Name 名無し 16/08/15(月)13:33:40  No.437357

1/72 スホーイ T50 

ロシアの第6世代戦闘機、有人と無人2タイプを開発中
Sputnik日本 2016年08月13日 13:51 http://jp.sputniknews.com/russia/20160813/2637103.html

1/72 スホーイ T50
1/72 スホーイ T50
posted with amazlet at 16.08.23
ドイツレベル
売り上げランキング: 166,156

無題
Name 名無し 16/08/15(月)14:27:38  No.437361
ロシアにとって有人無人ってあまり関係ないでしょ?

無題
Name 名無し 16/08/15(月)15:35:18  No.437363
敵勢力に無人機撃墜させて、それを有人機ってことにして紛争を吹っ掛けたり報復攻撃できるじゃん?

無題
Name 名無し 16/08/15(月)17:29:13  No.437377
逃げようとする有人機を後方から督戦するのが無人機

無題
Name 名無し 16/08/15(月)18:34:12  No.437383
無人機には脳味噌だけ乗ってるって奴でしょう?

無題
Name 名無し 16/08/16(火)02:53:35  No.437427
>無人機には脳味噌だけ乗ってるって奴でしょう?
滝沢センセか

無題
Name 名無し 16/08/15(月)20:50:44  No.437403
無人機で戦争とかエレガントさの欠片もないな

無題
Name 名無し 16/08/15(月)21:58:52  No.437410
インド「そんなもんより、早く完成させてくれ。」

Name 名無し 16/08/15(月)23:37:50  No.437417
現状だとどうあがいてもミサイルキャリアーにしかならんと思うが

無題
Name 名無し 16/08/16(火)01:02:57  No.437422
>現状だとどうあがいてもミサイルキャリアーにしかならんと思うが
当面はそれでいいんじゃない
ミサイル機とセンサー機が先行して有人機が後ろから指揮

無題
Name 名無し 16/08/16(火)10:06:41  No.437461
無人てことは人工知能とかだろ。ロシアの技術では無理じゃ?

無題
Name 名無し 16/08/16(火)10:11:02  No.437462
ロシアは集積回路は作れないけど、そのうえで動くプログラム造りは得意だからなぁ。数学が意外と強いので流体シミュレーションやら宇宙開発、コンピューターウィルスにアンチウィルス(カスペルスキーとか)やら地味に侮れないから技術と発想を持っているから怖い。

旧ソ連軍の野外教令も、軍部隊をコンピューターのアルゴリズムのように定義・意思決定基準を記述しているし

無題
Name 名無し 16/08/17(水)14:28:58  No.437558
>旧ソ連軍の野外教令も、軍部隊をコンピューターのアルゴリズムのように定義・意思決定基準を記述しているし
それが敵に知られた場合、行動が予想されやすくないか?

無題
Name 名無し 16/08/17(水)17:53:16  No.437574
>それが敵に知られた場合、行動が予想されやすくないか?
まあ予想されても人海戦術で押し切るからなぁ

無題
Name 名無し 16/08/17(水)18:04:50  No.437576
最初から人海戦術頼りだったらその予想される作戦とやらは無いほうがマシなのでは?

無題
Name 名無し 16/08/17(水)18:33:15  No.437580 
>それが敵に知られた場合、行動が予想されやすくないか?
>まあ予想されても人海戦術で押し切るからなぁ
>最初から人海戦術頼りだったらその予想される作戦とやらは無いほうがマシなのでは?

赤軍野外教令を読めばわかるけど(「各国陸軍の教範を読む」とか買って)人海戦術だなんてそんな単純なものでドイツ軍が敗れるほど戦争は甘くないのよ。
ただ単に歩兵を集めても何も考えずに突撃させても精々数kmしか突破できないのはWW1やらシナの百団作戦見りゃわかるけど、なぜそうなるかと言えばこっちが戦力を集中して攻撃すれば向こうも予備戦力を集めてきて反撃するからなのよ(そして地形障害や交通網が利用できる分防衛有利だし、それによって稼がれた時間で攻撃側どんどんどんどん不利になる)

無題
Name 名無し 16/08/17(水)18:39:13  No.437582
赤軍のドクトリンは「縦深に渡る攻撃(役割分担)によって敵の予備兵力を封ずる」、「攻撃重心に徹底的に戦力を集中(逆を言えばほかの戦線は手薄になる。
そして手薄になっても突破されないようにしないといけない」
「突破したら徹底的に戦果拡張する。それも戦略目標に合致する方向で有効に(これが難しい。どこの軍隊も、戦略目標と戦術的な攻撃を結びつけるのに苦労している。ソ連軍は作戦術の名でそれを理論化・利用した最初期の軍隊)」、そしてそれらを達成するにあたって必要なノウハウや行動原則を網羅し、畑でとれるような無教養な兵隊や士官ですら(=短期間で教育・大動員できる)数百kmに渡る大突破という、高練度で有名なドイツ軍顔負けの攻勢作戦を実現できるようにしたのがソ連軍の怖さなのよ(おかげでハイテク兵器と西ドイツ軍が充足するまでNATO軍は「核攻撃でソ連軍を焼きはらうしかない」と核以外無策状態に追い込まれてる。)

兵士のキルレシオの悪さで戦力がすりつぶされる前に、高速度侵攻で戦略目標(敵国首都)を高確率で攻め落とすって書けばその怖さがわかるよ。

無題
Name 名無し 16/08/17(水)19:30:33  No.437585
>「突破したら徹底的に戦果拡張する。それも戦略目標に合致する方向で有効に

これが最初にうまく行ったのがウラヌス作戦で、次はツィタデレが終わってからのドイツ軍を休ませずに追い立て続けた一連の会戦であって、「ドイツ軍を休ませずに追い立て続けた」これを実現するにはドイツ軍の兵力不足、敗北間際という条件が無いと成り立たなかったしな

冷戦直後は流石にソ連軍も人民の損失に大規模な侵攻作戦は不可能だったし、61年のブリア演習でWTO軍の連携の悪さ、兵力不足が露呈したり
ソ連崩壊までの対外作戦や新生ロシアの軍事行動を見てみると、どーにも戦術目標から戦略目標への途切れの無い運用がなされているとは言えず。

無題
Name 名無し 16/08/17(水)20:46:24  No.437593
ソ連の無停止進撃や圧倒的火力主義は大量の補給が必用
2次大戦中はアメリカからトラックのレンドリースがあったのが地味にでかい

無題
Name 名無し 16/08/17(水)22:00:28  No.437604
ソ連軍以上に補給や火力(主に空軍)に恵まれていたのに、遅々として前線が動かなかったノルマンディーの米英軍と、同時期のソ連のバグラチオン作戦を比べると色々と面白いよな。

なおパットン第三軍は除く。

無題
Name 名無し 16/08/18(木)06:10:25  No.437644
>畑でとれるような無教養な兵隊や士官ですら(=短期間で教育・大動員できる)
とはいえ文字も読めないような兵ではいくらありがたい経典を与えてもどうしようもないんじゃ?
ISISみたいな
引用元: http://may.2chan.net/39/res/437357.htm

1/72 PAK FA T-50 ロシア戦闘機 AK72036 プラモデル