無題 Name 名無し 16/07/10(日)10:04:56  No.1179250

零の遺伝子―21世紀の「日の丸戦闘機」と日本の国防 (新潮文庫) 
高山捷一ってどんな人なんですか?
零の遺伝子、を読んで興味が湧きました
画像検索してんですが、適当なのが見当たりません・・・

零の遺伝子―21世紀の「日の丸戦闘機」と日本の国防 (新潮文庫)
春原 剛
新潮社 (2012-07-28)
売り上げランキング: 317,727

無題
Name 名無し 16/07/10(日)14:47:52  No.1179264 
>高山捷一
日本海軍時代の話ですと、有名なエピソードとしては12試艦戦(=零戦)が、初の実戦投入を控えて中国大陸の基地で調整中に、様々なトラブル解決の為、当時空技廠飛行部員だった高山さんらが派遣されて改善に当った話がありますな

因みにこの時、新鋭機(零戦)が全く防弾装備の無いのに現地航空隊から疑問の声が上がりまして、ある会議の場で問題になったそうなんですが、この時高山さんは開発側代表として次のように発言されてるんだそうで

「戦闘機は確かに防弾は少ないけれども、それに代わるものとして、高速、上昇力、旋回能力など攻撃的能力が与えられている。あなた方は(防弾がないと)そう言われるが、海戦における駆逐艦を考えていただきたい」

無題
Name 名無し 16/07/10(日)14:50:56  No.1179265 
「もし駆逐艦に、戦艦や巡洋艦並みの防弾や装甲を要求したら、重すぎて軽快な行動力を失い、駆逐艦ではなくなってしまう。」
「戦闘機についても駆逐艦と同じで、防弾、防弾といっていたのでは、世界の戦闘機に勝るものはできない。零戦は重量を1グラムでも軽くすべく設計されており、それが防弾にかわる特性となっている。従って、今となっては零戦の特性を生かした使い方をするしかないと思う」

そしてこれを聞いた現地航空隊司令官だった大西瀧次郎少将(当時)の「今の技術士官の言う通りである」と鶴の一声で、その場は収まったそうな

そしてその後間もない初空戦以来、ほぼ一年間の大陸の活躍っぷりで零戦の防弾装備に関する懸念は一端は終息するわけですが「駆逐艦=戦闘機」って例えはある意味いかにも当時の海軍士官さんっぽい気がしますですねえ…w

無題
Name 名無し 16/07/10(日)15:56:53  No.1179271
厚い皮より速い脚

無題
Name 名無し 16/07/11(月)22:51:02  No.1179414
「戦闘機屋人生―元空将が語る零戦からFSXまで90年」
前間 孝則(著)
に高山氏のことが書かれてましたよ。

無題
Name 名無し 16/07/12(火)12:57:08  No.1179453 
A10など攻撃機だから防弾仕様になっているが
現代の戦闘機は防弾は施されているんだろうか?

無題
Name 名無し 16/07/12(火)14:28:41  No.1179461
たぶんどんなに防弾してもミサイルくらったらお陀仏ですからやってないのでは?

無題
Name 名無し 16/07/12(火)18:12:39  No.1179475
>現代の戦闘機は防弾は施されているんだろうか?
防弾といっても内装タンクに防弾・耐弾処理をしているだけ。
弾にも種類があって当たれば只では済まないのは解りきっているから、喰らったら帰投するまでエンジンと操縦系統が持てばいい程度の話。

格闘戦で戦闘機内装の機関砲で撃たれた場合、大抵の被弾方向が機体の後ろ方向の斜め上から浴びせられる事になる。
誘導ミサイル関係は正面対正面でない限りは機体後方から後ろ半分で起爆。
コックピットのみをピンポイントで狙うには機関砲を使うしかない、んでもってどんな耐弾性能を持たせようとしても機体重量を増やすだけの割には効果が上がらないから、普通は考えない。

無題
Name 名無し 16/07/12(火)19:56:17  No.1179482 
https://www.jstage.jst.go.jp/result/-char/ja/?cdjournal=jilm&item1=4&word1=%E9%AB%98%E5%B1%B1%E6%8D%B7%E4%B8%80
本人の書いた文章も読める時代よ

無題
Name 名無し 16/07/13(水)22:52:52  No.1179635
キャットシットワンで見たけど冷戦期のソ連機は赤外線ミサイル防御でエンジンを囲うように装甲板付けてたんよね

無題
Name 名無し 16/07/14(木)18:36:23  No.1179707
F-15もエンジン間にチタン製の防壁を設けてダメージコントロール対策してるし、F-2もコックピットの座面か背面に確かチタン合金装甲を追加できる。

「戦闘機についても駆逐艦と同じで、防弾、防弾といっていたのでは、世界の戦闘機に勝るものはできない」
なんだろうね、こういう具体的・定量的じゃないただの例え話で納得してしまうのが日本人のいかんとこだよね。

無題
Name 名無し 16/07/14(木)22:08:10  No.1179736
>じゃないただの例え話で納得してしまうのが日本人のいかんとこだよね

格闘力、速度、航続距離のうち
優先すべきものを1つ上げてほしい

無題
Name 名無し 16/07/15(金)11:43:30  No.1179771
トレードオフの関係になるので優先度の問題になる

無題
Name 名無し 16/07/15(金)11:47:00  No.1179773
現場で防弾板を少しでも軽くとわざわざ外している時点でな
引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1179250.htm

戦闘機屋人生―元空将が語る零戦からFSXまで90年
前間 孝則
講談社
売り上げランキング: 588,756