Name 名無し 16/09/30(金)05:06:18  No.1190001

第二次大戦のソ連航空隊エース 1939‐1945 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ―世界の戦闘機エース)

WW2の赤色空軍ってドイツ軍エースの異常なスコアからわかるように、やたら撃墜されている印象があるよね。
そのせいでついつい赤色空軍は弱いという印象を持ってしまうんだけどそれは正しいのか?
そして本当に弱かったとしてその原因はなんだろう?

無題
Name 名無し 16/09/30(金)05:08:54  No.1190002
WW2のソ連空軍て機体スペックだけでいうなら中盤以降はほぼドイツ軍より上っしょ

無題
Name 名無し 16/09/30(金)07:51:41  No.1190008
エースがいくら撃墜しようが、戦争後半、制空権をとってドイツ地上軍をバカスカ爆撃しているのは赤色空軍なんだよなぁ

戦争は組織力だよ兄貴。

無題
Name 名無し 16/09/30(金)14:08:22  No.1190031
このエンジンからその馬力ひり出せんのか?ってくらい馬力がよかったり
すげえ速度だ!ってやつが多いんだけどソビエトの金属化学と加工技術のおかげなのかね

無題
Name 名無し 16/09/30(金)16:42:42  No.1190043
初期のソ連軍機の低性能さは重いデルタ材による出力重量比の低さが大きかったみたいだね
エンジン馬力の強化やレンドリースで金属供給が安定すると改善されていったけど

無題
Name 名無し 16/09/30(金)21:36:37  No.1190072
>初期のソ連軍機の低性能さは重いデルタ材による出力重量比の低さが大きかったみたいだね
デルタ木材は普通の木材と比べると同じ重量なら2倍の強度があるから、デルタ木材が重くて性能が悪かったわけじゃないよ。
LaGG-3の性能が悪かったのは搭載予定の大出力エンジンが供給されなくなってしまったので、パワー不足のまま生産に移行する羽目になってしまったこと。
実際、大胆にも大出力の空冷エンジンに換装したLa-5は飛躍的に性能が向上している。
もし仮にソ連が単発戦闘機の応力外皮に軽合金だけを使っていたら、ソ連が航空戦力を回復させるのは史実よりもずっと遅くなっていたことだろう。
ちなみに金属管に布張りのハリケーンを大量生産して、全金属製のスピットファイアとのハイローミックスで英本土防空戦を戦い抜いた英空軍も、同様の判断力があった思う。

無題
Name 名無し 16/09/30(金)17:14:14  No.1190045
ヒトラーも小バカにしてた奴等に電撃戦倍返しされるとは予想してなかったろうな。予想しとけよ

無題
Name 名無し 16/09/30(金)17:49:32  No.1190049 
1475225372380
独ソ戦初期は機材が旧式(I-16等)なものが多く
有能な前線指揮官も粛正の後遺症で少なくドイツ空軍の的になっていたので、そのイメージも有りそうですね(・w・

但し1943年になりますとドイツ空軍の戦術を学んだパイロットが続々前線に出てきまして、レンドリース機材も含めて機体も遜色無い性能になり決して「弱かった」訳では無いと思います

無題
Name 名無し 16/09/30(金)22:01:58  No.1190073
序盤の大損害とその後の熟練不足の操縦員、熟成不足の新型機のコンボから中盤移行は質量共にドイツを凌駕していったというのが空陸共だったのではないかと
ただ、大戦後の冷戦勃発による米英によるドイツageソ連sageの影響をもろに被ってしまった結果、今に至るもソ連軍の真実の姿は中々認識されていないんじゃないかなぁ

無題
Name 名無し 16/10/01(土)10:04:11  No.1190111      
1475283851034
>序盤の大損害とその後の熟練不足の操縦員

開戦前夜のソ連空軍の戦力は約12000機で、そのうち対独正面の5軍管区には5540機が配備されていましたが殆ど旧式機で戦闘機に至っては3270機中Yak1等の新型機が980機しか無かったそうです
対するドイツ空軍は戦闘機651機を含む約2000機でしたが中央軍集団のJG27以外は殆どBf109Fに改変されていて質的な面と指揮・通信・戦術の面では比較にならない状態
初日だけで撃墜322機、地上撃破1489機と言う凄まじい戦果でその後も好調が続きますが一例としてJG51は6月30日に1日で114機撃墜、JG54は65機を撃墜しています

ソ連空軍は弱いイメージがあるのは開戦一ヶ月前後までのドイツ空軍の活躍に寄るところも大きいと思いますね(・w・

無題
Name 名無し 16/09/30(金)21:13:29  No.1190068
女性パイロットが最前線で戦ってたのはすごいと思う。

無題
Name 名無し 16/09/30(金)22:18:48  No.1190075      
640px-Po-2
wikipedia,作者 Douzeff

