無題 Name 名無し 16/08/09(火)18:23:17  No.1183838

Pattonphoto

軍人の名言スレ

"Never tell people how to do things. Tell them what to do and they will surprise you with their ingenuity."
- GENERAL GEORGE S. PATTON, JR.

人にやり方を教えてはいけない。何をすべきかを教えれば、驚くほどの才能を見せてくれるのだから。

これが高校生用のテキストの名言集に載ってて驚いた。

戦場の名言―指揮官たちの決断
田中 恒夫 熊代 将起 葛原 和三 藤井 久
草思社
売り上げランキング: 497,610

無題
Name 名無し 16/08/09(火)19:17:21  No.1183843
私が最後の原爆投下者であってほしい
カーミット・ビーハン

無題
Name 名無し 16/08/09(火)19:19:03  No.1183846 
Robert_Watson-Watt
命令と訓令の違いですね
お仕事でも両者の違いを意識して使う上司だとすごくやりやすい

軍人、というか技術者だけどイギリスの防空レーダーを開発したワトソン・ワット氏の言葉
"Give them the third-best to go on with; the second-best comes too late, the best never comes"
「第3善を戦場に送れ。第2善は遅れる。最善はついに実現しない」
上司には内緒のお仕事上のマイポリシー

無題
Name 名無し 16/08/09(火)22:53:14  No.1183870
>"Give them the third-best to go on with; the second-best comes too late, the best never comes"
エンジニアの我が身にはじん。とくるお言葉

無題
Name 名無し 16/08/09(火)21:54:53  No.1183860 
1470747293691
(画像引用元)http://jan.2chan.net/cgi/f/src/1470747293691.jpg

正しい道を踏み、国を賭けて、倒れてもやるという精神が無いと外国との交際はこれを全うすることは出来ない。外国の強大なことに萎縮し、ただ円満にことを納める事を主として、自国の真意を曲げてまで、外国の言うままに従う事は、軽蔑を受け、親しい交わりをするつもりがかえって破れ、しまいには外国に制圧されるに至るであろう。

西郷隆盛

レス画像の人は謎のおじさん

無題
Name 名無し 16/08/09(火)22:13:17  No.1183863 
1470748397302
まだ日本帝国海軍が健在だった頃の話…
長期の航海を終えて休養地に乗艦が入港したある水兵さん、当然足が向かうのは健全な男子の止む無き生理的欲求を満たしてくれる遊びどころ…とういうわけで、無事に相方の女性も決まって夜戦突入!と相成ったそうなんですが
そこは日頃の猛訓練で鍛え上げた若い肉体は体力旺盛で、合戦回数実に十一回戦にも及んだんだそうな

そしていざ帰ろうとした所で、些かげんなりした女性が自棄気味に

「兵隊さん、ついでにも一つしなさいよ。そしたらちょうど1ダースになってきりがよいから」

と言ったそうなんですが、コレを聞いたその水兵さん、憤然として威儀を正し一喝して曰く

「馬鹿にするな!帝国海軍軍人はそんな助平じゃないぞ!」

無題
Name 名無し 16/08/09(火)22:17:59  No.1183865 
1470748679477
(画像引用元)http://jan.2chan.net/cgi/f/src/1470748679477.png

軍人じゃないけど

虐殺の場から遠ざかると、楽観主義が現実にとってかわる。最高の意思決定のレベルでは、往々にして現実が無視される。戦争に負けているときは、とくにその傾向が強い。

無題
Name 名無し 16/08/10(水)02:41:05  No.1183890
ウェゲティウス(4世紀頃のローマ帝国の軍事学者、「平和を欲するなら戦争に備えよ」の人)

"No great dependence is to be placed on the eagerness of young soldiers for action, for fighting has something agreeable in the idea to those who are strangers to it."
「若い兵士たちがいくら戦闘に参加したがっているとしても、その熱意にあまり大きな期待をかけるべきではない。およそ戦闘というものは、それを経験したことのないものにとっては単なる口当たりのいい観念でしかないのだから」

「およそ戦闘というものは、それを経験したことのないものにとっては単なる口当たりのいい観念でしかない」
戦争関連を「趣味」にしている自分への自戒にしています
戦争は、遠くに在りて思うもの
遠くに置いとくために「平和を欲するなら戦争に備えよ」なのかな…

無題
Name 名無し 16/08/11(木)17:41:57  No.1184126 
>No.1183890さん

ウェゲティウス=サンならこれなんかも至言だと思うですよ

「飢餓は戦いよりも兵を損なう。空腹は剣より猛し」

…わかっちゃいるんだけどやっちゃうんだなあ…というか、いったいどれだけの国と軍勢がこの不変の原理の正しさを逆に証明して斃れていっちゃったんでしょかねえ

無題
Name 名無し 16/08/12(金)14:14:57  No.1184215
1470978897117
(画像引用元)http://jul.2chan.net/cgi/f/src/1470978897117.jpg

