無題 Name 名無し 16/05/23(月)23:21:50  No.1171321

アメリカン・スナイパー ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray] 

スプリングフィールド社がTRPオペレーターのクリス・カイル仕様を発売
生前のカイルは45口径の拳銃を愛し、私物のオペレーターをイラクで使っていたそうです


http://www.thefirearmblog.com/blog/2016/05/04/chris-kyle-limited-edition-springfield-armory-trp/

世界のピストル図鑑
世界のピストル図鑑
posted with amazlet at 16.05.30
高橋 昇
光人社
売り上げランキング: 665,656

無題
Name 名無し 16/05/24(火)12:32:07  No.1171377 
P220の45口径仕様も使っていたとか

無題
Name 名無し 16/05/28(土)22:54:26  No.1172381 
>P220の45口径仕様も使っていたとか
初期は支給品のP226(MK25?)
パワー不足を感じて私物のTRPオペレーターを使用していたけれど戦闘中に手りゅう弾の破片を受けて破損
支給品で1911系が選ぶ事が出来たそうですがコック&ロックが気に入らなかったらしく1911系からP220の45ACPモデルに持ち替えたそうです

無題
Name 名無し 16/05/24(火)17:45:58  No.1171390
>生前のカイルは45口径の拳銃を愛し、私物のオペレーターをイラクで使っていたそうです
こういう私物の銃って弾や部品の補充も自分でやるんかね

無題
Name 名無し 16/05/24(火)17:52:17  No.1171391
私物の銃とか使うのは基本軍規違反と聞いたが・・・
場合によっては殺人罪にもなるとか。元海兵隊員やらのツイだけども。

無題
Name 名無し 16/05/24(火)22:27:25  No.1171525
>私物の銃とか使うのは基本軍規違反と聞いたが・・・
特殊部隊だとその辺の裁量は個人の自由なところが多い
デルタなんか頭髪や戦闘服まで自由だし

無題
Name 名無し 16/05/24(火)19:16:09  No.1171434
私物のナイフとかは使っているでしょうしどんな線引きなんでしょうね
私物グロックを使う隊員が多かったため最近官品でグロックが買われるようになったなんて話も聞きますが

無題
Name 名無し 16/05/25(水)03:25:46  No.1171571
米軍は、拳銃に関しては私物の使用も認めていると聞いたな。当然申請しないといけないから、面倒なのでほとんどのやつは官品使うが。

無題
Name 名無し 16/05/25(水)08:35:31  No.1171585
米軍っていまもコルトガバメント使ってるの?

無題
Name 名無し 16/05/25(水)08:36:38  No.1171586
海兵隊が採用したばかりだったような

無題
Name 名無し 16/05/25(水)12:27:57  No.1171623
ベトナム戦のときは、私物のリボルバー持っていったていうのはデマ?

無題
Name 名無し 16/05/25(水)16:54:01  No.1171677
>ベトナム戦のときは、私物のリボルバー持っていったていうのはデマ?
イサカやレミントンみたいなショットガンは実家から持ち出した私物も多かったと聞く

無題
Name 名無し 16/05/25(水)17:19:20  No.1171685
ナム戦当時は可能だった、今はダメって話じゃないかな
イサカM37は有名だよね

無題
Name 名無し 16/05/26(木)00:51:13  No.1171758
>ベトナム戦のときは、私物のリボルバー持っていったていうのはデマ?
でもトンネルラット任務の時なんかは下手にガバメント使うよりDAのリボルバーの方が良さげな気もする
装弾数は大差ないんだし

無題
Name 名無し 16/05/26(木)16:44:30  No.1171821
>ベトナム戦のときは、私物のリボルバー持っていったていうのはデマ?
あるスナイパーが1人で戦闘の中を移動中にAKを持った敵と偶然鉢合わせしたとき、M1911と私物のM1917の二挺拳銃で乱射して追っ払ったっていう事例があったとか
ヒスチャンで見た気がする

無題
Name 名無し 16/05/27(金)22:07:20  No.1172087
>ベトナム戦のときは、私物のリボルバー持っていったていうのはデマ?

小銃小隊長として従軍した人の本でベテランの下士官が私物のM29を使っていてたので。
何でそんなリボルバーを使っているのかと聞いたら。
『貫通力があるので敵を障害物越しに撃ちぬける』
からだったとか。

無題
Name 名無し 16/05/25(水)15:24:40  No.1171658
クリス・カイルってハンドガンつかった戦闘は経験してないんだよね?

無題
Name 名無し 16/05/25(水)21:39:47  No.1171729
クリスカイルは拳銃やカールグスタフを実戦で「試した」とか著作に書いてますからね
使う必要がないのに使ったり楽しかったとか書いてる

無題
Name 名無し 16/05/26(木)13:53:32  No.1171805
私物持ち込みは「あり得る」
なんだかんだ言っても手に馴染んだ物が良いだろうし
ただし、価格や銃弾の種類とか部品の供給云々である程度の規定はありそうだが

基本的に規律に厳しい日本の旧帝国軍でも私物の軍刀持ち込んでいたしなぁ

無題
Name 名無し 16/05/26(木)17:32:26  No.1171837
旧日本軍は拳銃も私物だったような
貧乏少尉は軍刀や拳銃買うのに難儀したらしい

無題
Name 名無し 16/05/26(木)17:38:44  No.1171839
昔は日本も銃器に関しては大らかだったとも言えるね
私物で銃が買えるなら自衛隊入隊希望者殺到だよね
まあ、そういう人ばかりになるけど(笑)