>女性パイロットが最前線で戦ってたのはすごいと思う。

とにかく飛行経験のある者は女子戦闘機連隊へ
適正有望そうな娘は女子爆撃連隊へ
勢いのみで志願した娘は女子夜間爆撃連隊へ
画像は夜間爆撃隊主力機
1981年製作『対独爆撃部隊ナイトウィッチ』
DVD化してる女子夜間爆撃隊を描いたソ連作品で実機使用

無題
Name 名無し 16/09/30(金)23:46:29  No.1190079      
ストライクウィッチーズ 1/8 サーニャ
>女性パイロットが最前線で戦ってたのはすごいと思う。
>1981年製作『対独爆撃部隊ナイトウィッチ』
魔女は実在したのか。

無題
Name 名無し 16/10/01(土)11:16:47  No.1190125     
>魔女は実在したのか。
ストパンでサーニャの飛行ユニットだけが架空機ベースだったが、なぜ架空の夜間戦闘機という設定にしてしまったのか…?
夜間飛行中にサーニャが歌うシーンを入れたかったんだろうが、ソ連の夜間戦闘機といったらPe-3とかTu-1くらいしかないが、性能的にもパッとしなくて、小数しか配備されなかった。
なぜ夜間哨戒担当のウィッチをドイツ娘にしなかったのだろう?
ドイツなら夜間戦闘機が質量とも豊かだったし、夜戦エースも少なくなかったので、飛行ユニットやウィッチの設定は楽なはず。

無題
Name 名無し 16/10/01(土)12:17:35  No.1190132
航空機に積んでる武装で20mm機銃と23mm機銃があったと思ったけどなんでわかれてるんだ?どっちかに統一すればいいのに

>飛行ユニットやウィッチの設定は楽なはず。
VGみたいな初期のやつ、ゼロ戦みたいな高度とれないやつ、最高とまで言われるP51Dみたいなやつ
で混成編隊組める時点で設定はどうでもいいんじゃないのかね
それにブリテンのやつはモチーフすら居ないんじゃなかったか

無題
Name 名無し 16/10/01(土)14:36:46  No.1190152
>航空機に積んでる武装で20mm機銃と23mm機銃があったと思ったけどなんでわかれてるんだ?
>どっちかに統一すればいいのに
ShVAKなどに使用された20x99mm砲弾は質量91-99gで、ShVAKから発射された場合は砲口初速が750m/sほど。
一方VYa-23などに使用された23x152mm砲弾は質量200gで、VYa-23から発射された場合は砲口初速が900m/s ほど。
なので運動エネルギーは23mm砲弾の方が2倍以上も大きくなる。
20mm砲弾よりも威力が大きく、発射速度は同等で、30mm砲弾よりも反動が小さく、発射速度や携行弾数を増やすことができるので、バランスが良いと判断されたんだろう。
でも普通なら戦争中に砲弾の規格を変更したりすると、生産や補給で混乱を来したりするのでやらないものだがなぁ。
まぁドイツ軍や日本軍も途中から30mm砲弾を採用したりしてたけれど。

無題
Name 名無し 16/10/01(土)02:08:56  No.1190087
当時のソ連は民間にグライダークラブが広く普及していたのも大きな要因だったと聞くな
アメリカのモータリゼーションよろしく

無題
Name 名無し 16/10/01(土)08:15:00  No.1190110
ソビエトは陸でもリアルガルパンだし

無題
Name 名無し 16/10/01(土)10:28:18  No.1190115      
1475285298272
>女性パイロットが最前線で戦ってたのはすごいと思う

最近では某歴史群像の巻末マンガで紹介されてますが
「出撃!魔女飛行隊」(旧版:朝日ソノラマ、新版:学研M文庫)
に独ソ戦時のソ連女性パイロットの姿が生き生きと描かれています

どうしても華々しい戦闘機パイロットに目が行ってしまいますが女性トップスコアはリトヴャク中尉(Lidiya V.Litvyak)で12機撃墜、2位はブダノワ中尉(Ekaterina V.Budanova)で11機撃墜、とまあ男性に負けず劣らず活躍しています
ちなみにリトヴャク中尉は1943年8月1日に、ブダノワ中尉は7月28日に戦死なされています(;w;

画像は左がブダノワ中尉で右がリトヴャク中尉
余談ですが大分修正入った写真です

無題
Name 名無し 16/10/01(土)10:42:50  No.1190116
機力の補助も無く腕力で操縦する時代だし
相当なゴリラ女じゃないと戦闘機は無理よね