>「飢餓は戦いよりも兵を損なう。空腹は剣より猛し」

食い物関係だとドワイト・アイゼンハワーさんのホーメル社(スパムの会社)への手紙が好きです(以下一部を超意訳)

「第2次大戦中には何百万もの兵士達と同様私もスパムを食べさせられましたし、ご理解いただけるかと思いますが戦闘中の緊張下でそれに対して文句も言いました。が、元連合軍最高司令官として公式にあなたの唯一の罪、あんなにたくさん送ってきたことは、ここに許します。」

無題
Name 名無し 16/08/10(水)20:02:33  No.1183951
「自らを価値無しと思う者のみが、真に価値無き人間なのだ」

ルーデル閣下の言葉だな。

無題
Name 名無し 16/08/11(木)17:21:44  No.1184124
戦争はフットボールの試合ではないのだ、49対51での勝ちなど勝ちではない。
抵抗できない赤ん坊をメリケンサックをつけて殴る、それが理想的な戦争の戦い方だ。
@ジョーンズ米陸軍中佐

無題
Name 名無し 16/08/12(金)13:43:49  No.1184211
>No.1184124
戦わずして勝つの思想の言い換えだね

無題
Name 名無し 16/08/12(金)11:02:49  No.1184198
421px-Adm_Chester_Nimitz-1942
チェスター・ニミッツ
Because it costs so much to keep her in paint and powder.

記者になぜ軍艦の代名詞が"She"なのか?と尋ねられて

無題
Name 名無し 16/08/12(金)12:07:43  No.1184200
1470971263957
「頭を使う事だ。空戦は頭脳で決まる。90%の撃墜可能性がない限り、冒険はするべきでない。それを忘れた時、君は落とされる。」

ーエーリッヒ・ハルトマン(最終階級:少佐。352機撃墜)

無題
Name 名無し 16/08/12(金)12:50:55  No.1184204 
バジル・ヘンリー・リデルハート
(Basil Henry Liddell-Hart)

「平和を欲するなら戦争を理解せよ」

無題
Name 名無し 16/08/12(金)16:23:33  No.1184239 
1470986613965
"敵機は目で見るんじゃありません。感じるもんです"

岩本徹三(日本海軍中尉。公式80機、自著202機撃墜)

初期の電子戦を実行した方としてもちょっと有名
他の搭乗員が無線受信機を降ろす中、搭載したまま敵の航空無線を傍受、遠近を測定していたとか(・w・

無題
Name 名無し 16/08/12(金)19:40:25  No.1184268
>"敵機は目で見るんじゃありません。感じるもんです"
武道の達人のいうことと同じでおそらく一般人には理解不能だよね

無題
Name 名無し 16/08/12(金)16:30:29  No.1184241
1470987029884
「自国を自力で護れない国家の主張など、他の国は聞きはしない。」

カール・グスタフ・E・マンネルヘイム
(第二次大戦時フィンランド軍最高司令官。後に大統領)

なんかコレは心に来るモノがありますね

無題
Name 名無し 16/08/12(金)20:32:02  No.1184274
>「自国を自力で護れない国歌の主張など、他の国は聞きはしない。」
>カール・グスタフ・E・マンネルヘイム
>(第二次大戦時フィンランド軍最高司令官。後に大統領)
ただマンネルヘイム自身は最後までソ連との開戦に反対し、反ソ政策を採った政府には批判的だったんですよね…

無題
Name 名無し 16/08/12(金)20:55:55  No.1184277
>>「自国を自力で護れない国歌の主張など、他の国は聞きはしない。」
>>カール・グスタフ・E・マンネルヘイム
>>(第二次大戦時フィンランド軍最高司令官。後に大統領)
>ただマンネルヘイム自身は最後までソ連との開戦に反対し、反ソ政策を採った政府には批判的だったんですよね…
絶対に勝つことができない大国を相手に如何に独立を保ち続けるか
「戦える力がまだ残されている今こそ、和平交渉を行わねばならない。軍が壊滅した後、何を交渉材料としてソ連と協定を結ぶのだ。残されるのは、完全な屈服だけだ」
クレムリンに青十字を立てることはできないしその必要も無い
ただ触ればヤケドする存在ではあり続け徹底的に条件闘争を戦う
軍人というよりは政治家レベルのポリシーを持ちそれを成功させたというのはすごいなぁ、と
(あと、それを成功させたフィンランドという国もよく割り切ったなぁ、と)

