が多くないので口頭で警報は伝わるかと

無題
Name 名無し 16/11/19(土)06:46:07  No.445438
>艦上機が山向こうから低空から侵入して機銃掃射というシーン

呉で入院してる時に隣のベットの爺さんがそういう話をしてたなあ
今の広島ー呉道路があるとこが谷状になっているんで
山側からそこを通って海側の広の町を攻撃してるのを見たと。

無題
Name 名無し 16/11/18(金)19:39:12  No.445398
原爆の描写が印象的だった
呉が空襲でボコボコにされる一方で、広島は大した被害が無いので「安全な広島に疎開しようか」とか話しているんだもん

落ちた後、広島のラジオ局が沈黙していて、岡山局が必死に呼びかけているのが怖かった

無題
Name 名無し 16/11/18(金)20:33:05  No.445404
これ、のん(能年玲奈)が主演声優なので、どっかから圧力があるのかテレビや主要メディアではあんまり扱ってもらえないとか
そんな事は無いとか消そうとする記事も出てるけどね

でも、実際にテレビなんかの映画紹介じゃ、ほぼスルー状態

無題
Name 名無し 16/11/18(金)20:59:00  No.445408
観終わって、「観たよ~」と書き込むのに、何か書いて良いか思いつかない作品だった。
何言っても陳腐になりそうで。
面白かったのは確かだ。

無題
Name 名無し 16/11/18(金)21:01:49  No.445409        
https://may.2chan.net/39/src/1479470509565.jpg
スレ画は灰ヶ峰から呉と江田島を見下ろした感じかな?

上映館少ないね渋谷か二子玉どっちへ行こうか…

無題
Name 名無し 16/11/18(金)21:35:44  No.445410
>上映館少ないね
でも細田版「時をかける少女」の3倍もあるんだよ
見たくても見に行けない映画と比べれば恵まれている方なので
上映館が減る前に見に行って欲しいわ

無題
Name 名無し 16/11/18(金)21:55:13  No.445411
青葉乗り組みの幼なじみが風呂を借りに来た際、ひたすら笑い続けているのが怖かった
レイテとマニラ湾で地獄を見すぎたんだろなぁ

無題
Name 名無し 16/11/18(金)22:43:35  No.445418
萌えとは遠い絵柄なのに、すずさん可愛くてエロかったよね
防空壕で旦那さんといちゃつく様は、下手なAVよりキましたわ

無題
Name 名無し 16/11/18(金)23:06:04  No.445419
しかし主人公が軍人でも軍属でもないのにここまで軍事描写に凝るってのがすごいね
戦闘だけじゃなく街並みとか家内部の状況も色々考証したんだろうなって感じもある

あと直接的な反戦メッセージは感じられなかったけど…
正直ここまでなるまで続けちゃアカンって気持ちはふつふつと湧いて来たね

無題
Name 名無し 16/11/18(金)23:22:35  No.445421
露骨なメッセージを入れなくても、戦争をありのままに描くだけで「戦争は嫌だな」と思うようになるよね

無題
Name 名無し 16/11/19(土)04:28:45  No.445433
>露骨なメッセージを入れなくても、戦争をありのままに描くだけで「戦争は嫌だな」と思うようになるよね
スピルバーグがプライベートライアンか何かの時に
「反戦映画を作りたければ戦闘描写を徹底的にリアルにすればいい」
とかなんとか言ってたな

無題
Name 名無し 16/11/19(土)05:48:24  No.445437
子供の頃、反戦物を観ても弱者や敗者が蹂躙されるのは当たり前じゃん?と、子供の喧嘩レベルで考えてたが
あの有名なベトコンの耳で作ったネックレスの米兵やらの蹂躙する側も頭おかしくなってる写真を見て
戦争ヤバいわ、みんな不幸じゃん?と恐怖した
映画でも、お涙頂戴物なんかよりプライベートライアンみたく
心が壊れたりする描写のがダイレクトに響くわ

無題 Name 名無し 16/11/19(土)07:48:53  No.445439
>>戦争をありのままに描くだけで「戦争は嫌だな」と思うようになるよね

昔から「出来の良い良い戦争映画はそれだけで反戦映画」と言われてるよね。

無題
Name 名無し 16/11/19(土)10:23:09  No.445446
勝ち戦をありのままに描いた良い映画のおすすめは何かありますか;