無題
Name 名無し 16/05/27(金)11:18:18  No.1171963
>旧日本軍は拳銃も私物だったような
官給品の拳銃もあったのに将校の拳銃は私物だったのは何でなんだろう

無題
Name 名無し 16/05/27(金)18:00:09  No.1172010
服だって吊るしも売ってるけど将校さんは見栄を大事にしてたのかねえ

無題
Name 名無し 16/05/27(金)02:27:18  No.1171937
ナイフは私物が認められていると聞いた
理由はよく無くすから。

無題
Name 名無し 16/05/27(金)05:31:15  No.1171947
ナイフは補給も修理も考える必要がないからそりゃ楽よ。

無題
Name 名無し 16/05/27(金)20:03:02  No.1172051
日中戦争当時、大陸に展開していた海軍の12空では、予算を工面してスペイン製のアトラス拳銃を纏まった数調達したそうな。用途は搭乗員の護身用だとか。

無題
Name 名無し 16/05/27(金)20:34:32  No.1172062
旧陸軍士官学校出の爺様の話によると、士官というのは昔の西欧では貴族で、武器や装備は自前でそろえるのが当然だという伝統があったんだと。その名残らしい。
ちなみに拳銃や制服などは偕行社(かいこうしゃ)という士官クラブ(旧海軍は水交社かな?)の売店で扱ってたとのこと。

無題
Name 名無し 16/05/27(金)21:00:17  No.1172071 
昭和12年の支那事変勃発直後の日本の雑誌に、戦時特需に沸く軍装用具店の記事が載ってるんですが、当時東京市内に有った軍用具店大小80余り、コレに日本橋白木屋や新宿伊勢丹と言った百貨店内の軍装品特設コーナーからその他刀剣屋、銃砲店、眼鏡商や洋風問屋まで「軍用品でありさえすれば、なんでも飛ぶように売れるし、トントン拍子に儲かる御時世」だったそうなんですが、これらの軍用具店の扱う品は

「金銀モール製品、徽章メタル、陸海軍礼装品、軍刀及び指揮刀調整、刀剣御拵鞘拵御研、在郷軍人服及び付属品、航空帽、航空服、アルミニューム製品、青少年団訓練用品、山岳用品並びに陸海軍払い下げ品、除隊記念品一式、兵書及び参謀本部地図、馬具革製品」

等の多岐に及び、大きな店では大隊旗まで調整してくれたんだとか

無題
Name 名無し 16/05/27(金)21:01:51  No.1172073 
そして戦時下で何が一番売れていたか、と言いますと

「何と云っても、軍刀、日本刀が先ず第一である。次に革具類、軍用行李、軍服ラシャの軍装品一切である。刀剣類、双眼鏡などの売り上げは非常なもので、東京市中は、品物払底を来している程だ。軍刀は、造兵廠の改正刀が、四十円五十銭で出されているから、儲けは薄いように思われるものの、最近の刀剣の値上がりを見れば、古刀新刀銘入り無銘の別なく、一様に儲かっている」

…そうで、

「ある品物は途方もなく高価に販売されているのだ(略)双眼鏡の如き、三十円から五十円の国産品は殆ど出尽くして、無理に整えようとすれば百円から二百円位までの高い舶来品を買わなければならない」

状況でして、余りに悪質なボッタくり店には警察の手入れが行われたする事も有ったんだとか

無題
Name 名無し 16/05/27(金)21:02:28  No.1172075 
因みにこの記事では「信用ある某店での、現在標準売値」も紹介されてまして

・刀剣…五~六十円より ・肩章…三十八銭より ・襟章…十九銭より
・双眼鏡…三十五円より ・図嚢…三円五十銭より ・軍用行李…十八円より
・夜行方向計…七十銭より ・巻き脚絆…一円二十銭より ・水筒…一円五十銭より
・航空用眼鏡…十二円五十銭より 防寒チョッキ…一円八十銭より
・防寒シャツ…一円より ・防寒手袋…1円より ・軍服下着上下…十一円より
・防寒靴下…七十五銭より

…ぐらいが良心的な相場だとしております

これから戦地に向かうに当たって、自前で足りない装備を揃えようとされてる方は是非ご参考にされると宜しいんではないでしょうか…w

無題
Name 名無し 16/05/27(金)22:46:29  No.1172099
当時、1円が10万くらい?

無題
Name 名無し 16/05/27(金)23:14:57  No.1172112
昭和12年の公務員の初任給が75円、今はだいたい3種14万から1種18万くらいなので
1円(昭和12年)が約2400円(2016年)、およそ2000~3000円と考えるのが妥当

無題
Name 名無し 16/05/28(土)09:54:56  No.1172164 
そういやパットンなんてエングレーブ入りSAAなんて代物をぶら下げていた訳だしなぁ

無題
Name 名無し 16/05/28(土)21:12:06  No.1172356
SFA系1911のダストカバー下をあまり丸めないでエッジ立ってるやつが好き

無題
Name 英国老人◇Uy1cjqnioo 16/05/28(土)21:31:11  No.1172358
湾岸戦争のときも米海軍の航空隊は公式にか非公式にか分からんが、ともかく自分でサイドアームを選択する自由があった。
当時は標準はM10であったが、わしが知っているだけでもSIGやスタームルガーを持っている奴がいた。

無題
Name 名無し 16/05/28(土)21:43:34  No.1172363
自前のハンドガンで気になるのは本体価格ばかりでなく
弾にかかる代金も自分持ちということ
カートリッジが共通ならまだやりようがあるが
引用元: http://cgi.2chan.net/f/res/1171321.htm

銃の基礎知識―銃の見方から歴史、構造、弾道学まで

学習研究社
売り上げランキング: 97,641