無題
Name 名無し 16/10/01(土)10:47:01  No.1190118
>リトヴャク中尉

他部隊の戦闘機パイロットだった旦那さんに口説かれて結婚したけど
その後、旦那さんが戦死して自分も後を追ってしまうという・・・

無題
Name 名無し 16/10/01(土)10:59:14  No.1190120      
1475287154921
>他部隊の戦闘機パイロットだった旦那さんに

アレクセイ・ソロマチン大尉ですね(・w・
リトヴャク中尉は暫くこの第73親衛戦闘機航空連隊に所属するソロマチン大尉の僚機だったそうで
それが切っ掛けでロマンスに(・w・
ちなみに彼も15若しくは17機撃墜のエースです

写真は、そのアレクセイ・ソロマチン大尉

無題
Name 名無し 16/10/01(土)12:01:18  No.1190128
ダンナが装填手でカーチャンが操縦手ってのもいたんだっけか赤軍

無題
Name 名無し 16/10/01(土)19:19:23  No.1190223      
1475317163131
>ダンナが装填手でカーチャンが操縦手ってのもいたんだっけか赤軍

ISU-122のオルロヴ夫妻ね

無題
Name 名無し 16/10/01(土)12:10:42  No.1190130
女を戦争に出すってのが共産圏のグロテスクさが現れててすごく不愉快になる

無題
Name 名無し 16/10/01(土)12:37:11  No.1190137
>女を戦争に出すってのが共産圏のグロテスクさが現れててすごく不愉快になる
共産圏じゃないけどイスラエルもそうだったな

無題
Name 名無し 16/10/01(土)12:44:07  No.1190139
>WW2の赤色空軍ってドイツ軍エースの異常なスコアからわかるように、やたら撃墜されている印象があるよね。

エースパイロットのスコアに頼ってちゃ軍隊としてはダメなんじゃないかな…

>女を戦争に出すってのが共産圏のグロテスクさが現れててすごく不愉快になる

本土決戦やんなくてよかったよね

無題
Name 名無し 16/10/01(土)13:25:04  No.1190142
>女を戦争に出すってのが共産圏のグロテスクさが現れててすごく不愉快になる
流石にソ連軍でも女性の入隊と前線勤務は志願制だし、それでも志願者が後を絶たなかったくらいには危機感とドイツへの恨みを抱いた人が多かったのよ

無題
Name 名無し 16/10/01(土)13:36:14  No.1190147
なんかアメリカにも女だけの部隊が居たってゲームの説明書に書いてあって
どこでも居るもんだと思ってたわ

まあ最もうまくいった共産国とか言われるで日本で人間誘導装置が発案されたわけだからソビエトはまだまだ共産主義としてはヒヨッコなんじゃないんですかね

無題
Name 名無し 16/10/01(土)19:35:52  No.1190230
>なんかアメリカにも女だけの部隊が居たってゲームの説明書に書いてあって
>どこでも居るもんだと思ってたわ

確か生産された飛行機のフェリー飛行の大半は女性パイロットが行ったんだっけ。
体力と高度な知識・注意力が必要な当時の航空機とは言え、国内のフェリー飛行ならオートパイロットと組み合わせれば女性でも十分可能。米国流合理主義やね。

無題
Name 名無し 16/10/01(土)15:55:04  No.1190160      
戦争は女の顔をしていない (岩波現代文庫)
>女を戦争に出すってのが共産圏のグロテスクさが現れててすごく不愉快になる
戦争は女の顔をしていないを読むとより生々しくグロテスクさが際立つよね

無題
Name 名無し 16/10/09(日)23:47:58  No.1191308
>戦争は女の顔をしていないを読むとより生々しくグロテスクさが際立つよね
戦争から帰ってきたら家族から冷や飯食らわされるってのも酷い話だな

無題
Name 名無し 16/10/02(日)12:02:55  No.1190328      
アレクサンドル・ノヴィコフ=サンというソ連軍人サンがおられまして、この方が既に独ソ戦も酣の1942年3月にソ連空軍司令官に就任すると、まず取り組んだのが独に劣っていた自国空軍の機材と人員の質の立て直しだったそうなんですな

まず航空省委員会を通じて”戦訓分析・理論化部”を設置、これはちょうど独空軍最高司令部の情報部及び第8部(軍事科学担当)に当たるそうなんですが、ちょうど身を持って知りつつある対戦相手の独空軍の作戦・戦術の観察を含めて、最新の航空戦の戦訓から新たな作戦と戦術(例えば独の『ロッテ』編隊空戦の模倣等)を作り出す作業を進めるんですな

無題
Name 名無し 16/10/02(日)12:05:36  No.1190330      
ソ連公刊戦史(祖国大戦争史)では当時の状況について

「パイロット達は戦術を改良し、敵撃滅を目指す新たな手法や手がかりを取り入れるにつれて、創造的な姿勢で戦闘任務の問題解決に取り組んだ。彼らはグループによる航空戦闘行動の経験を重ね、戦闘のたびに技量を鋭く磨いていった。作戦の合間に余裕の時間があると、飛行聯隊や航空師団は何度も会議を開き、戦闘経験の情報を相互に交換した」