無題
Name 名無し 16/08/14(日)08:43:57  No.1184447
>(あと、それを成功させたフィンランドという国もよく割り切ったなぁ、と)
多分当時(今も?)の日本人が受け入れるのは難しい概念かなぁと

無題
Name 名無し 16/08/14(日)09:13:05  No.1184450
フィンランドは結局ヴィープリを持っていかれたわけで
そうするとじゃあ結局何のために戦ったのかと言うのがマンネルハイム閣下の偽らざる心境だったでしょうね

無題
Name 名無し 16/08/14(日)09:14:38  No.1184451
>多分当時(今も?)の日本人が受け入れるのは難しい概念かなぁと
まあいいじゃないか
間にロシアがある間は日本とは友邦である

無題
Name 名無し 16/08/14(日)10:08:47  No.1184459
>多分当時(今も?)の日本人が受け入れるのは難しい概念かなぁと
戦後も「フィンランド化」なんて揶揄されながらもソ連を極力刺激しないように外交努力を欠かさなかった訳だしね
それでもリュティの国葬みたいな譲れない一線は決して譲らなかった

無題
Name 名無し 16/08/15(月)00:40:10  No.1184579
敵国と対話を成立させるのは案外簡単なものだ。
右手に刃を握って、左手で殴ればよい。

無題
Name 名無し 16/08/15(月)01:23:11  No.1184585
後悔はしていない。もう一度やってもいい。
だが、戦争は間違いなく、人を変える。

クリス・カイル『アメリカン・スナイパー』 

無題
Name 名無し 16/08/15(月)17:22:26  No.1184631
ちょっと長いけど

「諸君は不幸にして不自由な体を抱える事になってしまった。手足が自由にならない者、目が見えない者、耳が聞こえない者、他の人に比べて、不便な思いをする事があるだろう、できない事もあるだろう。だが悲しんだり絶望したりしないで欲しい、人間にとって大切な事は、何ができないかではなく何ができるかである。
 諸君はまだ若い、確固たる決意と不断の努力をもってすれば、必ず何かができるようになる。その何かは諸君一人一人で違うだろうが、いつか必ず見つける事ができるだろう。そこに到るまでの道は、他の人が歩んだ場合よりも遠く険しい道になるかも知れない、だが いかに遠く険しい道であっても、歩き続ければ辿り付かない道はなく、断固たる意志をもってすれば、他の人よりも高みに到達する事ができる。
(続く)

無題
Name 名無し 16/08/15(月)17:22:47  No.1184633
 その時、もしも諸君の事を役立たずだと馬鹿にする愚か者が居たら、胸を張って言ってやると良い『では、お前はどれほど役に立つ者だと言うのだ?』と。
 誰にでもできるような事しかできない者と、誰にでもできる事はできないが、誰にもできない事ができる者とでは、後者の方が遥かに社会に貢献し得る人間である。
 私は諸君がそう言う人間になってくれる事を希望するし、諸君なら必ず遣り遂げてくれると信じている。神が諸君と共にあらん事を。」

@ナチス宣伝相、ヨーゼフ・ゲッベルス@負傷兵に向けての演説。

最後の一行でいい話が全部台無しになる感がいい。

無題
Name 名無し 16/08/15(月)18:33:09  No.1184639
>最後の一行でいい話が全部台無しになる感がいい。
ヨーゼフ的には灰色のバスの件はどう思ってたんだろう…

無題
Name 名無し 16/08/15(月)17:32:46  No.1184636 
「勝利は慈善の如く多くの過失を隠蔽する(アルフレッド・マハン)」

くくく…勝てばよかろうなのだァァァァッ!!

無題
Name 名無し 16/08/16(火)03:34:31  No.1184695
腹が減っては戦ができぬ

まぁ誰が言ったかは知らないにしても
実に軍隊という奴を良く表した言葉だと思うのだ

無題
Name 名無し 16/08/16(火)09:17:57  No.1184713
海軍の永野修身の言葉
「戦わざれば亡国と政府は判断されたが、戦うもまた亡国につながるやもしれぬ。しかし、戦わずして国亡びた場合は魂まで失った真の亡国である。しかして、最後の一兵まで戦うことによってのみ、死中に活路を見出うるであろう。戦ってよしんば勝たずとも、護国に徹した日本精神さえ残れば、我等の子孫は再三再起するであろう」

□早期講和を主張して米内大臣と対立した時に、井上成美が言った言葉
「敗戦は亡国とはちがう。古来いくさに勝って国が滅亡した例は少なくない。逆に戦いに破れて興隆した国がたくさんある。無謀の戦争に此の上本土決戦の如き無謀をかさねるなら、日本は本当に亡国になってしまう」