無題
Name 名無し 16/11/19(土)10:29:42  No.445447
>勝ち戦をありのままに描いた良い映画のおすすめは何かありますか;

「プライベートライアン」&「父親たちの星条旗」


勝ち戦=楽勝とは限らんのやで

無題
Name 名無し 16/11/19(土)11:11:49  No.445449
ドラマなら「バンド・オブ・ブラザース」がお薦めだね。
まあプライベートライアンをそのままのクオリティで長編にしたって感じかな。

>勝ち戦=楽勝とは限らんのやで

ちょっと違うな。
楽勝かどうかが問題では無い。苦戦したところで映画的には盛り上げ用の演出になるだけだ。それよりプライベートライアンでアメリカの民間人が焼夷弾や原爆で何万人も殺されたりしないでしょう?反戦要素になり得るって戦ってる兵士そのものが苦戦するかどうかというよりも自国の一般市民が虐殺されるとかそういう部分じゃないかな?

無題
Name 名無し 16/11/19(土)15:16:12  No.445470
勝ち戦も丁寧にしっかり描けば反戦映画にしかならないよ
要は虐殺映画になってしまうわけだから
決戦後の軽騎兵による追撃とか一番戦死者が出るシチュエーションだけど映画にもドラマにも大して出てこない
必死で逃げる敵をまさに勝ち馬に乗って狩り殺すだけで視聴者にとっちゃ吐き気を催す邪悪にしか見えないからだろう

無題
Name 名無し 16/11/19(土)21:08:47  No.445500        
https://may.2chan.net/39/src/1479557327489.jpg
今日仕事帰りに見て来ましたけど…

取りあえず新な傘一本、我が家にも届けて欲しいんですけれど何処に斡旋をお願いすればいいんでしょかね(真剣

とにかくアレンジ部分も含めてホントに原作漫画の映画化という点でも文句なしな出来で良かったですな

作中で「楠公飯」の作り方を解説する劇場アニメなんて、おそらく空前絶後なんじゃないでしょか…w

無題
Name 名無し 16/11/19(土)22:51:43  No.445512
>「楠公飯」の作り方
味付けに砂糖を使えた まだ暮らしに多少は余裕のあった時期のレシピですね

無題
Name 名無し 16/11/20(日)14:08:04  No.445554
>楠公飯
楠正成が「忠臣」として尊ばれていた事なんて今じゃ殆ど知られていないもんな
誇張抜きで凄い事をした人なのに、今じゃ反動で存在抹消気味なのが切ない

無題
Name 名無し 16/11/22(火)19:06:46  No.445708
>>楠公飯
>楠正成が「忠臣」として尊ばれていた事なんて今じゃ殆ど知られていないもんな
地元じゃ奉られてる神社を「楠公さん」って呼んで親しまれてるよ
最近じゃ意味知ってる人は減ったけど、神社にいけばドデカイ看板でその人生を絵物語で紹介してあるからわかりやすい

無題
Name 名無し 16/11/20(日)15:37:00  No.445563        
>味付けに砂糖を使えた まだ暮らしに多少は余裕のあった時期
昭和天皇の二人の弟宮は上の秩父宮さまが陸軍、下の高松宮さまが海軍の軍人さんなわけなんですけれど、高松宮妃の喜久子さまが昭和8年から9年ごろ(ちょうど映画の冒頭のあたりですな)呉に住まわれてんだそうで

「私の母が42歳で亡くなって(略)服喪期間中(略)金谷別荘という呉の、海の見える仮住まいを、一歩も出ちゃいけないんです。うちの宮様は、呉が母港の戦艦「扶桑」乗り組みで海の上だし、退屈で淋しくて、すること無くて困っているのをお察しになったのか、御公務の合間に、宇品から陸軍の快速艇を飛ばして(秩父宮が)訪ねて来てくださった」

無題
Name 名無し 16/11/20(日)15:37:35  No.445564        
「『こんなに速いのは海軍でも持ってないんだ』とたいそう御自慢でした。おなつかしくて嬉しくて、わたしは何でおもてなししようかと、その辺の草を摘んで、甘いあんこの草団子を拵えて差し上げたら、美味しそうに召し上がって下さいました」

