無題 Name 名無し 16/08/23(火)22:03:36  No.1185772

セラミックスの基礎科学 
ロシアの大学が3000℃の高温に耐えるセラミック素材を開発
http://japanese.engadget.com/2016/08/23/3000/

日本がアルミやマグネシウム合金頑張っているのを軽々と越えて来たな…

セラミックスの基礎科学
守吉 佑介 植松 敬三 笹本 忠 伊熊 泰郎
内田老鶴圃
売り上げランキング: 195,409

無題
Name 名無し 16/08/23(火)22:09:21  No.1185776
元々冶金なんかはロシアは最先端だしな

無題
Name 名無し 16/08/23(火)23:52:47  No.1185801
これで強度があればロシアの勝ち
普通に割れるならまだまだ
そんな業界のセラミック
防弾チョッキに使われてるセラミックも普通に割れるらしいからな
しかも不良品として出回って犠牲になった兵士もいる

無題
Name 名無し 16/08/24(水)10:22:25  No.1185829
>これで強度があればロシアの勝ち
チタニウムの時も言われたが
加工技術が追いつかないんだよ
穴一つ満足に開かないで米国に抜かれたりする
モノがあっても実用になんなきゃ意味が無い

無題
Name 名無し 16/08/24(水)16:10:20  No.1185865
>チタニウムの時も言われたが
>加工技術が追いつかないんだよ
>穴一つ満足に開かないで米国に抜かれたりする
実験室レベルでは作れるんだろうけどなぁ
今の時点でどの程度の大きさまで作れるのかわからないけど
ロシアは大判で一枚ムラなく焼結出来るのかな

無題
Name 名無し 16/08/24(水)00:30:51  No.1185804
セラミックに関しては元々定評のあるロシアじゃない
戦車の複合装甲だってロシアが最初に開発した物だし

無題
Name 名無し 16/08/24(水)00:56:19  No.1185806
耐熱素材向けと装甲に用いられるセラミックじゃ全然特性違うでしょ

無題
Name 名無し 16/08/24(水)01:11:38  No.1185807 
再突入に耐熱セラミック使うのは結局高くつきすぎて、コスト的に意味があまりなかった

ってのがアメリカが血を流して得た結論だと思ってたわ

無題
Name 名無し 16/08/24(水)01:47:51  No.1185810
>日本がアルミやマグネシウム合金頑張っているのを軽々と越えて来たな…

・・・あの・・用途が違いますけど。

無題
Name 名無し 16/08/24(水)13:54:37  No.1185844
周期表を覚えるの大変だったなあ
これ考えたロシア人は天才だってのは認めるけど

無題
Name 名無し 16/08/24(水)12:57:52  No.1185838
>元々冶金なんかはロシアは最先端だしな

初耳だなぁ
そうなの?

無題
Name 名無し 16/08/24(水)14:47:14  No.1185849
>No.1185838
確か帝政ロシア時代から続いてたと思う

無題
Name 名無し 16/08/24(水)15:54:12  No.1185860
>初耳だなぁ
>そうなの?
アメリカがSR-71作るためにCIAがダミーカンパニーを通してソ連からチタンを大量輸入したのは有名な話よ
他にもT-34のアルミ合金エンジンとかアルファ級やシエラ級のチタン船殻とか

無題
Name 名無し 16/08/24(水)16:06:41  No.1185863
最近ロシア製チタン製品を見なくなったね
昔はチタン製バールとかあった
欲しかったのだが買い逃したな
まあ経済状況から単に安く作れただけかと

無題
Name 名無し 16/08/24(水)16:19:31  No.1185867
頑丈な金属ほど精密工作機械に頑張って貰わなきゃならないんだが工作機械なんて地味な機械喜んで作るのは日本やドイツくらいだろ。

無題
Name 名無し 16/08/24(水)16:24:40  No.1185868
原発事故で有名になった酸化ジルコニウムは融点2700度だけど使えないの?

無題
Name 名無し 16/08/24(水)21:58:25  No.1185916
>原発事故で有名になった酸化ジルコニウムは融点2700度だけど使えないの?

http://www.gengikyo.jp/report/pdf/tohokutaiheiyoyo_4_FAQ3-1.pdf

融点は高いが、温度が高くなると冷却水と反応が始まってしまう 

 大前研一なんかは、タングステンで格納容器の底を作れないか? とか書いている。『原発再稼働 最後の条件』こちらもかなりの技術チャレンジが必要 

無題
Name 名無し 16/08/24(水)17:15:51  No.1185873
世界最大手のアビスマもボーイング向けにスポンジチタンインゴットから加工した部材の供給にシフトしてるし
冷戦期にチタン耐圧殻の潜水艦で世界最深記録だしてるし
チタンに関して加工技術もトップクラスよロシア

無題
Name 名無し 16/08/24(水)17:41:29  No.1185876
航空機用のチタン製品はロシアの企業が最大手だね。
ウクライナ関連で欧米が経済制裁しても、この企業だけは制裁対象にできないとか。

無題
Name 名無し 16/08/24(水)22:40:23  No.1185922
そういえば、俺が働いてた大型装置のコイル、ロシアからの輸入モンだったなぁ。
歳取った爺さんや婆さんがあんなものでピュンピュンされるとは・・・。

無題
Name 名無し 16/08/24(水)23:55:18  No.1185940
兵器生産なんかで飛躍的に国家的重要度が増す遥かに前からロマノフ貴族達の宮殿を飾った装飾品を主な用途とする、金属生産が盛んだったんだよな。
あまり製造コストを重視されなかった分、かえって研究的企業に技術や資本が蓄積したのかもな。
なお大消費を背景にした生産システムは蔑ろにされたために、クリミア以降、血反吐を吐くことに。

無題
Name 名無し 16/08/25(木)00:12:43  No.1185943
>なお大消費を背景にした生産システムは蔑ろにされたために、クリミア以降、血反吐を吐くことに。
しかしソビエト政権成立後には米フォード社から直接技術指導を受けて、フォード式生産システムを大規模に実現している。
おかげで第二次大戦時には世界第二位の重工業生産国となってドイツをフルボッコ。
さらに戦後は40年以上にも渡り、米と軍拡競争を繰り広げるに至った。
元を辿ればフォードの気まぐれが怪物を作り出したんじゃないか。(`・ω・´)

無題
Name 名無し 16/08/27(土)08:24:41  No.1186325
>おかげで第二次大戦時には世界第二位の重工業生産国となってドイツをフルボッコ。
素材の鋼材はほぼアメリカ産じゃなかった?

無題
Name 名無し 16/08/26(金)12:36:05  No.1186185
ブルーバックス文庫の金属学の話を書いた旧ソ連の博士の名がサビツキーというのには笑った

無題
Name 名無し 16/08/27(土)12:05:15  No.1186349
商売するなら原料<技術だけど
戦争するなら技術<原料だよな
いくら技術があっても材料が無けりゃ何もできない

無題
Name 名無し 16/08/27(土)17:18:25  No.1186405
冷戦真っ最中の60年代でもチタン加工技術と大型ジェット機のエンジン搭載方法に関するノウハウを交換してたりするしね?
それでソ連ではパイロンを介して主翼にエンジンを吊り下げたIl-76とIl-86が生まれアメリカではチタンをたっぷり使おうとしてたSSTがずっこけてるんだからひでー話よ
まあ時期的にF-15とかA-10あたりには活かされてると思うけど
引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1185772.htm

金属のふしぎ 地球はメタルでできている!楽しく学ぶ金属学の基礎 (サイエンス・アイ新書)