…と延べてるんだそうでして、やや自賛のきらいも感じられるんですがw
逆に言えばそれまで集団空戦のノウハウや戦訓分析の情報センターも持っていなかった
ソ連空軍が、自らの手痛い教訓から新たな体制転換を図りだしたのがこの頃、って事のようなんですな

無題
Name 名無し 16/10/02(日)12:07:43  No.1190331      
一方で1943年の秋ごろ、独空軍の情報部は東部戦線の状況について、ソ連の空軍力は損害の多い対地攻撃機を除いてその損害を補充量が上回る状態に至り、また自軍の対ソ連機の撃墜戦果が減少しつつある、との結論に達したんだそうで
その原因として同情報部が挙げているのが

・ソ連空軍の乗員の「経験の増大」
・乗員の「訓練基準の向上」
・ソ連空軍の「数的優勢の拡大」
・ソ連軍「航空機の目立った性能向上(最新の戦闘機は独と同等)」
・独自身の「航空兵力の低下」

…なんだとか
今の目で見てみれば、そもそも既に書き込まれている方が居られる様に、単純に数的な比率では開戦以降常に劣勢であった独が、質的な面でも遂にその優位を失い始めた兆しだった、って事になるんでしょうかねえ

無題
Name 名無し 16/10/02(日)14:46:05  No.1190344
http://stanza-citta.com/bun/category/%E3%82%BD%E9%80%A3%E7%A9%BA%E8%BB%8D
ここのブログは結構面白かったけどソ連空軍の本ってあんまりないからよく分からない

無題
Name 名無し 16/10/02(日)23:23:15  No.1190444
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/RKKA.html
個人的にはソ連軍関係はここがおすすめ
東部戦線をドイツ側から見る従来の視線ではなく、大日本絵画の独ソ戦車戦シリーズみたいにソ連側から見た場合って感じかな

無題
Name 名無し 16/10/03(月)21:41:30  No.1190509     
欧州東部戦線の特殊な性格のせいで、ソ連は低空、短距離に特化した戦闘機を開発できたことが大きな利点になったと思う。
その典型的な戦闘機がYak-3。
小さな機体に大出力エンジンを搭載して機動性のみを追求。
高度3,000m以下の戦闘なら当時の世界最強クラス。

無題
Name 名無し 16/10/03(月)23:19:14  No.1190523      
天空のリリー (一迅社文庫)

ライトノベルで「天空のリリー」というものがあります
元気な主人公の女の子が女子戦闘機連隊の訓練生にとして頑張るラノベ的には王道な話
戦記物では無いとは言え緊迫した社会情勢の割に緊張感がないしミリタリー的にもちょっと物足りない
続編も出ない・・・

無題
Name 名無し 16/10/03(月)23:54:10  No.1190526
しかしヤコブレフとかラボーチキンみたいな大戦に貢献した設計局は戦後微妙に冷遇されて、ミグやスホーイが台頭していったのって何なんだろうな
まぁ航空企業としては主力戦闘機に縛られず柔軟な開発を行えたヤコブレフやラボーチキンの方が大成しているというのが皮肉というか

無題
Name 名無し 16/10/04(火)01:08:30  No.1190532
>ミグやスホーイが台頭していったのって何なんだろうな
大戦中に大量生産した木製戦闘機は機体寿命が極端に短かったので、戦後にそれらを更新するためにヤコブレフとラボーチキンは全金属製のYak-9U/PやLa-9/11の開発に大わらわになってしまった。
ジェット戦闘機の開発命令を受けたが、手が足らずに満足な性能の機体を実用化させることができず、開発力に余裕のあったミコヤンとスホーイの台頭を許す羽目になってしまった。
皮肉な話だけど、冷戦が終わった今となっては、民間機の開発経験の豊富なヤコブレフや、ロケットや宇宙探査機の有力メーカーになったラボーチキンの方が将来性があるかもな。

無題
Name 名無し 16/10/10(月)00:10:32  No.1191311
ある時ハルトマンが眼下にシュトルモビクの編隊がいるのを見つけ射撃体勢に入ったところ
その編隊長機はスプリットS機動に入りそのまま雪原に突っ込んだ
経験がないので高度をスピードに変換する運動を反射的に行ってしまいそれに続いた僚機も同じ運命をたどったのだ
初期のソビエト機は練度が足りずこのような凡ミスが多かったという

引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1190001.htm

出撃!魔女飛行隊 (学研M文庫)
ブルース・マイルズ
学習研究社
売り上げランキング: 280,454