…とは喜久子妃殿下の回想なんですが、まだ戦争も始まる前の平和な余裕のある時代の話とはいえ、海の見える呉の高台の住まいで暮らす海軍勤務の夫を待つ奥さんとか、細やかな家族の情愛の光景ですとか、お客様を近所で摘んだ草の料理でおもてなしするとか読みようによっては「この世界に~」と重なる所も多いんですがw
おそらく当時としてはこういうのがごく当たり前の風景であって、今回の映画は(こうのさんの原作漫画も)至極まっとうにそういうところを再現してるんじゃないでしょかねえ

無題
Name 名無し 16/11/20(日)19:16:54  No.445578
原文を読んでいないので推察なのですが、ヨモギや七草の類ではなかったのでしょうか

無題
Name 名無し 16/11/19(土)22:27:28  No.445510
短いシーンだけど、大和の艦橋で水兵たちが仕事しているシーンが印象的だった
巨艦、巨艦と言われる大和も、大勢の水兵が仕事をするには狭いんだな、と感じた

あと、呉大空襲で大破着底した艦に迷彩がされていたね
榛名にダズル迷彩されたり、横転した天城に対潜迷彩されているのは知ってたけど
他の艦にも緑帯の迷彩をしていたのは初めて知った

無題
Name 名無し 16/11/20(日)01:36:57  No.445515
今日観て来た。
右手失くすとこでなんか観た事あるような話・・松嶋菜々子やったけえか?と思ってwikiで調べたらら北川景子主演でテレビドラマでやってたんやね。
松嶋のは蛍の墓の意地悪叔母さんのやつとごっちゃになってた。
のほんとしたタッチの絵としゃべりで淡々と過ぎてゆく日々の描写がかわいくもあり切なくもあり
原作者の漫画を買って家においておこうと思った

無題
Name 名無し 16/11/19(土)21:08:21  No.445499
>「プライベートライアン」
前座の上陸作戦はともかく
あれって本編は1人の兵隊を1小隊だけで敵奥地に救出しにいくっていう
オチ含めて割とトンデモファンタジーな内容がメインだったような・・・

無題
Name 名無し 16/11/20(日)12:04:14  No.445545
>あれって本編は1人の兵隊を1小隊だけで敵奥地に救出しにいくっていう
>オチ含めて割とトンデモファンタジーな内容がメインだったような・・・
ファンタジーとまでは言い難いよ
『ライアン』にはモデルがあって従軍してる3人の兄が戦死した、ということで(実は1人は生存)Dデイに参加したフレデリック・ナイトランド3等軍曹が一家全滅を避けるために本国へ送還されたという実話
これは『Sole Survivor Policy』という米軍の方針に基づくもの
アメリカ側では兄弟全員が戦死の報で厭戦気分の蔓延が懸念されたため
一方、日本側は兄弟そろっての戦死はむしろ戦意高揚の対象になってしまうという…

無題
Name 名無し 16/11/20(日)13:28:07  No.445552
>一方、日本側は兄弟そろっての戦死はむしろ戦意高揚の対象になってしまうという…
あくまでも建前上はですが日本でも兄弟そろっての戦死は避けるようになっていました

無題
Name 名無し 16/11/20(日)19:22:33  No.445579
>アメリカ側では兄弟全員が戦死の報で厭戦気分の蔓延が懸念されたため
5人兄弟が同一の艦に配属され、潜水艦から雷撃喰らって結果全員戦死とかあったような・・・?

無題
Name 名無し 16/11/20(日)19:52:49  No.445582        
https://may.2chan.net/39/src/1479639169793.jpg
>5人兄弟が同一の艦に配属され、潜水艦から雷撃喰らって結果全員戦死とかあったような・・・?


