無題 Name 名無し 16/07/13(水)23:41:03  No.1179641

中国軍閥 軍帽 汪兆銘 国民党軍 レプリカ 旧日本軍 (60) 

人民共和国以前の中国の軍事スレ

もう一つの陸軍兵器史―知られざる鹵獲兵器と同盟軍の実態
藤田 昌雄
光人社
売り上げランキング: 242,600

無題
Name 名無し 16/07/14(木)22:21:00  No.1179739
1468502460659
国民党軍といえばドイツ軍装備

無題
Name 名無し 16/07/15(金)17:31:12  No.1179810
>国民党軍といえばドイツ軍装備
東亜総統特務隊みたいだあ…

無題
Name 名無し 16/07/14(木)23:11:27  No.1179749 
孫文亡き後、集団指導体制を拒否し経済運営も含め半ば独裁的な中央集権化を志向し国民党内の主導権を握った憎っくき蒋介石を追い落とすべく党内左派が集った選りすぐりの武漢政府だけど、肝心要の軍は大方が蒋介石と孔&宋の側に就いたからさぁ大変!

そこで列強の調停(政治圧力)や行政&徴税権に自前の地方軍保持等の在来の既得権益を容認するという、北伐時の硬軟両面の政治戦で一度は誘降帰順へ応じたものの、以前から蒋介石を快く思っていなかった各地の軍閥へフレンド申請してみたら、予想外に好反応だったのでいちかばちかの大博打で中原大戦へ打って出る武漢政府&軍閥連合だったが・・・

無題
Name 名無し 16/07/14(木)23:46:10  No.1179751 
結果はまぁ惨憺たるもので・・・
大陸全土で互いの実効支配地を裂く内戦時代へ逆戻りしちゃったり武漢政府も同床異夢の党内実力者たちが政治路線で内紛するのを見た愛国的な人士は失望し、各地の軍閥も蒋介石と反目しつつ形だけの帰順を行ったりモンロー主義で領国経営へ勤しむわ、皆独自の思惑で国盗り物語へ動き出す有様

多くの租界が脅かされないと知った列強は蒋介石の側の支持へ廻るが日系資本の満鉄の安全保障を担当していた日本の現地派遣部隊たる関東軍が東北軍閥の帰順で日本の政治的影響下から離れることを恐れ謀略戦を用い独断で介入
当の国民党内や軍閥、列強はおろか、日本も予期せぬ番狂わせが起こり
それまでの敵が味方に、味方が敵に変わるという事態に陥っていくのは軍板諸賢もご承知のオチで・・・

無題
Name 名無し 16/07/15(金)09:15:56  No.1179763 
1468541756384
辛亥革命の頃は日本軍っぽかった装備もその後ドイツ式になり太平洋戦争辺りから英米式に移り始め第二次国共内戦には完全に米式に移行したりとにかく変化が激しい

無題
Name 名無し 16/07/15(金)12:38:54  No.1179777 
1468553934842
うむ

無題
Name 名無し 16/07/15(金)21:27:33  No.1179834 
1468585653854
紅槍会とか、自警団の類が統合されていく過程とか興味深い。

無題
Name 名無し 16/07/15(金)13:11:07  No.1179783
http://www.81.net/uploads/allimg/150421/28-150421160004.jpg
まだ米軍が台湾に駐留してた50年代の写真だけど右二人目の軍服が完全に米式なのに対し左端の軍服が旧来の中山服型なのが興味深い

無題
Name FMG 16/07/15(金)21:02:46  No.1179831
結局のところ「自分」がなかったということな、いままで。

無題
Name 名無し 16/07/16(土)06:17:47  No.1179869
>結局のところ「自分」がなかったということな、いままで。
所詮模倣しか出来ない黄色人種ですもの

無題
Name 名無し 16/07/16(土)10:50:37  No.1179921
>結局のところ「自分」がなかったということな、いままで。
>所詮模倣しか出来ない黄色人種ですもの
自衛隊の制服も米軍のそれを踏襲した物だけどね

無題
Name 名無し 16/07/16(土)10:55:24  No.1179922
>自衛隊の制服も米軍のそれを踏襲した物だけどね
それどころか旧陸軍もずーっとフランス風が続いたしな
明治は言うに及ばず昭和の略帽のデザインだって仏軍由来というし

無題
Name 名無し 16/07/16(土)12:55:47  No.1179947
そら西洋の軍制を取り入れたんだから西洋風になるのは致し方ない

引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1179641.htm


東亜総統特務隊―ヤパニッシュ・フライビリング・デア・ヴァッフェンSS (MGコミック)