無題
Name 名無し 16/08/16(火)10:48:20  No.1184719 
1471312100970
フェルディナン・フォッシュ
フランス第9軍司令官

「我が軍の右翼は押されている。中央は崩れかけている。撤退は不可能。状況は最高、これより攻撃(反撃)する」

背水の陣って事だね

無題
Name 名無し 16/08/16(火)11:33:55  No.1184721 
1471314835391
大島一太郎(海軍少将)

「戦争で一番の功労者は漁船特設監視艇のみなさんです。彼らの任務は敵を発見し打電すること。打電したらその瞬間、死が確定します。彼らの殆どが漁師でした。彼らのことを忘れないでほしいんですよ」

無題
Name 名無し 16/08/16(火)18:58:37  No.1184784
国力の源は民草なり

無題
Name 名無し 16/08/16(火)20:16:15  No.1184795
1471346175085
>国力の源は民草なり

1910年の偕行社記事に陸軍大臣官房の名で「軍隊と農業教育」なる記事が載ってるそうでして、曰く

「農民が四、六時中営々耕して倦まず、寒暑風雪を冒して屈せず、質朴淳孝、世の毀誉を意とせざる如き忍耐勤倹の気風は、実に一国を維持するの元気にしてまた軍隊の素質に適合するものと謂はざるべからず。故に軍隊の素質を良好ならしむるは此の如き農民の気風を保持し且農民の衰亡を防止するを必要とす」

…とあるそうで、要は日本陸軍の強さは即ち農村の農民の強さである!、って所
何ですけれど、後に恐慌のたびに陸さんの中で農村救済!の声が上がるのもこういう実質的な危機感あっての事、だったりするんでしょかね…w

無題
Name 名無し 16/08/16(火)20:41:38  No.1184800
「武は矛を止むるをもってす」
矛を力で止めるか矛でもって進むか矛を止める事で武なのか…
>何ですけれど、後に恐慌のたびに陸さんの中で農村救済!の声が上がるのも
正に兵士が地産の農産物な時代ですね
輸入品で大分賄われている
(これはこれで今の時代多く他国との国交や交易が良好で有る証拠とも言えると思うけど)
今とは兵やその故郷とかに対する考えも全然違うのも頷ける

無題
Name 名無し 16/08/16(火)22:26:45  No.1184810 
1471354005675
「総統の死守命令」を無視し、ハリコフから撤退を命じた時の言葉、


「わたしのような老人にはそれでかまわん。だが、表にいる若者達にそれを強いることはできぬのだ。直ちにわたしの命令を軍団に通達したまえ」

パウル・ハウサー

無題
Name 名無し 16/08/16(火)22:27:11  No.1184811 
1471354031866
「艦長がいちいち艦と運命を共にしていたら、たまったものではない。艦は3年もすれば出来るが、艦長が出来るまでには10年以上はかかる。誰もが艦と運命を共にしていたら、誰が戦争をするんだ!」

吉川 潔 (海兵50期 海軍中佐、戦死後二階級特進で少将)

無題
Name 名無し 16/08/17(水)00:08:54  No.1184833
「まあ、叩けばホコリだらけなわけだし・・・」
海軍の誰か。
ミッドウェー海戦後の戦訓会議が引かれなかった理由について。

>>艦長がいちいち艦と運命を共にしていたら、たまったものではない。

南雲さんですら、再起の機会を与えられて南太平洋でそれなりに戦ったわけだし、多聞丸は絶対帰って来るべきだったよなあ。
艦隊司令クラスで航空戦を肌身で分かってた人材なんて、限られた数か国じゃなきゃ絶対産み出せない人材だよ。

無題
Name 名無し 16/08/17(水)00:32:46  No.1184836 
アンリ・ギザン将軍

「危機的状況にあるが、スイス人らしく考え、スイス人らしく行動しろ」

無題
Name 名無し 16/08/17(水)01:42:23  No.1184840
415px-Isoroku_Yamamoto
まだこれが出てないとは...

『やって見せ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ』
⇒ 実際にやってみせる。やり方を言って聞かせて、褒める。

『話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」
⇒ 話し合って、相手の言葉に耳を傾け、相手を認めて、仕事を任せることによって人を育てる。

『やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず』
⇒ 人の成長を促す秘訣。(やっている姿を感謝で見守って、信頼する)

無題
Name 名無し 16/08/17(水)06:59:00  No.1184855
「戦争が悲惨なのは望む所である。さもなければ我々はこの危険なゲームの虜になっていただろう」
ロバート・E・リー
引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1183838.htm

戦場の名言集 - いま胸を打つ遺言 (中公新書ラクレ)
早坂 隆
中央公論新社
売り上げランキング: 142,131