サリヴァン兄弟ね
アーレイバーク級「ザ・サリヴァンズ」の名前にもなってる

無題
Name 名無し 16/11/20(日)19:54:47  No.445583        
>5人兄弟が同一の艦に配属され、潜水艦から雷撃喰らって結果全員戦死
イ26潜水艦に撃沈された米軽巡「ジュノー」と乗り組みの下士官だったサリバン家の5人兄弟のお話ですな
因みに日本だと家族の男子6人の内病没した長男と当時まだ幼児だった6男を除く4人が海軍兵学校に進んで海軍士官さんとなった川久保4兄弟の話とかが有りまして、次男尚忠さんは水偵搭乗員として空戦で戦死、三男三郎さんはロ117潜水艦乗員として戦死、4男志郎さんは戦闘機搭乗員としてトラック島沖で戦死、5男輝夫さんは特攻兵器「回天」搭乗員を志願してニューギニアで戦死しておられるんだそうで
輝夫さんの出撃には奇しくも叔父の折田善次少佐が潜水艦長として同行してまして、戦後川久保家を訪ねると父親から

「子らはみな 国に捧げて 秋の空」

なる自製の句を手渡されたそうなんですが、まあこの手の切ない話が当時は世界中に溢れてましたわけですなあ…

無題
Name 名無し 16/11/20(日)20:51:29  No.445591
>自製の句を手渡されたそうなんですが、

辞世の句じゃないか 遺言のようものなので、お父さんが死ぬ間際じゃないのなら、そもそも間違い。

無題
Name 名無し 16/11/20(日)21:26:01  No.445595        
https://may.2chan.net/39/src/1479644761344.jpg
辞世ではなくお父さんの自製って意味ですね、分かりづらくてスミマセンw
映画の中でも(永久の)親しい人との別れにどう折り合いを付けるかって形は色々描かれてましたなあ

でもそういうのにウルウルしてる合間にも、遠景で97式大艇(多分)が映ったりすると

「昭和19年の内地だし、901空あたりの所属機かしらん」

とかついつい余計な事を考えてしまうのは不謹慎ですかしら…

無題
Name 名無し 16/11/20(日)21:28:22  No.445597
>とかついつい余計な事を考えてしまうのは不謹慎ですかしら…
それはもう習性なので仕方ないと思いまする

無題
Name 名無し 16/11/20(日)21:50:49  No.445598
>親しい人との別れにどう折り合いを付けるかって形は色々描かれてましたなあ
鬼ぃちゃんが戦死した、という事で届いた白木の箱に石が入っていて「なんじゃこりゃ」とやっていたけど、戦死したうちの爺さんは石すら届かなかった

お墓には婆さんが遺族団として現地まで行って拾ってきた石が入っている

無題
Name 名無し 16/11/20(日)23:08:39  No.445603
艦乗りだった頃に兄弟が同じ艦に乗り組みになったことがあった
人事のミスじゃないかとちょっとした騒ぎになった

無題
Name 名無し 16/11/21(月)01:53:37  No.445607
母方の祖母に人生でなにが一番楽しかったか聞いたことがあって、答えは「戦争が終わったことが一番うれしかった」だった。
祖母は戦争中幼すぎて、勤労奉仕や挺身隊にさえも行っておらず好き勝手に過ごしていたそうだけど、B29、艦載機、艦砲射撃におびえる日々から解放されるのは本当にうれしかったのだろう。

無題
Name 名無し 16/11/21(月)04:20:28  No.445608
まずはこのスレに感謝
こんな映画をやってるなんて全く知らなかった
こんなにも素晴らしく心に残る作品を観る事が出来て本当に良かった
ありがとう

無題
Name 名無し 16/11/21(月)07:28:28  No.445610
見てきたわ。見に行った映画館でちょうど監督の舞台出演があって(おかげで立ち見だったw)そこで色々話をしていたんだけど、当時の呉の資料を集めるために知り合いの軍艦マニアに当時の呉関係の手記を貸してくれと頼んだら、代わりに条件があると言われた。
「駆逐艦○○を出してくれとかそういうこと言うなよー」と身構えてたら、「呉工廠の女学生のエピソード(6/22空襲において、米軍の爆撃により呉工廠の堤防が決壊。勤労奉仕に来ていた女学生が退避していた防空壕が海水に飲み込まれた事件)を絶対に入れてくれ」って言われて、確かに大事なエピソードだけど、原作のストーリーに合わないから、すずさんが呉に到着した時に女学生たちが隊列を組んで歌いながら出勤するといシーンが思う浮かんだんて入れたんだそうな。
そしたらそのシーンを見た80歳だからのおばあちゃんが「この娘たちを見た。この歌を歌っていた。」と言っていたというツィートや、その防空壕を掘り起こして助けようと人工呼吸をした当時中学生の爺さんと出会ったりして、凄い感慨深かったって言ってたなぁ。

無題
Name 名無し 16/11/21(月)16:57:17  No.445635
こうの史代ファンで映画出来たら見に行こうと思ってたら
自分が住んでる県じゃ上映ないじゃん・・・

無題
Name 名無し 16/11/21(月)23:07:11  No.445657
信じられん。
うちのほう1月からだよ・・・
何たる地域格差! 田舎物を馬鹿にしてるのか。

無題
Name 名無し 16/11/22(火)01:44:02  No.445665
客が入れば上映館は増えるだろうから頑張れ

無題
Name 名無し 16/11/22(火)05:25:59  No.445674
年末年始は儲かる安全牌の大作が早めにハコを押さえちゃうだろうし
むしろオフピークにやってくれるだけでも凄いんだろうな

無題
Name 名無し 16/11/22(火)07:16:06  No.445680
そんなに上映していないのかと地元の映画館を検索してみたら
2シアター押さえてあった
一つは字幕版とかで、どんな配慮なんだ?

まあ、東京でない関東近隣だけど
TVCMもいっぱい見たぞ

無題
Name 名無し 16/11/22(火)07:36:36  No.445682
>一つは字幕版とかで、どんな配慮なんだ?

戦前の空気をもう一度味わいたい高齢者が意外と多いんだそうな

あと広島弁?方言だらけだから、自分のような東の者には助かったな。
(ほかにも玉音放送とか当時のラジオ放送とか、言葉の使い方が現代と違うし早口だから字幕の漢字があると中々助かる)

無題
Name 名無し 16/11/22(火)18:00:04  No.445703
エンドロールの後クラウドファンディングに参加した人たちの名前が出てきて、その中にブラックラグーンの作者が載ってたな

無題
Name 名無し 16/11/22(火)19:47:10  No.445709
>エンドロールの後クラウドファンディングに参加した人たちの名前が出てきて、その中にブラックラグーンの作者が載ってたな
ブラックラグーンのアニメの監督がこれの企画と監督と脚本をやってるから
よほど仲が悪くない限り参加すると思うが

無題
Name 名無し 16/11/22(火)21:48:16  No.445719
>クラウドファンディングに参加した人たちの名前
背景の草薙と、速見螺旋人は確認できた

無題
Name 名無し 16/11/22(火)22:39:34  No.445724
>まずはこのスレに感謝
スレ主じゃないけれど、嬉しいね
多くの人に観てもらいたいと思った作品だけに

今週末から都内公開規模が増えるみたいで、近所でもやるからもう一回観てこようかなと思ってます
クラウドファンディングにも参加したかったなぁ...

無題
Name 名無し 16/11/22(火)23:25:29  No.445730
見てきた
年を食ったせいかあちこちで涙が出て困った
エンドロールで席を立ってリンの話を落着できなかった人は御愁傷様

無題
Name 名無し 16/11/22(火)23:54:04  No.445735
>クラウドファンディングにも参加したかったなぁ...

そんな貴兄に!
この世界の片隅に 資金再募集

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000016-cine-movi

無題
Name 名無し 16/11/23(水)09:47:01  No.445760
岡田斗司夫がニコ生で今年度実写アニメ問わずナンバー1って言っててちょっと気になってるんだけどなぁ...予告編見た感じだとそこまでかなって思ったけどやっぱ観に行くべきか

無題
Name 名無し 16/11/23(水)09:56:23  No.445762
>この映画世界に向けて配給しないのだろうか?
>案外良いところに行けそうに思うんだが

この記事見る限り15ヶ国で配給が決定してるそうな

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000016-cine-movi

無題
Name 名無し 16/11/23(水)13:20:57  No.445771
今日千葉の市原で見てきました
ちょっと映画館まで遠かったけどわざわざ大きなスクリーンで上映してくれてる所まで行って正解でしたわ
パンフは売り切れでちょっと残念
何処かで買えないかなぁ

無題
Name 名無し 16/11/23(水)15:57:08  No.445783
昨日新宿で見てきたんだけどちょっと違和感を感じたのが2つ
戦時中は大和と武蔵のこと知ってる国民は皆無で戦後になってから実はって感じで知られるようになったんじゃ?
もひとつは柱島じゃなくて呉に在泊してる艦多すぎじゃないかしら?

無題
Name 名無し 16/11/23(水)17:21:34  No.445791
>戦時中は大和と武蔵のこと知ってる国民は皆無で戦後になってから実はって感じで知られるようになったんじゃ?


実は小学生にもばれてたって聞いたことがある。

それに,軍港の出入りで一般人も目にするだろう。

無題
Name 名無し 16/11/23(水)17:22:43  No.445792
片渕監督トーク付で観られた人裏山です

>柱島じゃなくて呉に在泊してる艦多すぎじゃないかしら?
呉住民にとっては、そこで作っていたので大和は「公然の秘密」だったみたいですよ
身内(旦那と舅)は海軍関係の仕事をしていますし

停泊艦艇についての考証もかなり深めているようです
考証途上の監督ブログ

http://animestyle.jp/2014/01/20/6800/

無題
Name 名無し 16/11/23(水)18:44:48  No.445803
当時はスマホで写真とってネットで拡散とかできなかったしな

てことはスパイにもばればれだったんすね

無題
Name 名無し 16/11/23(水)21:03:03  No.445823
>てことはスパイにもばればれだったんすね
だからこそ、劇中ですずさんが巡邏憲兵に捕まってしまった訳で
当時の軍港は皆そうでしたが、線路の海側に塀が立てられていたり(終戦後はなくなっていた)、汽車のブラインドを閉める通達も再現されていました

無題
Name 名無し 16/11/23(水)21:26:33  No.445827
あんなでっかいのが浮かんでいればそりゃ分かるよなあ

無題
Name 名無し 16/11/23(水)21:40:05  No.445831
>あんなでっかいのが浮かんでいればそりゃ分かるよなあ
手前に鳳翔置いときゃ大丈夫な筈(無理

無題
Name 名無し 16/11/23(水)19:48:19  No.445817
クラウドファンディングのリストの中にゆうきまさみとかとだ勝之とかあったのは劇場でわかったけど、パンフレット記載のリストを眺めてたら森喜朗の名前があった。
元総理のあの人本人かな?

無題
Name 名無し 16/11/23(水)21:55:28  No.445832        
>戦時中は大和と武蔵のこと知ってる国民は皆無で戦後になってから実はって感じで知られるようになったんじゃ?

開戦後に予科練へ入隊した搭乗員の戦記で入学して間もない頃の授業中に教官から「わが海軍でもっとも大きな軍艦は何か?」という質問があると、生徒の1人が「大和と武蔵です!」と挙手して答えたら
教官が「それは秘密になっとる。長門と陸奥といっておけ」
とにやりとしながらたしなめるエピソードが出てくる。

零戦も新聞にその名前が出て来るのは敗勢色濃くなった1944年だけど
搭乗員が里帰りしたときなどに親戚の海軍好きの子供や地元の小学校での講演などでゼロ戦の話をしてその名前は一般人の間にも普通に広まっていたのが実情だな

無題
Name 名無し 16/11/24(木)11:05:55  No.445859
>停泊艦艇についての考証もかなり深めているようです
帰港してきた艦隊を見て「今日は空母はおらんのじゃな」というシーンがあるんだけど
あれはマリアナ海戦の後の出来事だそうだ

登場人物たちは「空母が他所に行った」と思っているんだけど、実際には「他所より遠い場所」に行っちゃったわけで、切ない話ではある

無題
Name 名無し 16/11/24(木)23:15:08  No.445913
ガルパンの見納めに立川へ行ったついでに2回目を見てきた
パンフレットの在庫が復活していたので読んでいるんだけど
すずさんと周作さんが呉でデートしたのは昭和19年9月なんだな

既にマリアナ沖海戦で大敗してサイパンで絶望的な戦闘が繰り広げられている最中
なのに呉鎮守府に悲壮感は全く無く、一見「のんびり」しているように見えたのが意外だった

情報統制のせいでもあるんだろうけど、戦争を「遠くでの出来事」にしか感じていない
銃後の雰囲気を怖く感じたよ

無題
Name 名無し 16/11/25(金)01:48:03  No.445920
私の母親(晴美さんと同じくらい)は、当時大人達が話しているのを聞いて、硫黄島では大変な事になっていると気づいていたって言ってた
その父親(私の祖父)は海軍で外地出征中
とは言っても、目先の生活をするのが優先であって、この作品はその雰囲気を再現しているのが良いですね

戦記や良く出来た内外の映画でも、前線から原隊に帰ってみたら営内班が戦前と同じ状態で全く前線の危機感はなく驚く、みたいな描写がよくありますし
そういうものじゃないかと個人的には思っています

無題
Name 名無し 16/11/25(金)12:25:38  No.445939 
終盤のおむすびのシーンで泣いてしまったわ

無題
Name 名無し 16/11/25(金)19:38:04  No.445958
この手の話をすると荒れそうだけどヒロインの声ありだと思うわ。
本職の声優じゃなくて芸能人をアニメや吹き替えに使うのは嫌いだけどおっとりしてぬけているヒロインにはちょうどよかったと思う。

無題
Name 名無し 16/11/26(土)22:14:33  No.446048
>この手の話をすると荒れそうだけどヒロインの声ありだと思うわ。
俺も予告編見たときは不安だったな、本編みてはまり具合に驚いたくらいだ
それにしても、空襲シーンみて爺ちゃんに聞いた体験談思い出したけど、滅茶苦茶怖いなアレ

無題
Name 名無し 16/11/27(日)00:56:58  No.446057
みてきたー
前半淡々と進んでひょっとしたらこのままいく映画なのか?と思ったらこのままの映画だった
ミリオタとしては高角砲の破片の怖さを描いた映画としては初めて見たのでそこはよかった
もちろん映画としても非常にいい出来だったけど、やっぱかなり端折られていたのかなってとこだけ気になった
一緒に艦これ劇場版もはしごしてきたけど、これは腰が抜けるくらいひどい映画で・・・

無題
Name 名無し 16/11/27(日)01:32:49  No.446058
このスレ見て興味が出て観てきた。
都内でほぼ満席。

青葉とか出るんだな~程度で戦時中の日常苦労話かと思ってたら全然違ってた。
笑う場面もあったし辛い場面も沢山あった…
この人たちに悲しいことが起こらないでくれと思いながら見てた。
特に養子の子のシーンでは堪えていた涙が…

とにかく観て良かった。
教えてくれて有難う。

無題
Name 名無し 16/11/27(日)02:11:36  No.446059
養子?

無題
Name 名無し 16/11/27(日)04:15:25  No.446062
すずさんと周作さんが連れてきた戦災孤児でしょ?
当時は浮浪児といわれて沢山居たと両親から聞いていたので、そこにまで触れてるんだなぁと原作を読んだ時関心した

無題
Name 名無し 16/11/27(日)12:08:33  No.446093
>>この人たちに悲しいことが起こらないでくれと思いながら見てた
ほんとこれ。
嫁ぎ先がまだマシだったからよかったけど監督が富野とか高畑だった日には主人公以外全滅の展開しか想像つかない。
一族とか家族とかのシステムがセイフティネットとして機能していてその大切さを考えさせられた。
悲しいかな人は一人では生きていけないんですね。
いい歳だからとっとと結婚しないといけないんだけど。

無題
Name 名無し 16/11/30(水)06:00:22  No.446319
連日の空襲警報で生活が消耗していく様が恐ろしい
ことさらギャーギャー悲惨を喚き散らす実写映画より堪える

無題
Name 名無し 16/12/01(木)16:38:15  No.446445
今日見てきた
ラストの戦災孤児とのやりとりのところでおもわず涙が…

すばらしい映画でした
右も左も関係なく色々な人に見て欲しい映画だとおもう

引用元: https://may.2chan.net/39/res/445335.htm

臭作
臭作
posted with amazlet at 16.12.03
エルフ
売り上げランキング: 2,117